タグ別アーカイブ: 全線

2017もあと2日

で、終わりますね。
今年はいかがお過ごしだったでしょうか?

来たる2017年も、交通部ログとKouTube動画を、どうぞよろしくお願いします。

image

そんな今日、来月の昼間全線フリー定期(長崎バス)を、滑石の長崎バス観光で買ってきました。

あと、長崎バスは、明日までは日曜ダイヤで、12/31から1/3までは年末年始ダイヤで運行されます。
普段と異なるダイヤでの運行ですので、お出かけなどの際にはどうぞご注意ください。

長崎バス観光本社

滑石の、寺川内バス停すぐの車庫の片隅に、

長崎バス観光(株)があります。

隣に「教習課・新滑石寮」とかあって、一見すると「関係者以外立入禁止」みたいなイメージがありますが、一般の方々も普通に入れます。
滑石地区における長崎バスの窓口としても活躍中です。

長崎バス観光では、旅行商品の取扱いのみならず、各種定期券の新規・継続発行(昼間全線フリー定期券も有り)、長崎スマートカードの新規発売・積み増しが可能です。
長崎市内1日乗車券は確認しておりません(すみません・・・)。
※一般型定期券の券種変更は、長崎バス本社(長崎新地ターミナル)を経由して取り扱うため、日数を要しますのでご注意ください(=お急ぎの場合は直接、長崎新地ターミナルにて手続きされると無難です)。

年末年始などは分かりませんが、窓口営業時間は9:00~18:00(土休日も可)となっております。

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。

昼間全線フリー定期券を購入する場合

長崎バスではおなじみの破格な定期券「昼間全線フリー定期券」。

長崎新地ターミナルで昼間全線フリー定期券を購入しようとする場合、一般型の定期券(=区間・経路・有効期間などを各自で決めて購入する定期券)の窓口に顔を出しますと、「あちらへどうぞ。」と取り次がれます。

では、正しくはどの窓口に行けばよいのでしょうか?

・・・

正解は、

7番窓口です(21時過ぎだったので閉まってますが)。

18時までとなっていますので、時間外となってしまった場合は他の窓口に尋ねてみていただければと思います(購入できるかもしれません)。

他(ココウォーク茂里町バスセンターや各営業所など)の窓口では、お問い合わせや各種定期券・スマートカードなどの取扱いが一本化されていて簡単ですが、長崎新地ターミナルだけは各部門ごとに窓口が分かれていますので、ご注意ください。

関連で分けて考えてみると、
新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い
という振り分けがされていると思います。
間違ってたらすみません。

というか、以前と比べて、3~7番はかなり変更がされています。
以前は、昼間全線フリー定期券も3~5番の窓口で良かったのが、閑古鳥だった7番にいつの間にか移ってますし。
おそらく、それだけ利用客数が多いということでしょうね。

ちなみに長崎新地ターミナルで、長崎バス1日乗車券(市中央観光型・世界遺産型とも)を購入する場合は、お問い合わせの窓口(1番窓口)が正解です。

なお、各窓口の取扱い時間帯については、別途ご確認ください。

路面電車の定期券はどんな種類がある?

長崎電気軌道(路面電車)の定期券は、バス定期券と違って定期運賃が非常にシンプルですが、次の表のとおり大きく分けて3種類あります。

1.通学定期券

「学校」として認可されている学校(公立・私立とも)に通学する方が購入・使用できます。

区間設定は、

三角定期以外は「住所の最寄り電停」~「学校の最寄り電停」

に限られ、

三角定期は「学校の最寄り電停」~「住所の最寄り電停」~「(バイトなどの)勤務先の最寄り電停」

に限られます。

参考までに、通学定期運賃は通勤定期運賃と比較しますと、

高校生以上は約15%引き(健常者の35乗車分)、

中学生は約23%引き(健常者の32乗車分)、

小学生は約65%引き(健常児の27乗車分)

となっている他、

三角定期は「通学定期(高校以上)の全額(4,110円)」+「通勤定期の半額(5円の端数を切り上げた2,420円)」=「三角定期の定期運賃(6,530円)」となっています。

※塾(私塾)や予備校など「学校」として認可されていない通学のみで完結する場合は含まれないと考えてよいと思われます。

従って、年度ごとに最初の購入時は、定期券購入申込書の裏面に学校の署名と学校印の両方がされている必要があります(それ以外の購入時は、生徒手帳や学生証などの提示でよいと思われます)。

また、認可されている学校への通学であっても、バスやJRなどと乗り継ぐ場合については、長崎電気軌道の営業所など窓口にご相談ください。
2.通勤定期券

購入・使用にあたっての条件は、特にありません。

区間設定は、「住所(もしくは、他の拠点)の最寄り電停」~「通い先の最寄り電停」に限られます。
通勤に限らず、通学定期券の購入条件に該当しない通学、買い物やビジネスなどでも購入できます。

