今度してみたいこと

今度SunQパスをいただいたら、次のことをしてみたいと思っています。
どこまでできるかは分かりませんが、イメージとして提示してみます。
めちゃめちゃざっくり言えば「久しぶりに新幹線をリアルで見たい!」ですが、具体的にはこのとおりです。

①新下関駅(山口県下関市/JR西日本)で
1.500系の停・発車の動画を撮影(できればモーター音までしっかり収めたい)
2.時速300kmで通過するシーンの撮影(必然的にN700系に限られますが)

【新下関駅を選んだ理由】
新下関駅は、九州外の各駅のうちもっとも九州に近い「山陽新幹線の駅」であり、数々の新幹線車輌の高速通過を観ることができる駅として、手軽にアクセスできるポイントです(これ重要!)。

厚狭(あさ)駅も、山陽線(在来線)も併用すればアクセスはそこまで難しくありませんが、通過を観るにあたっては低い壁がある(下4分の1ぐらい隠れる)ゆえに、臨場感100%を求めるにはかえって少し物足りないかと(見るだけなら十分とは思いますが)。

小倉駅や博多駅は、九州内にある山陽新幹線の駅ではありますが、旅客用車輌はすべて停車するので、残念ながら通過シーンは観られません。

駅間途中のスポットを探すにも、下から撮っていては「見せる動画」としては不十分なことは明らかでしょうし、かといって上(線路に接した小高い丘×最高速地帯≒かなり田舎)からとなると非常にアクセス困難な場合も考えられます。
しかも停・発車については、事故や支障などでもない限り駅間ではありえませんし、仮にあったとしてもどこで停まるか分かりません。

なので、新下関駅を選んでみました。
新下関駅での撮影を終えたら、なるべく早めに博多駅へ移動したいと思っています。

②博多駅(福岡市博多区)で
3.他の新幹線車輌の停・発車の動画を撮影(なるべくモーター音も)
4.山陽新幹線(および博多南線)・九州新幹線の車輌の写真(静画)を撮影
5.在来線(JR九州)の特急列車の写真の撮影(入場券の時間制限に余裕があれば)

結局、新幹線メインですが。ww
何しろ長崎では、リアルの新幹線は乗るはおろか、見ることすらできませんから。

【博多駅を選んだ理由】
山陽新幹線(広島~新大阪方面の便を除く)と九州新幹線のすべての車輌が停まるため、停・発車の動画や車輌の写真を撮影するには最適な駅です。

ちなみに、入場券では時間制限(JR西日本・東海・東日本の各駅では1購入2時間)があるだけでなく、車内への立ち入りが本来は許可されないので、博多南線にでも乗らない限りは車内の写真はないものと思ってください(ぇ。

ところで、「さっき出てきた500系とかN700系とかって何?」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、参考までにその写真を用意しました(JR西日本公式ホームページより。画素荒くてすみませんが、あくまでも参考までにということで・・・)。
こちらです。

まず、N700系(山陽・東海道新幹線用)

image

現在、のぞみ号といえばおもにこの車輌ですが、ひかり号やこだま号としても運行されています。
700系と非常にそっくりなカモノハシですが、目立つ違いは、最高時速や加減速性能のほか、モーター音や、ヘッドライトと運転室窓の形状も挙げられます。
最高時速は300km(東海道新幹線区間では285km?)です。

続いて、N700系(九州・山陽新幹線用)

image

こちらは、山陽・東海道新幹線用のN700系とデザインも内装も異なり、そちらとの違いはくつろぎのデザインや、ゆったりとした座席配置がおもな特徴とのことです。
山陽新幹線区間内のみで完結する便では使われず、どれも九州新幹線直通のみずほ号・さくら号、または九州新幹線区間内のみで完結するつばめ号として運行されています。
こちらも、最高時速300km(九州新幹線区間では260km)です。

