月別アーカイブ: 2015年5月

樺島にて

image

ものの5分ほど、わずかな時間でしたが、(野母崎)樺島の地域の方々との交流の時間がもたれました。
広域の情報を得るのも確かに重要ですが、狭域の情報にも重要な要素が隠れていることもあり、一概に侮れません。w

高浜バス停付近

image

現在工事中で、高浜バス停の樺島・岬木場向き(南行)標柱がファミリーマート前に移設されています。

野母崎方面の生活道路としてだけでなく、観光客誘致を図るための開発の一環と思われます。

ご注意いただくとともに、安全のためにご協力ください。

バスを眺める@ココウォーク茂里町

ココウォーク茂里町は、2階以上から眺めれば、上から見ることができます。
また、乗車側からでも見ることができます。
しかし、いずれも窓ガラスに遮られ、あまりクリアに見れません。

そこで、これも穴場!

image

トイレ入口横のタクシー乗り場連絡通路です。
あまり広い通路ではありませんので、撮影などでは、通行客の支障になりませんよう、十分ご注意ください。

image

外みたいに明るくはありませんが、窓ガラスがなく、このように眺めることができます。

image

緑のランプが点灯・回転しますと、発車です。
発車時は身体・機材等ともに柵より内側(壁側)に引き、発車・運行の妨げとならないよう、お願いします。

バスを眺める@長崎駅前

長崎駅前は歩道橋が3方向に延びており、どこからでもバスや路面電車が見られます。
しかし、今回は意外なポイント!
駅前歩道橋の、駅前交番側(自動車整理場の出口側)の階段です。

image

ここからですと、このように少し高い角度からの眺めがあります。

image

※県営バスは、乗り場が写真より少し手前にあるため、停発車をこのように眺めることができません。

長崎バス観光

image

おもに、旅行商品「あじさいツアー」を取り扱う他、貸切バスの取り扱いも行っています。
寺川内バス停よりすぐ、寺川内車庫内にあります。

なお、長崎市街地では、ココウォーク茂里町バスセンター1階(乗車側)に長崎バス観光の旅行センターがあり、県営バスや路面電車でも立ち寄ることができます。

交通クイズ22~24の答え

A22
長崎バス時刻表2015年度版
142~144ページ(滑石線、中央橋行きページ)
191~193ページ(石原・樫山・桜の里線、長崎新地ターミナル行きページ)
195ページ(大瀬戸・板の浦線、長崎新地ターミナル行きページ)
【解説】
今回の設問では、方向を指定しています。
さらに、写真の区間は、畝刈(あぜかり)→多以良(たいら)です。
満寿美別館の看板が手前に、ナフコ畝刈店が少し奥にあるところがポイントです。
この区間と方向が分かれば、必然的にページも定まります。
上記のいずれかを見落としやすい設定でしたが、皆さんはいかがでしたか?

A23
南古里・南越・運動公園前(野母崎地区)
【解説】
運賃が、整理券1番(ココウォーク茂里町~八千代町で乗車)は580円です。
南古里と南越は大きく離れていますが、同じ運賃が3停続きます。

A24
岳路~岳路海水浴場入口(逆でも可)
【解説】
今回は、横向きの景色で停留所間を判別する設定でした。
野母崎方面には、蚊焼から樺島まで(運動公園前~北田を除く)にわたって海の見える景色は続きます、
が、高低差があり、ふもとに家々があり、さらには海のむこうに島が見えているところがポイントです。

長崎バスから県営バスへ

長崎バス昼間全線フリー定期券の有効時間が、網場道(あばみち)で切れたので、一度降りてみると、すぐうしろに長崎駅前行きの県営バスが来てました。
なので、とりあえず乗車。

image

今回乗ったのは一般路線ですが、高速用の車輌で、レバーを引くとリクライニングできるようになっています。

image

image

当たり便!w

image

運賃表示からも(諫早市の)東厚生町発であることは推測できました。
が、実は(降車後に)経路表示を見れば一目瞭然!w

image

中央橋まで乗りました。

image

Thanks!

現川駅近くにて

本来は特急列車が通過していくところを撮りたかったのですが、バスが11分遅れたゆえに撮れず。orz
しかし、415系が現川駅に入っていくところを撮ることができました。

image