カテゴリー別アーカイブ: 長崎市北部~内海(琴海) 

長崎バス観光本社

滑石の、寺川内バス停すぐの車庫の片隅に、

長崎バス観光(株)があります。

隣に「教習課・新滑石寮」とかあって、一見すると「関係者以外立入禁止」みたいなイメージがありますが、一般の方々も普通に入れます。
滑石地区における長崎バスの窓口としても活躍中です。

長崎バス観光では、旅行商品の取扱いのみならず、各種定期券の新規・継続発行(昼間全線フリー定期券も有り)、長崎スマートカードの新規発売・積み増しが可能です。
長崎市内1日乗車券は確認しておりません(すみません・・・)。
※一般型定期券の券種変更は、長崎バス本社(長崎新地ターミナル)を経由して取り扱うため、日数を要しますのでご注意ください(=お急ぎの場合は直接、長崎新地ターミナルにて手続きされると無難です)。

年末年始などは分かりませんが、窓口営業時間は9:00~18:00(土休日も可)となっております。

畝刈トンネル新線工事

畝刈と琴海を直結する畝刈トンネル。
長崎バスの、長崎新地ターミナル~時津北部ターミナル~琴海ニュータウン~桜の里ターミナルの便が通るトンネルです(道開~平尾橋 間)。
まず、Googleマップで見れば、

この位置(および、この区間)です。
さらに付け加えるなら、この図の下は滑石方面、左下は式見方面、左上は外海・大瀬戸方面、右は時津町北部です。

ざっと線をなぞった図ですが、こういった感じで既設のトンネルの真横に、新しいトンネルが通ります。

既設線はどうなるか知らされていませんが、開通が楽しみですね。

やっぱりそうなったか!

長崎電気軌道(路面電車)では先日、試運転が行われ、次のようになったそうです。

———————————–
6月2日に発生した公会堂前での脱線事故の影響により一部運休していましたが、10日(金)15:30より「3号系統 赤迫行き」以外は運行再開いたします。

1号系統(赤迫⇔正覚寺下)通常運行
3号系統
 ※赤迫⇒蛍茶屋は3号系統で運行
 ※蛍茶屋⇒赤迫は2号系統で代替運行
4号系統(正覚寺下⇔蛍茶屋)20分間隔で運行
5号系統(石橋⇔蛍茶屋)通常運行
———————————–
とのことですが、簡単に言えば、
1・4・5号系統は全区間運行(4号系統は便数を減らして20分間隔で)。
3号系統は蛍茶屋行きのみ復帰。
蛍茶屋→赤迫は2号系統で。
・・・ということになります。

image

image

ただし実際は、「3号系統赤迫行き」は、朝夕ラッシュ時間帯に限り公会堂前始発で運行されていますので、急ぎの場合に備えてその3号系統を覚えておくといいと思います。
前回(1月頃)と同じところで脱線事故が起きていたため、3月頃の運行形態と同様ですが、しばらくはこの形が続きそうですね。

詳しくは、こちらをご参照いただければ幸いです。
長崎電気軌道案内ページへ

やはり、再び2号系統の出番です。

歩行者天国

以前よく「ホコテン」とか言われていましたが、今はどうでしょうか?

image

アーケード街の多くは歩行者天国となっていますが、歩行者天国の特徴は「車両通行禁止(時間帯を指定して)」が目立ちますね。

この場合、それぞれの車輌はどうすればよいのでしょうか。

①自転車・リヤカーなど軽車輌
エンジンがありませんので、特に複雑な取り決めはなく、降りて押して歩くことで通ることができます。
この方法で、歩行者として通ることができるからです。
ただ、別の歩行者への衝突や、駐輪禁止場所などには気を付けて、責任感をもって通行してください。
あと、電動アシスト自転車の場合は、念のためアシストをオフにしておきましょう。

②原付・自動二輪(普通~大型二輪)
エンジンがついていますので、軽車輌と同様に降りて押して歩くだけでは不十分で、それに加えてエンジンをオフにするようにも取り決めがあります。
車体にけっこうな重さがありますので、よろけたりするとそれもまた巻き込む恐れがあって危険です。
通る際には、細心の注意を払ってください。

③四輪(軽自動車~大型)
四輪は通行できません。
ただし、時間外(通行が許可されている時間内)であれば、通行できます。
しかし、荷物の積み降ろしなどがあったり、歩行者がどう歩くかも推測しづらいのもあって、通りやすくはないと言えるでしょう。
結果、「必要があって通る」程度におさまることが多いのは、そのためです。

上記の点を守れば、だいたいは引っ掛からないと思います。
逆に歩行者も、いつどのようにどんな車輌が通るか分かりません(不正に通行される危険があります)ので、周りへの注意はまったく不要とは言えないところです。
安全のために、ご理解をお願いします。

さるくナビで

どうもこんばんわ。
今回は、アプリ「長崎さるくナビ」の検証プレイということで、簡単なコース「眼鏡橋から中通りへ」を実際に歩いてみました。
image
昼間歩けば、もっと賑わいのあるコースですが、長与のMVで買い物を済ませたあとに思い立ったため、夕方から夜にかけてのさるくとなりました。

