タグ別アーカイブ: 佐世保

スマートカードの乗り継ぎ割引は?

長崎県の多くの路線バスや路面電車(長崎電気軌道)などで取り入れられている「長崎スマートカード」。
多くの方々が利用されています。

今回は、その乗り継ぎ割引についてですが、複数の交通事業者のホームページで確認してみますと、ある共通点や盲点にたどり着きました。

まずは、皆さんがご存じのとおり、
A.運賃合計の5%を2乗車目の運賃から割引
次(B)に挙げる条件を満たして乗り継いだ場合、2乗車分の運賃合計の5%(四捨五入して10円単位)を、2乗車目の運賃から割引するシステムです。
条件が揃えば、現金で乗るよりお得です。

続いて、
B.同一停留場(または同一扱いの他停留場)で、30分以内に、同一事業者の便に乗り継ぐ
ほとんどの場合は同一名称の停留場での乗り継ぎに限られます(同じ停留位置とは限られていません)。
但し、長崎駅前と長崎駅前南口と長崎駅前東口は同一扱いとなっていますので、こちらは名称が異なっても対象となります。
また、長崎新地ターミナルや中央橋、横道、江川、東望切通(県営バスは切通)など、3ヶ所以上に同一名称の停留場が設けられている場合も、同一停留所となります。
この条件とともに、降車から30分以内に、同一事業者(または、長崎バス・さいかい交通の相互間)の便に乗り継ぐことで、乗り継ぎ割引の条件を満たすことになります。
これがネックになるケースは、意外と多いようです。

乗り継ぎ割引の対象となる組み合わせの例)
1.横道(長崎駅前方面のりば)で降車→横道(滑石方面のりば)で乗車
2.中央橋(県庁裏門・アリタ前)で降車→中央橋→中央橋(イケダ前)で乗車
3.長崎駅前南口(日本海庄や前で降車)→長崎駅前東口で乗車
4.大串で長崎バスの便を降車→大串でさいかい交通の便に乗車

意外と気づきにくいのが、
C.乗り継ぎ割引が適用された次の乗車は、割引されない(1乗車目と同じ扱い)

D.1日2回まで
多くの方々が、ここに行き着かないであろうとは思いますが、1日2回までという制限が設けられています。
従って、時間をうまく詰めて乗っても、5乗車目と6乗車目の間以降は乗り継ぎ割引がないことになります。
最大限に活かすために、安い運賃の次はわざと30分以上あけて、運賃の高い2乗車をくっつけるというのも手です。

さらに気づきにくいのが、
E.割引は1回最大100円まで
この条件まで掲示しているのは西肥バスのホームページのみですが、おそらく全事業者であろうと思います。
2乗車の合計が2,100円以上となる組み合わせでも、100円を超える割引は行われないことが分かります。
複数人分を1枚のスマートカードで精算するのがあまりおすすめでない理由は、ここにもありました。
ちなみに、1人分でそこまで運賃が上がるのは、西肥バス・島鉄バスの2社だけではないかと思います。

【参照ページ】
長崎バス>長崎スマートカード>特典
長崎バスホームページを確認する

西肥バス>長崎スマートカード
西肥バスホームページを確認する

九州商船の乗船料の仕組みは?

九州商船といえば、長崎~五島(福江・奈良尾・奈留島)や佐世保~上五島を結ぶフェリーやジェットフォイル便の航路を持つ事業者ですが、その乗船料の仕組みを学んでみたいと思います。
教会で、五島ゴスペルクラブの前にお知らせされるとき、
「往復で5,000円少々になると思われます。」
と少し濁して案内されますが、これは月ごとに乗船料が変わるため、「明確にいくら」というのが定まりづらく、こうせざるを得ないのです。
では、乗船料の仕組みはどのようになっているのでしょう。

ちなみに今回は、
乗船料=1回の乗船にかかる全体の金額
運賃=土台となる金額
燃料油価格変動調整金(以下、調整金と略します)=九州商船が定める加減額
と定義させていただきます。

毎月、読めない変化が起きている?
何か複雑な計算に基づいている?

・・・そんなことはありません。

カーフェリー2等の場合、
乗船料=運賃+調整金+指定料金(2等指定の場合のみ)
となっていますが、実はこのうち、改定しない限り一定となっているのが「運賃」と「指定料金」です。
さらに、このあと出てくるジェットフォイルでは、指定料金の絡みはありませんが「特急料金」が加わります(こちらも一定です)。
例えば、長崎-五島各港(福江・奈良尾・奈留島の相互を含む)航路の、8月の運賃表を見てみましょう。

