タグ別アーカイブ: センター

県営バスでは

諫早市民・大村市民を対象に『免許返納者パス』(定期券)が、試験的に導入されました。

概要は次のとおりとなっております。

【正式名称】
運転免許証自主返納者支援パス

【実施期間】
2016年6月1日~2017年5月31日
現在発売中

【見本と対象者】

image

【発売窓口】
諫早市域版=県営バス諫早(駅前)ターミナル窓口
大村市域版=県営バス大村ターミナル窓口
※営業所窓口での発売ではありません。

(一部省略)

【券種と発売開始日】
月極め制(=各月の1日~末日まで)の1ヶ月券のみ。
各月の通用開始7日前より発売開始。
※再発行不可

【購入時に必要なもの】
新規=運転経歴証明書(最寄りの警察署で、免許証自主返納時に交付を受けます)
継続=運転経歴証明書+通用期間中の返納者パス、または前回の返納者パス(期限切れ後1日でも空白期間がある場合も提出が必要と思われますが、その場合は「次の通用月1日」、または「購入日」のうち、遅い方の日から有効となり、いずれも期間前通用となりません)
A.空白期間がない場合の例
1:7月有効の返納者パスを6月29日に購入=6月29日~7月31日有効(→この例ですと、7月券に「期間前通用」スタンプが押され、6月券は継続購入時に回収されます)
B.空白期間がある場合の例
2:8月有効の返納者パスを7月27日に購入=8月1日~31日有効
3:10月有効の返納者パスを10月10日に購入=10月10日~31日有効(→例1の場合と比べて、有効日数が短くなる例です)

【発売額】
3000円(一般・障害者共通)

【乗降可能範囲】
諫早市域版=諫早市内の各停留所+今村、連蔵寺、溝陸、西溝陸、さつき台団地、幸町、三軒茶屋、愛野保健福祉センター、愛津
大村市域版=大村市内の各停留所
※いずれも、有効区間を越える場合は、越えた区間の普通運賃が必要です(障害者半額?)。高速路線では通用しません。

【その他】
社会実験として、制度の効果等を検証するため、利用者を対象としたアンケート調査が実施されます。
払い戻しはありません。

長崎バスの昼間全線フリー定期券と似ていますが、一般も1ヶ月3000円と非常に安いことや、時間制限がないこと、在住市域版のみ購入可能であること、有効範囲が設定されているなど、いたるところに違いが見られます。
さらに、「免許証自主返納者本人のみ」ですから、必然的に中学生以下は範疇にないことも分かります。
今回はありませんが、もし長崎市域版があったとしたら、県営バス路線の少なさや短さ、あるいは便数などを考えると、3000円はどう感じられるでしょうか(確かに、かなり割安ではありますが)。

詳しくは、こちらをご覧ください。
県営バス案内ページへはこちら

四国の思い出1

2009年に行った四国について、もう幾分触れていきたいと思います。

この時、青春18きっぷで行きましたが、一部は山陽新幹線や特急を使って急いだりもしました。

乗った区間と列車を紹介していきます。

まず、こちらが今回紹介する範囲です。

image

本題が四国なので、下関-岡山については、山陽新幹線以外は省略します。

image

【山陽新幹線】
広島→福山/700系ひかり(レールスター)

image

広島~福山間には、普通列車の少ない区間があり、普通列車だけで行こうとするとムダに長い待ち時間になってしまい、スケジュール組成の段階から困っていました。
そのため、当初は三原までこだま号に乗る予定でしたが、広島(駅)で予想以上に時間を要したため、指定券を乗車変更した上で後続のひかりレールスターで福山まで急いだ結果、予定より早く岡山に着きました。
指定席はグリーン席並に幅広で、(フットレストがないことを除けば)乗り心地がよかったです。
広島までひたすら普通列車(小倉までの快速を含む)が続いたのもあってか、285km/hとはいえど、スピード感が爽快でした。

岡山-北部四国各地

【瀬戸大橋線(宇野線+本四備讃線)・予讃線】

image

岡山~高松/223系・5000系マリンライナー(快速)

image

岡山~茶屋町は宇野線、茶屋町~坂出は瀬戸大橋線、坂出~高松は予讃線を走ります。
同じ車輌であるにもかかわらず、JR西日本では223系、JR四国では5000系と呼ばれる、珍しい一面を持ち合わせています。
1号車(高松側の先頭車輌)のみ2階建てで、1番席(運転席のすぐうしろ)と2階全席はグリーン指定席、1階全席(けっこう天井も視界も低い)は普通指定席となっています。
高松行き(行き)は1号車1番A席、岡山行き(帰り)は反対側の眺めを楽しめるように岡山側の先頭車輌(号車番号は忘れましたが、自由席)に座りました。
行きも帰りも、運転席越しと横の両方の眺めが楽しめた上、瀬戸大橋から眺める瀬戸内海は最高でした。

