タグ別アーカイブ:

昨日の疑問話から

昨日、島原から長崎への戻りに、諫早市貝津町で「この建設中の道路とトンネルが気になるんだけど・・・何?」という話があったので、「多分だけど、島原道路になると思う。将来的には長崎道(高速)の諫早インターに直結させるんじゃないかなー。」と答えた上で、先ほど実際に島原道路について調べてみました。
まず、島原道路についての計画データから紹介します。

(長崎県ホームページより)

あまり細かいところは触れません。

特に多くの人が注目するであろうポイントは、全線開通時の区間と、車線(幅員)についての2点と思われます。

まず、車線(幅員)は、南森山~愛野の間で部分開通している無料区間と同様に2車線(上下とも1車線ずつ)、それに路側帯や中央分離なども合わせて12mとなるようです。
ちなみに、栗面は「くれも」と読みます。
別のデータですが、島原道路の一部となる南森山~愛野の間についてのデータで開示されている内容がこちら。

幅員が12.0m、括弧書きで「2車線、車道幅員7.0m」と添えられていることから、全区間をほぼ同一仕様で完成させると仮定すると、1つ目の表の幅員12mも、そのうち車道は7.0m(1車線3.5m)ということになります。

※あくまでも推測であり、必ずしもそうなるとは限りませんので、あらかじめご了解ください。

全線開通時の区間は、ここまでの表に記載がありませんので、別に2つの図を用意しました。

一部、形状が正確に定まっていないと思われる(特に緑色の)部分がありますが、大まかにはこの流れと捉えていいでしょう。

この図と表記から、諫早市の諫早インター~南島原市深江町を結ぶようになっていることが分かります。

通行料金とかETC使用の可否とかは、公にデータが挙がっていないので何とも言えませんが、現金払いで全区間利用すると普通車で700円前後になるのではないかと思っています。

※長崎バイパスを昭和町~長崎多良見を通った場合、普通車が270円であることから予想しています。

願わくは、安くて便利で快適な道路となることを期待したいと思います。
併せて、昨日の疑問話の結論は、あの建設中の道路とトンネルは島原道路の一部分であるとともに、島原道路は(長崎道の)諫早インターと直結されると言ってよさそうです。
諫早インター付近と雲仙市東部や島原市、さらには南島原市までも、スピーディーに結ぶ道路になりますね。

諫早は観光としては目立ちませんが、雲仙や島原が観光地域であるため、地域の利用者や観光客だけでなく、さらにはビジネスなどでも使われるでしょう。

交通部おすすめのアプリ その3

「手軽に記録できるアプリがあったらなぁ。」
「記録できる白地図、売ってなくない?」
「紙に残すのもいいけど、書き間違えたらめんどくさいな。」
「路線コロコロ変わるけど、器用に書いたり消したりできないから、紙媒体はしんどいな。」

など、ふと思った方、いらっしゃいませんか?

そこで今回は、国内の各種鉄道路線の乗車済み区間を手軽に記録できるアプリの紹介です。

それがコチラ。
image
image
「RailBook」
・・・ってか、けっこうキロ数が加算されてる時点で、初期表示でないことがバレバレなところはご愛嬌。w
ちなみに初期表示は、乗車総距離(水色の○グラフ)も総乗車率(オレンジ色の○グラフ)ももちろん0です。

制作者は、某大手旅行会社の出版社です。

このアプリは、まず登録から始まります。
ログインIDやパスワード、ニックネームや生年月日などを登録すれば、おk。
本名などプライバシーに触れる項目がなく、一部の項目は省略することもできます。

記録するセクションに入ったら、まず地域を選択します。
もちろん、九州内の各路線も十分に網羅
image
・・・されてますが、いつも長崎の路線ばかりなので、今回はあえて四国地区から伊予鉄道(愛媛県松山市)をチョイス。
過去に乗ったことのある区間を、実際に記録しながら説明したいと思います。
image
一見すると単純そうに見える伊予鉄道も、実はこんなに路線があったんですね。
この中から、
image
今回はスクショ1面で説明しやすくするため、花園線(市内線、路面電車)を選択しました(駅や停留所の多い路線だとスクロールが必要で、少なくとも2面になるためです)。
花園線では、この2停が出てきます。
まず乗車した停留所(今回は南堀端)を選択し、次に降車した停留所(今回は松山市駅前)を選択します。
すると、
image
次は乗車年月日を選択する画面です(伏せ字にしてますが)。
当日に限らず、過去の日付も選択できるので、これまでの乗車済み区間をより正確に記録できます。