長崎-五島各港の乗船料(大人2等、無割引)は2,110円となっていますが、そのうち140円は調整金となっていますので、

乗船料2,110円-調整金140円
=1,970円が運賃の部分となります。

また、2等指定を選んでも、区間ごとに設定された調整金は同じですから、指定料金も区間に応じて定まっていることも分かります。
参考までに、長崎-五島各港の指定料金は

指定料金=乗船料2,930円-運賃1,970円-調整金140円=820円

となります。
他の区間でも同様に計算すれば、運賃や指定料金が算出できます。

さらに、ここまでに算出した運賃1,970円や指定料金820円は、次の表(7月)からも同じ額が算出でき、他の区間(五島3港の間)でも運賃と指定料金は月ごとの変化がないことから、運賃と指定料金は月に関係なく区間ごとに一定となっていることが分かります。

よって、月ごとに変動している大元は、調整金のみであることが言えます。

ちなみに、九州商船で行われている各種割引制度も紹介されていますが、

表の下に小さく表記されているとおり、調整金は(小児割引を除いて)割引されませんので、あしからず。
しかも、各種類に「運賃の」とついていることから、すでに察した方もいらっしゃるかもしれませんが、調整金だけでなく、ジェットフォイル乗船の場合に加算される特急料金も割引対象外です(カーフェリーの2等指定料金については何の記載もありませんが、指定料金もおそらく対象外かと)。

この2つの表を用いて、障害者割引(大人)で長崎-五島(福江・奈良尾)の場合で例えてみますと、

乗船料3,430円
=運賃5割引1,830円+特急料金無割引1,360円+調整金無割引240円

として算出されます。
確かに、運賃以外は割引がされていません。
つまり、障害者割引が「きれいさっぱり半額!」とならない原因が、「運賃以外にいろいろくっついてくるコザコザ」というわけです。wwwww

ですから、どの割引の場合でも、運賃部分と割引額がいくらなのかというのをあらかじめ把握できれば、

「割引後の乗船料」=「無割引の乗船料」-「運賃部分の割引額」

で計算してみると、手っ取り早いのではないかと思います。
とはいえ、各種障害者は5割引と大きいですし、学生割引なら2割引、15名以上の一般団体でも1割引なので、実は割引制度が意外と充実しているのも事実です。

あと、カーフェリーの「島発往復割引」の項目に「復路運賃の2割引」と複雑そうな表記がありますが、これは「五島各港発の運賃は割引しませんが、五島各港行きの運賃を2割引しますよ。」という意味です。
括弧書きで「引換券は予約ではありません」とありますので、復路の日時や便が定まっていなくても割引の機会が受けられるというポイントも挙げられます(条件に従って利用できればの話ですが)。
五島に住所を置いている方でなくても利用できるようで、教会ではNドクターが毎回この割引を上手く利用しているようです。
従って、次の五島ゴスペルクラブの戻りの際に、復路乗船券における割引の有効期限を確認して、使えると思ったら受けておくとよさそうですね。

ところで、九州商船ホームページでは、当月~翌々月の乗船料を確認できます。

トップページの「航路・ダイヤ・運賃」から、そのまま下にスクロールすれば当月の乗船料が確認でき、

「平成〇〇年〇月の時刻表・運賃表はこちら」を選択すると、その月の乗船料と時刻表が確認できます。

ちなみにこの画像加工は、PhotoDirectorというアプリを、いろいろいじってたら見つけました。ww

(自分が動画編集で使ってるアプリのPowerDirectorと同じところが出してます)

今日は佐世保へ2

佐々のマックスバリュで買い物を済ませ、

image

佐々役場から佐世保市街地へ。
島瀬町(しまのせちょう)で降りて、させぼ403アーケードを少し散策しました。

ここしばらく、夜(だいたい20時ぐらい)の姿しか見ていなかったので、昼のアーケードは久しぶりに見ました。

image

サンプラザ(三ヶ町)も四ヶ町も、

image

やはり夜とは違った賑わいがあって、いいですね。

少し北向に歩いて、

image

先月号のならでわをゲット!
(じつは入手し損ねていました・・・。)

あと、佐世保の某FM発の、

image

もゲット!
長崎市民でもいいらしいというか、佐世保市民でないと入れないとかではないらしい。
数ヶ月前にネットで調べてから気になってましたが、何より思い出せてよかったです。
3枚のシールは、おまけでついてきました。
あと、住所や名前などの記入がなく、カードに期限記載欄などもないことから分かる方も多いとは思いますが、期限はありません。

佐世保、面白いな。wwwww

image

佐世保バスセンターからの帰りの便は、県営バス運行便でした。
長崎市内へ戻ります。

今日は佐世保へ

昼に、牧師からSunQパスの残り1日をいただくことができたので、あとが完全にフリーなら福岡ぐらいまで行けたと思いますが、夕方からまた別に予定があるため、佐世保へ行きました。

image

長崎駅前ターミナルからスーパーノンストップで。

image

多くのノンストップとの違いは、長崎駅前ターミナル発後のルートです。
ノンストップは、
長崎駅前→浦上駅前→昭和町→長崎バイパス・長崎道・西九州道→卸本町入口→・・・
となっていますが、スーパーノンストップは、
長崎駅前→大波止→出島道路・長崎道・西九州道→卸本町入口→・・・
となっていて、所要時間が少し短くできています。

