カテゴリー別アーカイブ: 長崎バス・さいかい交通

スマホ・タブをもって出かけよう#3(その1)

今回は、スマホ・タブで時刻表PDFを簡単に見れるように設定する方法です。

「ESファイルエクスプローラ」アプリをダウンロードします(PDFデータダウンロード後でもかまいません)。

完了したら、長崎バスホームページへアクセスし、どのタイプの時刻表データが欲しいかに合わせて選択・検索していきます。

image

あるところまで選択すると、データは自動でダウンロード・保存・表示される場合が多いと思います。。
表示されたら、ファイル名を確認します。

長崎バスの時刻表が出ました

image

そういえば、まだ載せていませんでした。
失礼しました。
2017年度版時刻表が出ていますので、ご希望の方は長崎バス各窓口へどうぞ。

※さいかい交通は別途、時刻表がありますので、板の浦バスターミナル(さいかい交通本社)へどうぞ。

鍋冠山に行ってきました

前回行ってから1年ほど経ったと思いますが、F-03H(←スマホ)を連れて、再び鍋冠山に行ってきました。

うみかぜ号(長崎バス)のみ発着する、二本松A棟バス停から、前回は車の通れる道をひたすら歩いて10分ほどかかりましたが、今回は近道を歩いて5分ほどで展望台に着きました。

安スマホだけあって、最新のXperiaほどの画質は全くもって期待できませんが、このような夜景が撮れました。

夜景を撮りに行くと決まってたら三脚も連れて行ってたんですが、買い物しか頭になかったので、

せっかくですので、写真をクリックすれば、フルサイズ(13メガピクセル)の写真をご覧いただけると思います。

image

展望台からの下りは、グラバー園第二ゲート近くへの近道が工事中で入れなかったため、初めての道を25分ほどひたすら歩くと、川上町バス停と上田町バス停の間に出てきました。

長崎バス観光本社

滑石の、寺川内バス停すぐの車庫の片隅に、

長崎バス観光(株)があります。

隣に「教習課・新滑石寮」とかあって、一見すると「関係者以外立入禁止」みたいなイメージがありますが、一般の方々も普通に入れます。
滑石地区における長崎バスの窓口としても活躍中です。

長崎バス観光では、旅行商品の取扱いのみならず、各種定期券の新規・継続発行(昼間全線フリー定期券も有り)、長崎スマートカードの新規発売・積み増しが可能です。
長崎市内1日乗車券は確認しておりません(すみません・・・)。
※一般型定期券の券種変更は、長崎バス本社(長崎新地ターミナル)を経由して取り扱うため、日数を要しますのでご注意ください(=お急ぎの場合は直接、長崎新地ターミナルにて手続きされると無難です)。

年末年始などは分かりませんが、窓口営業時間は9:00~18:00(土休日も可)となっております。

今、西海市がアツい!

大串に来ました。

 
ねんりんピックの影響でしょうか(←いや、違)。
10月下旬ともいうのに、日なたはかなりの気温です。
帰りのバスで冷房がかかってました。

西海市・・・

ナフタリの全土、エフライムとマナセの地、ユダの全土を西の海まで
申命記34:2

新しくなりました

長崎バスターミナルホテルのロビーに設置されている、長崎空港線バス(片道・2枚回数券)券売機が新しくなりました。

新しくなったポイントは、まずタッチパネル式になったところと、(日本語以外に)3言語に対応するようになったところです。

旧式で出せていた領収書は、新式でも出せるようになっています。

ココウォーク茂里町バスセンターにある旧式券売機と見比べると、違いが明らかですね。

ちなみに、旧式券売機の左下のガムテープは、おそらく呼び出しボタンですが、誤って押されないようにしているためか、もしくは故障しているものと思われます。

新式券売機の方は、複数人分をまとめて買えるようにすると、もっと有効な気がしますが。

もちろん、新式で買われた券も券面額は同じですので、県営バス運行便(空港リムジン)で使用することはできます。

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。

昼間全線フリー定期券を購入する場合

長崎バスではおなじみの破格な定期券「昼間全線フリー定期券」。

長崎新地ターミナルで昼間全線フリー定期券を購入しようとする場合、一般型の定期券(=区間・経路・有効期間などを各自で決めて購入する定期券)の窓口に顔を出しますと、「あちらへどうぞ。」と取り次がれます。

では、正しくはどの窓口に行けばよいのでしょうか?

・・・

正解は、

7番窓口です(21時過ぎだったので閉まってますが)。

18時までとなっていますので、時間外となってしまった場合は他の窓口に尋ねてみていただければと思います(購入できるかもしれません)。

他(ココウォーク茂里町バスセンターや各営業所など)の窓口では、お問い合わせや各種定期券・スマートカードなどの取扱いが一本化されていて簡単ですが、長崎新地ターミナルだけは各部門ごとに窓口が分かれていますので、ご注意ください。

関連で分けて考えてみると、
新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い
という振り分けがされていると思います。
間違ってたらすみません。

というか、以前と比べて、3~7番はかなり変更がされています。
以前は、昼間全線フリー定期券も3~5番の窓口で良かったのが、閑古鳥だった7番にいつの間にか移ってますし。
おそらく、それだけ利用客数が多いということでしょうね。

ちなみに長崎新地ターミナルで、長崎バス1日乗車券(市中央観光型・世界遺産型とも)を購入する場合は、お問い合わせの窓口(1番窓口)が正解です。

なお、各窓口の取扱い時間帯については、別途ご確認ください。