タグ別アーカイブ: スマホ

スマホ・タブレットを持って出かけよう!2

スマホやタブレットは、確かに外側に何も付けなくても十分使えますが、今回は出かけるにあたってあると便利なスマホ類のアクセサリ(簡単に言えば、外側に付けるもの)を、いくつかピックアップしてみました。

1.カバー
スマホ類の重さや大きさは、ガラケーの数倍あります。
それゆえに、例えば手の力が抜けて落としてしまったり、手から滑って焦ったりしたこと、よくありませんか?
カバーがないままだと、外で扱うにはヒヤヒヤもの。
壊れると大きい出費や手間が突然にドンと来かねませんし、それ以前に経済的余裕があるないを問わず、何はともあれ大事に使っていきたいですよね。

その備えとして、カバーはもはや必要不可欠とも言えるのではないでしょうか。
スマホ類のカバーは、大きく分けて5種類あります。

ソフトカバー
少し厚いビニールやゴム、シリコンや革(および合成皮革)など柔軟性のある素材の裏面カバーで、厚みのあるカバーは衝撃耐性にすぐれています。
一方、下向きにすると本体が抜け落ちやすいとか。

ハードカバー
プラスチックや金属など硬い素材で作られた裏面カバーで、衝撃耐性はあまり強くありませんが、本体をガッチリ固定してガードします。
ただ、おサイフケータイ搭載機種やアップルペイ搭載機種となると、金属製カバーはあまり適切とは言えないかもと思います。

手帳型カバー
スマホ類の両面とも覆うように作られたカバーで、表のフリップを開いて使います(おもにスマホ用)。
カードケースを兼ねているものも多数ありますが、磁気カードは入れないように。

スタンドカバー
手帳型カバーと同様ですが、カードが入れられない代わりに、フリップを三角に折るなどしてスタンドにもできるカバーです(おもにタブレット用)。

スリーブケース
本体を上から出し入れするケースです(「ケース」とついていますが、カバーのひとつです)。
近いサイズの端末ならどれでも対応するものがほとんどで、柔軟性のある素材でできています。
単体でも使えますが、スマホ類を操作しないときは上記のカバーと併用して収納すると、衝撃耐性がアップします。

他にも、iPadシリーズには小型のキーボードがついたカバーもあり、いろんなニーズに合わせてカバーが発売されています。

例えばこれが、自分の端末に使っている7インチタブレット共用スリーブケース(左)と、SH-06F専用ハードカバー(右)です。
このスリーブケースは、SC-02Dを使っていたときに買ったものですが(SH-06Fの方が小さいので引き継いで使える)、ストレッチ素材で上も閉じることができ、非常に柔軟性があります。

ちなみに、カバーを付けたからといって、興味半分に強い衝撃を加えるのは自爆行為ですので、(極端に言えば)ビルの上から落として試すとか絶対やらないように。w
どれも衝撃耐性には限界があります。

2.イヤホン
乗っている間に音楽や動画などを視聴する場合は、必要不可欠ですね。
普通のタイプなら100円ショップでも十分なものが入手できますし、コードレスで楽しみたいなら(やや高額ではありますが)Bluetoothタイプのものもあります。
車内などで使用する場合は、ガンガンに鳴らすのではなく、周囲の音を拾える程度までに音量を抑え、周囲に配慮・注意しながらの視聴をお願いします(あまり大音量ですと、周りの迷惑になるばかりでなく、聴力が低下したり、乗り過ごしたり、風邪を知らない間にうつされたりもしかねませんが、どれも自己責任ですよ)。