それと、500系(山陽新幹線)

image

500系は、デビュー当時は時速300kmで日本最高速の列車でした(ニュースにさえなりました)が、JR東日本にE5系登場で日本最高速の座から降りる結果となりました。
全車にモーターが搭載されており、車内外に響き渡るモーター音は特徴的で、モーター音まで楽しむ乗り鉄や音鉄には今でも人気があろうと思います。
ヨーロッパ生まれ(だったかな?)のフォルムもまた特徴が強く出ていて、非常に独特な円形断面&ロングノーズです。
今ではこだま号のみでの運行となり、しかも最高時速285km(Nが付かない方の700系と同クラス)に抑えられてしまったのが、なんとなく残念な感じがしますね。

余談ですが、のぞみ号として運行されていた当時、博多~新大阪をこの500系のグリーン席利用で往復したことがありました。
とにかく、この車輌には思い出があります。

というわけで、実際の撮影はいつになるか分かりませんが、どうぞお楽しみに!

歩行者天国

以前よく「ホコテン」とか言われていましたが、今はどうでしょうか?

image

アーケード街の多くは歩行者天国となっていますが、歩行者天国の特徴は「車両通行禁止(時間帯を指定して)」が目立ちますね。

この場合、それぞれの車輌はどうすればよいのでしょうか。

①自転車・リヤカーなど軽車輌
エンジンがありませんので、特に複雑な取り決めはなく、降りて押して歩くことで通ることができます。
この方法で、歩行者として通ることができるからです。
ただ、別の歩行者への衝突や、駐輪禁止場所などには気を付けて、責任感をもって通行してください。
あと、電動アシスト自転車の場合は、念のためアシストをオフにしておきましょう。

②原付・自動二輪(普通~大型二輪)
エンジンがついていますので、軽車輌と同様に降りて押して歩くだけでは不十分で、それに加えてエンジンをオフにするようにも取り決めがあります。
車体にけっこうな重さがありますので、よろけたりするとそれもまた巻き込む恐れがあって危険です。
通る際には、細心の注意を払ってください。

③四輪(軽自動車~大型)
四輪は通行できません。
ただし、時間外(通行が許可されている時間内)であれば、通行できます。
しかし、荷物の積み降ろしなどがあったり、歩行者がどう歩くかも推測しづらいのもあって、通りやすくはないと言えるでしょう。
結果、「必要があって通る」程度におさまることが多いのは、そのためです。

上記の点を守れば、だいたいは引っ掛からないと思います。
逆に歩行者も、いつどのようにどんな車輌が通るか分かりません(不正に通行される危険があります)ので、周りへの注意はまったく不要とは言えないところです。
安全のために、ご理解をお願いします。

おとといですが

火曜は島原集会と島原ゴスペルクラブがありました。

image

島原文化会館にて集会が行われたのち、
小規模多機能ホームにてコンサートがもたれました。
(コンサートの写真は、利用者の方々が写り込んでいるため、省略させていただきます。)

長崎県は、介護施設数が全国第3位の多さというのもあってか、あちこちに施設が目立ちますね。

新しくなりました

80周年を迎えた長崎バスのポータルサイトが新しくなり、名前が「Kataru net(カタルネット)」になりました。

image

従来より一新され、場面に合わせたページ移行が分かりやすくなりました。
長崎バスグループ各事業が参加して作られています。

ちなみに、このカタルとは、

image

文中にもありますが「参加する・仲間に入る」と「語る」の2つの意味があるとのことです。

今後も、長崎バスを応援していきたいですね。

来週月曜から

路面電車がダイヤ変更となるそうです。

文面はこのとおりです。
──────────────
5月23日(月)の全面復旧に伴い、当日始発より新ダイヤで運行いたします。

今回のポイントとしては4号系統が13分間隔での運行となることです。
4号系統をご利用のお客様には「12分間隔→20分間隔→13分間隔」とご不便をおかけいたしますが、利用状況等を鑑みた上で見直しをさせて頂きました。
何卒ご理解頂き今後とも変わらぬご利用をお願いいたします。
──────────────
新ダイヤの詳細については下記サイトをご参照ください。

お問合せ
長崎電気軌道 運転課
095-845-4113

(長電ナビネットメール)

とのことです。

これまで昼間でも2号系統が走ってたのが、これからは(脱線前のダイヤと同様、)最終でしか走らなくなるっぽいです。
3号系統が元通りになると、赤迫~蛍茶屋は桜町経由で短くなるので、一般的には利便性が戻ってくることになりますね。
個人的には、浜の町へのアクセス性能の低下とか、味気なくなりそうなところとかが気になりますが。w

