タグ別アーカイブ: 桜の里

交通クイズ

久しぶりに出題します。

Q35
この写真の停留位置に発着する長崎バス・さいかい交通の便の、所属営業所をすべて選んでください。
※県営バスは含みません。

image

A.柳
B.ダイヤランド
C.桜の里
D.大橋
E.時津
F.神の島
G.松ヶ枝
H.東長崎
J.さいかい交通

畝刈トンネル新線工事

畝刈と琴海を直結する畝刈トンネル。
長崎バスの、長崎新地ターミナル~時津北部ターミナル~琴海ニュータウン~桜の里ターミナルの便が通るトンネルです(道開~平尾橋 間)。
まず、Googleマップで見れば、

この位置(および、この区間)です。
さらに付け加えるなら、この図の下は滑石方面、左下は式見方面、左上は外海・大瀬戸方面、右は時津町北部です。

ざっと線をなぞった図ですが、こういった感じで既設のトンネルの真横に、新しいトンネルが通ります。

既設線はどうなるか知らされていませんが、開通が楽しみですね。

通行止めによる経路変更

image

千々~三和行政センターのコミュニティバス三和線で、6月20日まで一部の便(上図に記載の便)にて経路変更が行われます。

加えて、

image

長崎新地ターミナル~琴海ニュータウン~石原の路線で、6月末まで道路復旧工事のため、尾似田停留所を休止し、藤の尾~東上を桜の里団地・三重中学校前経由での運行に変更されます。

乗車の際はご注意ください。

ダイヤ改正検証レポート2B/琴海線(桜の里ターミナル発着)

レポート2で挙げた路線の、長崎新地ターミナル行きです。

長崎新地ターミナル-大波止-時津北部ターミナル-琴海ニュータウン-平尾橋-京泊-桜の里ターミナル

image

時津北部ターミナルを経由し、桜の里ターミナル発着とする便は、上下(桜の里ターミナル行き・長崎新地ターミナル)とも、日並・火篭・時津北部ターミナル・バイパス木場崎を通るようになっていることが分かりました。

窓口での積み増しをどうぞ

image

長崎バスでは、車内・窓口(営業所を含む)・自動積み増し機で積み増しできます。
が、車内での積み増しはタイミングがつかみづらいのが難点です。
「積み増し・両替は、信号停車中にお願いします。」
とアナウンスはありますが、

信号停車している=必ず積み増しできる

・・・とも限りません(すぐ信号が変わって発車する可能性があるからです)。

なるべくなら安全に、落ち着いて積み増ししたいものですね。
そこで、窓口や自動積み増し機での積み増しです。

ココウォーク茂里町バスセンターや新地総合サービスセンター、桜の里ターミナル(桜の里営業所)、時津北部ターミナル(時津営業所)などは入りやすいと思います。
一方、柳営業所や大橋営業所、ダイヤランド営業所、松ヶ枝営業所など「見るからにモロ、営業所!」なところは、「乗客は入っちゃいけないんじゃないの?」なイメージで入れなかったりすることも多いかと思います。
しかし、それはもったいない!
バスや路面電車などの営業所には大抵の場合、窓口があります。
本来、窓口やトイレになら乗客は入れますし、入れないところであれば「関係者以外立ち入り禁止」など貼ってあると思います。
長崎バス一日乗車券や空港線2枚回数券、各種定期券なども、営業所の窓口で発売されています(これで乗客が入れなかったら、おかしな話です)。

また、長崎バスに限らず、県営バスでも同様に営業所で積み増し(および、定期券購入)ができます。

営業所などを通られる方は、窓口での積み増しを検討してみてはいかがでしょうか。

ダイヤ改正検証レポート2/桜の里ターミナル発着便

桜の里ターミナル発着便は、滑石を経由する便がほとんどですが、一部の便は時津・琴海経由です。
その時津・琴海経由の桜の里ターミナルがこの度、時津北部ターミナルを経由するようになったということで、乗ってみました。

image

このとおり、時津北部ターミナル・琴海ニュータウン・平尾橋を経由する表示から、皆さんはどんな経路を想像されますでしょうか?
自分は、大波止を通って、新開北から日並バイパスを通って、時津北部ターミナルに入って、バイパス木場崎の方向に・・・というイメージでした。

image

image

「時津北部(TM)」の表示だけで、「時津方面に行きます(=滑石方面には行きません)よ。」という意味と、「時津北部ターミナルを通りますよ。」という意味が含まれています。
では、乗ってみましょう。

