タグ別アーカイブ: 稲佐山

新ダイヤレポート8B

image

改正前は溝川発着が毎時6便ほどありましたが、改正後は稲佐橋方面に毎時4便となっています。
便数が減りましたが、(稲佐橋-茂木を土台として)稲佐橋・稲佐山・みなと坂で、3つの行先になりました。

では、この路線の基本、7番系統、茂木→稲佐橋に乗ってみましょう。

image

image

以前も紹介しましたが、担当営業所は神の島営業所です。

image

田上・愛宕町・浜の町・大波止・長崎駅前・宝町を通るところは、旧ダイヤと変わっていません。
ただ、稲佐橋で終点・起点の際、エネオス(マツハヤ)裏に新設された稲佐橋バス停を出入りします。

image

表通りの稲佐橋ではありませんので、乗り継ぐ際はご注意ください。

長崎駅観光案内所

長崎駅改札口横の観光案内所でも、長崎電気軌道1日乗車券・長崎バス1日乗車券を発売しております。

image

長崎電気軌道1日乗車券は、長崎電気軌道(路面電車)全線が1日乗り降り自由です。
有効区間の制限がありませんので、乗り越しや乗り継ぎなどの心配がありません。
大人500円、小児250円です。
※払い戻しできません。指定した日にご使用ください。
※障害者割引はありません。1日の乗車回数が8回以下の場合は割高となり、通常の半額運賃×乗車回数で精算いただく方が安くなります。

長崎バス1日乗車券は、北は下大橋・大橋、南は戸町・二本松口・大平橋、東は蛍茶屋・風頭山・弥生ヶ丘、西は稲佐山各方面・皿焼・飽の浦まで1日乗り降り自由です。
有効区間の制限がありますが、観光スポットを幅広くカバーし、山手に強い区間編成です。
乗車ごとに整理券を取ってご乗車ください。
日付を削るタイプですので、購入当日に使用することも、事前に購入して都合のよい日に使用することもできます。
大人500円、障害者・小児250円です。
※障害者は、購入時・降車時のいずれも手帳の提示が必要です。
※区間外にご乗車の場合の運賃精算は、定期券を使用する場合を除き、区間外となる区間の通常の片道運賃(小児・障害者はその半額)です。差額ではありません。
またこの場合、スマートカードで精算する場合でも、乗り継ぎ割引の対象とならないことがあります。
※月・日をそれぞれ1ヶ所ずつ削って使用します。月・日のいずれか片方でも複数箇所(2ヶ所以上)削ると無効になります。
※長崎バス1日乗車券の区間の詳細は、長崎バスホームページでご覧いただくか、長崎バス各窓口・営業所などへお問い合わせください。
※稲佐山バス停(終点)から稲佐山展望台までは、健脚な方で徒歩10分ほどです。また、冬季は稲佐山バス停に発着しません。

1日乗車券は、観光に限らず、ビジネス、学び、お買い物など日常のご用にもお使いいただけます。
お求めは、観光案内所や、各窓口・営業所などでどうぞ。