カテゴリー別アーカイブ: 長崎市西部~畝刈~外海

畝刈トンネル新線工事

畝刈と琴海を直結する畝刈トンネル。
長崎バスの、長崎新地ターミナル~時津北部ターミナル~琴海ニュータウン~桜の里ターミナルの便が通るトンネルです(道開~平尾橋 間)。
まず、Googleマップで見れば、

この位置(および、この区間)です。
さらに付け加えるなら、この図の下は滑石方面、左下は式見方面、左上は外海・大瀬戸方面、右は時津町北部です。

ざっと線をなぞった図ですが、こういった感じで既設のトンネルの真横に、新しいトンネルが通ります。

既設線はどうなるか知らされていませんが、開通が楽しみですね。

今日は神の島へ

image

先週予定していた動画撮影のため、神の島へ行ってきました。
神の島の海は、晴れた日に降りて、じっくり眺めてみることで、実はこんなにもきれいであることも分かりました。

動画は、帰ってから編集します。
お楽しみに。

“バスで教会へ‼8/大見崎→式見・小江原線+医学部線→神学校前編” を YouTube で見る

教会へ行く動画8ができました。

おもな経由地:
(式見・小江原線)相川→式見→向ヶ丘→手熊→長崎市運動公園前→小江原→第二団地西口→小江原アパート前→鏡が丘→マリア学院前→城栄町→市民プール前→ロープウェイ前→宝町
(医学部線)宝町→ココウォーク茂里町→坂本町→医学部前→江平中学校前

大見崎から、式見・小江原線の小江原団地内経由で八千代町まで乗り、乗り継ぎは(バリアフリー化を視野に置いて、歩道橋ではなく横断歩道使用で)平面でできるようにしました。
八千代町からは、以前にも何度か登場した医学部線で、今回は神学校前まで。
神学校前からは、教会まで徒歩4分ほどです。

海を眺めながら

夏と言えば海!
でも、暑いのは・・・。

そんな方々に、
長崎バスの路線から、海を間近に眺めながら乗れる区間をご用意しました。

1番系統各線
【琴海ニュータウン方面】
時津北部ターミナル~子々川
琴の海園~下屋敷
大子
切崎(大江橋~亀浦の区間内)
【石原方面】
道の駅~樫の浦桟橋前(さいかい交通)

3・6番系統各線
【式見方面】
手熊~トンネル口
式見支所前~相川

10番系統線
【茂木方面】
二見茶屋~大崎
片町~茂木港~松崎

30番系統各線
【黒浜方面】
黒浜~運動公園前
野母新港~脇岬海水浴場前
松原~樺島
【為石方面】
川原本村~彼浜(あちばま)

80番系統線
【網場方面】
網場~春日車庫前

網場~春日車庫前は、県営バスも数多く通る区間です。

image

image

長崎バス・県営バスで出かけてみませんか?

梅雨明け宣言

image

image

ついに梅雨明けが発表され、本格的に夏到来!
今日で7月が終わり、8月に入りますね。
夏らしい暑い日々が続きますが、熱中症などには十分に気を付け、お過ごしください。

イオン系列なら、トップバリュの2リットル入りスポーツドリンクが、いつでも税込98円!w
安い!!
水分補給はしっかりと。

聖書からこの夜、自分にはこの言葉が語られました。
「全土を西の海まで」
申命記34:2

この西の地・長崎において、式見や外海(そとめ)、西海市に至るまでも、何か神様の計画があるようです。
確認は必要ですが、まず神様に期待!

