タグ別アーカイブ: 乗車券

路面電車の乗車券がネットで買える

長崎電気軌道ホームページでは、長崎電気軌道(路面電車)開通100周年記念乗車券(120円券×4枚つづり)を発売中です。

※1日乗車券ではありません。また、小児・割引運賃用(60円券)の取扱いはありません。

発売額は480円(配送料などは別途)ですので、割引やプレミアはありませんが、上部の記念台紙を手元に残せます。
無期限で使用できますので、ストック(買い置き)としておくこともできますし、1人で4回、2人で2回、4人で1回など、使い方も自由です。

ネットでのお求めは、こちらからどうぞ。

グッズ販売ページへ

なお、各券面が非常に小さいため、降車時は運転士によく見せてから投入してください。

この乗車券を使用した上で、築町で乗り継ぐ場合は、現金で精算する場合と同様の手順が必要です(築町で乗車券を投入した上で運転士に申し出、乗り継ぎ券を受け取ってから乗り継いでください)。
3号系統が復旧するまでは、特定の組み合わせでの場合に限り、西浜町・公会堂前で乗り継ぐこともできます(西浜町アーケード入口は不可)。
この場合も築町の場合と同じく、乗車券を投入した上で運転士に申し出、乗り継ぎ券を受け取ってから乗り継いでください。
※乗り継ぎ券を受け取り損ねますと、(乗り継ぎ後が定期券有効区間内のみで完結する場合を除き、)乗り継ぎ後の電車でも改めて運賃(スマートカード残額を含む)か乗車券が必要になりますので、ご注意ください。

直接お買い求めいただくことも可能です(この方法ですと、配送料などがかかりません)。
長崎電気軌道の各営業所(西町本社・蛍茶屋)窓口にてどうぞ。

今日は

諫早のたらみ会館での多良見集会でした。

image

多良見教会として立ち上がっています。

牧師と一緒に大村集会にも行ければと思ってはいましたが、別に指定があったため、自分は長崎教会へ戻る必要があり、牧師は車で大村へ、自分はJRで長崎へということになりました。

image

喜々津駅。
券売機で乗車券を買いましたが、味気ないので、窓口で、

image

英語表記の乗車券にしてもらいました。
長崎駅についたら、記念に残すつもりです。

image

喜々津から、

image

image

18:29発の長与経由で帰ります。

電車展3

image

出口付近は、行先表示幕の展示や、

image

グッズなどの販売、

カレンダー(1枚式)の無料配布、

image

過去のグッズや資料の展示などがありました。
普段は長崎西洋館3階の資料館に展示されているものが多いですが、電車展だけでしか見られないものもけっこうあります。

来場者には、

image

無料乗車券が1人1枚もらえます。
実際に使うもよし、
使わず記念に残すもよしの1枚です。

ただ、・・・

image

間違ってこれを出さないように気をつけましょう。w
こちらは、実際の乗車に対して効果がありません。

ながにゃん着ぐるみ登場!

image

image

100周年を記念して作られたキャラクターです。

あと、ncm(長崎ケーブルメディア)が撮影に来てました。

image

image

浜屋本館は、バスであれば長崎バスで、浜の町バス停(浜屋前)より浜屋新館を経由して徒歩1分です。
教会から直接なら、長崎バス・県営バスで、いずれも中央橋(鉄橋前・イケダ前)が便利です。
路面電車なら、観光通り電停から徒歩2分、西浜町アーケード入口電停から徒歩4分です。

8月より発売開始!

長崎の近代産業革命遺産が世界遺産に登録され、長崎バスもそれに乗っかって、8月1日より1日乗車券を発売開始しました。

image

発売価格は大人1,000円で、乗車可能範囲は、
既存の1日乗車券(大人500円)の範囲内すべて
運動公園前停留所(野母崎)
となっています。
※戸町切通・弁慶岩~南越の各停留所での乗降はできません。別途、当該区間の運賃が必要です。

image

長崎バスの沿線のうち、ほとんどは市街地にありますが、軍艦島資料館だけ大きく離れているため、運動公園前停留所のみが追加された1日乗車券です。
戸町や二本松口を過ぎると、範囲内であるにも関わらず運動公園前まで途中で降りられないのは傷ですね。
あと、手帳があっても割引になりません。

1日1人1,000円ですが、
ココウォーク茂里町~運動公園前=580円(片道)
なので、1往復するだけでも元が取れます(ちょっともったいないですが)。

あとこれなら、運動公園前から教会(平和町)にも、この1日乗車券だけで行けますね。

運動公園前は、ココウォーク茂里町発の30番系統樺島行き・岬木場行き(いずれも野母崎経由)でどうぞ。

この券で教会(平和町)へ行くなら、中央橋や長崎駅前~ココウォーク茂里町で8番系統(下大橋行き)に乗り継ぐ他、大橋で江平経由20番系統(中央橋行き)に乗り継ぐこともできます(この場合は2回乗り継ぎ必要)。
如己堂下・神学校前・浦上天主堂前のいずれからでも徒歩4分です。

