カテゴリー別アーカイブ: 佐世保市営バス

スマートカードの乗り継ぎ割引は?

長崎県の多くの路線バスや路面電車(長崎電気軌道)などで取り入れられている「長崎スマートカード」。
多くの方々が利用されています。

今回は、その乗り継ぎ割引についてですが、複数の交通事業者のホームページで確認してみますと、ある共通点や盲点にたどり着きました。

まずは、皆さんがご存じのとおり、
A.運賃合計の5%を2乗車目の運賃から割引
次(B)に挙げる条件を満たして乗り継いだ場合、2乗車分の運賃合計の5%(四捨五入して10円単位)を、2乗車目の運賃から割引するシステムです。
条件が揃えば、現金で乗るよりお得です。

続いて、
B.同一停留場(または同一扱いの他停留場)で、30分以内に、同一事業者の便に乗り継ぐ
ほとんどの場合は同一名称の停留場での乗り継ぎに限られます(同じ停留位置とは限られていません)。
但し、長崎駅前と長崎駅前南口と長崎駅前東口は同一扱いとなっていますので、こちらは名称が異なっても対象となります。
また、長崎新地ターミナルや中央橋、横道、江川、東望切通(県営バスは切通)など、3ヶ所以上に同一名称の停留場が設けられている場合も、同一停留所となります。
この条件とともに、降車から30分以内に、同一事業者(または、長崎バス・さいかい交通の相互間)の便に乗り継ぐことで、乗り継ぎ割引の条件を満たすことになります。
これがネックになるケースは、意外と多いようです。

乗り継ぎ割引の対象となる組み合わせの例)
1.横道(長崎駅前方面のりば)で降車→横道(滑石方面のりば)で乗車
2.中央橋(県庁裏門・アリタ前)で降車→中央橋→中央橋(イケダ前)で乗車
3.長崎駅前南口(日本海庄や前で降車)→長崎駅前東口で乗車
4.大串で長崎バスの便を降車→大串でさいかい交通の便に乗車

意外と気づきにくいのが、
C.乗り継ぎ割引が適用された次の乗車は、割引されない(1乗車目と同じ扱い)

D.1日2回まで
多くの方々が、ここに行き着かないであろうとは思いますが、1日2回までという制限が設けられています。
従って、時間をうまく詰めて乗っても、5乗車目と6乗車目の間以降は乗り継ぎ割引がないことになります。
最大限に活かすために、安い運賃の次はわざと30分以上あけて、運賃の高い2乗車をくっつけるというのも手です。

さらに気づきにくいのが、
E.割引は1回最大100円まで
この条件まで掲示しているのは西肥バスのホームページのみですが、おそらく全事業者であろうと思います。
2乗車の合計が2,100円以上となる組み合わせでも、100円を超える割引は行われないことが分かります。
複数人分を1枚のスマートカードで精算するのがあまりおすすめでない理由は、ここにもありました。
ちなみに、1人分でそこまで運賃が上がるのは、西肥バス・島鉄バスの2社だけではないかと思います。

【参照ページ】
長崎バス>長崎スマートカード>特典
長崎バスホームページを確認する

西肥バス>長崎スマートカード
西肥バスホームページを確認する

もうすぐ2016年

image

2015年、皆さんはいかがでしたでしょうか?

振り返ってみると、2015年はダイヤ改正のみならず、時津北部ターミナル開業、長崎バス・さいかい交通の運賃改定、空港の運賃改定も行われましたね。
県営バスの運賃も合わせて一部改定され、運賃が上下したとか。
他に、長崎電気軌道100周年、直後の脱線事故(に連れて、2号系統の日中運行)なども。

自分としては、(それまでほとんど長崎バス・さいかい交通のみだったのが、)県営バスや西肥バス&佐世保市営バスなどの区域にも入ったり、動画製作の開始、さらには五島行きフェリー初乗船、県内のマックスバリュ全店制覇(!?)など、いろいろ充実した1年でした。

2016年はどんな年になるでしょうか・・・。

抱負は2016年に入ってから書きたいと思います。

おもしろいもの発見!

