タグ別アーカイブ: 矢上

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

4月からのダイヤ改正(県営バス)

image
今年も、県営バス・長崎バスいずれもダイヤ改正が行われます。
昨年と同じく、県営バスは4月1日、長崎バスは4月6日です。
県営バスの方が先に改正されるため、先に県営バスよりお知らせします。


矢上団地~矢上~市民病院前線の路線新設

image

表から推測するに、昼間に毎時1便程度の運行と思われます。
長崎バスでも県営バスでも、これまでは乗り継ぎが必要でしたが、矢上団地~市民病院前に限っては乗り継ぎなしで移動できるようになります(大浦天主堂下以東・グラバー園入口以南については、従来通り乗り継ぎが必要です)。
出島バス停(長崎税関の前)を通るように設定されているため、長崎バス(長崎新地ターミナル経由)とは一味違った景色を見ることができます。
どうやら、「平日のみ」などといった制限はなさそうです。
この分がそのまま加わる(従来のダイヤからは削減されない)と思いますので、中央橋で乗り継いで教会へ行くのもさらに行きやすくなりそうですね。


滑石団地~中央橋線の増便と運行時間延長

image

昨年のダイヤ改正より県営バスが新しく入るようになった滑石団地線ですが、こちらは増便のみにとどまるようです。
滑石団地から松山町(国道206号線のうちでは教会の最寄り)のアクセスが、さらに便利になります。


矢上団地~ジャスコ前経由~長崎市内線の運行ルート変更

image

これまで、矢上団地発着の便はかき道端まで短絡されていましたが、すべて矢上・東長崎農協前を通るように変更されます。
所要時間が今までより多くかかるようになります。
……ということは、かき道端じゃないで、かき道橋であろうと思いますが。w

さらに、

一部区間の運賃値下げ

image

この表に掲載されている区間の乗車は、おもに従来運賃より10円値下げされます。
左の表は5・6番循環線、右の表は諫早方面(つつじが丘経由)です。

例)浦上天主堂前まで(から)
西山台団地
現行170円(90円)→新運賃160円(80円)
棚荷尾
現行160円(80円)→新運賃150円(80円)
水源池跡
変更なし
※()内は小児・大人割引運賃(手帳提示)の運賃

空港リムジンバス(浦上・昭和町経由便)の諫早インター停車

image

ちなみに諫早インターは、諫早市の貝津あたりです。
最寄りとなる貝津団地入口まで一般路線バスで、諫早インターより空港リムジンバスで長崎空港や長崎市内へ、所要時間を短縮できます。
昭和町経由便は松山町にも停まりますので、教会への行き帰りにも便利です。
※貝津団地入口~諫早インターの徒歩での所要時間は、健脚な方でおよそ4~8分です。お時間に余裕をもってお乗り継ぎください。

他、諫早市内の路線にも変更が生じます。
詳しくは、こちらから県営バスのページにアクセスの上、必要に応じてあらかじめご確認ください。
ダイヤ改正お知らせページへ(県営バス)

“バスで教会へ‼9/矢上線+循環線(県営バス)” を YouTube で見る

教会へ行く動画の9ができました。
矢上から中央橋までと、中央橋から浦上天主堂前までを、県営バスに乗って、教会へ行くコースです。
この区間は県営バス・長崎バスの競合区間の割合が多く、中央橋での乗り継ぎも共通しています。
異なる点は、ココウォーク茂里町~浦上天主堂前のルートと、浦上天主堂前から教会までの道のりの2点ですが、県営バスでも長崎バスでも、中央橋で乗り継いで教会まで行けることをご理解いただければ幸いです。
※スマートカードで精算する場合は、同一事業者間(長崎バス→長崎バス、県営バス→県営バス)での乗り継ぎをおすすめします。