ここまで入力を完了すると、このように確認画面が表示されます。
image
いつの間に縦線が入ったんだ!?
すみません、見なかったことにしてください(ぇ)。w

間違いがあったら、この段階であれば修正が簡単です。
なるべく、この段階で間違いがないようにしておきましょう(これよりあとで修正すると、地味にめんどいです・・・)。

確認して登録すると、
image
登録した乗車区間のうち、新しく記録された区間の実測キロ数(0.4km!)が表示され、累計乗車キロ数に加算されます。
今回の記録は全区間が新しい記録なので、記録した区間全部が加算されました。

いろんな区間を登録し、
image
一覧で表示させたり、
image
地図上に赤線で表示させたりもできます(乗車記録を登録していない区間は灰色の線で表示されます)。

以上です。
ログインIDとパスワードで管理するため、機種変更しても新しい対応端末で簡単に引き継ぎできるので、とても便利です。
興味のある方はぜひ、ダウンロードしてお楽しみください(アプリに課金はありません)。

ダイヤ改正検証レポート5/小ヶ倉団地・毛井首団地線

今回はココウォーク茂里町から、

image

大波止・戸町・小ヶ倉団地前経由の毛井首団地行きに乗って、終点の毛井首団地まで乗ってみました。

image

前面の行先表示器はこの形式になっていて、小ヶ倉団地前まででも毛井首団地まででも乗れることが分かりやすくなっています。

image

側面の表示器には、左に鶴見台団地と表示されていますが、小ヶ倉団地前を経由する便の場合、鶴見台団地内(第3公園前・鶴見台東)には入らず、鶴見台団地バス停のみを通ります。
また、二本松口も経由しません。

大波止・戸町を経由し、小ヶ倉には2ヶ所(Yショップ前・小ヶ倉市民プール前)に停車し、

image

小ヶ倉団地前に入りました。
小ヶ倉団地前から出てきたあとの小ヶ倉(小ヶ倉市民プール南)には停まりません。

おそらくですが、毛井首団地発→小ヶ倉団地経由→ココウォーク茂里町きであれば、小ヶ倉の停車位置は小ヶ倉市民プール前→(小ヶ倉団地前)→メモリード前の順に停車すると思われます。
上下とも、小ヶ倉は2回の停車でしょう。
ココウォーク茂里町行きに乗って、さらに検証する必要がありそうです。w

南柳田より毛井首方面に入り、鶴見台団地はおもて通りの停留所のみを通り、

image

終点の毛井首団地に着きました。
柳以降は、従来の鶴見台東を経由しない便と同じです。

毛井首団地の先に、毛井首工業団地入口・毛井首工業団地の2停がありますが、そちらには早朝の2便が入っていくのみで、他は毛井首団地で終点です。
あと、毛井首工業団地発の便はありません。

この路線は、従来どおり小ヶ倉団地や毛井首団地と市街地を結ぶだけでなく、小ヶ倉団地と柳田~南柳田~毛井首団地を直結する目的でも乗ることができ、さらに便利になりました。
小ヶ倉団地前から小ヶ倉までは1停間に過ぎませんが、他に乗りやすい停留所がないのもあってか、需要は少なくありません。
小ヶ倉地区について、今回のダイヤ改正はその需要をよく捉えているであろうと思います。

今年もよろしくお願いします

2016年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

image

今年の目標は・・・

個人としては、長崎県内のイオン全制覇!
マックスバリュは昨年中に県内全制覇できたので、今度はイオン。
南は有家(ありえ/南島原市)から、北は壱岐まで。

銅座(済)
長崎(済)
チトセピア(済)
時津(済)
東長崎(済)
大村
島原
有家
佐世保大塔
佐世保(島瀬町)
佐世保白岳
壱岐

壱岐があったとは!
壱岐はけっこう難易度高そうですね・・・。w
ちなみにルールは、
①(駐車場以外の)全フロアを見る。
②買い物して、レシートなどで記録を残す。
③公共交通機関(タクシーを除く)を使用して行く。
と、あまり難しくしすぎない形で決めたいと思います。

