タグ別アーカイブ: 工場

県営バスで諫早&大村へ3

マックスバリュから今村川沿いに、南向きに歩いて、境を跨がる橋を渡って、大村市(の溝陸)から諫早市に戻ってきました。

image

溝陸から大村市であることが分かるのは、これだけしかありませんでした。w

image

・・・あれ?
津水川になってる!ww
おそらく、右の津水川と合流して、それが主流なのかもですね。

image

高速道路が目の前に。
教会の用で通るときはいつも高速からただ見ていただけだったところを、今回は一般道路の目線でたどることができました。

ふれあい広場前バス停の他、溝陸バス停も近かったのですが、マックスバリュの近くの停留所の諫早駅前方面行きは、ぜんぶ終発が出たあと。orz
なので、しばらく歩きました。

マックスバリュから17分、県営バス(長崎県交通局)の中央整備工場と諫早営業所がありました。

image

image

image

長崎駅近くの長崎営業所にも整備場はありますが、ここはけっこう大きいです。

image

なぜか、標柱がたくさん置いてあります。w
これらは使用済みの標柱でしょうか?

image

諫早営業所バス停もありましたが、ここからは長崎市内に直接乗れる便がありません。
なので、もう300mほど歩いて、日大高校前から帰ることができました。

image

今回は、溝陸からの帰りが少し難航しましたが、とりあえずクリア。
次はどのように道をたどるか。お楽しみに。

今日は

教会のことが済んで、矢上方面に乗って、つつじが丘のマックスバリュで買い物しました。

そのあとは、市布方面に歩いて、諫早日赤病院前から県営バスで帰りました。

その途中に、カステラで有名な福砂屋の支店もありましたが、

image

長崎の土産品向けのお菓子「長崎物語」のお店「菓舗 唐草」(かほ からくさ)と・・・
なにやら、横(左)は工場でしょうね。
喜々津橋バス停の近くにあります。
文○堂(←石丸文行堂ではありません)ほどの、大きな工場ではありません。
それが、いいところでもあります。w
以前いただいたことがありますが、「長崎物語」は、1人で1箱いけてしまいそうなほど美味しかったです。
おすすめの1品です。
長崎市街地では、大波止や県庁前のところにあります(こちらはお店のみ)。
長崎にお越しの際は、お土産にぜひどうぞ。

ちなみに、カステラにしても他のお土産菓子にしても、確かにどこのでも喜ばれはしますが、好評といえばやはり、カステラなら福砂屋、お土産菓子なら唐草のが特に喜ばれているようです。
あと、茂木一〇香(もぎいちまるこう)の一口香(いっこっこう)は、人によっては、食感が特異的であるゆえ、好き嫌いが出るっぽいです。w

塚原~喜々津橋~諫早日赤病院前は停留所の間隔が少し長く、1停間ごとの所要時間(徒歩)は平均10分(歩道に信号はないのでノンストップで)。
じめじめ暑い中、3キロ近い荷物を背負って、とにかく歩きました。

マックスバリュから35分、あまり目標なしにだらだら歩いても仕方ないので、今日はここまで。

image

もうすぐそこに、喜々津駅通りが見えています。

image

・・・写真だけだと分かりにくいので

image

マークをつけました。w
アーケードはありませんが、商店街になっています。