毎週木曜は…

今日は朝から雨でしたね。

今日は、長崎バスで番所橋まで、歩いて矢上まで。
加えて、矢上から、矢上団地経由の県営バス(今回乗ったのは江の浦行きでした)で、中央通バス停で下車、徒歩2分。

image

この写真は、標柱に照明が埋め込まれているわけではなく、カメラのフラッシュが反射してこのように撮れました。

ちなみに今回、矢上団地経由に乗ったことで、
「矢上団地経由は、団地を循環(1周)して江の浦や戸石などへ向かう(あるいは矢上方面に向かう)経路になっている」ことが分かりました。

image

確かに路線図で見ても、そうなっていることが把握できますね。
東公園入口の方からの便は反時計回りに循環、侍石の方からの便は時計回りに循環するようになっています。
ただ、この図で見ると、矢上団地を循環する間に中央通を2回通るようになっていますが、実際に中央通を通るのは普賢通と東公園入口の間に1回だけです(=侍石とかき道三丁目の間には通りません)。
くれぐれも、お間違いのないよう、ご注意ください。
中央通~かき道三丁目の黄色い線が、誤解を招いてる気が…。

さらに、県営バスホームページで調べてみると、

image

矢上団地に入る前にある「下侍石」「侍石」は、「しもさぶらし」「さぶらし」だそうです。
県営バスの場合、乗っても読みが分かる表示はありませんし、車内の自動放送もはっきり聞き取れない(ほど音声が鈍い)ことが多いので、ホームページで調べてみるのが確実みたいですね。

さて、中央通で降りたら、今日はここへ。

image

image

マックスバリュ矢上団地店。
もともとはグルメシティ矢上団地店でしたが、九州のダイエー・グルメシティが全てイオン・マックスバリュに変わったため、矢上団地店もその流れでマックスバリュに仲間入りしました。
店内はグルメシティ当時の面影がそのまま残っていますし、24時間営業になっていませんが、値段と品揃えはだいたいマックスバリュになってます。w
多分そのうち、全体的に変わるでしょうね。

新しく仲間入りした店舗を含め、長崎市内のマックスバリュは全制覇!
来週火曜に予定が入り、イオンの火曜市に行けなくなったっぽいので、今日あえてその分も買っておきました(今日は保存が利くものだけ。肉は月曜に買おうと思います)。

火曜なら

今日は火曜日。
「火曜市」のイオンが安い‼

というわけで、時津のイオンに行ってました。

image

「えっ、安いの?」
「どう安いの?」
と思った方は、ぜひ一度行ってみましょう。

長崎市と近郊のイオンは、長崎教会から行きやすい順には、
時津店
東長崎店
佐世保店
大村店
有家店
・・・かなと思います。

ちなみに木曜なら、マックスバリュとダイエーが安い。
納得の安さです。

最近の木曜、自分はマックスバリュに偏ってますが。w

もうすぐシーズン

今日、矢上から茂木方面に田上まで乗ってますと、潮見町あたりから赤崎鼻あたりまで、びわがなっていました。

image

image

image

写真では見えませんが、実際に袋のかかっていないびわが見えました。
もうすぐ出荷のシーズンですね。
茂木あたり一帯はびわの有名な産地で、安いものは1房(6~8個ぐらい)100円ぐらいから、ブランド化されて高いものは1箱(20~30個ぐらい)数千円まで・・・。

新ダイヤレポート10A

路線が短縮された、中央橋-溝川線です。

image

image

image

表示があまりよく撮れていませんが、中央橋-溝川線です。
以前は溝川と茂木方面を1路線で結んでいましたが、今回のダイヤ改正より、時津方面から中央橋・長崎新地ターミナルまで時津営業所、市街地から茂木方面がすべて神の島営業所の担当になり、路線が分かれました。
今後は、浜の町以降(愛宕町方面)の停留所までの場合も、乗り換えの必要が発生します。
※長崎新地ターミナルは、川平バイパス経由便のみ時津営業所の便が発着します。