通行止めによる経路変更

image

千々~三和行政センターのコミュニティバス三和線で、6月20日まで一部の便(上図に記載の便)にて経路変更が行われます。

加えて、

image

長崎新地ターミナル~琴海ニュータウン~石原の路線で、6月末まで道路復旧工事のため、尾似田停留所を休止し、藤の尾~東上を桜の里団地・三重中学校前経由での運行に変更されます。

乗車の際はご注意ください。

端末が戻ってきました

image

ドコモSH-06F
こちらが本来使っている端末です。
故障修理から新品もどきになって無事に戻ってき、代替機も無事に返却できました。v

代替機について感じたのは、
①確かに使えるには使えるけど、不安がある(「防水じゃないかも。」っていう不安とか、あるレベル以上の傷を入れてしまうと数千円上乗せで請求される不安とか)。
②OSが古い分、使い勝手がかなり落ちる(Android4.2.2で1年古いモデルのせいか、操作性にも機能性にもかなりの違いがあることが分かりました)。
③わりと重い。

さらに、相互で感じたことは、
④代替機に慣れるのにしばらくかかり、復旧機に慣れ戻すのにまたしばらくかかる(今回は近い操作性だったのでまだ比較的早そうですが、かけ離れているとけっこうかかるかも)。
⑤アプリダウンロードとか同期とかデータ引き継ぎとか(代替機に引き継ぐときと、復旧機に引き継ぐときとで、計2回)が地味にめんどい上、代替機だと対応していないアプリがあったり、データ引き継ぎの重要ポイントに気付かず泣く泣く強制消去&リタイアとかあったりして、ココロ折れる。w
⑥復旧機に保護フィルム貼るのが、さらにめんどい(端末専用のとか、もっといいタイプのフィルムもありますが、そこまで経済的に余裕がないので、100均の8インチ用をカットして対応→剥がすと思った以上にホコリが入り込む→セロテープけっこう消費→1時間で終わらずorz)。

というわけで、スマホ類をご使用の皆さん!
故障とか破損とかには十分気を付けてくださいね。
たとえ、経済的に余裕があるとしても、あるいは格安スマホとかであるとしても、特に歩きスマホはいろんな意味で大リスクの原因です。
ええ。
なんせ、復旧機を8割ほど原状復帰させるのに2日かかりましたから。

ちなみに、Android5とか6とかの機種だったら、どうなんだろう。

・・・とはいえ、スマホ類を持って出かけるといろいろ便利で、楽しみ方も広がりますし、とても助かることがたくさんあります。
ガラケーをはるかに超える処理能力があり(とはいっても、PCほどの処理能力はありませんが)、PCより持ち運びが軽く、手軽にアプリを起動できる(防水端末なら大雨や雪の中でも)、それがスマホ類のいいところです。
たとえば、先日紹介させていただいた「長崎さるくナビ」は、スマホアプリならではの楽しみ方そのものですし、それ以外にもスマホ類のために開発された交通・観光関連のアプリは数知れず。
しかも、交通や観光のアプリは無料モノが多いのもいいところですね。
ビジネスやゲーム、買い物やインドアだけでなく、交通や観光にも、あなたの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。
・・・教会のアプリ、できてくれると嬉しいかも。w

交通クイズ

image

今回は、日頃よく目にする「歩行者用信号」に関するクイズです。
学校や教習所などで習ったことがあると思いますが、皆さんはいかがですか?
目の前にパトカーがいるときに注意されたことはありませんか?
そこで、安全と再認識のためにも、このクイズにぜひチャレンジしてみてください。
ちなみに、「灯火」は、「点灯している」という意味でお考えください(点滅は含みません)。