ちなみに、本四備讃線途中の児島(岡山の南)が、JR西日本とJR四国の境界駅とされています(そのため、児島をまたいで坂出・宇多津方面に乗ると、通常はJR四国側に加算運賃が生じます)。

夕方少し前に高松に着き、(安い)ビジネスホテルにチェックイン、荷物を置いてアーケード街を中心とした観光に出ました。
1日目の夕食はお好み焼きでした。

【予讃線・土讃線】

image

高松~琴平/6000系(普通)

image

モーター音にこれといった特徴のない6000系ですが、駅での停車時間の範囲内であれば、乗客が各自で扉を開閉できるボタンがついていて、操作するたびにチャイムが鳴ります(空調の節約とともに、視覚障害者向けの配慮とも言えます)。

琴平では、中野うどん学校で讃岐うどんの手打ち体験と試食をしてきました。
うどん・・・学校・・・さすがうどん県!
・・・が、自分はもともと堅麺が苦手なのもあってか、食べるのに他の人の3倍近い時間を要したことはここだけの話(麺に限ったことではなく、小さいときから食べ物は全体的に柔らかいものを好んでたとのこと)。wwwww
ところで、中野うどん学校って、手打ちうどんの修行とかするんでしょうかね?
気になるところです。
ところで、讃岐うどんを打つ場合、薄力粉ではなく中力粉を使いますが、特にこれといって特殊な材料は使いません。
多くの人々が間違って覚える「コシ」の本当の意味は、麺の堅さではなく、「(切る前の生地を)指で押し下げたときに、形が戻ろうとする力」だとか。
意外ですね。
あと、途中の多度津や丸亀で降りて、ゴールドタワーに登ったり、あるブログ仲間おすすめのお店(店名忘れましたが、オヤ鳥とヒナ鳥で有名なお店)で昼食しました。
さらに、高松では栗林公園(りつりんこうえん)も。

【高徳線】

image

高松→志度/キハN2000系(気動車特急うずしお)
志度→徳島キハ1250系(気動車普通)
徳島→高松/キハ1500系(気動車普通)

image

image

image

高松→志度は、勘違いで逃した普通列車に追い付くために乗りました。
が、N2000が気動車(ディーゼルカー)であるにもかかわらずかなり高速(120km/h)で走るだけでなく、カーブ区間で振り子制御の威力も体験しました。
JR九州のどの気動車特急にもない性能に驚きました。

徳島では工場長おすすめのところを観光したのち、高松に戻って就寝。
翌朝4時50分頃、高松のビジネスホテルから松山に向かって出発しました。

(2へ続く)

窓口での積み増しをどうぞ

image

長崎バスでは、車内・窓口(営業所を含む)・自動積み増し機で積み増しできます。
が、車内での積み増しはタイミングがつかみづらいのが難点です。
「積み増し・両替は、信号停車中にお願いします。」
とアナウンスはありますが、

信号停車している=必ず積み増しできる

・・・とも限りません(すぐ信号が変わって発車する可能性があるからです)。

なるべくなら安全に、落ち着いて積み増ししたいものですね。
そこで、窓口や自動積み増し機での積み増しです。

ココウォーク茂里町バスセンターや新地総合サービスセンター、桜の里ターミナル(桜の里営業所)、時津北部ターミナル(時津営業所)などは入りやすいと思います。
一方、柳営業所や大橋営業所、ダイヤランド営業所、松ヶ枝営業所など「見るからにモロ、営業所!」なところは、「乗客は入っちゃいけないんじゃないの?」なイメージで入れなかったりすることも多いかと思います。
しかし、それはもったいない!
バスや路面電車などの営業所には大抵の場合、窓口があります。
本来、窓口やトイレになら乗客は入れますし、入れないところであれば「関係者以外立ち入り禁止」など貼ってあると思います。
長崎バス一日乗車券や空港線2枚回数券、各種定期券なども、営業所の窓口で発売されています(これで乗客が入れなかったら、おかしな話です)。

