タグ別アーカイブ: 小ヶ倉

ダイヤ改正検証レポート5/小ヶ倉団地・毛井首団地線

今回はココウォーク茂里町から、

image

大波止・戸町・小ヶ倉団地前経由の毛井首団地行きに乗って、終点の毛井首団地まで乗ってみました。

image

前面の行先表示器はこの形式になっていて、小ヶ倉団地前まででも毛井首団地まででも乗れることが分かりやすくなっています。

image

側面の表示器には、左に鶴見台団地と表示されていますが、小ヶ倉団地前を経由する便の場合、鶴見台団地内(第3公園前・鶴見台東)には入らず、鶴見台団地バス停のみを通ります。
また、二本松口も経由しません。

大波止・戸町を経由し、小ヶ倉には2ヶ所(Yショップ前・小ヶ倉市民プール前)に停車し、

image

小ヶ倉団地前に入りました。
小ヶ倉団地前から出てきたあとの小ヶ倉(小ヶ倉市民プール南)には停まりません。

おそらくですが、毛井首団地発→小ヶ倉団地経由→ココウォーク茂里町きであれば、小ヶ倉の停車位置は小ヶ倉市民プール前→(小ヶ倉団地前)→メモリード前の順に停車すると思われます。
上下とも、小ヶ倉は2回の停車でしょう。
ココウォーク茂里町行きに乗って、さらに検証する必要がありそうです。w

南柳田より毛井首方面に入り、鶴見台団地はおもて通りの停留所のみを通り、

image

終点の毛井首団地に着きました。
柳以降は、従来の鶴見台東を経由しない便と同じです。

毛井首団地の先に、毛井首工業団地入口・毛井首工業団地の2停がありますが、そちらには早朝の2便が入っていくのみで、他は毛井首団地で終点です。
あと、毛井首工業団地発の便はありません。

この路線は、従来どおり小ヶ倉団地や毛井首団地と市街地を結ぶだけでなく、小ヶ倉団地と柳田~南柳田~毛井首団地を直結する目的でも乗ることができ、さらに便利になりました。
小ヶ倉団地前から小ヶ倉までは1停間に過ぎませんが、他に乗りやすい停留所がないのもあってか、需要は少なくありません。
小ヶ倉地区について、今回のダイヤ改正はその需要をよく捉えているであろうと思います。

明日からのダイヤ改正について新旧比較

月曜(昨日)、長崎新地ターミナルで、配布開始された長崎バスの新しい時刻表をいただいてきました。

image

はい、新しい時刻表はこの表紙です。
皆さん、覚えてくださいね~(何)。
欲しい方は、長崎バスの各窓口にて配布されておりますので、そちらでお受け取りください。
・ココウォーク茂里町バスセンター
・新地総合サービスセンター(長崎新地ターミナル)
・長崎バスの各営業所(大橋・松ヶ枝・柳・桜の里・時津・東長崎・神の島)

あまり余分には発行されていないと思われますので、基本的には1人1冊という条件ですが、無料です。
いろいろな路線を乗られる方には必須アイテムといっても過言ではないでしょう。

あと、カバーはついてきませんので、各自で別途、100均や文具店で買い揃えてくださると、よりきれいに1年間使うことができるので、おすすめです。
ちなみに自分は、昨年度の時刻表につけていたビニールカバーを再び使いました。

昨日、長崎バスの時刻表(冊子)を新旧並べて見比べてみた結果、以下のように違いが出てきました。

各項目のうち、左のマークは、
・=平日と土休日のダイヤ
○=平日ダイヤ
△=土休日ダイヤ
についてです。

毛井首団地線・小ヶ倉団地線
・ココウォーク茂里町-小ヶ倉団地経由-毛井首団地の便の運行開始。
※小ヶ倉団地経由便は、鶴見台を経由しません。

稲佐山-愛宕町-田上・唐八景・茂木線
○神の島教会下712発→大波止行き(大波止741着)の追加。
・茂木港発着便の各種変更(時刻・発着停留所など)

三景台団地線
○WACセンター(シンフォニー稲佐の森)行きと立神行きの時刻逆転。

風頭山線(愛宕町経由)
○午前中の一部の立神行きを、風の広場前(みなと坂)行きに延伸。
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

早坂線・飯香の浦線
・早坂経由便への変更。
(平日の飯香の浦1705発→立神1803着)
(土休日のココウォーク茂里町1928発→飯香の浦2020着)

矢の平線
○南高前1900発→中央橋1918着の便追加.

矢上線
・馬場発着便をつつじが丘発着へ延伸(一部例外あり)。
※鶴の尾団地は経由しません。
○ココウォーク茂里町発→憩の家前経由→年の神行きを1時間繰り下げ。

神の島-大浦-田上線
・ダイヤランド発着(八景町経由)便を上戸町発着に短縮。

立神-横道線
○下大橋725発→西町・横道経由→長崎明誠高校(802着)行きを追加。
○下大橋710発→神の島一丁目(752着)行きを、立神(736着)行きに短縮。

福田線
○神の島一丁目発着(焼却場前経由)便を、中央橋発着からココウォーク茂里町発着へ変更。
・相川発着便の最終を、福田車庫前行き・柿泊発に短縮。
△ココウォーク茂里町発着を、すべて長崎新地ターミナル発着へ変更。

