タグ別アーカイブ: 入口

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

長与営業所

県営バスの長与営業所です。

image

女の都入口バス停のすぐ近くの営業所です。

昨日、銅座のイオンからの帰りは県営バスに乗ったんですが、その車内でいつの間にかタブレットを落としてました。
で、帰り着いたあとに気づいて、大慌てしながらも祈って長与営業所に問い合わせたらあったので、今日の昼に受け取りに行きました。

営業所まで届いてて、ほんとに助かりました。
もし街中で落としてたら、今の今頃どうなっていたことやら………。

ちなみに祈らないでいたら、銅座のイオンにも(ムダに)問い合わせてたかもです。

守られたことを、主に感謝します。

あと、ガラケー+スマホorタブレットの2台持ちは、例えば電話しながらメモできたり調べられたり同時にできて便利なだけでなく、こういうときにすぐ問い合わせたりできるので(ガラケーを落としてたら公衆電話に直行ですが……)、いざというときに助かります。
スマホ+タブレットでの2台持ちは珍しいぐらいかもですが。

………………!

ビジネスマンがよく2台持ちしてたりするのは、そのためだったのか!
やっぱ2台持ちって、めちゃいい。←今頃気づいたw

毎週木曜は…

今日は朝から雨でしたね。

今日は、長崎バスで番所橋まで、歩いて矢上まで。
加えて、矢上から、矢上団地経由の県営バス(今回乗ったのは江の浦行きでした)で、中央通バス停で下車、徒歩2分。

image

この写真は、標柱に照明が埋め込まれているわけではなく、カメラのフラッシュが反射してこのように撮れました。

ちなみに今回、矢上団地経由に乗ったことで、
「矢上団地経由は、団地を循環(1周)して江の浦や戸石などへ向かう(あるいは矢上方面に向かう)経路になっている」ことが分かりました。

image

確かに路線図で見ても、そうなっていることが把握できますね。
東公園入口の方からの便は反時計回りに循環、侍石の方からの便は時計回りに循環するようになっています。
ただ、この図で見ると、矢上団地を循環する間に中央通を2回通るようになっていますが、実際に中央通を通るのは普賢通と東公園入口の間に1回だけです(=侍石とかき道三丁目の間には通りません)。
くれぐれも、お間違いのないよう、ご注意ください。
中央通~かき道三丁目の黄色い線が、誤解を招いてる気が…。

さらに、県営バスホームページで調べてみると、

image

矢上団地に入る前にある「下侍石」「侍石」は、「しもさぶらし」「さぶらし」だそうです。
県営バスの場合、乗っても読みが分かる表示はありませんし、車内の自動放送もはっきり聞き取れない(ほど音声が鈍い)ことが多いので、ホームページで調べてみるのが確実みたいですね。

さて、中央通で降りたら、今日はここへ。

image

image

マックスバリュ矢上団地店。
もともとはグルメシティ矢上団地店でしたが、九州のダイエー・グルメシティが全てイオン・マックスバリュに変わったため、矢上団地店もその流れでマックスバリュに仲間入りしました。
店内はグルメシティ当時の面影がそのまま残っていますし、24時間営業になっていませんが、値段と品揃えはだいたいマックスバリュになってます。w
多分そのうち、全体的に変わるでしょうね。

新しく仲間入りした店舗を含め、長崎市内のマックスバリュは全制覇!
来週火曜に予定が入り、イオンの火曜市に行けなくなったっぽいので、今日あえてその分も買っておきました(今日は保存が利くものだけ。肉は月曜に買おうと思います)。

長崎バスで行こう‼特別編/稲佐山編

動画ができました。
特別編(期間限定コース)のため、今回は番号を振っていません。

2015年12月15日まで乗車可能の限定コースです。
長崎バス+臨時シャトルバス(長崎遊覧バス)で、稲佐山へ行ってまいりました。
稲佐山といえばロープウェイが有名ですが、そのロープウェイ駅舎の耐震化工事期間中につき、この超低運賃(長崎駅前から展望台までであれば190円?+0円)のコースが実現しました。
今年のこの期間にしか乗れないコースでの、稲佐山展望台までの道のりを、動画でぜひお楽しみください。

100周年記念電車

image

image

image

image

西浜町アーケード入口電停を通ってたので。
乗客は乗れません。

そこにちょうど3000型が来たので、いっしょに。

image

今の期間終了後、次の運行期間は11月だそうです。

電車展3

image

出口付近は、行先表示幕の展示や、

image

グッズなどの販売、

カレンダー(1枚式)の無料配布、

image

過去のグッズや資料の展示などがありました。
普段は長崎西洋館3階の資料館に展示されているものが多いですが、電車展だけでしか見られないものもけっこうあります。

来場者には、

image

無料乗車券が1人1枚もらえます。
実際に使うもよし、
使わず記念に残すもよしの1枚です。

ただ、・・・

image

間違ってこれを出さないように気をつけましょう。w
こちらは、実際の乗車に対して効果がありません。

ながにゃん着ぐるみ登場!

