長崎みなとまつり2016に伴う臨時便について


長崎バス・県営バスでは、7/30(土)・31(日)の「みなとまつり2016」終了後の臨時便運行が予定されております。

長崎バス

南部・東部向けは、大半が長崎駅前南口発で、ダイヤランド車庫行きの3便は中央橋(高野屋前)発、60番の田上行き1便のみ長崎新地ターミナル(定期券前=ターミナル出入口前)発となっています。

北部・西部向けは、桜の里団地(桜の里ターミナル)行きのみ長崎新地ターミナル3番乗り場発となっています。
他は中央橋発となっていますが、普段、長崎新地ターミナル発となっている行先と溝川行き(いずれも)は肥後銀行前からの発車、鉄橋前発となっている行先(光風台車庫行きと上床行き)はそのまま鉄橋前からの発車で、つまり「中央橋以降の各停留所では、普段どおりの乗り場からの発車ですよ」ということになります。

なお、発車時刻変更という記載はありませんので、上表それぞれに加えて通常便も運行されると思われ、2日間は増便と考えてよさそうです。

県営バス

県営バスは、この表のパッと見だけですと、まるで臨時便がたくさん運行されるかのように見えてしまいますが、実際は長崎地区の路線が多くないのもあってか、臨時便があまり多く運行されません。

実際に臨時便が運行されるのは、矢上方面2便と浜平行き1便、風頭町行き1便と女の都団地行き2便で、合わせて6便です。

立神や滑石に1便もありませんが、長崎バスにて臨時便を運行される他、両事業者とも通常便もありますので、実際は全く運行されないということではありません。

詳細は、長崎バス・県営バスそれぞれのホームページにてご確認いただくか、各担当窓口にお問い合わせください(電話番号は上表中をご覧ください)。

長崎バスの案内ページへ

県営バスホームページへ(下図を参考に、トップページ右上より案内PDFをご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。