タグ別アーカイブ: 戸町

ダイヤ改正検証レポート5/小ヶ倉団地・毛井首団地線

今回はココウォーク茂里町から、

image

大波止・戸町・小ヶ倉団地前経由の毛井首団地行きに乗って、終点の毛井首団地まで乗ってみました。

image

前面の行先表示器はこの形式になっていて、小ヶ倉団地前まででも毛井首団地まででも乗れることが分かりやすくなっています。

image

側面の表示器には、左に鶴見台団地と表示されていますが、小ヶ倉団地前を経由する便の場合、鶴見台団地内(第3公園前・鶴見台東)には入らず、鶴見台団地バス停のみを通ります。
また、二本松口も経由しません。

大波止・戸町を経由し、小ヶ倉には2ヶ所(Yショップ前・小ヶ倉市民プール前)に停車し、

image

小ヶ倉団地前に入りました。
小ヶ倉団地前から出てきたあとの小ヶ倉(小ヶ倉市民プール南)には停まりません。

おそらくですが、毛井首団地発→小ヶ倉団地経由→ココウォーク茂里町きであれば、小ヶ倉の停車位置は小ヶ倉市民プール前→(小ヶ倉団地前)→メモリード前の順に停車すると思われます。
上下とも、小ヶ倉は2回の停車でしょう。
ココウォーク茂里町行きに乗って、さらに検証する必要がありそうです。w

南柳田より毛井首方面に入り、鶴見台団地はおもて通りの停留所のみを通り、

image

終点の毛井首団地に着きました。
柳以降は、従来の鶴見台東を経由しない便と同じです。

毛井首団地の先に、毛井首工業団地入口・毛井首工業団地の2停がありますが、そちらには早朝の2便が入っていくのみで、他は毛井首団地で終点です。
あと、毛井首工業団地発の便はありません。

この路線は、従来どおり小ヶ倉団地や毛井首団地と市街地を結ぶだけでなく、小ヶ倉団地と柳田~南柳田~毛井首団地を直結する目的でも乗ることができ、さらに便利になりました。
小ヶ倉団地前から小ヶ倉までは1停間に過ぎませんが、他に乗りやすい停留所がないのもあってか、需要は少なくありません。
小ヶ倉地区について、今回のダイヤ改正はその需要をよく捉えているであろうと思います。

ながさきサンセットロード

image

野母崎の脇岬です。

長崎市南部の戸町あたりから野母崎樺島までにかけて、「ながさきサンセットロード」という愛称の道路があります。
長崎市街地を抜け、造船地帯から長崎半島西岸、そして樺島までにわたっています。

image

image

今日はあいにくの曇り。
しかし、晴れた日の夕方、日が沈む頃の景色は格別です。

長崎バスで教会へ‼4/樺島線編

教会へ行く動画、その4ができました。
ただし、今回はココウォーク茂里町で終わっています。
浦上天主堂前までを動画紹介していませんので、
①県営バスに乗り換える
(長崎駅前~ココウォーク茂里町で可)
②8番系統の下大橋行きに乗り継ぐ
(長崎駅前~ココウォーク茂里町で可)
③ミニバス元気くん号の住吉行きに乗り継ぐ
(ココウォーク茂里町でのみ可)
いずれかの必要があります。
南長崎各地からの方々は、その点について特にご注意の上、ぜひお越しください。

長崎の世界遺産1/小菅修船場跡

ついに世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」のひとつ、小菅町の小菅修船場跡を、もう一度見に行ってみました。

まず、入口は戸町トンネルのすぐ手前です。

image

あたかもマリンセンターと三菱重工の私有地のような入口ですが、誰でも無料で入れます。w

小菅町バス停からも見れますが・・・

image

やはり、入った方が全体が見えますし、大きさとかもよりリアルに分かりやすいので、おすすめです。

image

image

世界遺産に認定されるよりかなり前に、すでに国指定史跡や近代化産業遺産には認定されていたことが分かりますね。

image

image

石碑と説明。
別名「ソロバンドック」と呼ばれていました。

image

明治10年頃の再現図。

image

当時は蒸気動力で稼働していました。
曳揚げ小屋(中は非公開)の煉瓦は「こんにゃく煉瓦」と呼ばれていたようです。

当時は日本で最初の修船場でした。
すごく地味ですが、これも産業遺産として重要な位置にあります。

長崎バスで、戸町経由の30・40番系統で、小菅町より徒歩1分です。
※二本松口経由でも小菅町に停まりますが、そちらからですと階段を下る時間を含め、徒歩5分です。