タグ別アーカイブ: 一丁目

昨日の朝

image

教会に集合して島原聖会礼拝に行く前に、今年度新線の、1日2往復の便に遭遇できました。
三川町(発)-西山台団地-本原一丁目-浦上天主堂前-城栄町-小江原(北高前着)の便です。
けっこう多くの高校生が乗られていました。

ダイヤ改正検証レポート1B/本原経由三川町線(続き)

先日挙げた、本原経由三川町線のレポートの、検証できていなかった部分を紹介します。

昨日、この路線を長崎新地ターミナルから終点の三川町まで通しで乗ってみたところ、次のことが分かりました。

終点の三川町では、車庫に入って乗客を降ろすのではなく、車庫上の三川町バス停(=本原経由、長崎新地ターミナル行きの20番が発車する停留所)の向かいのスペース(標柱なし)で乗客を降ろすようになっている模様です。

image

それから車庫に入って、その便の運行を終わります。

image

この部分以外は、前回のレポートどおりです。
ただ、先日のレポートでは長崎新地ターミナルで終点となりましたが、そのあとはそのまま同路線の折り返し便となる場合もありますので、必ずしも回送になるとは限りません。

本原経由三川町線についてのレポートは、以上です。

ダイヤ改正検証レポート1/本原経由三川町線

今回のダイヤ改正で長崎バス新規路線となった本原経由三川町線や、経路変更が行われた(時津・琴海経由)桜の里ターミナル発着便、直通運行が開始されたつつじが丘発着などについて、実際に乗って検証していこうという、毎年よくやる流れです。w

まずは、教会の近くを通るようになった本原経由三川町線。
この路線はあまり長くはありませんが、時間の都合で2日がかりでの検証となりました。
image
教会の最寄りである浦上天主堂前バス停の時刻表に・・・
image
山口電気工業前のりばには、三川町行きが加わっていました。
image
さらに念には念を。
岩永医院前のりばには、長崎新地ターミナル行きが加わっていました。
これで、浦上天主堂前での乗降も可能な路線であることが分かります(この経路なら、停まらないと変ですがw)。

加えて、十八銀行(平和町支店)前のりばには、小江原行きが加わっています(写真は省略)。

浦上天主堂前(岩永医院前のりば)に、
image
カトリックセンター前の方向からバスが来ました。
こちらは、ほぼ定時運行です。
まずは乗車。
浦上天主堂前から長崎駅前までは、従来からの江平線と同じ経路です。

長崎駅前から、平和町を経由する平日便には極めて少なかった大波止経由です。

で、20番の長崎新地ターミナル行きなので、イメージでは県庁裏の中央橋を通るものと思ってましたが、
image
なんと県庁坂を越えて、高野屋前の中央橋に停まりました。
中央橋から長崎新地ターミナルの間は、市役所前経由と同じように右左折します。

長崎新地ターミナル(終点)では、バスターミナルホテル前に到着し、このバスは回送になりました。

そのあと、三川町行きに乗るつもりでしたが、別の路線を乗りました(検証レポート2で紹介します)。

で、桜の里ターミナルから戻ってきて、住吉から西山台団地行き(既存路線)に乗り継いで、三川町で降りてみます。
image
イメージでは車庫内に標柱が立っているものと思っていましたが、実際は車庫出入口から若干離れた位置に標柱が立っています。
あと、西山台団地線の標柱から100mぐらい離れているため、間が1分もない場合は三川公園~西山台団地で乗り継ぐ必要がありそうです。
image
どうせなら、車庫出入口に標柱立てた方がいいような気がしますが。w

image
image
三川町車庫からバスが出てきて、西山台団地方面に。
ちなみに、行先は「県庁坂経由・新地ターミナル」、経由は「西山台団地・本原一丁目・医学部前」と表示されています。
「県庁坂経由」という表示が、大波止経由の意味を兼ねているものと思います(分かりづらいですが)。

image
image
image
西山台団地は、けっこう高台ですね。
県営バスではこの景色を何度か見たことがありますが、まさか長崎バスも通るようになるとは思ってもみませんでした。
image
県営バスも通る路線ですが、三原小学校前・三原団地は通らず、その点では快速としての役割も担います。
image
長崎バスの運転士にとってはやはり慣れていないのか、慎重に坂道を下っていました。

