タグ別アーカイブ: 乗車

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。

昼間全線フリー定期券を購入する場合

長崎バスではおなじみの破格な定期券「昼間全線フリー定期券」。

長崎新地ターミナルで昼間全線フリー定期券を購入しようとする場合、一般型の定期券(=区間・経路・有効期間などを各自で決めて購入する定期券)の窓口に顔を出しますと、「あちらへどうぞ。」と取り次がれます。

では、正しくはどの窓口に行けばよいのでしょうか?

・・・

正解は、

7番窓口です(21時過ぎだったので閉まってますが)。

18時までとなっていますので、時間外となってしまった場合は他の窓口に尋ねてみていただければと思います(購入できるかもしれません)。

他(ココウォーク茂里町バスセンターや各営業所など)の窓口では、お問い合わせや各種定期券・スマートカードなどの取扱いが一本化されていて簡単ですが、長崎新地ターミナルだけは各部門ごとに窓口が分かれていますので、ご注意ください。

関連で分けて考えてみると、
新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い
という振り分けがされていると思います。
間違ってたらすみません。

というか、以前と比べて、3~7番はかなり変更がされています。
以前は、昼間全線フリー定期券も3~5番の窓口で良かったのが、閑古鳥だった7番にいつの間にか移ってますし。
おそらく、それだけ利用客数が多いということでしょうね。

ちなみに長崎新地ターミナルで、長崎バス1日乗車券(市中央観光型・世界遺産型とも)を購入する場合は、お問い合わせの窓口(1番窓口)が正解です。

なお、各窓口の取扱い時間帯については、別途ご確認ください。

長崎駅に着きました

image

遅れもなく、無事に長崎駅に着きました。
乗車券は、

image

このとおり、乗車記念(使用済)印を押してもらって、手元に残しました。

で、長崎駅前からバスで、教会に戻りました。
その時点で、用のひとつは別の方がやってくれてました。
Thanks!

ちなみに、各種きっぷの英語表記は、

①正規運賃・料金の、乗車券・特急券・グリーン券など
のほか、
②特定の会員証や、身障者・療育手帳などの提示で割引される、乗車券・特急券・グリーン券など
③トクトクきっぷ(2枚きっぷ・4枚きっぷなど)に付帯して発行される(必要となる)、座席指定券・指定料金券(普通車指定席の座席指定券を兼ねる)・グリーン料金券(グリーン車指定席の座席指定券を兼ねる)など

・・・が、おもな対象となっており、駅入場券やトクトクきっぷ本体、回数券類など、英語表記ができない(発券されない)きっぷもありますので、あらかじめご理解いただきたいと思います。

あと、窓口の係員が英語表記での発券手順を把握していない場合もあります。
もしその場面に出くわしたら、
「マルス発券」
と、
「付帯項目に」
をキーワードとして導くと、スムーズです(POS発券では英語表記ができません)。
例)「マルス発券に切り換えていただけたら、付帯項目に英語表記があると思います。」

券面下部の「○○○駅-MR△発行」の「MR」が、マルス発券を意味しているようです。

運動公園前

image

野母崎の運動公園前バス停の青い部分に、「軍艦島資料館前」と表記されています。
軍艦島が見える野母崎の海岸に、軍艦島資料館がオープンしました。

軍艦島資料館は、長崎バス30番系統の樺島行き(またはコミュニティバス野母崎線)で、運動公園前よりすぐです。
1回だけなら世界遺産1日乗車券(大人1日1,000円)でおトクにアクセスできますが、乗り方によっては昼間全線フリー定期券※(大人1ヶ月、一般用6,000円、障害者用3,000円)がさらにおトクです。


昼間全線フリー定期券は、長崎バス全線(コミュニティバス・高速バスを除く)で、平日・土休日いずれも、降車する時刻が10:00~17:00の場合に有効な1ヶ月定期券です。
さいかい交通は、長崎新地ターミナル~石原、二股~大串(=いずれも、長崎バスの運行範囲内)のみ有効で、乗り越しは石原・大串からの運賃(または有効な定期券)が別途必要です(スマートカード精算可)。
月極め制で、購入日~月末、または購入翌月の1日~月末(前月25日より発売開始)が有効期間です。
障害者用は、購入時・降車時いずれも、手帳の提示が必要です。

途中下車って?

image

これは、かなり前の定期券です。

途中下車を簡単に説明してみたいと思います。

まず、読んで字のごとく「途中で降りる」ことですが、よく知らないままだと実にもったいないものです。

様々な公共交通機関で発行される定期券で可能です。
また、JRであれば定期券の他、1券片で100kmを超える長距離の乗車券(トクトクきっぷ各種を除く)でも可能です。

