タグ別アーカイブ: 営業所

交通クイズ

久しぶりに出題します。

Q35
この写真の停留位置に発着する長崎バス・さいかい交通の便の、所属営業所をすべて選んでください。
※県営バスは含みません。

image

A.柳
B.ダイヤランド
C.桜の里
D.大橋
E.時津
F.神の島
G.松ヶ枝
H.東長崎
J.さいかい交通

窓口での積み増しをどうぞ

image

長崎バスでは、車内・窓口(営業所を含む)・自動積み増し機で積み増しできます。
が、車内での積み増しはタイミングがつかみづらいのが難点です。
「積み増し・両替は、信号停車中にお願いします。」
とアナウンスはありますが、

信号停車している=必ず積み増しできる

・・・とも限りません(すぐ信号が変わって発車する可能性があるからです)。

なるべくなら安全に、落ち着いて積み増ししたいものですね。
そこで、窓口や自動積み増し機での積み増しです。

ココウォーク茂里町バスセンターや新地総合サービスセンター、桜の里ターミナル(桜の里営業所)、時津北部ターミナル(時津営業所)などは入りやすいと思います。
一方、柳営業所や大橋営業所、ダイヤランド営業所、松ヶ枝営業所など「見るからにモロ、営業所!」なところは、「乗客は入っちゃいけないんじゃないの?」なイメージで入れなかったりすることも多いかと思います。
しかし、それはもったいない!
バスや路面電車などの営業所には大抵の場合、窓口があります。
本来、窓口やトイレになら乗客は入れますし、入れないところであれば「関係者以外立ち入り禁止」など貼ってあると思います。
長崎バス一日乗車券や空港線2枚回数券、各種定期券なども、営業所の窓口で発売されています(これで乗客が入れなかったら、おかしな話です)。

また、長崎バスに限らず、県営バスでも同様に営業所で積み増し(および、定期券購入)ができます。

営業所などを通られる方は、窓口での積み増しを検討してみてはいかがでしょうか。

長与営業所

県営バスの長与営業所です。

image

女の都入口バス停のすぐ近くの営業所です。

昨日、銅座のイオンからの帰りは県営バスに乗ったんですが、その車内でいつの間にかタブレットを落としてました。
で、帰り着いたあとに気づいて、大慌てしながらも祈って長与営業所に問い合わせたらあったので、今日の昼に受け取りに行きました。

営業所まで届いてて、ほんとに助かりました。
もし街中で落としてたら、今の今頃どうなっていたことやら………。

ちなみに祈らないでいたら、銅座のイオンにも(ムダに)問い合わせてたかもです。

守られたことを、主に感謝します。

あと、ガラケー+スマホorタブレットの2台持ちは、例えば電話しながらメモできたり調べられたり同時にできて便利なだけでなく、こういうときにすぐ問い合わせたりできるので(ガラケーを落としてたら公衆電話に直行ですが……)、いざというときに助かります。
スマホ+タブレットでの2台持ちは珍しいぐらいかもですが。

………………!

ビジネスマンがよく2台持ちしてたりするのは、そのためだったのか!
やっぱ2台持ちって、めちゃいい。←今頃気づいたw

県営バスで諫早&大村へ3

マックスバリュから今村川沿いに、南向きに歩いて、境を跨がる橋を渡って、大村市(の溝陸)から諫早市に戻ってきました。

image

溝陸から大村市であることが分かるのは、これだけしかありませんでした。w

image

・・・あれ?
津水川になってる!ww
おそらく、右の津水川と合流して、それが主流なのかもですね。

image

高速道路が目の前に。
教会の用で通るときはいつも高速からただ見ていただけだったところを、今回は一般道路の目線でたどることができました。

ふれあい広場前バス停の他、溝陸バス停も近かったのですが、マックスバリュの近くの停留所の諫早駅前方面行きは、ぜんぶ終発が出たあと。orz
なので、しばらく歩きました。

