カテゴリー別アーカイブ: JR九州

これで終わるのももったいないので、在来線も。

新幹線だけではもったいないので、在来線のりかえ改札口を通って、0番Aのりばで815系も、動画・静画ともに撮ってきました。

image

目新しい列車ではないものの、長崎では運行されてない車輌なので。

熊本地区は、817系も運行されてはいるんですが、逆に817系はここで粘り倒さなくても長崎で見れるので、今回は狙いませんでした。

帰りの長崎行きは、時間の都合で(中央区がすさまじく渋滞してたため)西部車庫からではなく、交通センターからに変更して、ついでに下通りアーケードを見て通って、乗って帰りました。

image

熊本駅で新幹線を撮ろう!2

新幹線ホーム。

image

ちなみに、800系よりN700系の方が新しいということは、お間違いのないよう、あらかじめ述べておきます。

補足としては、N700系は山陽新幹線にも乗り入れていますが、800系はすべて九州新幹線の区間内(博多~鹿児島中央)のみで完結します。
つまり、小倉駅(北九州市)以東の新幹線のホームなどで、特別に何かない限り、800系は見れません。

800系

image

・・・N700系の写真は、よく考えたら先週に博多駅で撮ったので、今回撮ったのは動画だけでした(つまり、熊本駅でのN700系の静画がありません)、すみません。w
800系も博多駅で撮ったんですが、そのときは前照灯(要するにヘッドライト)が点(つ)いてたところを撮れず、今回撮り直しができたのがコレです。

撮影は今回も三脚を使いましたが、転落防止柵が普通に高かったので(まぁ確かに、低いと意味ないですからねw)、新幹線ホームでは三脚の脚を閉じて手に持って、柵にくっつけて少し高めの目線で固定しました。
なので、あとで確認してみますが、手ブレがけっこうあるかもしれません。
あらかじめご理解いただければと思います。

ただ、どこであれ極力、安全な撮影を心がけることは、マニアとして努めるべきであると思っています。

熊本駅できっぷについて語る

では、熊本駅の新幹線ホームを見たことがないので、それも兼ねて実際に入ってみたいと思います。

使用済み券ですみませんが・・・

image

指定席券売機で入場券を発券。

今回も、わざとC制にしました。

駅入場券
領収書(任意)
クレジットカードご利用票

やっぱり熊本駅でも3枚セットなんだなぁ。w

ちなみに、領収書を希望しない場合でも、クレジットではないVISAやJCBなど(VISAデビットやMasterCardプリペイドなど)の場合でも、必ずクレジットカードご利用票はセットで出てきます。

あと、一部のプリペイドは、残額が十分でも通らないことがあるっぽいので、どうしても出してみたいという方は、複数のデビットやプリペイドを用意して備えるのも手です。

新下関駅は、指定席券売機(みどりの券売機)で入場券が買えず、みどりの窓口の発券機は案の定、新式印字(感熱式)でした。

さらに、博多駅は指定席券売機で買ったきっぷまでも新式印字でした。

新式印字のきっぷは、どうかしたら印字が消えるかもという不安があり、なんとなくうれしくない一面があります(一応は記念に残してますが)。

熊本駅の指定席券売機なら、旧式印字(にじまないインク式)なので、浸水でもしない限りは消える心配がないってところがいいですね。

ほんとは入場券も含めて、この旧式印字のきっぷが欲しかったりするんだよなぁ。w
最近は九州でも新型発券機が広まって、多くの駅で感熱式ばかりになりつつあるので、旧式印字が貴重になってきています。
ちなみに赤い印字は、新幹線改札口の入場・出場の記録が、改札機で印字されたものです。

さらに続く。

ボトルネック

最近、松山町あたりで高架線路を見ますと、JRが徐行していることがよくあります。
しかし、特に異常が起きているわけではありません。

では、なぜ徐行しているのでしょうか?

その理由がこちら。

浦上駅上の跨線橋から北向き(市布・長与方面)に見ているところですが、よく見ますと一部分(信号機のあたりに注目!)が単線になっていることが、お分かりいただけると思います。

浜口町の西洋館あたりから、市布経由の本線と長与経由の支線に分かれていますが、この一部分が原因となっているためです。

ダイヤはガチ合うことがないように編成されていると思いますが、遅れて入ってきたがために他の便が優先されたりして、徐行(および停止)することがあるのではないでしょうか。

九州新幹線長崎ルート敷設(ふせつ)の一部として、この形にされているものであろうと思います。

ちなみに、長崎~浦上間は複線です。

従って、この状態は「ボトルネック」であるといえます。(公式かどうかは分かりませんが)。

九州新幹線長崎ルート開業が待ち遠しいですね。

やっと初めて見ました

JR九州のスイーツ列車「或る列車」 。
・・・これでも正式な列車名です。
黄金色な塗装の、JR九州の列車です。
九州管内のどこでも運行できるように、気動車です(おそらく、キハ40の改造と思われます)。

写真には屋根しか写っていませんが、肉眼では走行中の或る列車を、岩川町あたりでしっかりと遠目に見ました。ww

で、全容はこのパンフレット(のスクショ)のとおりです。

今度してみたいこと

今度SunQパスをいただいたら、次のことをしてみたいと思っています。
どこまでできるかは分かりませんが、イメージとして提示してみます。
めちゃめちゃざっくり言えば「久しぶりに新幹線をリアルで見たい!」ですが、具体的にはこのとおりです。

①新下関駅(山口県下関市/JR西日本)で
1.500系の停・発車の動画を撮影(できればモーター音までしっかり収めたい)
2.時速300kmで通過するシーンの撮影(必然的にN700系に限られますが)