3.撮影補助器具

まだ入手していませんが、一眼レフカメラで使うようなものが、スマホ類でも出ていることを知りました。
ちなみにこの写真のは、Bluetooth式のリモコンです。
スマホカメラのシャッターをリモコンで操作するので、シャッター時に画面に触れることで起きうる手ブレがありません。
三脚などで固定すると、さらに効果抜群です。
証明写真用に撮るときや、(稲佐山や鍋冠山などからの)夜景など、撮影にこだわりたい(ブレるとマズい)場面で役立つと思います。
特に夜景は、スマホ類の場合は少しでもブレると、光がモロに尾を引きますから・・・。

iOS用には、100円ショップでコード式シャッターリモコンが手軽に買えますね。
Android用のが100円で買えないのが残念ではありますが。

さらに、三脚と合わせてホルダーを使うと、スマホ類を安心して固定できます。

(これは三脚用タブレットホルダー)

4.補助バッテリー(ポータブル充電器)と充電ケーブル
「スマホはバッテリーの持ちが悪い。」というのをよく聞きます。
最近では、特急列車・新幹線や高速バスなどでも充電しながら使える車輌もありますが、日常的にその路線を利用する場合を除いては、車内での充電は不確実で「あればなお良し」という程度。
なので、補助バッテリーと充電ケーブルは常に準備しているという方も、多いのではないでしょうか?
スマホであれば数百円程度の補助バッテリーでも可能ですが、タブレットはサイズが大きいために消費電力量も大きいため、大容量を必要とします。

参考までに、補助バッテリーの「○○○mAh(ミリアンペアアワー)」というのは、補助バッテリーの充電可能最大容量を表しており、数字が大きいほど多く充電できます。
加えて、「○A(アンペア)」は文字通り電流のことですが、充電の強さと考えるといいかと思います。
特に指定されなければスマホは1.0Aでも十分ですが、タブレットは2.0A以上が推奨されています(2A以上でないと充電できない機種も多いので)。

で、自分は、容量12,000mAh(だったかな?)の補助バッテリーと、充電専用ケーブル1本を、常にバッグに入れています(が、肝心な2.1A端子がおかしくなってしまったため、残った1.0A端子の方で充電するようにしています)。

補助バッテリーで充電している間は、操作する必要がなければ電源を切っておいた方が無難と思います。
あと、大雨や水没の危険なども考えると、補助バッテリーが防水でない場合は、ジッパーのあるビニール(ジップロックの類)をかぶせ、空気を抜いて閉じ、さらに布カバーをかぶせておくと破れにくくなるので、十分対策がとれると思います。
大容量バッテリーは普通に数千円ぐらい(ヘタすれば1万円以上)するので、何度も買うことになるより、経済的にやさしい対策になるでしょう。
特にこだわらなければ、100円もので十分対策できますね。

スマホ・タブレットを持って出かけよう!1

普段の通勤・通学やお買い物、ちょっとしたおでかけから海外宣教・旅行まで、今やスマホやタブレットが手放せない時代となりました。

かつては長きにわたってガラケー主流の時代でしたが(とはいっても、まだまだガラケーユーザーは多いですが・・・)、いつしかスマホ主流の時代に移り、今に至っています。

スマホ・タブレット(以下、「スマホ類」と略す)は、安くてシンプルなものからハイスペックなものまでピンキリですが、メール・通話・カメラなどはもちろんのこと、おサイフケータイ(Felica)やオフィスアプリ(WordやExcelなど)が使えたりするデバイス(端末)も多く出ています。
・・・余談ですが、iPhone7ではアップルペイが導入されましたね。

そこで今回は、基本的に必要なところとして、「マナーモード」をピックアップしてみました。

鉄道もバスもフェリーも(場合によっては旅客機も)、乗車(搭乗)中は「使わないでいるのは不安。かといって、不用意に音が出るのはちょっと・・・。」というのが本音ではないでしょうか?