時津あたりまでは、イメージどおりでおk。

・・・が、

image

新開北から左折して、日並・火篭(コメリ横)を通って、時津北部ターミナルに至ることが分かりました。
この部分が、自分のイメージと違いました。
あと、乗ったまま時津北部ターミナルの事務所奥をくるりと1周する感覚は、今回が初めてです。

image

ターミナルを発車して以降は、琴海ニュータウンまでは大串行きと同様にバイパス木場崎を通って北上し、琴海ニュータウン以降は従来の桜の里ターミナル発着便と同様に(西海※まで戻って)平尾橋を経由します。
※=にしうみ。

image

桜の里ターミナルへ無事に到着しました。
長崎バス系列で、3つのターミナルを結ぶ路線は、従来は板の浦線(さいかい交通)のみでしたが、これで2番目の路線が登場しました。

往復乗れば、さらに確認できるとは思いますが、時間がそこまでなかったので、今回はこれで終了です。

明日からのダイヤ改正について新旧比較

月曜(昨日)、長崎新地ターミナルで、配布開始された長崎バスの新しい時刻表をいただいてきました。

image

はい、新しい時刻表はこの表紙です。
皆さん、覚えてくださいね~(何)。
欲しい方は、長崎バスの各窓口にて配布されておりますので、そちらでお受け取りください。
・ココウォーク茂里町バスセンター
・新地総合サービスセンター(長崎新地ターミナル)
・長崎バスの各営業所(大橋・松ヶ枝・柳・桜の里・時津・東長崎・神の島)

あまり余分には発行されていないと思われますので、基本的には1人1冊という条件ですが、無料です。
いろいろな路線を乗られる方には必須アイテムといっても過言ではないでしょう。

あと、カバーはついてきませんので、各自で別途、100均や文具店で買い揃えてくださると、よりきれいに1年間使うことができるので、おすすめです。
ちなみに自分は、昨年度の時刻表につけていたビニールカバーを再び使いました。

昨日、長崎バスの時刻表(冊子)を新旧並べて見比べてみた結果、以下のように違いが出てきました。

各項目のうち、左のマークは、
・=平日と土休日のダイヤ
○=平日ダイヤ
△=土休日ダイヤ
についてです。

毛井首団地線・小ヶ倉団地線
・ココウォーク茂里町-小ヶ倉団地経由-毛井首団地の便の運行開始。
※小ヶ倉団地経由便は、鶴見台を経由しません。

稲佐山-愛宕町-田上・唐八景・茂木線
○神の島教会下712発→大波止行き(大波止741着)の追加。
・茂木港発着便の各種変更(時刻・発着停留所など)

三景台団地線
○WACセンター(シンフォニー稲佐の森)行きと立神行きの時刻逆転。

風頭山線(愛宕町経由)
○午前中の一部の立神行きを、風の広場前(みなと坂)行きに延伸。
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

早坂線・飯香の浦線
・早坂経由便への変更。
(平日の飯香の浦1705発→立神1803着)
(土休日のココウォーク茂里町1928発→飯香の浦2020着)

矢の平線
○南高前1900発→中央橋1918着の便追加.

矢上線
・馬場発着便をつつじが丘発着へ延伸(一部例外あり)。
※鶴の尾団地は経由しません。
○ココウォーク茂里町発→憩の家前経由→年の神行きを1時間繰り下げ。

神の島-大浦-田上線
・ダイヤランド発着(八景町経由)便を上戸町発着に短縮。

立神-横道線
○下大橋725発→西町・横道経由→長崎明誠高校(802着)行きを追加。
○下大橋710発→神の島一丁目(752着)行きを、立神(736着)行きに短縮。

福田線
○神の島一丁目発着(焼却場前経由)便を、中央橋発着からココウォーク茂里町発着へ変更。
・相川発着便の最終を、福田車庫前行き・柿泊発に短縮。
△ココウォーク茂里町発着を、すべて長崎新地ターミナル発着へ変更。