行くなら火曜ですが、果たしてどこまでできるでしょうか?
主に期待します。w

交通部としては、島原鉄道や松浦鉄道に乗ってみたいですね。
特に、島原鉄道は1駅間すら乗ったことがないので。

他にも、あとで目標が出てきそうですが、とりあえず今のところここまで。

だいまん

image

長崎県全体でいちばん南のレストラン「だいまん」。
終点の樺島バス停から、初めての場合はこの方向に歩くと、看板が出ていて分かりやすく行けます。
裏道なら2分短く行けますが、看板がないので、ちょい難しい。

image

長崎の名物グルメ「トルコライス」は、こちらでもいただけます。
「軍艦島トルコライス65」とやらもあるそうですが・・・。

ここに出ますが、まっすぐ入っていきます。

image

なんか、だんだん細い道になってきました。

image

こんな路地の先に、ほんとにレストランがあるのかと思わせるような道に入り。

image

見えてきました。

image

ここが、レストラン「だいまん」です。
小さく見えますが、店内はけっこう広く、ゆったりしています。

向かいには、天然記念物「オオウナギ生息地」があり、樺島の観光スポットのひとつです。

image

image

オオウナギ井戸に関しては、市から認定も受けています。

image

樺島は、漁港としての機能性はもちろんですが、この他にもいくつか観光スポットがあります。
また、長崎市街地や西海市などより南であるにもかかわらず、気温が少し低く、夏は少し快適です。

長崎バスで30番系統(ココウォーク茂里町発・大波止・戸町・野母崎行政センター前経由)の樺島行きで、終点の樺島より徒歩5分(裏道なら3分)です。

水辺特集4/女神大橋道路公園

image

image

駐車スペースであるとともに、水辺にある道路公園です。
休息向けに造られているため、子供向けの遊具はありません。
女神大橋は遠くから眺めても長崎らしさがあり、よいものですが、ふもとから見ると高さがあり、ひと味違った見方ができます。

なんとなく、関門橋(門司港~下関唐戸)と雰囲気が似てますね。

長崎バスで、女神バス停よりすぐです。

水辺特集3/水辺の森公園

image

出島電停から大浦海岸通り電停あたりまでに及ぶ、長崎市内でもっとも広い公園です。
時々(特にこれからのシーズン)イベントが行われ、人気を博しています。

有料駐車場も完備。
車でもお越しになれます(但し、イベント時は入場が制限される場合もありますので、事前にご確認ください)。

西側に海があり、そのさらに西には立神の三菱造船が見えます。
大波止フェリーターミナルに近く、船の出入りも眺められます。
南には女神大橋を眺められます。

敷地内には芝生や(、人工的ではあるものの)水路が設けられており、食事なら出島ワーフ内の各店・水辺のレストラン(公園中央)・ガスト(大浦海岸通り電停前)などが近く、あらゆる形で市民の憩いの場として多く用いられています。
特にガストは、2階ですがバリアフリーも充実しており、海や市街地を眺めながら食事できます。

image

image

image

また、観光・レジャー要素も強く、周辺には長崎県美術館や出島商館跡、オランダ坂に代表される東山手、グラバー坂~グラバー園で有名な南山手、旧香港上海銀行など、数多くの観光スポットがあります。

バスでは、大波止より徒歩9分、市民病院前よりすぐ、グラバー園入口・大浦天主堂下より徒歩4分です(大波止以外は長崎バスのみ)。
路面電車では、1号系統では出島より徒歩5分、5号系統では市民病院前・大浦海岸通りよりすぐです。