image

「ながさきをめぐる バス・鉄道等の旅」
のパンフを見つけました。
これは、交通部としても個人としても、非常に興味深い1冊です。

長崎県内の様々な路線バス・鉄道などで、いろんなタイプのツアーが組まれています。
五島や壱岐・対馬においても、いくつか紹介されています。
その町ごとに初心者~初級者向けのコース設定で、初めて訪れる地でも遂行しやすくなっています。

中~上級者なら、長崎市や佐世保市、諫早市、大村市、島原市などでのもっと深いコースを、別に時刻表や(地域ごとの)観光パンフなどを参照(取り寄せを含む)して各自で組むと、お好みに合わせてさらに面白いツアーを組めます。

このパンフ取り寄せの可否は確認しておりませんが、お問い合わせは、
長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会(長崎県観光振興課内)
電話(095)895-2646
FAX(095)826-5767
〒850-0035
長崎市元船町14-10 橋本商会ビル8階
へどうぞ。

手帳がある場合の運賃割引について

身体障害者と知的障害者は、全国ほとんどすべての公共交通機関における割引が導入されています。
しかし精神障害者に限っては、けっこう多くの公共交通機関で割引がいまだに導入されていません。
インターネットで別のことを調べている途中、運賃割引の早期導入を求めるということで、福岡県ではいろんな方々が陳情書などを各機関に提出されているという動きを知りました。

image

とても苦しんでいるようです。

別の陳情書より、交通に関する部分を抜粋。
まず、「障害者とは」から。

image

ふむふむ。
障害者基本法に、このように定義付けられています。
この2つから、「身体障害者や知的障害者と同じ位置付けであるにもかかわらず、精神障害者だけ除外されるのは差別的ではないか。」ということにもなります。
続いて、バスにおける、精神障害者の運賃割引の状況(昨年10月時点)です。

image

なるほど。
確かに格差が大きい。
あと、地域差がすごい。
長崎県にいると分かりづらいですが、九州全体をこのように見るだけでも、確かにこれでは導入を求める動きが起こる理由も分かります。
この表で九州全県を見ると、導入:非導入の比率は30:31で、ほぼ半分半分、微妙に半数未満ですね。
※鹿児島県の状況が変化し、現在は35:26となり、半数を超えました(後述参照)。

このうち、導入が進んでいる長崎県・熊本県・宮崎県の3県では、一般路線バスの100%が割引適用の対象となっています。
宮崎県は、宮交バスが1県の一般路線全線を独占的に管理・運行しているので、1社で全部です。

逆に、福岡県・大分県があまりにも少ないのが、なんだかかわいそうな気がします。
特に、大分県は皆無ですから、なおさらです。
福岡県は1社といっても、この1社は西鉄バスではなく、北九州市営バスだとか。
県内路線のほとんどを占める西鉄バスが導入していませんから、これはかなり大きいです。
代わりにもなりませんが、福岡市営地下鉄は導入しているとのことです。

佐賀県は、西鉄バスもそうですが、佐賀市営バスで導入されていないので、4社中3社(75%)となっているようです。
他の3社(昭和・祐徳・西肥)では導入されているとのことです。

鹿児島県では、この表では3社となっていますが、現在では8社導入(67%)に拡大されたそうです。

さて、加えて長崎県ではつい最近、鉄道2社(=島原鉄道・松浦鉄道)も、精神障害者が割引適用の対象に加わりました。
※長崎電気軌道は、すでに導入されています。
これで、(JRを除けば)長崎県の鉄道路線はいずれも、運賃割引が導入されたことが分かります。
昨年度までには見られなかった動きです。

さらに、多くのフェリーでも、精神障害者運賃割引が導入されているとのことですが、私たちのいる長崎県では、五島や壱岐・対馬へのフェリーも、割引の対象として挙がっております。

image

九州商船(株)(長崎~五島)のホームページでは、身体・知的・精神障害者共通の「乗船運賃割引申込書」を、PDFでダウンロードできます。

九州商船のホームページはこちら

乗船券を購入する際、必要な枚数を提出するとともに、手帳(の内側)も提示が必要です。
最近、私たちの教会では、五島に行く機会が開かれています。
なので、行ける信仰を持って、ダウンロード+プリントアウトしてきました。