さて、交通機関で「途中下車」の意味としては、「有効区間の途中で一度降車し、そのあとに再び乗車する」ことです。

JRや地方鉄道(など、改札口のある交通機関)なら、途中の駅で改札を出て(=出場)、再び改札を入ります(=入場)。

バスや路面電車なら、改札口はありませんが、車内で同等のことをします。
つまり、途中の停留所で降車処理し、再び乗車処理します。

つまり、「途中で降りて終わり」という意味ではありません。

例えば、基本はこういうことです。

例1:JRで、諫早~長与~長崎の定期券を使用する場合
諫早で入場

長与で出場
(食事)
長与で入場

西浦上で出場
(買い物)
西浦上で入場

長崎で出場

例2:JRで、佐世保→肥前山口経由→長与経由→長崎の乗車券を使用する場合
佐世保で入場

有田で出場
(買い物、1駅間徒歩)
上有田で入場

武雄温泉で出場
(温泉)
武雄温泉で入場

肥前山口(乗り換えのみ)

諫早で出場
(イベント)
諫早で入場

道の尾で出場
(買い物)
道の尾で入場

西浦上で出場
(食事)
西浦上で入場

長崎で出場
※長距離乗車券は、途中下車はできますが、後戻りはできませんので、ご注意ください。

例3:長崎バスで、伊王島ターミナル~医学部前経由~下大橋の定期券を使用する場合
伊王島ターミナルで乗車処理

深堀1丁目で降車処理
(買い物)
深堀1丁目で乗車処理

戸町で降車処理
(食事)
戸町切通で乗車処理
↓(大波止経由)
宝町で降車処理
宝町で乗車処理

如己堂下で降車処理
(教会)
浦上天主堂前で乗車処理

下大橋で降車処理

・・・というように、出場と入場、あるいは降車処理と乗車処理が複数回生じる乗車を「途中下車」と言っています。
有効期間内であって、残り区間をムダにしなければいいので、一度降りてから再び乗るまでの時間制限などはなく、自由です。
「途中下車」の方が比較的、一般に出回っている言葉ですが、
「「途中下車です」と言って乗る(改札を入る)のはちょっと違和感が・・・。w」
という方は、もっと正確な「途中乗降」の方がいいかもしれません。

定期券であれば、1日に同じ区間を何度も(重複して)乗ったり、(県営バスの片道定期を除いて、)後戻り(乗って戻ること)もできるので、例えば
「会社(学校)に忘れ物した!」
とか、
「○○と○○買い忘れてる!」
とかいうようなときでも、残額を気にせず戻ることが可能です。

もちろん、「これだけ乗って、実際に乗った運賃の合計が定期運賃より○○円上回ってるから、次回購入時に請求しますね~。」
などというようなこともありません(IC定期や磁気定期でもです)。

上の例は、あくまでも例えばですので、実際はあなたのスタイルに合わせてやってみましょう。

みどりの窓口

image

大都市では(利用客数を分散させる目的もあってか、)多くの駅にあります。
長崎県内では、長崎・浦上・諫早・大村・ハウステンボス・早岐・佐世保駅などにあります。

各駅発着のきっぷ各種はもちろん、駅入場券(その駅に限る)、連続乗車券、異なる駅からの乗車券や特急券、トクトクきっぷ(フリーきっぷを含む)、経路を特別に指定した(=遠回りの)乗車券や特急券、イベントタイプのきっぷ(期間が限定されているきっぷが多い)、各地域の交通ICカード(JR九州はSUGOCA)など、数多くの種類のきっぷ・チケットが購入できます。

異なる駅からの乗車券や特急券とは、例えば、長崎駅の窓口で、佐世保~新鳥栖~広島の往復乗車券と指定席特急券・グリーン券(往復分)というように購入できます。
磁気定期券も、同様にできます(リアル体験から、東福間-博多の定期券を、佐世保駅で記念に購入したことがあります)。
※定期券以外の場合、利用開始駅までの移動方法を尋ねられる場合もあります(不正乗車防止のため)。

トクトクきっぷは、発売地域が限られる場合が多いため、離れた地域発着のトクトクきっぷ各種は、みどりの窓口では事前購入できない場合がほとんどです。
※この場合、きっぷを宅配してもらうことができます(有料?)。

経路を特別に指定した乗車券や特急券とは、例えば、長崎~長与~肥前山口~早岐~大村 など、券売機で発売されない経路のきっぷです(片道・往復とも可)。
特急券は、「必ず連続していなければならない」ということはありません。

イベントタイプのきっぷとは、長崎県内で購入できる中では、「ぶらり大村線きっぷ」や「青春18きっぷ」、「初詣フリーきっぷ」などです。