水辺特集1/脇岬海水浴場

image

長崎バスで脇岬海水浴場前よりすぐ、のもざき自然休養村 脇岬海水浴場があります。
長崎市内だけでなく、県全体で見ても、いちばん南の海水浴場であろうと思います。
左の茶色い建物は、以前は「レストラン ザザビー」(現在は樺島にある「だいまん」の前身)でした。

image

image

image

image

今日は曇りですが、晴れたときをイメージしてください。w

image

海水浴シーズン中は、他の海水浴客(特にお子さん連れ)の事故防止のために、サーフィン類や花火などが禁止されています。

安全のために、ご理解とご協力のほど、お願いします。

長崎バスで、樺島行き、または岬木場行き(野母崎経由)で、脇岬海水浴場前にて下車、徒歩すぐです。

インドア特集3/ダイエー長崎店

image

長崎バス本社とダイエー長崎店はひとつのビルで。
1階は長崎新地ターミナル(のりば・窓口)とDキッチン、
地下と2~4階はダイエー長崎店、
5階はキャンドゥ(100円雑貨)です。
6階は長崎バス本社とオランダ大使館
となっています。

大橋方面や稲佐橋方面からの長崎新地ターミナル行きや、南長崎各地に向かう行き先、4番や(大平橋方面からの)6番ですと、目の前の停留所に停車でき、信号を渡らずアクセスできます。

お帰りは、大橋方面や稲佐橋方面ですとビル1階ののりばで、雨に濡れずご乗車いただけます。

インドア特集1/フレスポ深堀

外に出てもあまりすっきりしない梅雨時期のおでかけは、どうしてもインドアにかたよりやすいですね。
夏物の衣料や雑貨などの準備に走る方も、けっこう多いのではないでしょうか。

ということで、6月は「長崎インドア特集」です(え?)。

image

image

長崎バスの鶴洋高校前経由に乗って、深堀1丁目で降りると、すぐ目の前にフレスポ深堀があります。
ココウォーク茂里町や長崎駅前南口などから、末石町経由でない、深堀団地(深堀センター)行き・深堀行き・香焼恵里行き・伊王島ターミナル行きのいずれでもかまいません(加えて、7・8月は伊王島ふれあい広場行きも可)。
なので、けっこう行きやすいと思います。v

長崎市内には、2地域(福田と深堀)にフレスポがあり、福田は(フレスポ福田とフレスポ福田ウエストの)2つの敷地に分けられていますが、深堀は1つの敷地にまとまっているので、渡る必要がなく便利です。

敷地に入ると、かなりの数の店舗が、四方を取り巻くように軒を連ねています。

image

南側は、おもにファッションを取り扱うエリアです。
シュープラザ(靴)
マックハウス(衣料品)
西松屋(ベビー・幼児用品)
ハニーズ(衣料品)
ブリスにしやま(衣料品)

image

東側は、
サンドラッグ(ドラッグストア)
親和銀行(銀行)
りょうしん(三菱信用組合)(信用金庫・保険)
hm(ヘアサロン)
メガネのヨネザワ(メガネ)
わかばデンタル(歯科)
十八銀行(銀行ATM)
ママサンドライ(コインランドリー)
げんまいや(米穀店)

image

北側~西側には、
エレナ(スーパー)
ツタヤ(本・CD・映像)
ダイソー(雑貨)
ガスト(ファミリーレストラン)
auショップ(携帯・通信機器)
ホームワイド(ホームセンター)

コインランドリーや銀行ATMも1店舗とすると、なんと20店舗!
長崎市内では特に大きなショッピングセンターです。

フレスポ深堀は、「長崎でいちばん南」が、けっこうあります。
このガストは、長崎でいちばん南のファミレス。
(野母崎)樺島に行けば「だいまん」はありますが、どう見てもファミレスって雰囲気じゃないし。w
さらに、このホームワイドは、イオングループでは長崎でいちばん南。
ツタヤとかヨネザワとかhmとかもいちばん南・・・。
というか、そもそもフレスポ深堀そのものが、長崎でいちばん南のショッピングセンターですし。

いちばん南じゃないのは、せいぜい十八銀行と親和銀行とエレナぐらい。w

南長崎の方々に便利というのは言わずもがなですが、そうでない方も気分を変えてフレスポ深堀に行ってみるのはいかがですか?

長崎バスでは、鶴洋高校前経由のいずれかで、深堀1丁目からすぐです。

あさっては天気そこそこいいらしい。