タグ別アーカイブ: 窓口

熊本駅できっぷについて語る

では、熊本駅の新幹線ホームを見たことがないので、それも兼ねて実際に入ってみたいと思います。

使用済み券ですみませんが・・・

image

指定席券売機で入場券を発券。

今回も、わざとC制にしました。

駅入場券
領収書(任意)
クレジットカードご利用票

やっぱり熊本駅でも3枚セットなんだなぁ。w

ちなみに、領収書を希望しない場合でも、クレジットではないVISAやJCBなど(VISAデビットやMasterCardプリペイドなど)の場合でも、必ずクレジットカードご利用票はセットで出てきます。

あと、一部のプリペイドは、残額が十分でも通らないことがあるっぽいので、どうしても出してみたいという方は、複数のデビットやプリペイドを用意して備えるのも手です。

新下関駅は、指定席券売機(みどりの券売機)で入場券が買えず、みどりの窓口の発券機は案の定、新式印字(感熱式)でした。

さらに、博多駅は指定席券売機で買ったきっぷまでも新式印字でした。

新式印字のきっぷは、どうかしたら印字が消えるかもという不安があり、なんとなくうれしくない一面があります(一応は記念に残してますが)。

熊本駅の指定席券売機なら、旧式印字(にじまないインク式)なので、浸水でもしない限りは消える心配がないってところがいいですね。

ほんとは入場券も含めて、この旧式印字のきっぷが欲しかったりするんだよなぁ。w
最近は九州でも新型発券機が広まって、多くの駅で感熱式ばかりになりつつあるので、旧式印字が貴重になってきています。
ちなみに赤い印字は、新幹線改札口の入場・出場の記録が、改札機で印字されたものです。

さらに続く。

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。

昼間全線フリー定期券を購入する場合

長崎バスではおなじみの破格な定期券「昼間全線フリー定期券」。

長崎新地ターミナルで昼間全線フリー定期券を購入しようとする場合、一般型の定期券(=区間・経路・有効期間などを各自で決めて購入する定期券)の窓口に顔を出しますと、「あちらへどうぞ。」と取り次がれます。

では、正しくはどの窓口に行けばよいのでしょうか?

・・・

正解は、

7番窓口です(21時過ぎだったので閉まってますが)。

18時までとなっていますので、時間外となってしまった場合は他の窓口に尋ねてみていただければと思います(購入できるかもしれません)。

他(ココウォーク茂里町バスセンターや各営業所など)の窓口では、お問い合わせや各種定期券・スマートカードなどの取扱いが一本化されていて簡単ですが、長崎新地ターミナルだけは各部門ごとに窓口が分かれていますので、ご注意ください。

関連で分けて考えてみると、
新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い
という振り分けがされていると思います。
間違ってたらすみません。

というか、以前と比べて、3~7番はかなり変更がされています。
以前は、昼間全線フリー定期券も3~5番の窓口で良かったのが、閑古鳥だった7番にいつの間にか移ってますし。
おそらく、それだけ利用客数が多いということでしょうね。

ちなみに長崎新地ターミナルで、長崎バス1日乗車券(市中央観光型・世界遺産型とも)を購入する場合は、お問い合わせの窓口(1番窓口)が正解です。

なお、各窓口の取扱い時間帯については、別途ご確認ください。

路面電車の乗車券がネットで買える

長崎電気軌道ホームページでは、長崎電気軌道(路面電車)開通100周年記念乗車券(120円券×4枚つづり)を発売中です。

※1日乗車券ではありません。また、小児・割引運賃用(60円券)の取扱いはありません。

発売額は480円(配送料などは別途)ですので、割引やプレミアはありませんが、上部の記念台紙を手元に残せます。
無期限で使用できますので、ストック(買い置き)としておくこともできますし、1人で4回、2人で2回、4人で1回など、使い方も自由です。

