タグ別アーカイブ: 指定席

熊本駅できっぷについて語る

では、熊本駅の新幹線ホームを見たことがないので、それも兼ねて実際に入ってみたいと思います。

使用済み券ですみませんが・・・

image

指定席券売機で入場券を発券。

今回も、わざとC制にしました。

駅入場券
領収書(任意)
クレジットカードご利用票

やっぱり熊本駅でも3枚セットなんだなぁ。w

ちなみに、領収書を希望しない場合でも、クレジットではないVISAやJCBなど(VISAデビットやMasterCardプリペイドなど)の場合でも、必ずクレジットカードご利用票はセットで出てきます。

あと、一部のプリペイドは、残額が十分でも通らないことがあるっぽいので、どうしても出してみたいという方は、複数のデビットやプリペイドを用意して備えるのも手です。

新下関駅は、指定席券売機(みどりの券売機)で入場券が買えず、みどりの窓口の発券機は案の定、新式印字(感熱式)でした。

さらに、博多駅は指定席券売機で買ったきっぷまでも新式印字でした。

新式印字のきっぷは、どうかしたら印字が消えるかもという不安があり、なんとなくうれしくない一面があります(一応は記念に残してますが)。

熊本駅の指定席券売機なら、旧式印字(にじまないインク式)なので、浸水でもしない限りは消える心配がないってところがいいですね。

ほんとは入場券も含めて、この旧式印字のきっぷが欲しかったりするんだよなぁ。w
最近は九州でも新型発券機が広まって、多くの駅で感熱式ばかりになりつつあるので、旧式印字が貴重になってきています。
ちなみに赤い印字は、新幹線改札口の入場・出場の記録が、改札機で印字されたものです。

さらに続く。

多機能券売機

image

主要駅で見かけるのが、この券売機。
みどりの窓口の簡易版!
長崎駅にも1台ありました。
JR西日本では、「みどりの券売機」と呼ばれています。

みどりの窓口と同様、入場券や乗車券、特急券、グリーン券、2枚・4枚きっぷなど、多くの種類のきっぷを購入できます(こちらは、乗車券の経路を選択できないなど制約もあります)。
磁気定期券もICカード定期券(JR九州ではSUGOCA定期券のみ)も、継続購入できます(新規購入はできません)。
指定席券・指定席特急券は、表示(座席表)を見ながら座席を選んで購入することもできます(残席数が少ない場合を除く)。
ネットで予約したきっぷの受け取り(購入)もできます。

現金に限らず、クレジットカードやVISAデビットカード(J-DEBITとは異なる)なども使用でき、スムーズな支払いが可能です。
領収書発行も可能です。
※クレジットカードやVISAデビットカードなどを使用の場合、きっぷや領収書と同時に「クレジットご利用票」も発行されますので、お受け取りください。
また、ネットで予約したきっぷの場合は、予約時に登録したクレジットカードやVISAデビットカードなどが必要な場合もあります。お忘れにご注意ください。

窓口では難しいのが、「英語での対応」。
画面下部の「English」をタッチすることで、ガイダンスを英語(音声も表示も英語)に切り替えることができ、最初から最後まで英語ガイダンスのままきっぷを購入すると、きっぷも英語表記で発行されます(一部のきっぷのみ)。

画面で見てきっぷを購入できることで、外国人や聴覚障害者にも分かりやすい、みどりの窓口(簡易版)とも言えるでしょう。