また、長崎バスに限らず、県営バスでも同様に営業所で積み増し(および、定期券購入)ができます。

営業所などを通られる方は、窓口での積み増しを検討してみてはいかがでしょうか。

ダイヤ改正検証レポート1/本原経由三川町線

今回のダイヤ改正で長崎バス新規路線となった本原経由三川町線や、経路変更が行われた(時津・琴海経由)桜の里ターミナル発着便、直通運行が開始されたつつじが丘発着などについて、実際に乗って検証していこうという、毎年よくやる流れです。w

まずは、教会の近くを通るようになった本原経由三川町線。
この路線はあまり長くはありませんが、時間の都合で2日がかりでの検証となりました。
image
教会の最寄りである浦上天主堂前バス停の時刻表に・・・
image
山口電気工業前のりばには、三川町行きが加わっていました。
image
さらに念には念を。
岩永医院前のりばには、長崎新地ターミナル行きが加わっていました。
これで、浦上天主堂前での乗降も可能な路線であることが分かります(この経路なら、停まらないと変ですがw)。

加えて、十八銀行(平和町支店)前のりばには、小江原行きが加わっています(写真は省略)。

浦上天主堂前(岩永医院前のりば)に、
image
カトリックセンター前の方向からバスが来ました。
こちらは、ほぼ定時運行です。
まずは乗車。
浦上天主堂前から長崎駅前までは、従来からの江平線と同じ経路です。

長崎駅前から、平和町を経由する平日便には極めて少なかった大波止経由です。

で、20番の長崎新地ターミナル行きなので、イメージでは県庁裏の中央橋を通るものと思ってましたが、
image
なんと県庁坂を越えて、高野屋前の中央橋に停まりました。
中央橋から長崎新地ターミナルの間は、市役所前経由と同じように右左折します。

長崎新地ターミナル(終点)では、バスターミナルホテル前に到着し、このバスは回送になりました。

そのあと、三川町行きに乗るつもりでしたが、別の路線を乗りました(検証レポート2で紹介します)。

で、桜の里ターミナルから戻ってきて、住吉から西山台団地行き(既存路線)に乗り継いで、三川町で降りてみます。
image
イメージでは車庫内に標柱が立っているものと思っていましたが、実際は車庫出入口から若干離れた位置に標柱が立っています。
あと、西山台団地線の標柱から100mぐらい離れているため、間が1分もない場合は三川公園~西山台団地で乗り継ぐ必要がありそうです。
image
どうせなら、車庫出入口に標柱立てた方がいいような気がしますが。w

image
image
三川町車庫からバスが出てきて、西山台団地方面に。
ちなみに、行先は「県庁坂経由・新地ターミナル」、経由は「西山台団地・本原一丁目・医学部前」と表示されています。
「県庁坂経由」という表示が、大波止経由の意味を兼ねているものと思います(分かりづらいですが)。

image
image
image
西山台団地は、けっこう高台ですね。
県営バスではこの景色を何度か見たことがありますが、まさか長崎バスも通るようになるとは思ってもみませんでした。
image
県営バスも通る路線ですが、三原小学校前・三原団地は通らず、その点では快速としての役割も担います。
image
長崎バスの運転士にとってはやはり慣れていないのか、慎重に坂道を下っていました。

ちなみに、長崎バスがなぜこの路線を出したのかというと、ひとつは三川町と浦上地区の短絡、もうひとつは西山台団地~本原~目覚町に大波止経由を通す意味合いがあるのではないかと思われます。
この区域のうち、西山台団地~浦上天主堂前(加えて、平和公園下)の平日便に関しては、大波止経由は県営バスが早朝に何便かあるだけで、あとは県営バスも長崎バス(江平線)も市役所前経由かミニバス線ばかりだったので、そうしたのではないかと。
これからは、西山台団地から、本原から、浦上天主堂前から、大学病院から、大波止を通りやすくなります。

加えて、今日は長崎新地ターミナルから乗ってみました。
image
時刻表に「ターミナル横 発」とありますが、4番系統(西城山経由→下大橋行き)と同じく、こののりばより乗車できます(6番系統ののりばではありませんので、ご注意ください)。
青い「本原経由三川町行きのりば」が目印です。
image

image
確認までに、下段に三川町行きが加わっていました。
image
行先は「本原・西山台 三川町」、経由は「大波止・医学部前・本原一丁目」と表示されています。
image
長崎新地ターミナル発車後、4番・6番と同様に銅座通りを通って、観光通りアーケード側の浜の町(アオキ前のりば)に出てきました。
中央橋は肥後銀行前のりば、県庁前(大波止側のりば)も停車可能、大波止からは長崎新地ターミナル行きと同じ経路です。
運行開始2日目にもかかわらず、(始発の長崎新地ターミナルから)江平線並みに乗客が多かったのは意外でした。
image
はい、このとおり浦上天主堂前で降車できました。
この路線でも、教会へ行けることが分かりました。
今回の検証はこれで一旦終了。