Q32
歩行者用信号に関する記述について、間違っている記述をすべて選択してください。

A.青(緑)色の灯火のとき、車輌の往来に十分注意して横断を開始できる。
B.青(緑)色の灯火のとき、緊急車輌(救急車・消防車・警察車輌など)が赤色の回転灯を点灯させ、サイレンを鳴動させて通行しようとしている場合であっても、歩行者が優先である。
C.青(緑)色の灯火のときでも、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がない場合、横断を開始せず止まることができる。
D.青(緑)色の点滅のとき、横断を開始していない場合、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がないときに限り、横断を開始してはならない。
E.青(緑)色の点滅のとき、横断歩道内にいる(=横断中である)場合、すみやかに横断を完了するか、中止して引き返す必要がある。
F.青(緑)色の点滅や、赤色の灯火のときでも、警察官の交通誘導にて横断を許可されている場合、横断を開始・継続できる。
G.赤色の灯火のとき、横断していない状態を維持する。
H.歩行者用信号の、青(緑)色の灯火と点滅、赤色の灯火の時間は、地域ごとにすべて同じである。
I.補助標識に「歩行者・自転車専用」とある場合、自転車もその歩行者用信号に従って横断する。
J.円形2灯式(青(緑)色と赤色)の信号は、歩行者は横断できない。
K.青(緑)色の灯火は「進め」、青(緑)色の点滅は「注意」、赤色の灯火は「止まれ」である。
L.深夜は、どの横断歩道でも消灯している。
M.交通弱者用ボタン(白の縦長ボックス中の押しボタン)は、横断しようとする人に交通弱者(おもに視覚障害者や下肢障害者、高齢者など)が含まれていない場合でも押してよい。

さるくナビで(4)

image

・・・!!?
いつの間にフランス料理店が!?
鍛冶屋町はいつの間にか新しくなってました。
ドアノブが、

image

確かに豚の足の形してる。w

ここから中島川に向かうと、路面電車好きにはたまらないカフェ「きっちんせいじ」。

image

ここも、きちんと案内が出ました。

image

トルコライス・・・じゃない。
よく見たら別の洋食だった。
けど、おいしそう。
ここの食べてみたいな(←実は、いまだに入ったことがありません)。
ってか、こうもなると作ったらけっこう手間かかるんだよなぁ・・・。

image

袋橋に着きました。

image

先にこのポップアップが出現。
ここで「OK」を選択すると、コース終了画面が出てきます。

image

・・・全然計算されてないんかい!wwwww
まぁ、コースどおり+αだったので、とりあえず2kmは歩いたということで。

image

そして、そのあとに袋橋の案内が出ました。

これで、今回のコース、および検証は終了です。
ちなみにこのアプリを使用して分かったことは、

①通信をOFFにしても、GPSの現在地表示(青い○)は動きますし、スポットに近づけば案内も出るようです。が、添付されている写真が表示されませんので、「どれのこと?」ということにもなりかねませんので、通信をケチるのはあまりおすすめではありません。同時に、通信頻度はあまり高くないとも言えます。
②GPSの現在地表示は、スムーズでなく5~10秒おきに動くことが多く、さらに若干遅れるようです。あと、実際の位置よりズレて表示される場合が多くあります。(この項目は、端末の性能に応じて違いがあるかもしれませんが。)
③マップ本体は、移動に合わせての自動スクロールはしません。状態に応じて、フリックでスクロールさせる必要があります。

ということでした。
上記の点を十分理解の上で、長崎さるくナビを片手に長崎を楽しんでみてはいかがでしょうか。

さるくナビで(3)

検証は全スポット(+赤線区間外2スポット)で行いましたが、全スポットを紹介しているとかなり長くなってしまいますので、眼鏡橋より先は一部抜粋で紹介していきます。

image

一覧橋もスポットに挙がっています。

image

眼鏡橋とはひと味違ったライトアップが、またいいですね。

image

アルコア中通りの入口で、案内が出現。
前半は中島川沿いが中心でしたが、後半はアルコア中通りが中心です。

image

image

この2つのお店は、通さるく(さるくガイド同行あり、有料)に参加すると、必ずといっていいほど立ち寄って、長崎カステラ(一般的なカステラと規格が違うらしいです)、ざぼん漬けを試食することができるところです。

image

えごばた(コメントは省略します)。
ここでネコが5匹ぐらい、のんびりしてました。

image

image

そのうち1匹は、人なつっこいようです。
なでると、ごろんごろんしてました。w

image