小江原ニュータウン・相川線(城栄町経由)
△相川935発・1005発(長崎新地ターミナル行き)を、大見崎921発・1001発に延伸。

滑石線
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

江平線
○中央橋720発・長崎駅前755発の江平中学校前行き、江平中学校前755発・820発の中央橋行きを廃止。

本原経由三川町線
・新設路線。三川町行きは8番系統、長崎新地ターミナル行きは20番系統。

三川町・西山台線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

恵の丘線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

長与ニュータウン線
・上床730発→県立大学シーボルト校前804着の追加。

満永線
△多良見大浦発着便を、土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
・一部の便を、長崎新地ターミナル-道の尾・北陽台高下・緑ヶ丘団地経由-琴の尾登口へ変更。
○琴の尾登口710発→長与第二中学校前(727着)行きを、5分繰り上げ、長崎新地ターミナル行きに延伸。

時津-長与線
○長浦717発→溝川747着を追加。

琴海方面各線
・桜の里ターミナル発着便を、時津北部ターミナル経由へ変更(石原発を除く全便)。10~15時台以外にも、時津北部ターミナルで乗降可能に。
・(長崎新地ターミナル発)時津北部ターミナル行き→大串行きの待ち合わせ時間を5分延長。
・一部の便を中央橋発に短縮(短縮便が若干数増加)。

・・・以上です。
詳しくは、長崎バス時刻表をご覧になり、お確かめください(電話・ホームページでは確認が難しく、また窓口などでは対応しかねる場合がございます)。

長崎バスではいよいよ明日からダイヤ改正ですが、この他にも時刻が一部変わるところがありますので、あらかじめお確かめの上、ご乗車ください。

長崎バスで教会へ‼4/樺島線編

教会へ行く動画、その4ができました。
ただし、今回はココウォーク茂里町で終わっています。
浦上天主堂前までを動画紹介していませんので、
①県営バスに乗り換える
(長崎駅前~ココウォーク茂里町で可)
②8番系統の下大橋行きに乗り継ぐ
(長崎駅前~ココウォーク茂里町で可)
③ミニバス元気くん号の住吉行きに乗り継ぐ
(ココウォーク茂里町でのみ可)
いずれかの必要があります。
南長崎各地からの方々は、その点について特にご注意の上、ぜひお越しください。

ダイヤランドセンター

image

ダイヤランドセンター
だいやらんどせんたー
長崎市(ダイヤランド地区)

小ヶ倉バイパス(浪の平-二本松口-新戸町団地-小ヶ倉)をダイヤランド入口まで行き、下り坂の始めで左折すると、ダイヤランドに入ります。
ダイヤランド入口の次の停留所が、ダイヤランドセンターです。

長崎バスの、
南行=30・40番系統
北行=4・6・7・100番系統
が通ります。
※30・7・100番系統は、ダイヤランド経由に限ります(経由表示をご確認ください)。

ココウォーク茂里町発ダイヤランド経由でも行けますが、そちらは本数が少ないので、(教会の近くの)下大橋発40番系統ダイヤランド行き〔下大橋-西城山小学校前-ロープウェイ前-宝町-市役所前or大波止-二本松口or戸町-新戸町団地-ダイヤランド車庫〕へのお乗り換えが便利です。

ちなみに、教会の最寄りと結ぶと、
簡単ルートでは、
如己堂下~浦上天主堂前
│↑8番
│↓20番
宝町~興善町【乗り換え】
│↑4・6番
│↓30・40番
ダイヤランドセンター

が便利です。

大回りルートでは、
如己堂下~浦上天主堂前
│↑20番
│↓8番
下大橋【乗り換え】
│↑4番
│↓40番
ダイヤランドセンター

という乗り換えもあります。
大回りルートは、宝町で寝過ごした場合のほか、満席が不安な(=空席を狙いたい)方、暇つぶしにも最適ですw。

ダイヤランドセンターとコスモス

image

ダイヤランドセンター停留所のすぐそばに、コスモス ダイヤランド店がオープンしました。

image

店内の造りは、他のコスモスと大きな違いはありませんが、ダイヤランド付近はスーパー類が少ないので、ダイヤランドや小ヶ倉の地域の方々には非常に重宝するのではないでしょうか。
長崎の都心に、もっとも近いコスモスです。

ちなみに、(勝手に)教会から近い順にしてみると、
①ダイヤランド(ダイヤランドセンター停留所)
②福田(フレスポ福田ウエスト内/中浦停留所)
③時津(日並停留所)
④三和(布巻停留所)
となると思われます。

小ヶ倉団地前

image

image

小ヶ倉団地前
こがくらだんちまえ
長崎市

市民小ヶ倉プールが近くにあります(もよりは小ヶ倉)。
おもに住宅街の停留所です。

小ヶ倉から1停のところにありますが、この1停間はおよそ30分に1便と、あまり多くありません(通勤時間帯を除く)。
なので、時間が大きく開いている場合は、小ヶ倉まで歩いてから(他の停留所からの便に)乗ってくる乗客も多いようです。

柳営業所入口

image

柳営業所入口
やなぎえいぎょうしょいりぐち
長崎市(小ヶ倉地区)

停留所の名のとおり、この近くに
image
柳営業所があります。

ココウォーク茂里町を路線の北端とし、南長崎の各方面(毛井首・深堀・香焼方面、平山台、晴海台、川原、野母崎方面)を担当する営業所です。

この営業所の窓口では、定期券やスマートカードの各種の取扱いがあります。
長崎空港線の各乗車券類の取扱いはありません。

9月の昼間全線フリー定期は、ここで買いました。