モバイル1日乗車券

image

路面電車アプリにて、1日乗車券の購入を検証してみました。
アプリの1日乗車券、(偽造防止のためと思いますが)スクショできなかったので、ガラケーでタブ画面を撮った結果、このようにガタガタ・・・
そこはご愛敬。w
まぁ、それは実際に買って、やってみないと分からない領域(ぉ。
とりあえず、長電アプリは「スクショできないアプリ」ということを知っておいていただけると幸いです。

今回の購入スタイルは、次のとおりです。
デバイス:7インチタブレット
OS:Android(4.0以降)
決済種類:クレジット
決済方法:VISAデビット
(残高から即時引き落としである以外は、クレジットと同じ手順)
通信手段:Wi-Fi
各種割引:対象外

朝はまったく乗れませんでしたが、17時から実際に使ってみようと思います。
久しぶりに、超低床電車に乗りたいですね。

ここではAndroid端末のひとつを使用していますが、他のAndroid端末や、iOS端末(おもにiPhone類)で「使えたよ!」「買えなかったよ。orz」などありましたら、ぜひコメントにお寄せください。

iOS長電アプリ

image

以前はAndroid版のみだった「長電アプリ」が、このたびiOS版(iPhoneなど)がリリースされました。

長電アプリは、長崎電気軌道(株)のスマホ・タブレット用アプリで、路面電車の案内だけでなく、1日乗車券の購入・表示もできます。
長電アプリ本体(情報料)は無料、ダウンロードや閲覧など通信費は各自負担、1日乗車券は利用当日ごとに購入します(利用日以前の、事前購入やまとめ買いはできません)。
1日乗車券購入については、次のいずれか1つ決済方法が必要です。
・クレジットカード(VISAデビットやVISAプリペイドなど、クレジットでないサービスの利用の可否は未検証)
・キャリア決済(ドコモ・ソフトバンク・auなど)

「モバイル長崎スマートカード」とは異なるサービスで、Felica(いわゆる「おサイフケータイ」)機能は使用しません。
表示できないと利用できませんので、バッテリー残量には十分ご注意ください。

このアプリの1日乗車券の
【利点】
・大人と小児でまとめ買いできる。もちろん、1人のみでも買える。
・当日、営業所や窓口などに行かなくても手元ですぐに買えるので、行く時間や並ぶ手間が省ける上、時間外(朝4~6時など)でも買える。
・スクショ(スクリーンショット=画面表示をデータに保存する機能)を使用すれば、記念に残せる。

【難点】
・1画面に全員分を表示するため、バラバラで行動できない。
・クレジットカード類か、キャリア決済の、いずれか1つでも利用可能である必要がある。J-debitは利用できない。
・前もって購入できない。
・通信費がかかる(Wi-Fi通信の場合を除く)
・バッテリー残量がなくなると、表示できないので利用できない。
・フィーチャーフォン(=ガラケー)やパソコンには対応していない。
・降車までに1日乗車券を表示させておかないと、降りるときに余分な時間をかけてしまう(個人のスケジュールだけでなく、電車の遅れの原因にもなってしまう)。

【対策】
・分散して行動することが予想される場合(明らかな場合を含む)、前もってひとりひとりのスマホ類(iPhoneなどを含む)に「長電アプリ」をダウンロードしておく(できれば、Wi-Fi環境があるところでする)。
・クレジットカードとキャリア決済の両方とも利用できない人は、VISAデビット・VISAプリペイドなどのサービスと残高を用意しておく(コンビニなどで発売されているオンライン専用VISAを購入するのも有効?)。後払いに抵抗がある人にもおすすめではある。が、未検証につき、確実とは言えない。
・記念に残したい人は、スクショアプリを用意しておく(標準装備されている場合は、新たに取り込む必要はない)。
・予備電源(ポータブル充電器)を用意しておく。できる限り、節電に努める。
・利用する日付が分かっていて、前もって購入したい場合は、アプリの1日乗車券に固執せず、あらかじめ営業所や窓口などで、紙式の1日乗車券を日付指定(必須)で購入する(アプリの1日乗車券に同じく、払い戻し不可)。

確かに、まとめてみると難点だらけの難しいアプリに見えてしまいますが、きちんと対応すれば、いざというときにも非常に便利なアプリです。
ぜひ、備えを万全に整えて、ご利用ください。

ちなみに余談ですが、長電アプリがAndroid版でリリースされた当初、アプリの1日乗車券は手数料なるものが加算されていて、大人600円、小児300円でした(現在はAndroid版・iOS版ともに、紙式の1日乗車券と同額です)。