タグ別アーカイブ: 神の島

交通クイズ

久しぶりに出題します。

Q35
この写真の停留位置に発着する長崎バス・さいかい交通の便の、所属営業所をすべて選んでください。
※県営バスは含みません。

image

A.柳
B.ダイヤランド
C.桜の里
D.大橋
E.時津
F.神の島
G.松ヶ枝
H.東長崎
J.さいかい交通

今日は神の島へ

image

先週予定していた動画撮影のため、神の島へ行ってきました。
神の島の海は、晴れた日に降りて、じっくり眺めてみることで、実はこんなにもきれいであることも分かりました。

動画は、帰ってから編集します。
お楽しみに。

新ダイヤレポート8A

新ダイヤレポート、まだ終わってはいません。w
次に、立神方面・稲佐-茂木方面線です。

image

あ・・・ちゃんと写ってない。
千々行きです。
この路線は、以前は時津営業所の担当で溝川発着でしたが、神の島営業所の担当になり稲佐橋方面(稲佐橋・稲佐橋・稲佐山中腹・稲佐山・悟真寺前・神の島一丁目・みなと坂など)-茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)に変更されました。

そのうち、宮摺・千々発着は、いずれも稲佐橋(エネオス横)で終点・起点とされるようになりました。
茂木・茂木港・北浦発着は、この限りではありません。

image

稲佐橋行き

image

稲佐橋終点の表示が、新ダイヤでの変化を明確にしています。

新ダイヤレポート7

今回は、田上・ダイヤランド-(大平橋)-神の島線です。

神の島教会下の先に、2つ停留所が新設されました。

image

まず、神の島三丁目。
こちらは終点・起点です。
転回する上、他の路線もありませんので、標柱は1本のみです。

それと、

image

恵の家前です。

この2停間、歩いて4分の距離でした。
安息日ほどの距離です。w

この、神の島教会下-神の島三丁目 間は、昼は上下とも2時間に1便あります。
※朝や夕方~夜は異なります。

時刻表は、平日は118~124ページ、土休日は264~269ページをご覧いただくか、もしくは長崎バスホームページにて路線時刻表PDFをダウンロードしてご覧ください。

このへんがテリトリーなのか、

image

こういうネコがいました。

新ダイヤレポート2

長崎バスホームページにて配布されているPDFの、情報が更新されました。
一部、さいかい交通の情報も含まれております。

まず、教会付近(浦上地区)です。
まさに、浦上天主堂前付近に変更がされ、平和町商店街、橋口町、江平2丁目が追加されました。

image

次に、矢上地区です。
平間付近に、鶴の尾団地西口が追加されました。

image

続いて、時津地区です。
従来(旧道)の日並~木場崎と日並~中山ダムは少し上に移動され、バイパス日並、時津北部ターミナル、バイパス木場崎と時津営業所(×印)が追加されました。

image

続いて、神の島地区と伊王島地区です。
神の島教会下の先に恵の家前、神の島三丁目が追加されました。
馬込生活館前と伊王島ターミナル前の間に仲町トンネル口が追加されました。

image

続いて、日見地区です。
ペンギン水族館前の近くに、長崎総合科学大学が追加されました。

image

時刻表のPDFも更新されています。

image

詳細は、長崎バスホームページにてPDFをダウンロードの上、ご覧ください。
PDFは、バッテリー消費は伴いますが、冊子の時刻表が手元になくても、アクセスすればすぐに見れるという特長があります。

茂木-溝川線ラストラン

茂木-溝川線は、実際に明日(日曜)がラストランです。
茂木方面の便の管轄も、時津営業所から神の島営業所に変わります。
でも、日曜、自分はこの路線乗れない。
なので、やはり今日、ラストライドでした。

一旦、茂木まで
・・・しまった! 早すぎる。
10時になってない!
全線フリーで降りれないorz

かといって、千々まで乗ってる時間もない。

で、ギリギリ10:00を過ぎるまでというところで、降りたのは白岩。
宮摺発→溝川行きまで少し時間があったので、白岩から宮摺まで歩きました。

image

宮摺トンネル完歩。

image

image

海を眺めながら、宮摺まで歩きました。

image

image

茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々から、溝川や琴海ニュータウンまで直通するのは明日まで。
あさってからは稲佐橋方面に経路変更されます。

溝川まで1時間、ラストライド終了。
溝川まで乗って、イオンで買い物。

急いで教会へ戻ります。

image

ありがとう、茂木-溝川線!
これで、心残りなく新ダイヤへ。

11月の昼間全線フリー定期券

image

今月(11月)の昼間全線フリー定期券は、神の島営業所で購入しました。

営業所で、残るはダイヤランドと松ヶ枝の2ヶ所。
※さいかい交通(板の浦)は未確認(長崎バス系列ですが、区域外なので、たぶん取り扱ってないと思いますが・・・)。

他もあるかもしれませんね。

神の島営業所

市街地から、飽の浦~立神の三菱地帯を抜け、
さらにふたつのトンネル(西泊~木鉢)を過ぎると、神の島地区です。

image

神の島工業団地の入口に、

image

ANA(全日空)の建物が見えたら、そのすぐ近くに、

image

image

神の島営業所があります。

神の島・・・

なんか、不思議というか、長崎らしい地名ですね。
古くからキリストが宣べ伝えられていた、この長崎ならでは。

image

広い敷地に、数十台のバスがあります。
外海線(長崎新地ターミナル-板の浦)や野母崎線(ココウォーク茂里町-樺島・岬木場)みたいな長い路線はないものの、数多くの路線を担当し、市民の足として大活躍しています。

立神・神の島・みなと坂・稲佐から、繁華街を通り、風頭山・早坂・飯香の浦・大平橋・田上・ダイヤランド・矢上を結ぶ路線を中心に、担当しています。

神の島営業所も、定期券やスマートカードなどを取り扱っています。
ご用の際は、お立ち寄りください。

では、久しぶりにクイズ!

11/神の島営業所のバスが、旅客輸送で通らない停留所は?
①ココウォーク茂里町
②二本松団地
③転石
④ダイヤランド西口

12/ある路線の停留所です。立神側から順番になるよう、並べかえてください。
①六本松
②上方
③五島町
④重篭
⑤稗田橋
⑥甑岩
⑦白糸
⑧小島

交差点

変わって、こちらは浜の町。
一帯は、西九州で一番の繁華街です。

image

一見すると、ごく普通の交差点です。
電停も、特に変わったところはありません。

しかし、ここに注目!

image

image

春雨(交差点)。
はるさめ?
なんか、おいしそうな名前ですねw。
けっこう剥がれ落ちてはいるものの、まだ十分読めると思います。

ちなみにこの交差点では、長崎新地ターミナルから裏通りを通ってきた、4番(ダイヤランド発→西城山経由→下大橋行き)と6番(田上・ダイヤランド発→親和銀行前経由→立神方面行き)が出てきます。