マックスバリュから17分、県営バス(長崎県交通局)の中央整備工場と諫早営業所がありました。

image

image

image

長崎駅近くの長崎営業所にも整備場はありますが、ここはけっこう大きいです。

image

なぜか、標柱がたくさん置いてあります。w
これらは使用済みの標柱でしょうか?

image

諫早営業所バス停もありましたが、ここからは長崎市内に直接乗れる便がありません。
なので、もう300mほど歩いて、日大高校前から帰ることができました。

image

今回は、溝陸からの帰りが少し難航しましたが、とりあえずクリア。
次はどのように道をたどるか。お楽しみに。

時津北部ターミナルにも

運送約款が置かれました。
よくお読みになり、安全かつ円滑な旅客輸送のためにご協力ください。

image

他にも、筆談ノート、コミュニケーション支援ボードがあり、話すことができない方や、外国人のための対応が整っています。

ちなみに、輸送約款は、個人への配布などは一切なく、

西町営業所(本社)

長崎の路面電車の心臓部、大橋の西町営業所(本社)です。

image

image

ここでは、定期券・スマートカード・グッズなど、ほとんどすべての取り扱いがあります。
※電車グッズのうち、通販限定グッズは、こちらでも買えません。ネットにてお申し込みください。

普段もいろんな電車を(遠目にですが)見ることができますが、許可があれば車輌基地に入って撮影することも可能です(係員の同伴が必要です。個人的に電車を撮影する程度なら無料です)。
また、10月か11月には基地を一般開放して、「電車まつり」が開かれます(毎年、日曜のみ)。

ここで、運行管理がされています。

image

image

基地はこのように、扇形になっています。
他都市から譲り受けた電車もあり、このときは都電と仙台市電の車輌がありました。

image

このいずれかが点灯すると、基地(の、決まった支線)に電車が入っていきます。

路面電車のネット通販

えっ!?
路面電車がネット通販?

はい。
長崎電気軌道では、通信販売を受け付けています。

image

まず、長崎電気軌道トップページから、「電車グッズ」をクリック・タップすると、

image

このように、グッズのページが開きます。

西町営業所(本社/浦上車庫前電停すぐ)や蛍茶屋営業所(蛍茶屋電停すぐ)で直接購入もできるグッズと、通販限定グッズの、両方とも買えます。
※呉服のもりやま(長崎西洋館1階/浜口町電停から1分)は閉店しました。

この他にも、
停留所案内板を模した「電停キーホルダー」(すべての電停の案内板があり、裏面はそれぞれの電停の写真です)
ガラケーやスマホなどで役立つ「ストラップ」、
実際に路面電車に乗れる「記念乗車券」(坂本龍馬/大人用120円券×4枚で1シート。半額運賃適用者2人が1枚で乗車できるか否かは不明)、
パソコンユーザーには欠かせない「マウスパッド(5000型超低床電車デザイン)」、
長崎電気軌道の書籍(2タイトルとも通販限定)
なども発売されており、路面電車好きにはたまらない品揃えです。
飾り系アイテムや実用系アイテム、お子さま向けのグッズもあります。
表示価格は、すべて税込みです。

また、24時間注文可能(注文や入金の確認と発送は営業時間内のみ)な通販ですので、通販限定グッズがほしい方のみでなく、お時間やお身体などの都合で営業所に買いに行けない方や、遠方にお住まいの方などにもおすすめです。

①グッズごとにその右側にある「数量」を選び、(電停キーホルダーのみ、電停名の選択が加わります、)「カートに入れる」の順番で、購入操作を進めます。
②複数品目を同時注文する場合は、次のページで「買い物を続ける」をクリック・タップして、繰り返します。
※電停キーホルダーは、フルセット販売(全37電停が1セットで10,000円)を除き、1手順で1電停のみですので、例えば浦上車庫前×2・蛍茶屋×5・石橋×3なら、①と②を3回繰り返します。
③すべて選び終えたら、「注文画面へ進む」をクリック・タップし、次のページで必要事項を入力・選択します。