小江原ニュータウン・相川線(城栄町経由)
△相川935発・1005発(長崎新地ターミナル行き)を、大見崎921発・1001発に延伸。

滑石線
△土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

江平線
○中央橋720発・長崎駅前755発の江平中学校前行き、江平中学校前755発・820発の中央橋行きを廃止。

本原経由三川町線
・新設路線。三川町行きは8番系統、長崎新地ターミナル行きは20番系統。

三川町・西山台線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

恵の丘線
△土曜ダイヤと休日ダイヤを一部統合。

長与ニュータウン線
・上床730発→県立大学シーボルト校前804着の追加。

満永線
△多良見大浦発着便を、土曜ダイヤと休日ダイヤに分割。

緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
・一部の便を、長崎新地ターミナル-道の尾・北陽台高下・緑ヶ丘団地経由-琴の尾登口へ変更。
○琴の尾登口710発→長与第二中学校前(727着)行きを、5分繰り上げ、長崎新地ターミナル行きに延伸。

時津-長与線
○長浦717発→溝川747着を追加。

琴海方面各線
・桜の里ターミナル発着便を、時津北部ターミナル経由へ変更(石原発を除く全便)。10~15時台以外にも、時津北部ターミナルで乗降可能に。
・(長崎新地ターミナル発)時津北部ターミナル行き→大串行きの待ち合わせ時間を5分延長。
・一部の便を中央橋発に短縮(短縮便が若干数増加)。

・・・以上です。
詳しくは、長崎バス時刻表をご覧になり、お確かめください(電話・ホームページでは確認が難しく、また窓口などでは対応しかねる場合がございます)。

長崎バスではいよいよ明日からダイヤ改正ですが、この他にも時刻が一部変わるところがありますので、あらかじめお確かめの上、ご乗車ください。

長崎バスで教会へ‼3/道の尾→昭和町→浦上天主堂前編

動画ができました。
今回は、滑石・時津方面からの便を道の尾で降り、もう一方の道の尾へ徒歩で渡り、ゆりちゃん号に乗り継ぎ、住吉・昭和町を通り、浦上天主堂前から教会へ歩くコースです。
「道の尾での乗り継ぎが難しい(分かりづらい、渡りが長い…など)。」ということで、あえてこのようにコースを組んでみました。
ゆりちゃん号沿線や長崎バス北部路線からのみにとどまらず、さいかい交通の板の浦線からの乗り継ぎにも適用できます。

水辺特集7/ことのうみ

image

時津町北部に位置し、海の眺めのよい区間があります。
バイパス木場崎~子々川 間です。
日本のガリラヤ湖と呼ばれる大村湾を眺め、よく晴れた日ですと、対岸に諫早や大村まで一望できます。
時津北部ターミナル発着の便であれば、バイパス木場崎~子々川で眺めることができます。
旧道(日並・火篭経由)の便でも、ことのうみ~子々川で眺めることができます。

海を眺めながらのひとときはいかがでしょうか。

①バイパス木場崎~子々川を通る
長崎バスで、時津北部ターミナル行きにご乗車の上、時津北部ターミナルで大串行きにお乗り継ぎください。

②ことのうみ~子々川を通る
琴海ニュータウン・長浦・大串・火引の浦・亀浦・(時津経由)桜の里ターミナル・(時津経由)石原行きにご乗車ください。
他、琴海ニュータウン-長与ニュータウンの便や、時津-小口港の便なども通ります。

インドア特集9/星乃珈琲店・五右衛門

image

まだ建設中(工事中)ですが、時津の野田バス停すぐのところに、星乃珈琲店と五右衛門がオープンします。

ヤマダ電機の向かいに建てられ、広い駐車場を備えています。

喫茶店という感じでしょうか?
コーヒーとスパゲッティを、同じお店で愉しむならここ。
オープンしたら、一度は行ってみたいですね。

野田は、長崎市街地からですと、溝川行き(川平バイパス経由を含む)の他、時津北部ターミナル行き、日並方面の各行先(琴海ニュータウン・大串・桜の里ターミナル・石原など)の便で行くことができます。