佐世保バスセンターに着いてすぐ、空港特急の佐々バスセンター行きに乗り継ぐことができたので、佐々へ。

image

image

都市高速っぽい高架道路が。
西九州道の延長された区間で、佐々まで延びています。
ここを初めて通ります。
image
佐々バスセンターに着きました。
image
運転士さんいわく、このラッピングは今日までとか。
明日にはなくなるラッピングらしいですが、ラッピングほどにコロコロ変わるところは正直言うと、あまり目に留めていません。ww

せっかくなので佐々役場まで乗って、マックスバリュへ。

西海市でも

image

「月間させぼならでわ」を受け取れるようになりました。

佐世保の食と遊びをテーマにしたフリーペーパーといえば、やはりコレ!

長崎市と佐世保市の間に位置する西海市では、配布箇所も配布部数も多くはありませんが、大串のスーパーウエストとかで配布されています(他の配布箇所を知らないので、何とも言えませんが・・・)。
ちなみに、月半ばあたりには部数がすでに終了してしまってたりします。

「佐世保までは行けないけど、『ならでわ』は欲しいなー。」とお思いの方は、月始めのうちにぜひ!

以前、長崎市で固定箇所としては唯一、長崎駅改札口横の観光インフォメーションセンターでも配布されていたとのことですが、そちらでの取扱いが終了してしまったのが残念ではあります。
あと、長崎市で残るは(移動的な配布箇所となりますが)西肥高速バス(長崎-佐世保線)のみです。

今年もよろしくお願いします

2016年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

image

今年の目標は・・・

個人としては、長崎県内のイオン全制覇!
マックスバリュは昨年中に県内全制覇できたので、今度はイオン。
南は有家(ありえ/南島原市)から、北は壱岐まで。

銅座(済)
長崎(済)
チトセピア(済)
時津(済)
東長崎(済)
大村
島原
有家
佐世保大塔
佐世保(島瀬町)
佐世保白岳
壱岐

壱岐があったとは!
壱岐はけっこう難易度高そうですね・・・。w
ちなみにルールは、
①(駐車場以外の)全フロアを見る。
②買い物して、レシートなどで記録を残す。
③公共交通機関(タクシーを除く)を使用して行く。
と、あまり難しくしすぎない形で決めたいと思います。

行くなら火曜ですが、果たしてどこまでできるでしょうか?
主に期待します。w

交通部としては、島原鉄道や松浦鉄道に乗ってみたいですね。
特に、島原鉄道は1駅間すら乗ったことがないので。

他にも、あとで目標が出てきそうですが、とりあえず今のところここまで。

もうすぐ2016年

image

2015年、皆さんはいかがでしたでしょうか?

振り返ってみると、2015年はダイヤ改正のみならず、時津北部ターミナル開業、長崎バス・さいかい交通の運賃改定、空港の運賃改定も行われましたね。
県営バスの運賃も合わせて一部改定され、運賃が上下したとか。
他に、長崎電気軌道100周年、直後の脱線事故(に連れて、2号系統の日中運行)なども。

自分としては、(それまでほとんど長崎バス・さいかい交通のみだったのが、)県営バスや西肥バス&佐世保市営バスなどの区域にも入ったり、動画製作の開始、さらには五島行きフェリー初乗船、県内のマックスバリュ全店制覇(!?)など、いろいろ充実した1年でした。

2016年はどんな年になるでしょうか・・・。

抱負は2016年に入ってから書きたいと思います。

おもしろいもの発見!

image

「ながさきをめぐる バス・鉄道等の旅」
のパンフを見つけました。
これは、交通部としても個人としても、非常に興味深い1冊です。

長崎県内の様々な路線バス・鉄道などで、いろんなタイプのツアーが組まれています。
五島や壱岐・対馬においても、いくつか紹介されています。
その町ごとに初心者~初級者向けのコース設定で、初めて訪れる地でも遂行しやすくなっています。

中~上級者なら、長崎市や佐世保市、諫早市、大村市、島原市などでのもっと深いコースを、別に時刻表や(地域ごとの)観光パンフなどを参照(取り寄せを含む)して各自で組むと、お好みに合わせてさらに面白いツアーを組めます。

このパンフ取り寄せの可否は確認しておりませんが、お問い合わせは、
長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会(長崎県観光振興課内)
電話(095)895-2646
FAX(095)826-5767
〒850-0035
長崎市元船町14-10 橋本商会ビル8階
へどうぞ。