ダイヤに大きな変化はありませんが、乱れが軽減されています。

県庁裏という停留所は実在しませんが、この中央橋行きは「中央橋の停留位置6ヶ所のうち、(鉄橋前の中央橋ではなく、)県庁裏のアリタ前の中央橋」で終点となるため、聴覚障害者にも区別がつけられるように表示されたものです。
県営バスの、県庁裏門前バス停と同位置です。
浜の町・観光通りアーケードが(出島橋の中央橋に次いで)遠い中央橋バス停ですので、アーケードへお急ぎの場合は、道の尾~八千代町のいずれかにて、次のいずれかにお乗り換えください。

アーケード最寄り:中央橋(鉄橋前)
20番(親和銀行前経由)中央橋
60番(大浦天主堂下・大平橋方面)

アーケード最寄り:中央橋(まるみつ前)
70番(矢の平方面)
90番(矢上方面)
※長崎駅前南口~大波止であれば、80番にも乗り換え可能です(平日1日1便)。

アーケード最寄り:浜の町・思案橋
10番(田上方面)
50番(白木方面)

溝川行きは、肥後銀行前の中央橋より発車します。

新ダイヤレポート6B

矢上(東長崎)地区のミニバス中尾線に、田之浦バス停が新設されました。

image

宮郷と赤松の間に位置し、周辺の住宅街の人々の最寄り停留所になっています。
あと、ファミマに近い。w

あと、田上-矢上線も、矢上から1停延伸され、馬場まで運行されるようになりました。
ただ、担当営業所が、神の島営業所から東長崎営業所に変更されました。

新ダイヤレポート6A

今回は、昨年度、長崎バスが運行を開始した矢上地区です。

まず、長崎市街地から矢上方面の便が、朝・夕の各3便を除いたすべてが、ココウォーク茂里町発着になりました。
また、矢上発着が1停延伸され、馬場発着になりました。

image

image

東長崎営業所が年の神にあるので、現川駅前・新田頭(にたんとう)発着以外は年の神発着にしてしまえばもっと効率的な気もしましたが、とりあえず、矢上~馬場の1停間が生かされる運行形式に変更されています。

今日、馬場まで乗りましたが、馬場までけっこう乗客がいたので、この延伸は有効であったと言えるでしょう。

image

続いて、つつじが丘線の車輌に変更がなされています。

image

昨年度はミニバスやマイクロバスが使用されていましたが、乗客が多いためか、通常サイズの車輌になっています。
ジャスコ前16:10発の時点で10名ほど乗り込み、さらに矢上から若干数の乗客がいました。

さらに、(ココウォーク茂里町~)新田頭発着・(ジャスコ前~)つつじが丘線が通る路線上に、鶴の尾団地西口バス停が新設されました。

image

この写真の先、左に行くと新田頭、右に行くと鶴の尾団地やつつじが丘です。
平間の次に、この停留所が新設されています。

新ダイヤレポート2

長崎バスホームページにて配布されているPDFの、情報が更新されました。
一部、さいかい交通の情報も含まれております。

まず、教会付近(浦上地区)です。
まさに、浦上天主堂前付近に変更がされ、平和町商店街、橋口町、江平2丁目が追加されました。

image

次に、矢上地区です。
平間付近に、鶴の尾団地西口が追加されました。

image

続いて、時津地区です。
従来(旧道)の日並~木場崎と日並~中山ダムは少し上に移動され、バイパス日並、時津北部ターミナル、バイパス木場崎と時津営業所(×印)が追加されました。

image

続いて、神の島地区と伊王島地区です。
神の島教会下の先に恵の家前、神の島三丁目が追加されました。
馬込生活館前と伊王島ターミナル前の間に仲町トンネル口が追加されました。

image

続いて、日見地区です。
ペンギン水族館前の近くに、長崎総合科学大学が追加されました。

image

時刻表のPDFも更新されています。

image

詳細は、長崎バスホームページにてPDFをダウンロードの上、ご覧ください。
PDFは、バッテリー消費は伴いますが、冊子の時刻表が手元になくても、アクセスすればすぐに見れるという特長があります。