タグ別アーカイブ:

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

“バスで教会へ!10/茂木線+江平線編” を YouTube で見る

ついに10作目となる、教会へ行く動画10ができました。
タイトルにも出ていますが、今回は北浦から乗り、黒橋や田上、愛宕町や浜の町を通り、中央橋で乗り継ぎ、浦上天主堂前で降りています。

なお、茂木や北浦からのみに限らず、宮摺、千々、田上(愛宕町経由の場合)、三景台団地や唐八景などからお越しの際も、中央橋および長崎駅前~宝町での乗り継ぎは共通しておりますので、この動画をご参考いただければ幸いです。

2015年4月のダイヤ改正より、溝川-茂木線が溝川-中央橋と稲佐橋方面-茂木方面とに2分されました。
そのため、茂木線では直通で松山町までご乗車いただくことができなくなりましたが、これを機会に、江平線に乗り継いでみてはいかがでしょうか。
そういうわけで、今回の動画では中央橋で江平線に乗り継ぎ、浦上天主堂前で降りて歩いて教会へ行くコースです。

めかり

漢字では「和布刈」と書かれる、九州の端であるめかりを、少し歩きました。

image

関門トンネル人道口。
名前のとおり、すぐのところに関門トンネル人道の入口があります。
関門トンネルは車道と人道とで出入口が違い、車道入口は1kmほど離れています。
人道は自転車などの軽車輌も通れるようになっています(通行料必要)。

image

image

関門橋のふもとに位置しており、対岸には本州の入口・山口県下関市。

image

image

和布刈バス停(起終点)に着きました。

image

image

こちらにも、昔使われていた車輌が保存・展示されています。

image

以前は「やまぎんレトロライン」でしたが、北九州銀行が立ち上がったためか、いつの間にか「北九州銀行レトロライン」に。w

image

image

日本一短く(2km)、日本一運賃が高い(300円?)鉄道として認定されています。

長崎バスで行こう‼特別編/稲佐山編

動画ができました。
特別編(期間限定コース)のため、今回は番号を振っていません。

2015年12月15日まで乗車可能の限定コースです。
長崎バス+臨時シャトルバス(長崎遊覧バス)で、稲佐山へ行ってまいりました。
稲佐山といえばロープウェイが有名ですが、そのロープウェイ駅舎の耐震化工事期間中につき、この超低運賃(長崎駅前から展望台までであれば190円?+0円)のコースが実現しました。
今年のこの期間にしか乗れないコースでの、稲佐山展望台までの道のりを、動画でぜひお楽しみください。

佐世保へ行こう‼1

佐世保へ行く動画ができました。
今回は、長崎バスで大串まで、さいかい交通で西海橋東口まで乗り、西海橋東口からは西肥バスで佐世保の中里(上本山)や三ヶ町&四ヶ町アーケード、中央橋(長崎市)まで乗りました。

なお、三ヶ町&四ヶ町アーケードは、時間の都合上、8倍速です(等速でアップすると15分を超え、YouTubeにアップできなくなるためです)。
そのため、三ヶ町&四ヶ町アーケードの等速編を別途アップする予定です。
完成できましたら、ぜひそちらもご覧ください。

交通部ログ佐世保編としては、初の動画です。

今回の動画での訂正とお詫び:
佐世保駅前→上本山のバス(の、佐世保駅前を発車してすぐのタイミング)で、
「行きに乗り継いで、」
とありますが、正しくは
 「 大加勢行きに乗り継いで、」
です。  
訂正とともに、お詫びを申し上げます。

いろいろあって佐世保に着く物語

野母崎の脇岬海水浴場前から、一気に北上して、佐世保を目指します。

脇岬海水浴場前

長崎新地ターミナル

大串

西海橋東口

(佐世保市内)

まず、長崎新地ターミナルで15:00発の大串行きに乗り換え。
大波止を通り、旧道の日並を通り、琴海ニュータウンを経由し、バイオパークには入らず、大串に到着しました。
銭座町付近から岩屋橋まで、(浦上警察署前の道路冠水による)渋滞で大幅に遅れ、17:20に到着でした。
不安になったので乗りつつ、なるべく具体的に祈ると、昼間全線フリー定期券は(頭下げて)大串まで有効としてもらえて、しかも意外にあっさり、運賃精算なしで降りることができました。
遅れたことも、その状況で(昼間全線フリー定期券が)使えたことも、主に感謝します。

image

さて、大串からはさいかい交通の、

image

17:31発の西海橋東口行きで。
板の浦から、下山(したやま)を経由して来た便です。
一時はハラハラでしたが、どうにか間に合いました。

image

大串を北向きに出発し、
海(大村湾)の景色が間近に見える横浦~大石を抜けて、
西海橋を抜けて、

image

こちらは無事に14分で西海橋東口に到着しました。

image

image

西海市と佐世保市の境目となる西海橋を越えたとこで、さいかい交通の路線はここまで。
ここからは西肥バスの路線です。

(2へ続く)

