途中下車って?


image

これは、かなり前の定期券です。

途中下車を簡単に説明してみたいと思います。

まず、読んで字のごとく「途中で降りる」ことですが、よく知らないままだと実にもったいないものです。

様々な公共交通機関で発行される定期券で可能です。
また、JRであれば定期券の他、1券片で100kmを超える長距離の乗車券(トクトクきっぷ各種を除く)でも可能です。

さて、交通機関で「途中下車」の意味としては、「有効区間の途中で一度降車し、そのあとに再び乗車する」ことです。

JRや地方鉄道(など、改札口のある交通機関)なら、途中の駅で改札を出て(=出場)、再び改札を入ります(=入場)。

バスや路面電車なら、改札口はありませんが、車内で同等のことをします。
つまり、途中の停留所で降車処理し、再び乗車処理します。

つまり、「途中で降りて終わり」という意味ではありません。

例えば、基本はこういうことです。

例1:JRで、諫早~長与~長崎の定期券を使用する場合
諫早で入場

長与で出場
(食事)
長与で入場

西浦上で出場
(買い物)
西浦上で入場

長崎で出場

例2:JRで、佐世保→肥前山口経由→長与経由→長崎の乗車券を使用する場合
佐世保で入場

有田で出場
(買い物、1駅間徒歩)
上有田で入場

武雄温泉で出場
(温泉)
武雄温泉で入場

肥前山口(乗り換えのみ)

諫早で出場
(イベント)
諫早で入場

道の尾で出場
(買い物)
道の尾で入場

西浦上で出場
(食事)
西浦上で入場

長崎で出場
※長距離乗車券は、途中下車はできますが、後戻りはできませんので、ご注意ください。

例3:長崎バスで、伊王島ターミナル~医学部前経由~下大橋の定期券を使用する場合
伊王島ターミナルで乗車処理

深堀1丁目で降車処理
(買い物)
深堀1丁目で乗車処理

戸町で降車処理
(食事)
戸町切通で乗車処理
↓(大波止経由)
宝町で降車処理
宝町で乗車処理

如己堂下で降車処理
(教会)
浦上天主堂前で乗車処理

下大橋で降車処理

・・・というように、出場と入場、あるいは降車処理と乗車処理が複数回生じる乗車を「途中下車」と言っています。
有効期間内であって、残り区間をムダにしなければいいので、一度降りてから再び乗るまでの時間制限などはなく、自由です。
「途中下車」の方が比較的、一般に出回っている言葉ですが、
「「途中下車です」と言って乗る(改札を入る)のはちょっと違和感が・・・。w」
という方は、もっと正確な「途中乗降」の方がいいかもしれません。

定期券であれば、1日に同じ区間を何度も(重複して)乗ったり、(県営バスの片道定期を除いて、)後戻り(乗って戻ること)もできるので、例えば
「会社(学校)に忘れ物した!」
とか、
「○○と○○買い忘れてる!」
とかいうようなときでも、残額を気にせず戻ることが可能です。

もちろん、「これだけ乗って、実際に乗った運賃の合計が定期運賃より○○円上回ってるから、次回購入時に請求しますね~。」
などというようなこともありません(IC定期や磁気定期でもです)。

上の例は、あくまでも例えばですので、実際はあなたのスタイルに合わせてやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。