タグ別アーカイブ: 英語

長崎駅に着きました

image

遅れもなく、無事に長崎駅に着きました。
乗車券は、

image

このとおり、乗車記念(使用済)印を押してもらって、手元に残しました。

で、長崎駅前からバスで、教会に戻りました。
その時点で、用のひとつは別の方がやってくれてました。
Thanks!

ちなみに、各種きっぷの英語表記は、

①正規運賃・料金の、乗車券・特急券・グリーン券など
のほか、
②特定の会員証や、身障者・療育手帳などの提示で割引される、乗車券・特急券・グリーン券など
③トクトクきっぷ(2枚きっぷ・4枚きっぷなど)に付帯して発行される(必要となる)、座席指定券・指定料金券(普通車指定席の座席指定券を兼ねる)・グリーン料金券(グリーン車指定席の座席指定券を兼ねる)など

・・・が、おもな対象となっており、駅入場券やトクトクきっぷ本体、回数券類など、英語表記ができない(発券されない)きっぷもありますので、あらかじめご理解いただきたいと思います。

あと、窓口の係員が英語表記での発券手順を把握していない場合もあります。
もしその場面に出くわしたら、
「マルス発券」
と、
「付帯項目に」
をキーワードとして導くと、スムーズです(POS発券では英語表記ができません)。
例)「マルス発券に切り換えていただけたら、付帯項目に英語表記があると思います。」

券面下部の「○○○駅-MR△発行」の「MR」が、マルス発券を意味しているようです。

今日は

諫早のたらみ会館での多良見集会でした。

image

多良見教会として立ち上がっています。

牧師と一緒に大村集会にも行ければと思ってはいましたが、別に指定があったため、自分は長崎教会へ戻る必要があり、牧師は車で大村へ、自分はJRで長崎へということになりました。

image

喜々津駅。
券売機で乗車券を買いましたが、味気ないので、窓口で、

image

英語表記の乗車券にしてもらいました。
長崎駅についたら、記念に残すつもりです。

image

喜々津から、

image

image

18:29発の長与経由で帰ります。

多機能券売機

image

主要駅で見かけるのが、この券売機。
みどりの窓口の簡易版!
長崎駅にも1台ありました。
JR西日本では、「みどりの券売機」と呼ばれています。

みどりの窓口と同様、入場券や乗車券、特急券、グリーン券、2枚・4枚きっぷなど、多くの種類のきっぷを購入できます(こちらは、乗車券の経路を選択できないなど制約もあります)。
磁気定期券もICカード定期券(JR九州ではSUGOCA定期券のみ)も、継続購入できます(新規購入はできません)。
指定席券・指定席特急券は、表示(座席表)を見ながら座席を選んで購入することもできます(残席数が少ない場合を除く)。
ネットで予約したきっぷの受け取り(購入)もできます。

現金に限らず、クレジットカードやVISAデビットカード(J-DEBITとは異なる)なども使用でき、スムーズな支払いが可能です。
領収書発行も可能です。
※クレジットカードやVISAデビットカードなどを使用の場合、きっぷや領収書と同時に「クレジットご利用票」も発行されますので、お受け取りください。
また、ネットで予約したきっぷの場合は、予約時に登録したクレジットカードやVISAデビットカードなどが必要な場合もあります。お忘れにご注意ください。

窓口では難しいのが、「英語での対応」。
画面下部の「English」をタッチすることで、ガイダンスを英語(音声も表示も英語)に切り替えることができ、最初から最後まで英語ガイダンスのままきっぷを購入すると、きっぷも英語表記で発行されます(一部のきっぷのみ)。

画面で見てきっぷを購入できることで、外国人や聴覚障害者にも分かりやすい、みどりの窓口(簡易版)とも言えるでしょう。