西海市西彼町

西海市東部にあたり、東は日本のガリラヤ湖・大村湾に面し、南は白似田から北は西海橋に及びます。
北は佐世保市(針尾)に、南は長崎市(琴海地区)に接しています。
西海パールラインが大串まで開通しており、長崎市-佐世保市 間の交通における要所です。
パールラインは、小迎-大串 間のみ無料、小迎-第二西海橋方面は有料です。

西彼町は、西海橋と長崎バイオパークが観光スポットとして有名ですが、再オープンに向けて現在整備中のオランダ村(西海市役所西彼支所と西海市観光協会として一部稼働中)や、清水あたりには産直青果店が2店舗あります。

image

現在整備中のオランダ村。

長崎市と佐世保市の中間に位置しており、民宿がいくつか点在しているのも特徴です。

image

平島バス停すぐの、民宿よしの。
他にも、大串バス停すぐのところにも民宿があります。

大串は、長崎バスの長崎新地ターミナル-松山町-大串線と、さいかい交通の板の浦-下山-大串線と樫の浦-面高※-横瀬-西海橋東口-大串線の3線が接する停留所です。
※面高=おもだか

ちょっとしたお出かけにいかがでしょうか。

マックスバリュ探訪記6

マックスバリュ溝陸(みぞろく)店。

image

先ほども紹介しましたが、諫早市と大村市の境である、今村川にかかっている今村橋のすぐ西側にあります。
諫早市と言いたいところですが、ギリギリで大村市です。

中身は言うまでもありませんが、普通のマックスバリュと同様です。
ただ、店舗ごとに微妙な違いがあることは、これまで9店舗行った中で感じました。
同じマックスバリュでも、1店舗ごとにある違い(個性?)。
やはり、溝陸店も例外ではありませんでした。
例えば、売れ筋と品揃えが違っていたり、配置が微妙に違ったりします。

なぜなら、それぞれの地域ごとに違ったニーズがあるからです。
また、買い物客の身長や目線が、(子供を除いて)若いほど上に、高齢者ほど下(例外として、食玩や駄菓子などは年齢層が上がるほど上)に行きやすいというのも重要な要素です。
高齢者の多い地域は高齢者の嗜好を中心に合わせてたり、都市部では若い年代の嗜好に合わせてたり。

例えば、お茶漬け海苔や、ご飯のお供。
素朴なのは下段にどっさり、「ちょっと贅沢」系は中段にそこそこ、辛いのは上段にそれなり・・・とか。

それに、時代の流行や仕入れなども絡むので、販売側は複雑で大変でしょうが、買う側も発見があって面白いですね。
スーパーは、意外と奥が深い。

溝陸店で買い物した記念に、レシートの上の部分。

image

これで、長崎市(2)、長与町(1)、時津町(1)、諫早市(2)、大村市(3)、計9店舗クリアできました!
※( )の数字は店舗数。

いよいよ、次回の探訪記からは佐世保市に進出!?

県営バスで諫早&大村へ2

image

ふれあい広場前から徒歩2分で今村橋。
今村川を渡ります。

実はこの今村川は、諫早市と大村市の境にもなっています。

image

東側は諫早市、西側は大村市です。

チョーコーは、長崎ならではの調味料でおなじみの会社ですね。
かけぽん、かけしょうゆ、あごだし、金蝶ソース・・・などなど。
あらゆる食が、長崎の人々に合わせた味付けになります。
長崎人のための食文化のひとつ。
地域的大量生産とはいえど、自分も好みです(最近買ってませんがw)。
何しろ、福岡では見たことがありません。w
見えているのは、チョーコーの立体自動倉庫らしいです。

image

image

両市の境の真上ぐらいから。

・・・はい。
もうお分かりと思いますが、マックスバリュです。
マックスバリュ溝陸店。
このあたりは、それぞれ別に駐車場や敷地を構えたショッピングタウンになっています。
マックスバリュのほか、ホームワイド、しまむら、ドラッグストアモリがあります。
両市の境の近くであるにもかかわらず、意外と栄えていることが、この写真からお分かりいただけると思います。

ちなみに、「溝陸」の読み方は、「みぞりく」でも「みぞおか」でもなく、「みぞろく」!
「陸」が難読ですね。
マニア泣かせの地名です。w

水辺特集5/梁川橋

image

読み方は
○やながわばし
×はりかわばし
です。w

ココウォーク茂里町やブリックホールと梁川公園の間にかかり、地域の生活の橋渡しとなっています。

image

浦上川に沿って南(稲佐橋)に向かって、東側には湾岸道路(なんちゃって都市高)、西側には遊歩道があります。

image

バスでは、ココウォーク茂里町より徒歩4分、梁川公園前よりすぐです。
路面電車では、茂里町より徒歩3分です。