ネットでのお求めは、こちらからどうぞ。

グッズ販売ページへ

なお、各券面が非常に小さいため、降車時は運転士によく見せてから投入してください。

この乗車券を使用した上で、築町で乗り継ぐ場合は、現金で精算する場合と同様の手順が必要です(築町で乗車券を投入した上で運転士に申し出、乗り継ぎ券を受け取ってから乗り継いでください)。
3号系統が復旧するまでは、特定の組み合わせでの場合に限り、西浜町・公会堂前で乗り継ぐこともできます(西浜町アーケード入口は不可)。
この場合も築町の場合と同じく、乗車券を投入した上で運転士に申し出、乗り継ぎ券を受け取ってから乗り継いでください。
※乗り継ぎ券を受け取り損ねますと、(乗り継ぎ後が定期券有効区間内のみで完結する場合を除き、)乗り継ぎ後の電車でも改めて運賃(スマートカード残額を含む)か乗車券が必要になりますので、ご注意ください。

直接お買い求めいただくことも可能です(この方法ですと、配送料などがかかりません)。
長崎電気軌道の各営業所(西町本社・蛍茶屋)窓口にてどうぞ。

路面電車の定期券はどんな種類がある?

長崎電気軌道(路面電車)の定期券は、バス定期券と違って定期運賃が非常にシンプルですが、次の表のとおり大きく分けて3種類あります。

1.通学定期券

「学校」として認可されている学校(公立・私立とも)に通学する方が購入・使用できます。

区間設定は、

三角定期以外は「住所の最寄り電停」~「学校の最寄り電停」

に限られ、

三角定期は「学校の最寄り電停」~「住所の最寄り電停」~「(バイトなどの)勤務先の最寄り電停」

に限られます。

参考までに、通学定期運賃は通勤定期運賃と比較しますと、

高校生以上は約15%引き(健常者の35乗車分)、

中学生は約23%引き(健常者の32乗車分)、

小学生は約65%引き(健常児の27乗車分)

となっている他、

三角定期は「通学定期(高校以上)の全額(4,110円)」+「通勤定期の半額(5円の端数を切り上げた2,420円)」=「三角定期の定期運賃(6,530円)」となっています。

※塾(私塾)や予備校など「学校」として認可されていない通学のみで完結する場合は含まれないと考えてよいと思われます。

従って、年度ごとに最初の購入時は、定期券購入申込書の裏面に学校の署名と学校印の両方がされている必要があります(それ以外の購入時は、生徒手帳や学生証などの提示でよいと思われます)。

また、認可されている学校への通学であっても、バスやJRなどと乗り継ぐ場合については、長崎電気軌道の営業所など窓口にご相談ください。
2.通勤定期券

購入・使用にあたっての条件は、特にありません。

区間設定は、「住所(もしくは、他の拠点)の最寄り電停」~「通い先の最寄り電停」に限られます。
通勤に限らず、通学定期券の購入条件に該当しない通学、買い物やビジネスなどでも購入できます。

通勤定期運賃は、健常者の41乗車分に相当します。

区間によっては、大波止経由・桜町経由を選べます。
通学定期券(三角定期以外)と通勤定期券は1ヶ月券と3ヶ月券とがあり、3ヶ月券は1ヶ月券の3ヶ月分の約8%引きとなっています。

三角定期券と全線定期券(次項)は1ヶ月券のみです。
3.全線定期券

購入・使用にあたっての条件は、特にありません。

長崎電気軌道(路面電車)の全線有効で、区間や経由の設定、通い先所在地の記入などが必要なく、通勤定期券(起点~終点)3枚相当の区間を1枚でカバーできる、非常にスグレモノです。

乗り継ぎも自由で、お急ぎでなければ起点まで乗って折り返すことができ、起点から着席して乗車できます(ラッシュ時間帯は確実とは言えませんが)。

寝過ごしても、どう乗り越しても、スマートカード残額が差し引かれませんので、運賃に関してはひと安心ですし、積み増しの手間がかかりません。

おもにビジネスや、観光関連の仕事をされている方、長崎電気軌道を知り尽くしたい方など、いつも一筆書き経路とならない(=通勤定期券だと複数の経路を必要とする)方におすすめです。