【新下関駅を選んだ理由】
新下関駅は、九州外の各駅のうちもっとも九州に近い「山陽新幹線の駅」であり、数々の新幹線車輌の高速通過を観ることができる駅として、手軽にアクセスできるポイントです(これ重要!)。

厚狭(あさ)駅も、山陽線(在来線)も併用すればアクセスはそこまで難しくありませんが、通過を観るにあたっては低い壁がある(下4分の1ぐらい隠れる)ゆえに、臨場感100%を求めるにはかえって少し物足りないかと(見るだけなら十分とは思いますが)。

小倉駅や博多駅は、九州内にある山陽新幹線の駅ではありますが、旅客用車輌はすべて停車するので、残念ながら通過シーンは観られません。

駅間途中のスポットを探すにも、下から撮っていては「見せる動画」としては不十分なことは明らかでしょうし、かといって上(線路に接した小高い丘×最高速地帯≒かなり田舎)からとなると非常にアクセス困難な場合も考えられます。
しかも停・発車については、事故や支障などでもない限り駅間ではありえませんし、仮にあったとしてもどこで停まるか分かりません。

なので、新下関駅を選んでみました。
新下関駅での撮影を終えたら、なるべく早めに博多駅へ移動したいと思っています。

②博多駅(福岡市博多区)で
3.他の新幹線車輌の停・発車の動画を撮影(なるべくモーター音も)
4.山陽新幹線(および博多南線)・九州新幹線の車輌の写真(静画)を撮影
5.在来線(JR九州)の特急列車の写真の撮影(入場券の時間制限に余裕があれば)

結局、新幹線メインですが。ww
何しろ長崎では、リアルの新幹線は乗るはおろか、見ることすらできませんから。

【博多駅を選んだ理由】
山陽新幹線(広島~新大阪方面の便を除く)と九州新幹線のすべての車輌が停まるため、停・発車の動画や車輌の写真を撮影するには最適な駅です。

ちなみに、入場券では時間制限(JR西日本・東海・東日本の各駅では1購入2時間)があるだけでなく、車内への立ち入りが本来は許可されないので、博多南線にでも乗らない限りは車内の写真はないものと思ってください(ぇ。

ところで、「さっき出てきた500系とかN700系とかって何?」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、参考までにその写真を用意しました(JR西日本公式ホームページより。画素荒くてすみませんが、あくまでも参考までにということで・・・)。
こちらです。

まず、N700系(山陽・東海道新幹線用)

image

現在、のぞみ号といえばおもにこの車輌ですが、ひかり号やこだま号としても運行されています。
700系と非常にそっくりなカモノハシですが、目立つ違いは、最高時速や加減速性能のほか、モーター音や、ヘッドライトと運転室窓の形状も挙げられます。
最高時速は300km(東海道新幹線区間では285km?)です。

続いて、N700系(九州・山陽新幹線用)

image

こちらは、山陽・東海道新幹線用のN700系とデザインも内装も異なり、そちらとの違いはくつろぎのデザインや、ゆったりとした座席配置がおもな特徴とのことです。
山陽新幹線区間内のみで完結する便では使われず、どれも九州新幹線直通のみずほ号・さくら号、または九州新幹線区間内のみで完結するつばめ号として運行されています。
こちらも、最高時速300km(九州新幹線区間では260km)です。

それと、500系(山陽新幹線)

image

500系は、デビュー当時は時速300kmで日本最高速の列車でした(ニュースにさえなりました)が、JR東日本にE5系登場で日本最高速の座から降りる結果となりました。
全車にモーターが搭載されており、車内外に響き渡るモーター音は特徴的で、モーター音まで楽しむ乗り鉄や音鉄には今でも人気があろうと思います。
ヨーロッパ生まれ(だったかな?)のフォルムもまた特徴が強く出ていて、非常に独特な円形断面&ロングノーズです。
今ではこだま号のみでの運行となり、しかも最高時速285km(Nが付かない方の700系と同クラス)に抑えられてしまったのが、なんとなく残念な感じがしますね。

余談ですが、のぞみ号として運行されていた当時、博多~新大阪をこの500系のグリーン席利用で往復したことがありました。
とにかく、この車輌には思い出があります。

というわけで、実際の撮影はいつになるか分かりませんが、どうぞお楽しみに!

長崎駅に着きました

image

遅れもなく、無事に長崎駅に着きました。
乗車券は、

image

このとおり、乗車記念(使用済)印を押してもらって、手元に残しました。

で、長崎駅前からバスで、教会に戻りました。
その時点で、用のひとつは別の方がやってくれてました。
Thanks!

ちなみに、各種きっぷの英語表記は、

①正規運賃・料金の、乗車券・特急券・グリーン券など
のほか、
②特定の会員証や、身障者・療育手帳などの提示で割引される、乗車券・特急券・グリーン券など
③トクトクきっぷ(2枚きっぷ・4枚きっぷなど)に付帯して発行される(必要となる)、座席指定券・指定料金券(普通車指定席の座席指定券を兼ねる)・グリーン料金券(グリーン車指定席の座席指定券を兼ねる)など

・・・が、おもな対象となっており、駅入場券やトクトクきっぷ本体、回数券類など、英語表記ができない(発券されない)きっぷもありますので、あらかじめご理解いただきたいと思います。

あと、窓口の係員が英語表記での発券手順を把握していない場合もあります。
もしその場面に出くわしたら、
「マルス発券」
と、
「付帯項目に」
をキーワードとして導くと、スムーズです(POS発券では英語表記ができません)。
例)「マルス発券に切り換えていただけたら、付帯項目に英語表記があると思います。」

券面下部の「○○○駅-MR△発行」の「MR」が、マルス発券を意味しているようです。