タグ別アーカイブ: 下大橋

音声放送

image

例えば、このバスであれば、
「この車は、樺島行きです。」
と案内が入ります。

8番(中央橋-医学部前-江平-下大橋)線であれば、江平から下ってくる途中で、
「この車は、江平経由です。」
「この車は下大橋行きです。」
あるいは、
「この車は中央橋行きです。」
と入ります。

これは、無意識にさらっと聞き流してしまいやすいところですが、意外と重要なポイントでもあります。
なぜなら、このような放送がある場合、そのすぐ先に、路線が複数の方向に分岐しているところがあり、乗り間違いでないかの注意・確認を促すためです。

香焼恵里行きに乗ったつもりが樺島行きに乗ってしまっていたり、8番の下大橋行きに乗ったつもりが3番や4番の下大橋行き乗ってしまっていたり・・・。
そういった経験はありませんか?

日中はいいとしても、夜も深まってくると、間違った乗車で長く経過した場合に、折り返しに乗って戻れない危険があるからです。
放送をよく聞いて、乗り間違いでないかを十分に確認することは重要です。

「耳のある者は聞きなさい。」(マタイ11:15)

【路線紹介】下大橋-ダイヤランド線

image

下大橋-ダイヤランド線

担当営業所:大橋営業所・ダイヤランド営業所

おもなルート:
下大橋(発:40番/着:4番)

西城山小学校前

ロープウェイ前

宝町──ココウォーク茂里町(発:40番/着:100番)

市役所前・大波止

二本松口・戸町(三丁目)

新戸町団地

ダイヤランド車庫(発:4番・100番/着:40番)

紹介:
下大橋とダイヤランド車庫を起点とする路線のひとつです(一部、ココウォーク茂里町発着もあります)。

戸町と上戸町を直結する便があるのはこの路線(の、戸町経由)のみです。
戸町経由に限っては、珍しい「離合(待ち)のための信号」の区間を通ります。

二本松口経由の本数が多いので、二本松口(山手)側の住民の足としても非常に需要が高いのも魅力です。

ダイヤランドに関しては、大多数の便がこの路線です。

また、下大橋行きは長崎新地ターミナルから東向きに入り、浜の町(野村證券前?)を経由します。
そのため、長崎新地ターミナルでは(ターミナル南側の停留所に停車するため、)信号を歩いて渡る手間がかかりませんし、アーケードに向かう人々にとっても非常に利便性の高い経路です。

交差点

変わって、こちらは浜の町。
一帯は、西九州で一番の繁華街です。

image

一見すると、ごく普通の交差点です。
電停も、特に変わったところはありません。

しかし、ここに注目!

image

image

春雨(交差点)。
はるさめ?
なんか、おいしそうな名前ですねw。
けっこう剥がれ落ちてはいるものの、まだ十分読めると思います。

ちなみにこの交差点では、長崎新地ターミナルから裏通りを通ってきた、4番(ダイヤランド発→西城山経由→下大橋行き)と6番(田上・ダイヤランド発→親和銀行前経由→立神方面行き)が出てきます。