あとは上りと下りでイメージとの大きな違いはなさそうですが、この路線については一度、全区間を通しで乗って、さらに検証していきたいと思います。

博多バスセンター

image

博多バスセンター(旧:博多駅交通センター)から乗って帰るスケジュールでしたが、博多駅前もまた新しくなってます。

image

以前はなかった歩道橋もできていて(当時は横断歩道でつながってました)、

image

ロータリーもこのようになり、

image

バスセンター2階入口もこのようになっています。

バスセンター2階に、従来からあったマクドナルドなどに加えて、HakataBridgemedia(Wi-fiサービス・情報端末)やローソンが入ってました。
とにかく、かなり便利になってます。

image

最終で帰りました。
2時間強なので、帰り着いたら日付変わってましたが。

image

image

image

長崎~福岡の九州号(九州急行バス)は、昭和町経由であれば教会の近くである松山町にも停まるようになっています。

これで、今回の日帰りは終了。

北九州はあまり変わっていませんでしたが、福岡の変わり具合はかなりのものですね。
機会があれば、次はもっとうまくスケジュールを組んで、見てみたいと思います。

福岡に移動しました

和布刈から砂津まで移動は、そこそこスムーズでしたが、砂津着があと4分早ければ田川行きの快速に・・・
しかし、1時間も待つと後に差し支えるのは明らか。
そういうわけで、やむなく田川は飛ばすことに。
このことも、主の御名のゆえに感謝します。

で、すぐあとに入ってきた福岡(天神高速バスセンター)行きの高速バスに乗り換えました。
今回は、なかたに号でした。
砂津~天神の高速バス、日中は(全ての経由を合わせて)毎時4往復って、長崎じゃ考えられない多さですよね!
さすが、黒字で大手の西鉄。w

image

北九州市内の渋滞に加えて、福岡都市高速の渋滞もあって、天神に15分遅れでしたが、とにかく無事に着きました。v

天神高速バスセンター、変わったなぁ。

image

image

ていうか、天神そのものがさらに新しくなってる!

空港が市内にあるのもあって、高層ビルの高さに制限があるため、大阪や東京などにあるような超高層ビルはないものの、それでも確かに大都市。

で、次に予定していた場所に移動しました。

SUNQパスをいただいたので

SUNQパスの有効日数1日(全3日のうち)をいただくことができました。
なので、突然ながら今回は、北九州・福岡へ日帰りで行くことにしました。

image

image

まずは、県営バスで小倉の砂津へ。

大分へ行ければ行きたかったのですが、あと少しというところで間に合わず・・・。
自分がもう少し早く出られれば!
しかし、つぶやいてもいられませんね。w
感謝します。

かつて、自分が住んでいた北九州や福岡を、今度は長崎市民の立場・目線で見るという意味で、いい機会でもあります。
帰りは福岡の22:34発に乗って帰る予定です。
小倉の砂津に着いてから、
砂津→門司港→めかり→(どこかの)マックスバリュ→砂津→田川(西鉄後藤寺?)→天神か博多駅→博多港PRセンター→(思いつき次第)→博多BC
の順に行く予定です。

あの頃から、どう変化しているかが楽しみですね。

このあとの流れを、お楽しみに。

いろいろあって佐世保に着く物語4

かつて3年ほど前に見たときは工事中だったところは、今は、

image

北側にはエレナmini、

image

image

南側には中央公民館と子ども発達センターが建っています。
完全に公共施設かと思いきや、岩崎本舗が入ってるワナ。w

image

この日、佐世保に行った記念にと、このデイリーヤマザキで公共料金の支払いをしたんですが、デヤマはスタンプに店舗名が入ってない。orz
なので、レシートを一緒に残すことに。
image
そのデヤマの前に、月間フリーペーパー「佐世保ならでわ」7月号と8月号がありました。
佐世保の情報が満載です。