ガラケー時代から心がけていた方は特に気になると思いますが、スマホ類はマナーモードひとつとっても複雑な操作を要求されがちです。
これは、まず慣れていく必要があると思います。
いろいろ扱って慣れていくと、どこか簡単なところに「マナーモード」があると思いますので、そこを探し出してみましょう。
分からない方は、端末の説明書を読まれるか、ショップで尋ねてみましょう(簡単にできる端末が多いとは思いますが、覚えにくい場合に備えて、あらかじめメモの準備をしておくと無難です)。

例として、SH-06Fの場合、画面の上端から下にフリックすると、このメニューが出てきます。

マナーモードをタップすると、

この形でダイアログが出てきて、マナーモードの種類を選べます。

この画像を例に説明させていただきますが、続いてマナーモードの種類とカスタマイズです。
端末によっていろいろ異なるため、詳しくは省きますが、通常の乗車(搭乗)であれば、通常のマナーモード(→着信音OFF(音量0)+バイブON)が基本です。
その上で、ポケットに入れるか、常に手で触れておくかされることをおすすめします。
「バッグに入れるから、着信音は大音量で!」という女性をよく見かけますが、これは周りにとって気分のいいものではありません。
場合によっては、これひとつでトラブルの原因にもなりますから。

「ドライブマナー」や「サイレントマナー」などは、バイブまでもオフになるので、目を離している間に受信に気付かず過ごしてしまいやすく、おすすめではありません。
で、この2つの違いは、電話の着信をどうするかです。
サイレントマナーは、通常のマナーモードからバイブを除いたもので、他は通常のマナーモードと変わりませんが、着信や受信にはかなり気づきにくいと思います。
ドライブマナーは、着信時に自動的に音声メモや留守電サービスなどにつなぎ、応答できないことを相手へ自動音声で伝え、自端末には着信履歴が残ります。

カスタマイズは、基本をおさえつつ、必要に応じてバイブの強弱やパターンを切り替える、イルミネーションを切り替えるなどができる端末があります。
お好みに合わせてどうぞ。
なお、マナーモードにしていても、アプリや設定ミスなどで音が出る場合もあるので、気づいたら速やかに音量OFFをお願いします。

ちなみに「機内モード」(端末によっては名称が異なったり、備わっていない場合もあり)は、マナーモードとは異なり、電波のON・OFFを切り替えます。
ONにすると通信を瞬時にストップし、消費電力を抑えることができます。
OFFにすると通信を再開できますが、復帰に数秒ほど必要な場合が多いようです。
通信を伴わないアプリに集中して使いたい場合にもおすすめです(数少ない例とは思いますが)。

マナーモードをうまく活かし、あなたも周りも快適な乗車(搭乗)となるよう心がけましょう。

慣れない地域は

時刻表だけでは、どのように各路線がのびているか分かりづらいことが多いものです。
そのため、ダウンロードした路線図を事前にプリントアウトし、時刻表で照らし合わせながら、路線を把握して乗ると分かりやすく、便利です(ダウンロードできる場合に限られますが、ダウンロードできない場合は案内所や営業所などで路線図をもらえる場合もあります)。
確かにスマホだけでもカバーできる場合が多いですが、紙で見られるようにしておくと、バッテリーを節約できたり、スマホがバッテリー切れになっても見ることができます。
どの地域や路線でも、慣れないあいだはこの方法がおすすめです。

image

携帯・スマホなどについて

image

マナーが日頃から叫ばれている今日(こんにち)ですが、やはり携帯・スマホなどの音については周囲への配慮が必要です。
それには、いくつかの理由があります。

【電子音・動画・音声など】
①電子的な音という特性上、鋭く固い音が多いため、広範囲に強い透過性を持っている。

②意識や注意力を奪いやすく、周囲の乗客や運転士などにとって不快なだけでなく、放送(アナウンス)を聴き逃したり(他者を聴き逃させることを含む)、不注意による様々な危険も多い。場合によっては、他の秩序の乱れも。