今回の検証環境は次のとおりです。
端末:SH-08E(シャープ製/ドコモ2013年モデル)
OS:Android4.2.2
※代替機のため、通常使用している端末ではありません。
通信エリア:長崎市中央・LTEエリア
通信環境:ドコモLTE
端末状態:良好(キャッシュクリア済み)
スタート時バッテリー残量:80%

ということで、スタートまではなるべくバッテリー消費とキャッシュ増加をそれぞれ抑えるため、不必要にアプリを起動させずキープ。
住吉で、バスから路面電車に乗り換えて、賑橋(にぎわいばし)を目指します。
image
なんと、ちょうど乗りたかった3000型が来てくれました!v
1号系統の正覚寺下行きで築町まで、5号系統の蛍茶屋行きに乗り継いで賑橋で降ります。
浦上車庫前電停隣接の西町車庫で、
image
元・(東京都交通局)都電の車輌(左の肌色の電車)と、元・仙台市交通局の車輌(右の黄色+深緑の電車)、
image
5001号車(5000型)がおもてに出ていました。
image
賑橋に着いたら、まず長崎さるくナビを立ち上げ、加えて端末のGPSをONにします。
今回のコースは、このようになっています。
image
コースの道順は常に赤線で表示されています。
さらに、現在地(賑橋電停)からスタート地点までは青線で表示され、スタート地点に着いたら消えます。

(2へ続く)

ダイヤ改正検証レポート1B/本原経由三川町線(続き)

先日挙げた、本原経由三川町線のレポートの、検証できていなかった部分を紹介します。

昨日、この路線を長崎新地ターミナルから終点の三川町まで通しで乗ってみたところ、次のことが分かりました。

終点の三川町では、車庫に入って乗客を降ろすのではなく、車庫上の三川町バス停(=本原経由、長崎新地ターミナル行きの20番が発車する停留所)の向かいのスペース(標柱なし)で乗客を降ろすようになっている模様です。

image

それから車庫に入って、その便の運行を終わります。

image

この部分以外は、前回のレポートどおりです。
ただ、先日のレポートでは長崎新地ターミナルで終点となりましたが、そのあとはそのまま同路線の折り返し便となる場合もありますので、必ずしも回送になるとは限りません。

本原経由三川町線についてのレポートは、以上です。

ダイヤ改正検証レポート1/本原経由三川町線

今回のダイヤ改正で長崎バス新規路線となった本原経由三川町線や、経路変更が行われた(時津・琴海経由)桜の里ターミナル発着便、直通運行が開始されたつつじが丘発着などについて、実際に乗って検証していこうという、毎年よくやる流れです。w

まずは、教会の近くを通るようになった本原経由三川町線。
この路線はあまり長くはありませんが、時間の都合で2日がかりでの検証となりました。
image
教会の最寄りである浦上天主堂前バス停の時刻表に・・・
image
山口電気工業前のりばには、三川町行きが加わっていました。
image
さらに念には念を。
岩永医院前のりばには、長崎新地ターミナル行きが加わっていました。
これで、浦上天主堂前での乗降も可能な路線であることが分かります(この経路なら、停まらないと変ですがw)。

加えて、十八銀行(平和町支店)前のりばには、小江原行きが加わっています(写真は省略)。

浦上天主堂前(岩永医院前のりば)に、
image
カトリックセンター前の方向からバスが来ました。
こちらは、ほぼ定時運行です。
まずは乗車。
浦上天主堂前から長崎駅前までは、従来からの江平線と同じ経路です。

長崎駅前から、平和町を経由する平日便には極めて少なかった大波止経由です。

で、20番の長崎新地ターミナル行きなので、イメージでは県庁裏の中央橋を通るものと思ってましたが、
image
なんと県庁坂を越えて、高野屋前の中央橋に停まりました。
中央橋から長崎新地ターミナルの間は、市役所前経由と同じように右左折します。

長崎新地ターミナル(終点)では、バスターミナルホテル前に到着し、このバスは回送になりました。

そのあと、三川町行きに乗るつもりでしたが、別の路線を乗りました(検証レポート2で紹介します)。

で、桜の里ターミナルから戻ってきて、住吉から西山台団地行き(既存路線)に乗り継いで、三川町で降りてみます。
image
イメージでは車庫内に標柱が立っているものと思っていましたが、実際は車庫出入口から若干離れた位置に標柱が立っています。
あと、西山台団地線の標柱から100mぐらい離れているため、間が1分もない場合は三川公園~西山台団地で乗り継ぐ必要がありそうです。
image
どうせなら、車庫出入口に標柱立てた方がいいような気がしますが。w

image
image
三川町車庫からバスが出てきて、西山台団地方面に。
ちなみに、行先は「県庁坂経由・新地ターミナル」、経由は「西山台団地・本原一丁目・医学部前」と表示されています。
「県庁坂経由」という表示が、大波止経由の意味を兼ねているものと思います(分かりづらいですが)。

image
image
image
西山台団地は、けっこう高台ですね。
県営バスではこの景色を何度か見たことがありますが、まさか長崎バスも通るようになるとは思ってもみませんでした。
image
県営バスも通る路線ですが、三原小学校前・三原団地は通らず、その点では快速としての役割も担います。
image
長崎バスの運転士にとってはやはり慣れていないのか、慎重に坂道を下っていました。