ちなみに、長崎バスがなぜこの路線を出したのかというと、ひとつは三川町と浦上地区の短絡、もうひとつは西山台団地~本原~目覚町に大波止経由を通す意味合いがあるのではないかと思われます。
この区域のうち、西山台団地~浦上天主堂前(加えて、平和公園下)の平日便に関しては、大波止経由は県営バスが早朝に何便かあるだけで、あとは県営バスも長崎バス(江平線)も市役所前経由かミニバス線ばかりだったので、そうしたのではないかと。
これからは、西山台団地から、本原から、浦上天主堂前から、大学病院から、大波止を通りやすくなります。

加えて、今日は長崎新地ターミナルから乗ってみました。
image
時刻表に「ターミナル横 発」とありますが、4番系統(西城山経由→下大橋行き)と同じく、こののりばより乗車できます(6番系統ののりばではありませんので、ご注意ください)。
青い「本原経由三川町行きのりば」が目印です。
image

image
確認までに、下段に三川町行きが加わっていました。
image
行先は「本原・西山台 三川町」、経由は「大波止・医学部前・本原一丁目」と表示されています。
image
長崎新地ターミナル発車後、4番・6番と同様に銅座通りを通って、観光通りアーケード側の浜の町(アオキ前のりば)に出てきました。
中央橋は肥後銀行前のりば、県庁前(大波止側のりば)も停車可能、大波止からは長崎新地ターミナル行きと同じ経路です。
運行開始2日目にもかかわらず、(始発の長崎新地ターミナルから)江平線並みに乗客が多かったのは意外でした。
image
はい、このとおり浦上天主堂前で降車できました。
この路線でも、教会へ行けることが分かりました。
今回の検証はこれで一旦終了。

あとは上りと下りでイメージとの大きな違いはなさそうですが、この路線については一度、全区間を通しで乗って、さらに検証していきたいと思います。

長崎バスで教会へ‼6/大串線+ゆりちゃん号編

教会へ行く動画6ができました。
大串から、バイオパーク・琴海ニュータウン経由で時津北部ターミナルへ、乗り継いで住吉へ、さらにゆりちゃん号に乗り継いで百合野病院を経由して平和町商店街まで乗って、教会へ行くコースです。

長崎バスで教会へ‼3/道の尾→昭和町→浦上天主堂前編

動画ができました。
今回は、滑石・時津方面からの便を道の尾で降り、もう一方の道の尾へ徒歩で渡り、ゆりちゃん号に乗り継ぎ、住吉・昭和町を通り、浦上天主堂前から教会へ歩くコースです。
「道の尾での乗り継ぎが難しい(分かりづらい、渡りが長い…など)。」ということで、あえてこのようにコースを組んでみました。
ゆりちゃん号沿線や長崎バス北部路線からのみにとどまらず、さいかい交通の板の浦線からの乗り継ぎにも適用できます。

県営バスで大村へ

今回の大村行きは、完全に県営バスでした。

石原から戻ってくると、宝町で17時になったので、昼間全線フリー定期は時間終了。
しかし、急ぐ必要もないのに、たった2停間を運賃出して路面電車とか乗るのはさすがにもったいないので、歩きました。

長崎駅前から。

今まで乗ったことのないあの路線へ、いざ乗車!

image

高速シャトル大村線!

諫早線もそうですが、曜日を問わず、高速シャトル線は長崎駅前東口から発車しています(高速路線ですが、駅前ターミナル発ではありません)。

ちなみに、諫早線も似たような感じのが来ます。

image

ただ、間違って乗ってしまうと、(すぐには降りられないので、)エライことになりかねません。w
よく確認して乗りましょう。

では、大村行き(=1枚目の写真の)に乗り込んで出発!

空港線と違って、停留所をとばさないので、途中から乗る人には便利ですね。
中央橋までは、一般路線の市役所前経由と同じ要領で経由します。

ただ、中央橋からはちょっと変則的(長崎新地ターミナルを通らない)で、

中央橋

県庁裏門前

出島
↓(出島道路・長崎自動車道)
大村木場方面

を通ります。

image

image

出島を通るのも、空港線との違いのひとつ。

出島道路。
ほとんどトンネル。

image

出島から入っても、料金所を出たら転石で(一般道路に)出られるってことに、今頃気づいた。w

トンネルを出ると、一般路線で通ったことのある道(日見とか現川とか)を、高速から見下ろす眺めがありました。

でも、両方(一般路線と高速路線、特に一般路線)を乗ることで、それまでは漠然としか見れなかった位置関係が、はっきりと分かるようになったと思います。

ところで今回、高速シャトル大村線は大村ターミナル・消防学校前行きに乗りました(もうひとつは桜馬場・富の原一丁目・黒丸入口行きがあります)。

で、一度、大村ターミナルまで乗るつもりだったんですが、・・・
(2へ続く)