決済方法は、代金引換orゆうちょ銀行振り込みの2種類のみで、ゆうちょ銀行口座をお持ちであれば振り込み(ゆうちょ銀行口座間送金)がおすすめです(この場合は振込手数料も代引き手数料もかかりません)。
手数料(300円~)が加算されますが、送料がおそらく含まれていると思われます。

④最後に、確認画面で確認し(この段階までに、注文の漏れ・誤りなどがないことを確認してください)、「この内容で注文する」をクリック・タップすると、注文操作は終了です。
⑤ゆうちょ銀行振込の場合は、そのあとに届いたメールに従って、振り込み操作を行なってください。
⑥担当者が入金を確認でき次第、グッズが発送されます。

新ダイヤレポート8C

image

稲佐橋-茂木線です。
宮摺・千々行きはすべて、こちらの稲佐橋を発としています。
また、他にもこちらからの便もあります。

稲佐橋を発とする便はこの場内で待機し、発車後、乗車は待機場を出たところで受け付けるようです。

ちなみに、ある人いわく、ここは以前、稲佐橋営業所(?)だったそうです。

image

今回は千々行きに乗ることができましたが、この時刻からですと、途中で折り返さないと、市街地まで(全線フリー定期の)時間内に戻ってこれません。
なので、あまり長い乗車ではありませんが、新しい稲佐橋を体験&レポートすることができました。

新ダイヤレポート①C

image

image

長崎バスで、・・・いえ、長崎県全体で、もっとも新しいターミナル&営業所です。
お客様用駐車スペース(2台)がおもて側に用意されており、短時間であれば気軽に駐車できます(長時間可能か否かは、確認していません)。

image

桜の里営業所とほぼ同様の機能性ですが、この新営業所の違いは、高層営業所ではなく平らで、旧営業所よりも広い面積に、より多くの台数を管理できるようにされています。

image

乗り場そばの窓口で9:00~18:00の間、このように乗車券類の取り扱い(発売・チャージ・払い戻しなど)があります。

最新版の時刻表冊子の配布もされています。

image

なんと、今年度の表紙は、自分たちの教会のすぐ近くですよ!
よく分からなくなってますが、江平経由、下大橋行きの8番、神学校前バス停付近です。
デジカメ類だと、どうしてもLED表示はしましまになりやすい。

あと、これも教会の近くです。

image

・・・って、あれ?
おそらく、同じ写真の、設定を変えただけかと。w
でも、それだけで別の写真にさえ見える。

他にも、いろんな広告が並んでいました。

image

発車案内と、ターミナルから(まで)の運賃。
早朝以外はほとんど、長崎新地ターミナル行き(南行)と大串行き(北行)です。

image

自販機2台と、最大18人座れるベンチのある、待合コーナー。
ただ、思うのは、すぐ近くにダイレックスとかマックスバリュがあるんだから、買いに行ければの話、飲み物はそっちの方が安い。w

image

乗り場は1ヶ所ですが、2台まで同時発車ができるよう、外側はこのようになっています。

image

ざっと、時津北部ターミナル・新しい時津営業所はこんな感じです。
ちなみに、Wi-Fi環境は(今後どうなるかは分かりませんが、現時点では)ありませんので、あしからず。
あ、トイレの場所を確認してない!w

時津営業所移転

image

今までは時津ウォーターフロント公園すぐのところでしたが、4月6日から火篭(ひごもり)の近くに移転します。

現在の営業所は当面の間、25日~翌月3日の各日13:00~18:00に限り、定期券とスマートカードの取り扱いをするのみとなります。
全面的な機能は、新営業所に移転されます。

新営業所に、時津北部ターミナルが併設されます。
イメージとしては、ココウォーク茂里町や長崎新地ターミナルというよりも、桜の里ターミナルに近いでしょう。
また、長崎新地ターミナル-大串線が、この時津北部ターミナルで区切られるようになる(乗り継ぎの必要が発生する)そうです。
時刻にご注意ください。

詳細は、長崎バスホームページをご覧くださるか、時津営業所へお尋ねください。
時津営業所(新)
(095)882-2021