タグ別アーカイブ: 小菅

長崎の世界遺産1/小菅修船場跡

ついに世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」のひとつ、小菅町の小菅修船場跡を、もう一度見に行ってみました。

まず、入口は戸町トンネルのすぐ手前です。

image

あたかもマリンセンターと三菱重工の私有地のような入口ですが、誰でも無料で入れます。w

小菅町バス停からも見れますが・・・

image

やはり、入った方が全体が見えますし、大きさとかもよりリアルに分かりやすいので、おすすめです。

image

image

世界遺産に認定されるよりかなり前に、すでに国指定史跡や近代化産業遺産には認定されていたことが分かりますね。

image

image

石碑と説明。
別名「ソロバンドック」と呼ばれていました。

image

明治10年頃の再現図。

image

当時は蒸気動力で稼働していました。
曳揚げ小屋(中は非公開)の煉瓦は「こんにゃく煉瓦」と呼ばれていたようです。

当時は日本で最初の修船場でした。
すごく地味ですが、これも産業遺産として重要な位置にあります。

長崎バスで、戸町経由の30・40番系統で、小菅町より徒歩1分です。
※二本松口経由でも小菅町に停まりますが、そちらからですと階段を下る時間を含め、徒歩5分です。