image

image

100周年を記念して作られたキャラクターです。

あと、ncm(長崎ケーブルメディア)が撮影に来てました。

image

image

浜屋本館は、バスであれば長崎バスで、浜の町バス停(浜屋前)より浜屋新館を経由して徒歩1分です。
教会から直接なら、長崎バス・県営バスで、いずれも中央橋(鉄橋前・イケダ前)が便利です。
路面電車なら、観光通り電停から徒歩2分、西浜町アーケード入口電停から徒歩4分です。

水辺特集8/鉄橋と銕橋

image

中央橋バス停すぐの鉄橋(てつばし)です。

image

昔はこの隣に「銕橋」(くろがねばし)が並んで架かっていたそうです。
おそらく、西浜町アーケード入口電停が建てられたところで、銕橋が取り壊されたのではないかと思います。
銕橋は石柱だけになり、ここに銕橋があった歴史を物語っています。

中央橋バス停(鉄橋前)より、徒歩ですぐです。

高田郷散策

今日は買い物のあと、長与町高田郷(ながよちょうこうだごう)を少し歩きました。

コースは、
マックスバリュ長与店→団地公園前バス停→商業入口バス停→長崎高専入口→高田中学校→高田越トンネル→高田越バス停
です。
地図で説明すると、このようになっています。
マックスバリュ長与店から長崎高専(=長崎高等技術専門校)まで

image

長崎高専からの続き(高田越バス停まで)

image

※地図はマピオン(無料版)を使用しております。

これを、実写で見てみましょう。
まず、マックスバリュ長与店を、「←青葉台・時津・シーボルト大学」の方向に出発します。

image

ちなみに、マックスバリュ長与店が、意外と高いところにあることも分かりますね。

敷地を出ると、最初の登り坂がしばらく続きます。
私は山に向かって目をあげる~♪

image

image

カメラの設定が暗すぎた・・・。w
長与病院やフレンド幼稚園、おおとりスイミングクラブ、ほっともっとなどがあるところで最初の登り坂が終わり、下り坂に入ります。

この近くに、シーボルト大学(正確には県立大学シーボルト校)があります。
教会の、ある姉妹の卒業校だそうです。

それはさておき、

image

商業入口バス停を過ぎて、信号(Y字の三叉路)から右に入ります。

image

信号から2度目の登り坂がありますが、この登り坂は短く、

image

ここ(商業高校のグラウンド裏)まで来れば、あとはしばらく下り坂or平坦のみ。

image

高専の入口。
ここから先は通ったことのない道。
且つ、交通空白地帯=バス路線がありません。

(2へ続く)

長崎の世界遺産2/ジャイアントカンチレバークレーン

三菱造船(飽の浦)にありますが、造船内は旧木型場以外は非公開のため、飽の浦あたりでは見えないか、見えたとしてもちらっとしか見えません。

しかし、全く違うところに、全容を見られる場所があります。

「長崎でここは外せない!」と言われているグラバー園の西、松が枝町の国際ターミナル近くの橋や、あるいはターミナル上の広場から見えます。

グラバー園入口バス停から少し市街地よりに歩くと、橋があります。

image

今回はこの橋から眺めてみました。

image

image

・・・よく分からないかもしれないので、矢印を追加。

image

これが、ジャイアントカンチレバークレーンです。
造船の材料(建物で言う「建材」)を積み込むためのクレーンであることは言うまでもありませんが、かなり昔から電動で稼働していたものです。
かなり進んだ技術が、海外から長崎に多く入ってきていたことが分かりますね。

三菱造船のかなり奥・海辺にあるため、近いはずの飽の浦あたりからよりも、逆の松が枝からの方がよく見えるというからくりです。

image

グラバー園入口は、市街地からですと、長崎バス30・40番系統でどうぞ(すべての行き先の便が通ります)。
40番系統なら、下大橋や西城山、渕町などから直通で行けます。
長崎バス1日乗車券の範囲内です。

路面電車であれば、大浦海岸通りから徒歩2分、大浦天主堂下から徒歩3分です。

拡張工事レポートその3

image

岳路海水浴場入口バス停あたりから岳路バス停あたりまで続いている、道路拡張整備工事です。
海水浴場入口バス停側の区間は、断崖絶壁ブロック(←名前知らない)が、南側まで繋がりました。
この区間だけでも南側3分の1が残ってますが、埋め立て終わって、舗装まで終わったら、いよいよ開通でしょうか?

現状は歩行者も気が抜けないほどの道幅ですが、工事が終わると、かなり広くなりますね。