手帳がある場合の運賃割引について

身体障害者と知的障害者は、全国ほとんどすべての公共交通機関における割引が導入されています。
しかし精神障害者に限っては、けっこう多くの公共交通機関で割引がいまだに導入されていません。
インターネットで別のことを調べている途中、運賃割引の早期導入を求めるということで、福岡県ではいろんな方々が陳情書などを各機関に提出されているという動きを知りました。

image

とても苦しんでいるようです。

別の陳情書より、交通に関する部分を抜粋。
まず、「障害者とは」から。

image

ふむふむ。
障害者基本法に、このように定義付けられています。
この2つから、「身体障害者や知的障害者と同じ位置付けであるにもかかわらず、精神障害者だけ除外されるのは差別的ではないか。」ということにもなります。
続いて、バスにおける、精神障害者の運賃割引の状況(昨年10月時点)です。

image

なるほど。
確かに格差が大きい。
あと、地域差がすごい。
長崎県にいると分かりづらいですが、九州全体をこのように見るだけでも、確かにこれでは導入を求める動きが起こる理由も分かります。
この表で九州全県を見ると、導入:非導入の比率は30:31で、ほぼ半分半分、微妙に半数未満ですね。
※鹿児島県の状況が変化し、現在は35:26となり、半数を超えました(後述参照)。

このうち、導入が進んでいる長崎県・熊本県・宮崎県の3県では、一般路線バスの100%が割引適用の対象となっています。
宮崎県は、宮交バスが1県の一般路線全線を独占的に管理・運行しているので、1社で全部です。

逆に、福岡県・大分県があまりにも少ないのが、なんだかかわいそうな気がします。
特に、大分県は皆無ですから、なおさらです。
福岡県は1社といっても、この1社は西鉄バスではなく、北九州市営バスだとか。
県内路線のほとんどを占める西鉄バスが導入していませんから、これはかなり大きいです。
代わりにもなりませんが、福岡市営地下鉄は導入しているとのことです。

佐賀県は、西鉄バスもそうですが、佐賀市営バスで導入されていないので、4社中3社(75%)となっているようです。
他の3社(昭和・祐徳・西肥)では導入されているとのことです。

鹿児島県では、この表では3社となっていますが、現在では8社導入(67%)に拡大されたそうです。

さて、加えて長崎県ではつい最近、鉄道2社(=島原鉄道・松浦鉄道)も、精神障害者が割引適用の対象に加わりました。
※長崎電気軌道は、すでに導入されています。
これで、(JRを除けば)長崎県の鉄道路線はいずれも、運賃割引が導入されたことが分かります。
昨年度までには見られなかった動きです。

さらに、多くのフェリーでも、精神障害者運賃割引が導入されているとのことですが、私たちのいる長崎県では、五島や壱岐・対馬へのフェリーも、割引の対象として挙がっております。

image

九州商船(株)(長崎~五島)のホームページでは、身体・知的・精神障害者共通の「乗船運賃割引申込書」を、PDFでダウンロードできます。

九州商船のホームページはこちら

乗船券を購入する際、必要な枚数を提出するとともに、手帳(の内側)も提示が必要です。
最近、私たちの教会では、五島に行く機会が開かれています。
なので、行ける信仰を持って、ダウンロード+プリントアウトしてきました。

実際に窓口へ提出するのは右半分のみですが、左半分の記入例をアップにすると、……

image

どこをどう記入するべきかが分かりやすく挙げられています。
特に、見落としやすい(記入漏れに気づきにくい)のは、左上の○付け(障害の種類)ですね。
また、介護者(付き添い者)が一緒に割引になるのは、この書面上部に括弧書きにあるとおり「障害者本人が第1種・第1級の場合のみ」であり、同時に「他の等級では障害者本人のみ割引」ということが分かり、さらに加えて「障害者本人と同一行程(旅程)の場合、かつ、障害者1人につき介護者は1人に限る」「手帳で、障害者本人が第1種・第1級であることを証明できる必要がある」ことは言うまでもありません。
介護者が同行しない場合や割引対象外となる場合、「介護者氏名及び年齢」は記入の必要はなさそうです。
ちなみに知的障害者の場合、A1・A2が第1種に該当するとされています(A1だけではありません)。

長崎バス発行のスマートカードを、自動割引精算に設定する際にも書面の記入・提出が必要ですが、そのような感じですね。

手帳をお持ちのご本人や、またご本人と関係のある方(特に、ご本人が第1種・A種・第1級の場合)は、よく利用する交通機関についてぜひ一度、よく調べてみてはいかがでしょうか。
自分は、それぞれどのようにニーズがあるのかは分かりません。
しかし各々でニーズに応じて、
「知らなかった!」
「実は損してた!」
「誤解してた……」
から、学んで用いていただけると、こちらとしても幸いに思います。