全線定期運賃は、通勤定期運賃の約2倍(健常者の81乗車分)、1日乗車券の20日分です。
どの定期券も、有効区間内であれば何度でも乗降が可能ですし、休日も同様に(つまり、有効期間中は毎日)乗降できます。

用途に合わせて、最適な定期券を選びましょう。

長崎駅に着きました

image

遅れもなく、無事に長崎駅に着きました。
乗車券は、

image

このとおり、乗車記念(使用済)印を押してもらって、手元に残しました。

で、長崎駅前からバスで、教会に戻りました。
その時点で、用のひとつは別の方がやってくれてました。
Thanks!

ちなみに、各種きっぷの英語表記は、

①正規運賃・料金の、乗車券・特急券・グリーン券など
のほか、
②特定の会員証や、身障者・療育手帳などの提示で割引される、乗車券・特急券・グリーン券など
③トクトクきっぷ(2枚きっぷ・4枚きっぷなど)に付帯して発行される(必要となる)、座席指定券・指定料金券(普通車指定席の座席指定券を兼ねる)・グリーン料金券(グリーン車指定席の座席指定券を兼ねる)など

・・・が、おもな対象となっており、駅入場券やトクトクきっぷ本体、回数券類など、英語表記ができない(発券されない)きっぷもありますので、あらかじめご理解いただきたいと思います。

あと、窓口の係員が英語表記での発券手順を把握していない場合もあります。
もしその場面に出くわしたら、
「マルス発券」
と、
「付帯項目に」
をキーワードとして導くと、スムーズです(POS発券では英語表記ができません)。
例)「マルス発券に切り換えていただけたら、付帯項目に英語表記があると思います。」

券面下部の「○○○駅-MR△発行」の「MR」が、マルス発券を意味しているようです。

県営バスで大村へ4

タイトルは「大村へ」となってますが、諫早に渡りました。

駅前の歩道橋の上から。

image

諫早駅。
駅前の西友が閉館して、賑わいがなくなり、なんか寂しい感じになってしまってますね。
再開発のためにこうなったらしいです。

image

諫早駅前ターミナル。
もうすぐ夏というのに、冬を思わせるほどイルミが・・・。w
ビアガーデンとかでもするのかなぁ(←たぶん違)。w

ターミナルのお店は閉まってて、しかも30分ほど空き時間があったので、諫早駅を覗いてみました。

image

つばめの巣?

image

親鳥がぴぃぴぃ。

image

雛がぎーぎー。

image

ほんとにつばめがいました。
フンに注意といったところでしょうね。

image

みどりの窓口。
諫早駅ではこんな感じです。

image

885かもめが入ってきました。

西友がなくなってる分、ミスドとかがにぎわってました。

では、ターミナルに戻ります。
大村ターミナルや長崎駅前ターミナルもそうですが、県営バスのターミナルはなんか70~90年代の面影が、今でも息づいている感じですね。

image

ちょいとレトロというか、ちょいとノスタルジックというか・・・。

image

ちなみにこれは、大村ターミナルの公衆電話コーナーの看板。
たぶん、あえてそのままの形で残しているんでしょうね。

島鉄バスが入ってきました。

image

Yes,We Can!な行き先(何)。

image

もちろん、これに乗ってたら帰れなくなってしまうので、今回は乗りません。

image

島鉄バスも、スマートカードが使えます。

このすぐあとに長崎駅前行きが来たので、それに乗って帰りました。

今回はここまで。

大村のイオンと溝陸のマックスバリュをクリアできたら、いよいよそのあとは、島鉄バスで島原(有家)のイオンに行ったり、西肥バスで佐世保や佐々に乗り出したりとかが始まるかもです。
今後の展開をお楽しみに。