交通クイズ


image

今回は、日頃よく目にする「歩行者用信号」に関するクイズです。
学校や教習所などで習ったことがあると思いますが、皆さんはいかがですか?
目の前にパトカーがいるときに注意されたことはありませんか?
そこで、安全と再認識のためにも、このクイズにぜひチャレンジしてみてください。
ちなみに、「灯火」は、「点灯している」という意味でお考えください(点滅は含みません)。

Q32
歩行者用信号に関する記述について、間違っている記述をすべて選択してください。

A.青(緑)色の灯火のとき、車輌の往来に十分注意して横断を開始できる。
B.青(緑)色の灯火のとき、緊急車輌(救急車・消防車・警察車輌など)が赤色の回転灯を点灯させ、サイレンを鳴動させて通行しようとしている場合であっても、歩行者が優先である。
C.青(緑)色の灯火のときでも、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がない場合、横断を開始せず止まることができる。
D.青(緑)色の点滅のとき、横断を開始していない場合、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がないときに限り、横断を開始してはならない。
E.青(緑)色の点滅のとき、横断歩道内にいる(=横断中である)場合、すみやかに横断を完了するか、中止して引き返す必要がある。
F.青(緑)色の点滅や、赤色の灯火のときでも、警察官の交通誘導にて横断を許可されている場合、横断を開始・継続できる。
G.赤色の灯火のとき、横断していない状態を維持する。
H.歩行者用信号の、青(緑)色の灯火と点滅、赤色の灯火の時間は、地域ごとにすべて同じである。
I.補助標識に「歩行者・自転車専用」とある場合、自転車もその歩行者用信号に従って横断する。
J.円形2灯式(青(緑)色と赤色)の信号は、歩行者は横断できない。
K.青(緑)色の灯火は「進め」、青(緑)色の点滅は「注意」、赤色の灯火は「止まれ」である。
L.深夜は、どの横断歩道でも消灯している。
M.交通弱者用ボタン(白の縦長ボックス中の押しボタン)は、横断しようとする人に交通弱者(おもに視覚障害者や下肢障害者、高齢者など)が含まれていない場合でも押してよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。