今日の道のり

今日は琴海ニュータウン・平尾橋経由で、桜の里ターミナルに行ってました。

image

写真については、あまり気にしないでください。w

その中でのエピソードです。

長崎新地ターミナルから、ある男の子がひとりで乗ってました。
名札も付けてて、おそらく学校帰りです。
見た目では、どう見ても小学校低学年(ヘタすれば小1)です。
「確認」「よく注意」と言っても、まだ分からなくても当然なぐらいの子供です。

バスは赤迫を過ぎ、打坂を過ぎ、時津を過ぎ、日並を過ぎ、琴海ニュータウンを折り返し・・・
その男の子は、まだ降りません。
平尾橋を過ぎ、道開を過ぎ、とうとう終点の桜の里ターミナルまで乗ってました。
私立の小学校(の通学)とか、あるいは何か特別な事情があれば別ですが、どうもそういったのは見受けられず、その通学にしては距離が長すぎるので、「あら? 大丈夫かな?」とも思いました。

そして、桜の里ターミナルで、不安そうにうつむきながら公衆電話をかけてました。
その10分ほどあとに、母親であろう女性が来られ、その男の子を連れて、車へ。
そのとき、その女性が「ほっとしたよ。」と言ってるところだけは、自分にも聞こえました。

路線・経路の違いまで読めず、系統番号の「1」と「桜の里ターミナル」という行先表示だけを見て乗ったのでしょう。
おそらく、「あれ? いつものバス停がない。どうしよう・・・」と、不安を感じたと思います。
自分はその男の子に対して、どういう言葉もかけられませんでしたが、ただ、乗りきったことだけでなく、ちゃんと電話して呼び求めたことも「よくやった。」と思いました。

大人でさえ間違いやすいぐらいですから、まだ難しいであろう子供に「絶対に間違うなよ!」とか「間違ったらタダじゃすまさねぇぞ!」などと圧力をかけたり、叱ったりなどは、したくありません。
交通機関大好きな自分でさえ、まれに間違うことがあるのです。

まぎらわしい路線は、確かによく見ないと大きく間違うことがあります。
くれぐれも、乗り間違いに十分ご注意いただきたいと思います。

あと、誰を責めるわけでもありませんが、今回のように小さい子供の場合は、親や保護者、あるいは周りの方が、
「○○・○○・○○を通る、◇◇行きのバスに乗ってね。」とか、
「○○・○○を通るバスは、☆☆を通らない(全然違うところを通る)から、よく聞いてから乗ろうね。」
などのように、できる限り具体的に教えておく必要性を感じました(かといって、あまり細かすぎると今度は、乗り損ねたり、把握しきれなかったりすることもありうるので、なるべく適切な具合に)。
どうぞ、ぜひお願いします。

交通クイズ22~24の答え

A22
長崎バス時刻表2015年度版
142~144ページ(滑石線、中央橋行きページ)
191~193ページ(石原・樫山・桜の里線、長崎新地ターミナル行きページ)
195ページ(大瀬戸・板の浦線、長崎新地ターミナル行きページ)
【解説】
今回の設問では、方向を指定しています。
さらに、写真の区間は、畝刈(あぜかり)→多以良(たいら)です。
満寿美別館の看板が手前に、ナフコ畝刈店が少し奥にあるところがポイントです。
この区間と方向が分かれば、必然的にページも定まります。
上記のいずれかを見落としやすい設定でしたが、皆さんはいかがでしたか?

A23
南古里・南越・運動公園前(野母崎地区)
【解説】
運賃が、整理券1番(ココウォーク茂里町~八千代町で乗車)は580円です。
南古里と南越は大きく離れていますが、同じ運賃が3停続きます。

A24
岳路~岳路海水浴場入口(逆でも可)
【解説】
今回は、横向きの景色で停留所間を判別する設定でした。
野母崎方面には、蚊焼から樺島まで(運動公園前~北田を除く)にわたって海の見える景色は続きます、
が、高低差があり、ふもとに家々があり、さらには海のむこうに島が見えているところがポイントです。

まるなか

image

桜の里ターミナルのひとつ手前、舞の浜バス停から京泊トンネル側に少し歩いたところに、かまぼこ店のひとつ「まるなか」の工場があります。

image

漁港地帯の少し奥まったところです。
直営の総本店を浦上駅前に構え、長崎ならではの食文化の一役を担っています。