image

佐世保のスイーツなら蜂の家(はちのや)。
佐世保っ子なら誰もが知ってるとさえ言われてるそうです。
以前は別のところにありましたが、少し移転してオープンしました。
名物は、大きなシュークリームに黒蜜をかけて食べるものですが、自分としてはやっぱり、「シュークリームはそのまま(何もかけない)で食べたい」逆こだわり。
それにしても、この時間になっても開いてるスイーツ店、長崎県にはほとんどないので、貴重な1店舗ですね。
他に開いてるところがあるとしても、あとは思案橋(長崎市)ぐらいですし。

image

市バス案内所があります。
島瀬町バス停が近くにあり、市営バスの案内のほか、市営バスの定期券やスマートカード(発売・積み増し・払戻)などを取り扱っています。
市営バス1日乗車券も買えると思われます。
西肥バスなど(他の交通事業者)のスマートカードについては、積み増し(チャージ)のみ可能です。
閉まる時刻が早いのが難点かな。

四ヶ月アーケードはいいですね。

image

アーケードに接しているイオン、長崎県じゃここだけですよ。
昔は玉屋デパートだったのが、今ではイオンになっています。
生活に、より密着したチェンジがなされました。

(5に続く)

インドア特集13/時津ミスターマックスショッピングセンター

image

時津のショッピングセンターといえば、ここ。
時津ミスターマックスショッピングセンターです。

image

長崎新地ターミナル-時津北部ターミナル・日並方面の路線なら、左底(さそこ)で降りて徒歩3分です。
ダイハツと九州西濃運輸の間を抜ければ近道です(車も通れます)。

image

長与ニュータウンや上横尾などから運行のみかんちゃん号なら、平日に限り、ショッピングセンター内に乗り入れ、ダイソーの前のバス停に停まります。

image

・・・誰だ、ここに車を停めたのは!?w
バス停は駐車場ではありません。
運行時間中のバス停の(標柱から半径10m以内の)駐停車は道路交通法違反ですので、くれぐれもしないようにお願いします。

image

みかんちゃん号は、おもに昼間のみの運行です。

北側には、

image

ミスターマックス(雑貨)
Ritars(リターズ)(美容室)
ダイソー(100円雑貨)
スタジオアリス(子供写真館)
GEO(本・映像・携帯)
十八銀行(ATM)
親和銀行(ATM)

東側には、

image

SHOO LA LUE(衣料品)
Right-On(衣料品)
武田メガネ(メガネ)
Honeys(衣料品)
洋服直し
3Qカット(ヘアカット)
OceanBlue(アイラッシュ?)
ヘヤミセ(不動産)
喃風(鉄板焼き)
Tokai(手芸)
エレナ(スーパー)
パールドライ(クリーニング)

西側には、

image

やよい軒(和食)
MKレストラン(レストラン)
九州すし市場(寿司)
味千拉麺(ラーメン)

・・・があります。

敷地内だけでも23店舗!

さらに、敷地を出ると南側にベスト電器と2ndSTREET、マルキョウがあります。

image

image

これだけあると、生活には困りませんね。
溝川のイオンが近いものですが、それぞれニーズが異なるせいか、両方とも賑わっているようです。

まだまだたくさんありますが、6月の特集はここまで。
明日から始まる7月は、いよいよ来るべき夏に向けて、「水辺」を特集としてをお送りします。
お楽しみに。

インドア特集8/江川ジョイフルサンショッピングセンター

こうも雨が降ると、あまり外でうろうろしづらいですよね。

フレスポ深堀から少し離れたところに、

image

ジョイフルサン江川店を主体とする、江川ジョイフルサンショッピングセンターがあります。

image

ジョイフルサン(スーパー)
梅月堂(和菓子・洋菓子)
ブティックアイ(衣料品)
洋服お直しマルシェ(衣料直し)
100円ショップセリア(雑貨)
ドラッグイレブン(ドラッグストア)
エブリール(衣料品)
パールドライ(クリーニング)
3Qカット(理容)
リトルシアター(?)
マクドナルド(ファストフード)
十八銀行(銀行)
アリス薬局(調剤薬局?)

ドラッグイレブンが加わり、13店舗が勢揃い。
フレスポ深堀の近くであるにもかかわらず、けっこう買い物客がいました。

Jカード(ジョイフルサンのポイントカード)をお持ちであれば、ジョイフルサンでの買い物の有無にかかわらず2ポイントもらえる、ポイント加算器も設置されています。

ぜひ一度、お越しください。