タグ別アーカイブ: 堂崎

臨時停留所レポート

花見期間中の(とはいっても、今はすでに葉桜ですが)3/15~4/15にかけて、長与町の桜の名所である和三郎公園に、臨時停留所が設置されています。

image

image

普段(他の時期)はない、レア停留所です。w
場所は長与町北部、塩床(しおとこ)と堂崎の間で、桜の時期になると通りいっぱいに桜が咲いています(たぶん)。

image

image

今年は見逃してしまいましたが(代わりに風頭山では見ましたが)、来年はぜひ天気のいい日に和三郎公園の桜を見てみたいと思います。

ちなみに、塩床と堂崎の間の臨時停留所ですが、塩床発車後、運賃・停留所表示は堂崎になり、実際にバスの車内放送は、
「次は、堂崎です。お降りの際は、バスが停まってから席をお立ちください。」
というところで、塩床を発車してすぐに「よし、次は堂崎だ!」とばかりに降車ボタンを押してしまいやすいところです。
しかし、注意深く聞くと、続けて、
「なお、3月15日から4月15日まで、塩床と堂崎の間に、和三郎公園バス停を設置いたしております。(以下略)」
という感じの放送が加えられています。
知らないで乗るとけっこうフェイントですし、前もって確認してから乗っても「えっ?えっ?なんて!?」状態に。w
つまり、今の時期に塩床の発車後に降車ボタンを押すと、堂崎ではなく和三郎公園で降りることになってしまいます。

まさに、降車ボタンは早押し・フライング禁物!w

image

【路線紹介】満永線

image

image

満永(みつなが)線

担当営業所:松ヶ枝営業所

おもな経路:
長崎新地ターミナル(発:1番/着:20番)

大波止

長崎駅前

住吉

道の尾
├────道の尾温泉前
天満宮下

北陽台高下・南陽台

榎の鼻

長与役場

皆前橋
├───丸田─丸田温泉
定林橋

寺の下

満永(発:20番/着:1番)・前田河内

堂崎(発:20番/着:1番)

多良見大浦(発:20番/着:1番)

紹介:
道の尾のすぐ先より、長与町に入ります。
1日1便のみ、道の尾温泉前を通ります。
天満宮下~榎の鼻は分岐し、北陽台高下経由、または南陽台・青葉台団地経由で、それぞれ経路が異なります。
そして、長与町北部に向かって伸びる路線です。
※堂崎・多良見大浦発着は、すべて北陽台高下経由です。

前田河内経由は1日1往復のみ、他はすべて満永を経由します。

下岡を過ぎると、日本のガリラヤ湖とも言われる大村湾を、北向きに眺めながら進みます。

終点間近の潮井崎や大堂平(おおどびら)からは、潮井崎公園が近く、子供も楽しめる場所です。
時季によっては、農家にみかんがなっていることもあります。

さらに、堂崎からは堂崎の鼻まで徒歩10分、魚釣りの場として人気です。

終点の多良見大浦では、県営バスが喜々津方面につながっています。
長崎バスでは、この多良見大浦のみ、諫早市に停留所があります(長与町ではありません)。