タグ別アーカイブ: ホーム

おとといですが

火曜は島原集会と島原ゴスペルクラブがありました。

image

島原文化会館にて集会が行われたのち、
小規模多機能ホームにてコンサートがもたれました。
(コンサートの写真は、利用者の方々が写り込んでいるため、省略させていただきます。)

長崎県は、介護施設数が全国第3位の多さというのもあってか、あちこちに施設が目立ちますね。

2月29日より

image

赤迫(または浦上車庫前)→蛍茶屋のみ、3号系統の運行が再開されます。
蛍茶屋→赤迫(または浦上車庫前)は、現状どおり2号系統で運行されます。

また、4号系統が20分間隔となる(間隔が長くなる)ため、西浜町(銅座側停留所)にて、1号系統(観光通り~正覚寺下での乗降に限る)と2・5号系統(賑橋~蛍茶屋での乗降)の間で、相互乗り継ぎの取扱いがされるようになります。
※2号系統と5号系統の間では、乗り継ぎの扱いとなりません。

3月7日からは、平日朝夕のラッシュ時のみ、公会堂前発→赤迫行きが運行されます。
蛍茶屋~諏訪神社前の各停留所から乗って、公会堂前で乗り継いで、桜町方面に行けるようになります。
教会の月曜礼拝と水曜祈祷会に関係しますね。

内容はこちらからどうぞ

ちなみに、1号~5号系統がそれぞれどのようになっているかは、この図で紹介されています。

image

詳しくは、長崎電気軌道ホームページにて、今後の発表をお待ちください。

応募しました

image

モニター募集に応募しました。
選考がおそらくあるのでなんとも言えませんが、(特に応募動機は)祈って書いたので、あとは主にゆだねるのみです。

これを通して、交通部ログとしても何かいい記事を得られればと思っています。

長崎バスホームページの外国語対応について

長崎バスホームページでが、一部の外国語にて案内ページができております。

image

英語・韓国語・中国語・台湾語(と日本語)にて、長崎バスの基礎的な案内がされておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

ここからご覧になれます

基礎的な観光案内に加え、長崎バスの乗降の手順も、外国語にて案内されております。

image

県営バスで諫早&大村へ2

image

ふれあい広場前から徒歩2分で今村橋。
今村川を渡ります。

実はこの今村川は、諫早市と大村市の境にもなっています。

image

東側は諫早市、西側は大村市です。

チョーコーは、長崎ならではの調味料でおなじみの会社ですね。
かけぽん、かけしょうゆ、あごだし、金蝶ソース・・・などなど。
あらゆる食が、長崎の人々に合わせた味付けになります。
長崎人のための食文化のひとつ。
地域的大量生産とはいえど、自分も好みです(最近買ってませんがw)。
何しろ、福岡では見たことがありません。w
見えているのは、チョーコーの立体自動倉庫らしいです。

image

image

両市の境の真上ぐらいから。

・・・はい。
もうお分かりと思いますが、マックスバリュです。
マックスバリュ溝陸店。
このあたりは、それぞれ別に駐車場や敷地を構えたショッピングタウンになっています。
マックスバリュのほか、ホームワイド、しまむら、ドラッグストアモリがあります。
両市の境の近くであるにもかかわらず、意外と栄えていることが、この写真からお分かりいただけると思います。

ちなみに、「溝陸」の読み方は、「みぞりく」でも「みぞおか」でもなく、「みぞろく」!
「陸」が難読ですね。
マニア泣かせの地名です。w

ホーム延長

image

赤迫電停ホームの延長工事が終わり、住吉側に15mほど長くなりました(2本の赤いコーンから手前の、白っぽい部分がそれです)。
一般型の電車が最大5両、超低床電車でも3編成は入るであろう長さです。

さらに、それに合わせて発車信号(×と↑)の位置も、車道を挟んだ左から、ホームの先端に移設されました。
旧位置の場合、延長(新設)部分に停まった電車からだと確認できない上、歩道を占拠していたがために歩行者の通行に支障を来たすためです。