タグ別アーカイブ: トンネル

畝刈トンネル新線工事

畝刈と琴海を直結する畝刈トンネル。
長崎バスの、長崎新地ターミナル~時津北部ターミナル~琴海ニュータウン~桜の里ターミナルの便が通るトンネルです(道開~平尾橋 間)。
まず、Googleマップで見れば、

この位置(および、この区間)です。
さらに付け加えるなら、この図の下は滑石方面、左下は式見方面、左上は外海・大瀬戸方面、右は時津町北部です。

ざっと線をなぞった図ですが、こういった感じで既設のトンネルの真横に、新しいトンネルが通ります。

既設線はどうなるか知らされていませんが、開通が楽しみですね。

新幹線の工事?

現川のあたりになにやら、新しくトンネルができていました。

image

高速道路から若干離れているのもあって、このトンネルが高速道路のトンネルとは考えにくいのもあって、九州新幹線(長崎ルート)のトンネルであろうと思います。

めかり

漢字では「和布刈」と書かれる、九州の端であるめかりを、少し歩きました。

image

関門トンネル人道口。
名前のとおり、すぐのところに関門トンネル人道の入口があります。
関門トンネルは車道と人道とで出入口が違い、車道入口は1kmほど離れています。
人道は自転車などの軽車輌も通れるようになっています(通行料必要)。

image

image

関門橋のふもとに位置しており、対岸には本州の入口・山口県下関市。

image

image

和布刈バス停(起終点)に着きました。

image

image

こちらにも、昔使われていた車輌が保存・展示されています。

image

以前は「やまぎんレトロライン」でしたが、北九州銀行が立ち上がったためか、いつの間にか「北九州銀行レトロライン」に。w

image

image

日本一短く(2km)、日本一運賃が高い(300円?)鉄道として認定されています。

高田郷散策3

登りきると、道幅が広がり、上には住宅街と、下にはトンネルが見えました。
現在は交通空白地帯ですが、住宅街がもっと開発されたりすると、バス路線がこっちにも伸びてきそうですね。
トンネルの方へ下ります。

image

こうやって見るとどれぐらいの長さなのか分かりませんが、

image

名板を見ると276.5m。
あまり長いトンネルではありませんね。

image

image

トンネル内はLED照明が使われていて、明るく、比較的涼しく、音に関して以外は、通ってて快適でした。
ちなみに、ハロゲンの照明だと、それなりに熱を発するため、若干暑いことが多いようです。

image

高田越ふもと側の出口。
このトンネルは、全体が坂になっています。

image

ふもと側の入口はこうなっています。

image

ふもと側の出入口は、高田越バス停のほか、ローソンや道の尾駅などの近くです。

高田越バス停から、タイミングよくきたバスで帰りました。

高田郷散策

今日は買い物のあと、長与町高田郷(ながよちょうこうだごう)を少し歩きました。

コースは、
マックスバリュ長与店→団地公園前バス停→商業入口バス停→長崎高専入口→高田中学校→高田越トンネル→高田越バス停
です。
地図で説明すると、このようになっています。
マックスバリュ長与店から長崎高専(=長崎高等技術専門校)まで

image

長崎高専からの続き(高田越バス停まで)

image

※地図はマピオン(無料版)を使用しております。

これを、実写で見てみましょう。
まず、マックスバリュ長与店を、「←青葉台・時津・シーボルト大学」の方向に出発します。

image

ちなみに、マックスバリュ長与店が、意外と高いところにあることも分かりますね。

敷地を出ると、最初の登り坂がしばらく続きます。
私は山に向かって目をあげる~♪

image

image

カメラの設定が暗すぎた・・・。w
長与病院やフレンド幼稚園、おおとりスイミングクラブ、ほっともっとなどがあるところで最初の登り坂が終わり、下り坂に入ります。

この近くに、シーボルト大学(正確には県立大学シーボルト校)があります。
教会の、ある姉妹の卒業校だそうです。

それはさておき、

image

商業入口バス停を過ぎて、信号(Y字の三叉路)から右に入ります。

image

信号から2度目の登り坂がありますが、この登り坂は短く、

image

ここ(商業高校のグラウンド裏)まで来れば、あとはしばらく下り坂or平坦のみ。

image

高専の入口。
ここから先は通ったことのない道。
且つ、交通空白地帯=バス路線がありません。

(2へ続く)

小江小浦トンネル完歩

image

福田方面に乗り、小江小浦で下車。
柿泊の方向にトンネルがあります。
ちなみに、小浦だけだと福田にも大子にも小浦があって分かりづらいので、区別をつけるために、町名の小江(こえ)を冠したものと思われます。

image

image

全長580メートル、両側に歩道のある、直線状のトンネルです。

全力ではなかったので、およそ7分ほどで完歩しました。

トンネルの先には、

image

式見地区に入るとともに、奇岩がところどころにある海の景色が広がります。

image

弁天白浜から乗って戻りました。

トンネル掘削中

image

立石~白岩間、トンネル工事が進められています。

image

image

image

6割ほど進んでいて、でもあと380mということです。
実際には、950m(→一般道のトンネルとしてはけっこう長いクラス)のトンネルになるようです。
こういうふうに工事中を見ると、開通が待ち遠しいですね(バスはそのまま旧道を通ってそうですが・・・w)。

長崎バスで伊王島へ①

image

(ココウォーク茂里町発の、30番系統)伊王島ターミナル行きは、香焼恵里(こうやぎえり)の車庫で折り返し、香焼トンネルを抜けて伊王島大橋を通ります。

image

伊王島大橋は、直線とカーブで構成されています。

image

橋の上から南を眺めると、左は三和や野母崎、右は高島や軍艦島が見えます。
伊王島大橋がけっこう高いのは、写真からお分かりいただけるでしょうか?(最高部の路面は、およそ28メートル)

(次に続く)

上横尾車庫~時津(左底経由)⑤

買い物を済ませて、帰り道。
左底から・・・確か、(時津港入口より)運賃が1段階、高かったよな。
まぁ、高いっても10円そこらだろうけど。

で、時津港を眺めながら、時津港入口。

image

image

時津港入口・・・

渋滞で、バスがいつ来るのかも読めないし、この時間帯は琴海方面からは乗客が多い。
(時津と)同じ運賃で、渋滞の中を立ち席で乗るぐらいなら・・・

次(時津バス停)まで歩こう!

image

十八銀行側の時津(とぎつ)。
当初の予定では左底から乗って帰るつもりだったのが、最終的には2停のびて、時津まで歩きました。

これだけ歩いて、しかも買い物して荷物が重くなってるので、とにかく座って帰りたかったw。
溝川発は、よい場所にとはいかなくとも、けっこう席が空いてるので、これなら逆に少し余計に歩いても、トータルしてこの方がらくに乗れる。
で、こうなりました。

上横尾車庫~時津(左底経由)④

なづみ団地口を過ぎると、

image

image

時間が遅くて閉店してますが、
フラワーショップがあります。

image

上左底。
目的地が近づいてきました。

image

日が暮れてきました。

この大きな道、先は行き止まりだそうですが、どうなっているんでしょうね?

image

目的地に着きました!

image

image

カフェファディ。
「カフェ」とついてますが、コーヒー類だけではありません。
業務用の食材を取り扱うお店ですが、1人の1食分から品揃えがあり、個人客にも人気です。
以前は、継石バス停近くで少し奥にお店がありましたが、今は左底と上左底の間で通りに面したところにあります。

(次に続く)