実際に窓口へ提出するのは右半分のみですが、左半分の記入例をアップにすると、……

image

どこをどう記入するべきかが分かりやすく挙げられています。
特に、見落としやすい(記入漏れに気づきにくい)のは、左上の○付け(障害の種類)ですね。
また、介護者(付き添い者)が一緒に割引になるのは、この書面上部に括弧書きにあるとおり「障害者本人が第1種・第1級の場合のみ」であり、同時に「他の等級では障害者本人のみ割引」ということが分かり、さらに加えて「障害者本人と同一行程(旅程)の場合、かつ、障害者1人につき介護者は1人に限る」「手帳で、障害者本人が第1種・第1級であることを証明できる必要がある」ことは言うまでもありません。
介護者が同行しない場合や割引対象外となる場合、「介護者氏名及び年齢」は記入の必要はなさそうです。
ちなみに知的障害者の場合、A1・A2が第1種に該当するとされています(A1だけではありません)。

長崎バス発行のスマートカードを、自動割引精算に設定する際にも書面の記入・提出が必要ですが、そのような感じですね。

手帳をお持ちのご本人や、またご本人と関係のある方(特に、ご本人が第1種・A種・第1級の場合)は、よく利用する交通機関についてぜひ一度、よく調べてみてはいかがでしょうか。
自分は、それぞれどのようにニーズがあるのかは分かりません。
しかし各々でニーズに応じて、
「知らなかった!」
「実は損してた!」
「誤解してた……」
から、学んで用いていただけると、こちらとしても幸いに思います。

さわらないように

バスや路面電車などに乗ると、後方に必ずと言っていいほどあるのがこれ。

image

一度は目にしたことがある方々も、多いのではないでしょうか。
火災時に限りませんが、非常の際に引くことで非常ベルを鳴らすスイッチです。

また、バスにはこの非常ベルのスイッチとセットで備えられてあるのが、

image

非常扉(非常口)です。
ただ、スイッチを起動させても連動的に非常扉が開くわけではなく、開く場合には別に操作が必要です。

ちなみに、悪意(いたずらを含む)で鳴動させ、非常扉を開くなどした場合、円滑な運行を妨げるなどの行為を行なったものとして、輸送約款などで裁かれ、罰せられることがありますので、不必要に絶対しないようお願いします。

参考までに、道路運送法より、旅客に関わる箇所を3つ抜粋。

image

第二十八条1項に、旅客(乗客)の禁止行為が明記されています。
最初からいきなり、小難しい言葉の羅列が続きますが・・・。
なんか、聖書より難しいような気が。
簡単に言えば第二十八条1項は、危険なもの(刃物・火気・爆発物など)、あるいは強い異臭を放つものなどの持ち込み、円滑な運行を妨げる行為などを禁止しています。
例えば今回の最後に挙げた、故意に非常ベルを鳴らすのも禁止行為に含まれると言えます。
もちろん、故意でなくとも、気付く限り配慮するに越したことはありません。

ただ、これを過度に取って、「どう困っても、運転者(運転士)に一切なにも尋ねられない。」とするのも行き過ぎです。
なぜなら、文中に「走行中の」とあることから、尋ねることについて、停車中までは含まれないことが読んで取れるからです。
ただ、運転者の状態によっては、必ずしも正しい答えが返ってくるとは限りませんので、あしからず。w
調べられることは、やはりなるべく事前に調べておきましょう。

旅客に対しても、罰則が第百四条にあります。

image

20万円以下の罰金があります。
百四条一号は、旅客もそうですが、外部の運転手の妨害(例えばマイカーや社用車などで、バスが大幅に遅れるか発車・入線できないように駐停車したり、必要な進路変更・車線変更をさせまいとしたり)も含んでいるようです。
二号は、もう言うまでもありませんね。
ちなみに妨害・致死傷行為については、この罰金だけでなく、損害賠償請求が上乗せでのしかかってくることも多々ありますよ。
いたずらに20万払えるぐらいなら、とっくに教会に献金してるし。w

