月別アーカイブ: 2016年9月

九州ゴスペル賛美隊(教会キャンプ)

報告が遅くなってすみません。
先週の報告です。

3日間にわたって行われた九州ゴスペル賛美隊は、非常に祝福され、終わりました。

2日目は、早朝の聖会のあと、熊本市内のとある病院でのコンサート、

夜の聖会。

3日目は、早朝の聖会のあと、キャンプ地を出発して、4月の熊本・大分地震の震源地となった益城町の仮設住宅でのコンサート、

最後に路上賛美で、熊本でのスケジュールは終了しました。
しかし、教会に戻ってからもすることがあり、

音響機器の配線についても学びになりました。
今回は賛美が中心の働きであったため、音響機器についても重要な位置を占めています。

非常に大雑把ですが、こんな感じでした。

熊本県北部に来ています

昨日、教会から車で移動して、菊池の青少年自然の家で、2泊3日のキャンプです。

1日目は開会聖会。

こちらの施設は夕食の時間がやたら早い。w

夜の聖会のあと、22時消灯。

2日目は早天聖会から始まり、練習のあと3箇所にそれぞれコンサートへ向かいます。

昨日は多良見と大村でした

2ヶ月ぶりにMT車を運転しました(教会の軽ですが)。

前日に連絡をとり、喜々津駅で牧師を待ち、

来られたらお乗せして、多良見の会場へ。

牧師いわく、会場へ直行していてよかったのにということでしたが、喜々津駅から会場まで微妙に距離があり、しかも仮に自分が直行したとしても受付の段取りが分からないので、結局は勝手に入れないので、喜々津駅で待つ選択肢が正解だったと思います。

他にどの方も来られなかったので、2人のみでの集会となりましたが、非常によい集会となりました。

多良見での集会のあとは大村に移動して、とある牧師宅での大村集会。
8名ほどでの集会でした。

この写真の2名は、夫婦ではありませんが、どちらも牧師です。

「最悪の時ほど豊かに注がれるキリストの愛と祝福」、「最悪を通してあらわされる神の栄光」についてメッセージされました。 

メッセージは、信仰を立て上げます。

9月20日は

1903(明治36)年のこの日、京都の堀川中立売~七条~祇園で日本初のバスが運行を始めたことにちなんで、バスの日とされました

当時は、今よく見かける何十人も乗れるようなバスではなく、蒸気動力の幌なし、6人乗りという、非常に小さなバスだったそうです。

馬車主流だったこの時代、バスは肩身が狭い存在だったらしいですが、今となっては各鉄道とともに、なくては困るほどの存在になっていますね。
加えて、今はエコも叫ばれていて、ますます重要な位置にいます。

今年、長崎市内のバス2事業者(長崎バス・県営バス)とも、一般開放型イベントはないようですが、あしからず。
10月1日に長崎空港で行われる「空の日フェスタ」へ、県営バスでは長崎空港線(空港リムジン)を、12歳以下(→おそらく小学生以下)のお子さま連れの親子先着80名を無料送迎・・・という「バスの日イベント」はありますが、こちらは応募先着→当選された親子のみですので、詳しい内容は省略させていただきます。

ところで、ここでひとつクイズ。

Q.32
「鉄道の日」はいつ?

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。