通勤定期運賃は、健常者の41乗車分に相当します。

区間によっては、大波止経由・桜町経由を選べます。
通学定期券(三角定期以外)と通勤定期券は1ヶ月券と3ヶ月券とがあり、3ヶ月券は1ヶ月券の3ヶ月分の約8%引きとなっています。

三角定期券と全線定期券(次項)は1ヶ月券のみです。
3.全線定期券

購入・使用にあたっての条件は、特にありません。

長崎電気軌道(路面電車)の全線有効で、区間や経由の設定、通い先所在地の記入などが必要なく、通勤定期券(起点~終点)3枚相当の区間を1枚でカバーできる、非常にスグレモノです。

乗り継ぎも自由で、お急ぎでなければ起点まで乗って折り返すことができ、起点から着席して乗車できます(ラッシュ時間帯は確実とは言えませんが)。

寝過ごしても、どう乗り越しても、スマートカード残額が差し引かれませんので、運賃に関してはひと安心ですし、積み増しの手間がかかりません。

おもにビジネスや、観光関連の仕事をされている方、長崎電気軌道を知り尽くしたい方など、いつも一筆書き経路とならない(=通勤定期券だと複数の経路を必要とする)方におすすめです。

全線定期運賃は、通勤定期運賃の約2倍(健常者の81乗車分)、1日乗車券の20日分です。
どの定期券も、有効区間内であれば何度でも乗降が可能ですし、休日も同様に(つまり、有効期間中は毎日)乗降できます。

用途に合わせて、最適な定期券を選びましょう。

西坂へ

image

今日は、いつもなら(祈祷会のため)教会の外に出られない時間だったんですが、賛美について祈るために西坂公園へ、昼過ぎに教会から5人が行きました。

交通手段が自由だったので、
自分は昼間全線フリー定期を活かして長崎バスで。
他に、1人は定期券を活かして県営バスで、運賃が最も安い路面電車で2人、原付で1人。

集中力が途切れながらも、普段より非常に祈りこむことができました。

image

image

そういえばもう、この時季だったんですねー。

デザインが変わりました

長崎バス昼間全線フリー定期券も値上げされましたが、それとともに10/1発売より券面デザインが変更され、新しくなりました。

image

昼間全線フリー定期券の、改定前と改定後の定期運賃の比較
一般用:前6000円→後7000円(1000円値上げ)
障害者用:前3000円→後3500円(500円値上げ)

値上げされたとはいえ、1ヶ月で1000円(障害者用は500円)の値上げは、1日あたりに換算するとおよそ33円(障害者用は16円)。
それでいて、有効範囲は長崎バス全線(コミュニティバス・高速バスの各線を除く)ですから、改定後においても、長崎バスユーザー(ライダー?)の方々にとっては昼間の移動の強い味方です。

改定前に買われた方もぜひ来月、新しいデザインを実際にあなたの手にとってご覧ください。

10月からの運賃値上げについて2

次に、昼間全線フリー定期券についてです。

image

現行では一般6,000円/障害者3,000円で発売されている昼間全線フリー定期券は、10月1日発売より、一般7,000円(現行比+1,000円)/障害者3,500円(現行比+500円)に値上げされます。

こちらは複雑な計算式は出ません。w

使用ルールの変更もなく、今までと同様に使用できます。
乗車時刻に関係なく、降車時刻が10:00~17:00であれば有効で、非常に便利な定期券です(特に、乗り継ぎが多い方や移動が大きい方には、たいへんおトクです)。
※コミュニティバス以外の、長崎バス一般路線(の範囲内の、さいかい交通線を含む)のみ有効です。

運動公園前

image

野母崎の運動公園前バス停の青い部分に、「軍艦島資料館前」と表記されています。
軍艦島が見える野母崎の海岸に、軍艦島資料館がオープンしました。

軍艦島資料館は、長崎バス30番系統の樺島行き(またはコミュニティバス野母崎線)で、運動公園前よりすぐです。
1回だけなら世界遺産1日乗車券(大人1日1,000円)でおトクにアクセスできますが、乗り方によっては昼間全線フリー定期券※(大人1ヶ月、一般用6,000円、障害者用3,000円)がさらにおトクです。


昼間全線フリー定期券は、長崎バス全線(コミュニティバス・高速バスを除く)で、平日・土休日いずれも、降車する時刻が10:00~17:00の場合に有効な1ヶ月定期券です。
さいかい交通は、長崎新地ターミナル~石原、二股~大串(=いずれも、長崎バスの運行範囲内)のみ有効で、乗り越しは石原・大串からの運賃(または有効な定期券)が別途必要です(スマートカード精算可)。
月極め制で、購入日~月末、または購入翌月の1日~月末(前月25日より発売開始)が有効期間です。
障害者用は、購入時・降車時いずれも、手帳の提示が必要です。