タグ別アーカイブ:

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

五島へ行ってきました。その2

image

今回も、九州商船の長崎港~五島のフェリーで、福江港へ。
五島ゴスペルクラブの働きです。

image

今回の、行きの乗船券です。
・・・って、そっかぁ。
もう平成28年なんですよね。ww

ちなみに、今回も運賃表を見て計算してみましたが、手帳提示での運賃割引は、完全な半額ではなく、
運賃は半額(5円は10円に切り上げ)+燃料調整費は無割引
ということが確認できました。
今月は先月より燃料調整費が少し下がって、手帳提示では
12月)1410円→1月)1270円(前月比▲140円)
となってました。

あまりすっきりしない天気でしたが、途中、このような光景が見れました!

image

海上ならではの光景ですね。

福江港から、今回はある特養の送迎車に楽器を積んで、慰問コンサート会場へ出発。

鬼岳

image

長崎市内(中央橋バス停すぐのところ)に「鬼岳牧場」って精肉店がありますが、その鬼岳でしょうか?

海岸(海水浴場?)

image

野母崎の海もきれいですが、それとはまたひと味違った風景が見れました。
ちなみに、海水浴シーズンに砂浜から入るのは観光客ぐらいで、現地の人たちは岩場から入るみたいです。

送迎車で30分ほどで到着。
会議室(?)で、昼食のあとで、五島ゴスペルクラブの練習とリハーサル。

image

15時よりコンサート。
非常によい時間でした。

そのあとすぐ帰路に就きましたが、やっぱり五島をもっと見てまわってみたいですね。
時間に余裕がもっと欲しいような気が。
しかし、フェリーの時間とか、教会での奉仕とかが・・・。

帰りの乗船券です。

image

券面右上のアルファベット2文字は、発行した港窓口の記号でしょうね。
長崎港→NA
福江港→FU
奈留島(なるしま)港とか奈良尾(ならお)港はどんな表記でしょうか?
見てみたいですね。

よい1日を感謝します。

五島

水曜でしたが、

image

賛美の働きの一部として、五島へ。

長崎港(大波止フェリーターミナル)には、せめて10分ほど余裕もって着いたつもりでしたが、

「あと2・3分で出港ですので、お急ぎ願います!」

・・・!!?

出港ぎりぎりでした。

しかしとりあえず乗って、船内で教会の方々と集合でき、8:05発の便は遅れもなく無事に出港。

image

フェリーについて、長崎港~伊王島港は乗ったことがありますが、長崎港~五島(のうち、福江港)は初めてでした。

座敷で1時間祈り、船内散策。
その頃には雨がやんでました。

image

船首から五島の方向。
・・・なんせ、140km弱の船旅のちょうど中間ぐらいだったので、島が見えるわけもなく。

image

船内の設備などは、動画にて紹介しますので、ぜひお待ちください。
福江港に近づき、いろんな島が。

image

image

image

さらには、福江港に着いてから、乗船券の半券にスタンプを押してもらって、記念に残すことができました。

image

長崎港からおよそ3時間。
楽器などがあったため、福江港からタクシーで移動することになっていたようです。
五島ゴスペルクラブとして、2時間の練習、30分ほどのコンサートの時間をもつことができました。

・・・って。
よく考えたら、肝心な五島での動きを、写真としておさめてない!

ということで、その内容も動画にて紹介します。w
式見→教会の紹介動画も、途中まで作って、まだですし。
相次ぐコンサートに区切りが付いたら急がねば!

6時間弱という滞在時間は短く、あっという間に帰りの便の時刻。
物事によっては、1時間が異様に長く感じたり、逆にこのように6時間があっという間だったりしますよね。

image

今回(初めて)の五島についての感想は、
「もっとじっくり見てまわりたい。」
でした。
行くなら、一般的にはやっぱり見る時間が欲しいですね。
しかし、どうしても船の時間が。w

image

長崎港に向かって、船首と女神大橋。

image

南山手・東山手。

今回はここまで。
今回挙げられなかったところは、後日、動画をアップします。

7月のおさかな市

image
画質が悪くて見づらいですが、ご容赦ください。
7/18(土)11:00より、大村湾漁協直売所(時津ウォーターフロント公園横)にて、おさかな市が開催されます。

長崎バスで、溝川行きでは時津(時津郵便局前)より徒歩4分、琴海ニュータウン・長浦・大串・桜の里ターミナル(時津経由)・石原(時津経由)・時津北部ターミナル行きでは時津港入口より徒歩3分です。

インドア特集11/西浜通り

image

今回は、銅座の西浜通りです。

龍の頭が目印の通りで、通りの先頭(北)にはすき家とAOKI(今年春オープン!)があります。

この通りは、距離はそんなに長くありません。
だいたい200mぐらいです。
ビジネスホテルが2軒、コーヒーショップも2軒、青果店は3軒。
他には、ほんだらけとか、靴屋さんとか。
ビジネスホテルはニーズがいろいろあるのでよしとして。
しかし、不思議に思ったのが、

image

ドトールとヴェローチェ!
たった20mぐらいしか離れていませんけど・・・いいの?w

image

でも不思議なことに、両方とも偏りなくお客さんが入ってるようで、どっちも屈する気配はありません。

ドトールはけっこう中ぐらいのところ。
ヴェローチェは安く味わえる。
「今日はこっちにしようかな。」
それぞれニーズが違っているからこそ、両方あって逆にいいのかもですね。

image

永瀬屋。
乾物の老舗。
卸問屋とありますけど、小口で買えるので、個人にもウケはいいようです。

image

3軒の青果店のうち、ドトール側にある方は、いつも開いてるとは限らないので、閉まってる日はダイエー横に2軒ある青果店が賑わいます。

隣のチャイデリカは、中華点心のお店です。
いつも香ばしい香りをたてています。

向かいはUFJ信託銀行。
そのむこうに、(自分がよく行く)ダイエー銅座店です。

南側の端には、長崎港(海鮮丼)と岩崎本舗(角煮まん)。
どっちも長崎ならではですし、確かにおいしいですけど、地元民にはあまりおすすめできません。
観光客向け店舗と言うに近いと思います。
値段がけっこうアレだから・・・。w
その向かいは、ドーミーイン(ビジネスホテル)とファミマです。

西浜通りを抜けると、あの有名な、日本でいちばん小さな中華街、長崎新地中華街に出てきます。

西浜通りは、最寄り停留所が複数あります。

【長崎バスで】
北側=浜の町(S東美前・すき家前)からすぐ
※浜の町(浜屋前・ヴェローチェ前)からは徒歩2分
中央=浜の町(十八銀行本店前)から徒歩2分
南側=長崎新地ターミナルから徒歩4分

【路面電車で】
北側=観光通りから徒歩2分
中央=西浜町(中央橋ビル前)から徒歩2分
南側=築町から徒歩2分

目的のお店に合わせてお降りください。

新ダイヤレポート8A

新ダイヤレポート、まだ終わってはいません。w
次に、立神方面・稲佐-茂木方面線です。

image

あ・・・ちゃんと写ってない。
千々行きです。
この路線は、以前は時津営業所の担当で溝川発着でしたが、神の島営業所の担当になり稲佐橋方面(稲佐橋・稲佐橋・稲佐山中腹・稲佐山・悟真寺前・神の島一丁目・みなと坂など)-茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)に変更されました。

そのうち、宮摺・千々発着は、いずれも稲佐橋(エネオス横)で終点・起点とされるようになりました。
茂木・茂木港・北浦発着は、この限りではありません。

image

稲佐橋行き

image

稲佐橋終点の表示が、新ダイヤでの変化を明確にしています。