【通話】
③通話は、話すだけでもプライバシーや社外秘情報など、本来は機密性の高くあるべき情報を漏洩させる(周囲にもらす)危険性が高い。

④心臓ペースメーカーに不具合を来たし、患者の体調に悪影響を及ぼす恐れがある(3Gなどでも、まったくのゼロとは限らない)。

他にもありそうですが、枚挙にいとまがない(かもしれない)ので、とりあえずこの辺で。

確かに今どき、持っているのが当たり前とさえされている携帯やスマホなどです。
しかしその一方で、公共交通機関(貸し切りでない鉄道やバスなど)は、マイカーや社用車、レンタカーやタクシーなどと違って、あなただけでなく、多くの人々のための乗り物であり、欠かせません。
生活のためだけでなく、観光資源にもなります(特に、長崎市や佐世保市は全国的に有名な観光都市ですし、長崎県は全体的に観光地がたくさんあります)。
それゆえ、様々な人々が利用します。
言い換えれば、いつ、どのような人が、どう利用するか分からないのです。

それに、乗客がたとえ一人であっても、「運転士」という存在を見落としてはよくありません。
運転士は、ただ運転しているだけでなく、ダイヤ(発着・通過時刻)においても安全性や乗り心地などにおいても、重要な任務を担っています。
極論ですがもし、乗客の無配慮で運転士が注意力を欠き、万一の事態に至ったらどうでしょうか。

ですから、マナーとは言えども普段から意識し、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。
ただ、視覚障害者はどうしても必要な音があり、必要の限り例外もあります。
聴覚障害者は、音が漏れていても分からない場合もあります。
また、初心者は、どうしても知らない人が多く、経験していく中で得ていく(ついてくる)ものです。
そのため、理解を持って、必要があれば対応する必要はあります。

ただ、どうか、「しょせん、たかがマナーごときで・・・」などと軽視せず、できる人はしてほしいものです。
できていると、迷惑や危険から守られるだけでなく、模範ともなるものです。

一般の人々は、見ていないようでも、けっこう見ています。

気付かないことまで最初からいきなり完璧にやれとは言えません(自分だって、そこまで完璧ではありませんし、どうしても気付かずミスることはあります)。
しかしどうか、気付くことからひとつひとつ実践いただくとともに、ご理解賜りますよう、交通部(?)からもお願い申し上げます。

流し撮り

今回はいつもと少し指向を変えて、鉄道やバスなどの撮影にもよく出てくる「流し撮り」という撮影方法を紹介します。

image

流し撮りというのは、例えばこのように、動体(動いている被写体)に焦点を構え、カメラの向きを動かしながらシャッターを切る撮影方法です。
静止して撮る場合と違い、被写体の動きに合わせて焦点も動かすので、背景は流動をともなって(わざと)大きくブレさせますが、被写体は比較的はっきり写っているのが特徴です。
被写体がくっきり写っていれば、大成功です。

もっと専門的な撮影方法は数ありますが、これもレベルのやや高い撮影方法と言われています。

image

この2枚の写真を見てお分かりのように、流し撮りは結果として、被写体がかなり強調されます。

この撮影方法は、おもに一眼レフが使われます。
が、こだわらなければ、一般的なコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)や、携帯・スマホ類のカメラなど、身近なカメラでもチャレンジできると思います(連写できるカメラがおすすめです)。

被写体が近いほど難しくなり(遠すぎると流し撮りになりませんが、かといってあまり近づきすぎるとうまくいかず、チャンスを逃します)、さらに被写体の動きが速いほど難しくなりますが、うまく撮れるとよりスピード感のある写真になります。
ちなみに、動体撮影向けのモード(スポーツモードとか)を使うと、背景のブレが少なくなり、流し撮りの魅力が損なわれるので、あまりおすすめできません。

昔はフィルムカメラしかなく、その場ではどのように撮れたのか分かりづらく難しかったものですが、今はデジカメ類が普及し、練習・チャレンジしやすくなったのではないでしょうか。

まずは、お手持ちのカメラの機能性を十分確認して、状況に合わせて最適な設定にして、ぜひやってみましょう。