さらに、乗車中だけではありません。
車内だけでなく、車外にも罰則はあります。
このブログを読んでくださってる方々は、しないと思いますが。
第百条は道路と標識においての罰則であるとともに、第百一条も見逃せません。

image

以上、抜粋でした。
安全で円滑な運行のためにも、ぜひ皆さまのご理解とご協力をお願いします。

いろいろあって佐世保に着く物語4

かつて3年ほど前に見たときは工事中だったところは、今は、

image

北側にはエレナmini、

image

image

南側には中央公民館と子ども発達センターが建っています。
完全に公共施設かと思いきや、岩崎本舗が入ってるワナ。w

image

この日、佐世保に行った記念にと、このデイリーヤマザキで公共料金の支払いをしたんですが、デヤマはスタンプに店舗名が入ってない。orz
なので、レシートを一緒に残すことに。
image
そのデヤマの前に、月間フリーペーパー「佐世保ならでわ」7月号と8月号がありました。
佐世保の情報が満載です。

image

佐世保のスイーツなら蜂の家(はちのや)。
佐世保っ子なら誰もが知ってるとさえ言われてるそうです。
以前は別のところにありましたが、少し移転してオープンしました。
名物は、大きなシュークリームに黒蜜をかけて食べるものですが、自分としてはやっぱり、「シュークリームはそのまま(何もかけない)で食べたい」逆こだわり。
それにしても、この時間になっても開いてるスイーツ店、長崎県にはほとんどないので、貴重な1店舗ですね。
他に開いてるところがあるとしても、あとは思案橋(長崎市)ぐらいですし。

image

市バス案内所があります。
島瀬町バス停が近くにあり、市営バスの案内のほか、市営バスの定期券やスマートカード(発売・積み増し・払戻)などを取り扱っています。
市営バス1日乗車券も買えると思われます。
西肥バスなど(他の交通事業者)のスマートカードについては、積み増し(チャージ)のみ可能です。
閉まる時刻が早いのが難点かな。

四ヶ月アーケードはいいですね。

image

アーケードに接しているイオン、長崎県じゃここだけですよ。
昔は玉屋デパートだったのが、今ではイオンになっています。
生活に、より密着したチェンジがなされました。

(5に続く)

いろいろあって佐世保に着く物語3

ということで、マックスバリュでした。w
image
買い物が終わると、すっかり日が暮れていたので(この停留所の写真は、買い物の前に撮ったものです)、この停留所から市営バスで佐世保市街地に戻ります。
ちなみにこの停留所は、マックスバリュなどのショッピングエリアの最寄りです。

・・・市バスを撮るの忘れてた!orz
image
交通部一行は(といっても1人ですが、)谷郷町で降りて、

image

少し歩くと、佐世保四ヶ町アーケードとつながっている、させぼ三ヶ町サンプラザアーケードへ。
四ヶ町+三ヶ町=させぼ4〇3さるくアーケード=およそ1km。

ちなみに、日本最長のアーケード街は、大阪の天神橋筋アーケード(3kmぐらい?)らしいです。
かつて30分かけて完歩したことがありますが、当時25だったときでも、これは長かった覚えがあります。
距離スゲェな・・・。

さて、このアーケードは、

image

このようになっていて、

image

途中に信号が3回あります。
さらに、アーケードの中央あたりにMR(松浦鉄道)佐世保中央駅があり、その部分だけアーケードの天井が低くなっています。
けっこう特殊なアーケード街ですね。

image

佐世保ならではの、あの有名な「ジャパネットたかた」を前面に出した特約店、ハートプラザ。
ジャパネットたかたと言えば、やっぱり本拠地は佐世保。
本社ビルが、市街地をちょっとはずれたところ(大塔と日宇の間ぐらい)に建っているので、もし機会があれば見てみましょう。w

(4に続く)