ちなみに、長崎バスがなぜこの路線を出したのかというと、ひとつは三川町と浦上地区の短絡、もうひとつは西山台団地~本原~目覚町に大波止経由を通す意味合いがあるのではないかと思われます。
この区域のうち、西山台団地~浦上天主堂前(加えて、平和公園下)の平日便に関しては、大波止経由は県営バスが早朝に何便かあるだけで、あとは県営バスも長崎バス(江平線)も市役所前経由かミニバス線ばかりだったので、そうしたのではないかと。
これからは、西山台団地から、本原から、浦上天主堂前から、大学病院から、大波止を通りやすくなります。

加えて、今日は長崎新地ターミナルから乗ってみました。
image
時刻表に「ターミナル横 発」とありますが、4番系統(西城山経由→下大橋行き)と同じく、こののりばより乗車できます(6番系統ののりばではありませんので、ご注意ください)。
青い「本原経由三川町行きのりば」が目印です。
image

image
確認までに、下段に三川町行きが加わっていました。
image
行先は「本原・西山台 三川町」、経由は「大波止・医学部前・本原一丁目」と表示されています。
image
長崎新地ターミナル発車後、4番・6番と同様に銅座通りを通って、観光通りアーケード側の浜の町(アオキ前のりば)に出てきました。
中央橋は肥後銀行前のりば、県庁前(大波止側のりば)も停車可能、大波止からは長崎新地ターミナル行きと同じ経路です。
運行開始2日目にもかかわらず、(始発の長崎新地ターミナルから)江平線並みに乗客が多かったのは意外でした。
image
はい、このとおり浦上天主堂前で降車できました。
この路線でも、教会へ行けることが分かりました。
今回の検証はこれで一旦終了。

あとは上りと下りでイメージとの大きな違いはなさそうですが、この路線については一度、全区間を通しで乗って、さらに検証していきたいと思います。

長与営業所

県営バスの長与営業所です。

image

女の都入口バス停のすぐ近くの営業所です。

昨日、銅座のイオンからの帰りは県営バスに乗ったんですが、その車内でいつの間にかタブレットを落としてました。
で、帰り着いたあとに気づいて、大慌てしながらも祈って長与営業所に問い合わせたらあったので、今日の昼に受け取りに行きました。

営業所まで届いてて、ほんとに助かりました。
もし街中で落としてたら、今の今頃どうなっていたことやら………。

ちなみに祈らないでいたら、銅座のイオンにも(ムダに)問い合わせてたかもです。

守られたことを、主に感謝します。

あと、ガラケー+スマホorタブレットの2台持ちは、例えば電話しながらメモできたり調べられたり同時にできて便利なだけでなく、こういうときにすぐ問い合わせたりできるので(ガラケーを落としてたら公衆電話に直行ですが……)、いざというときに助かります。
スマホ+タブレットでの2台持ちは珍しいぐらいかもですが。

………………!

ビジネスマンがよく2台持ちしてたりするのは、そのためだったのか!
やっぱ2台持ちって、めちゃいい。←今頃気づいたw

雪が降ったりしました

長崎にとっては40年に一度とも言われている積雪でした。

image

積雪1日目(日曜)。
車が通らない・・・。
おかげで静かでしたが。w
バスが全線運休になり、路面電車もままならず、教会(礼拝)へ何時間も歩いて来られた方が、日本人・外国人ともに、けっこうな人数でした。
大変だったと聞いております。
お疲れさまです。
自分は(浅い靴しかないので)ヘタに買い物に出ることもなく、この日は終わりました。

image

積雪2日目。
路面電車が全線運行見合せとのことで、メールがきてました。
なので月曜礼拝のあと、チキンライスの材料を買いに、歩いてチトセピアのイオンまで行くつもりでした。
が、途中よく見ると路面電車が動いてたので、なるべく万全を期して乗って行きました。
そのタイミングでは、国道206号線をバスは通っておらず、夕方ぐらいから県営バスが通り始めてました。

あまり深く積もったら別かもですが、今回の積雪の場合、バスより路面電車の方が強いことが分かりました。
あと、西友もジョイフルサンも品薄になってた中、イオンも積雪に強い!w
この日に行ったのがアタリだったのか、けっこういい具合に品物がありました。

長崎バスで教会へ‼6/大串線+ゆりちゃん号編

教会へ行く動画6ができました。
大串から、バイオパーク・琴海ニュータウン経由で時津北部ターミナルへ、乗り継いで住吉へ、さらにゆりちゃん号に乗り継いで百合野病院を経由して平和町商店街まで乗って、教会へ行くコースです。