カテゴリー別アーカイブ: 特集

水辺特集9/樺島

image

日陰は体感29℃。
海辺というのもあってか、市街地より南でありながら、少し涼しいようです。

野母崎樺島は、長崎バス30番系統樺島行きで1時間25分ほど(ココウォーク茂里町からの所要時間)。
野母崎樺島町内に入る前に樺島大橋を渡ると、残り2停(水崎・樺島)で終点です。
樺島大橋の上から見る海の眺めは格別です。

水辺特集7/ことのうみ

image

時津町北部に位置し、海の眺めのよい区間があります。
バイパス木場崎~子々川 間です。
日本のガリラヤ湖と呼ばれる大村湾を眺め、よく晴れた日ですと、対岸に諫早や大村まで一望できます。
時津北部ターミナル発着の便であれば、バイパス木場崎~子々川で眺めることができます。
旧道(日並・火篭経由)の便でも、ことのうみ~子々川で眺めることができます。

海を眺めながらのひとときはいかがでしょうか。

①バイパス木場崎~子々川を通る
長崎バスで、時津北部ターミナル行きにご乗車の上、時津北部ターミナルで大串行きにお乗り継ぎください。

②ことのうみ~子々川を通る
琴海ニュータウン・長浦・大串・火引の浦・亀浦・(時津経由)桜の里ターミナル・(時津経由)石原行きにご乗車ください。
他、琴海ニュータウン-長与ニュータウンの便や、時津-小口港の便なども通ります。

水辺特集5/梁川橋

image

読み方は
○やながわばし
×はりかわばし
です。w

ココウォーク茂里町やブリックホールと梁川公園の間にかかり、地域の生活の橋渡しとなっています。

image

浦上川に沿って南(稲佐橋)に向かって、東側には湾岸道路(なんちゃって都市高)、西側には遊歩道があります。

image

バスでは、ココウォーク茂里町より徒歩4分、梁川公園前よりすぐです。
路面電車では、茂里町より徒歩3分です。

水辺特集4/女神大橋道路公園

image

image

駐車スペースであるとともに、水辺にある道路公園です。
休息向けに造られているため、子供向けの遊具はありません。
女神大橋は遠くから眺めても長崎らしさがあり、よいものですが、ふもとから見ると高さがあり、ひと味違った見方ができます。

なんとなく、関門橋(門司港~下関唐戸)と雰囲気が似てますね。

長崎バスで、女神バス停よりすぐです。

水辺特集3/水辺の森公園

image

出島電停から大浦海岸通り電停あたりまでに及ぶ、長崎市内でもっとも広い公園です。
時々(特にこれからのシーズン)イベントが行われ、人気を博しています。

有料駐車場も完備。
車でもお越しになれます(但し、イベント時は入場が制限される場合もありますので、事前にご確認ください)。

西側に海があり、そのさらに西には立神の三菱造船が見えます。
大波止フェリーターミナルに近く、船の出入りも眺められます。
南には女神大橋を眺められます。

敷地内には芝生や(、人工的ではあるものの)水路が設けられており、食事なら出島ワーフ内の各店・水辺のレストラン(公園中央)・ガスト(大浦海岸通り電停前)などが近く、あらゆる形で市民の憩いの場として多く用いられています。
特にガストは、2階ですがバリアフリーも充実しており、海や市街地を眺めながら食事できます。

image

image

image

また、観光・レジャー要素も強く、周辺には長崎県美術館や出島商館跡、オランダ坂に代表される東山手、グラバー坂~グラバー園で有名な南山手、旧香港上海銀行など、数多くの観光スポットがあります。

バスでは、大波止より徒歩9分、市民病院前よりすぐ、グラバー園入口・大浦天主堂下より徒歩4分です(大波止以外は長崎バスのみ)。
路面電車では、1号系統では出島より徒歩5分、5号系統では市民病院前・大浦海岸通りよりすぐです。

水辺特集2/原爆落下中心地公園

image

1945年8月9日、この上空500mで原爆が炸裂した場所(推定)です。
あれから、来月でちょうど70年が過ぎ去ろうとしており、それに合わせて数々のイベントが周辺で行われます。

今では、長崎市内でも特に整備された公園となり、あたり一帯も含めた全体に、年間を通して多くの観光客が来られています。
下の川のふちに、階段で下りることができるところが2ヶ所あります。

この写真では雨が降っていて川が濁っていますが、よい天気のときはもっときれいな川です。

image

この中心地公園の、道路を挟んで隣に、平和公園があります(混同して間違うことも多いようですが)。

また、このあたり一帯は「祈りのエリア」と呼ばれているとともに、原爆資料館や平和会館など、戦争と平和に関する歴史を物語る地域ともなっています。

私たちの教会にも近く、ここから川沿いに歩いて6分ほどです。

長崎バス・県営バス・路面電車のいずれでも、松山町からすぐです。
また、県営バスの本原経由に限っては、平和公園下にも停まり、下の川→中心地公園→平和公園→如己堂下→浦上天主堂前方面という観光ルートを一筆書きでたどることもできます(どちらで降りても、運賃は変わりません)。

ぜひお越しください。

水辺特集1/脇岬海水浴場

image

長崎バスで脇岬海水浴場前よりすぐ、のもざき自然休養村 脇岬海水浴場があります。
長崎市内だけでなく、県全体で見ても、いちばん南の海水浴場であろうと思います。
左の茶色い建物は、以前は「レストラン ザザビー」(現在は樺島にある「だいまん」の前身)でした。

image

image

image

image

今日は曇りですが、晴れたときをイメージしてください。w

image

海水浴シーズン中は、他の海水浴客(特にお子さん連れ)の事故防止のために、サーフィン類や花火などが禁止されています。

安全のために、ご理解とご協力のほど、お願いします。

長崎バスで、樺島行き、または岬木場行き(野母崎経由)で、脇岬海水浴場前にて下車、徒歩すぐです。