タグ別アーカイブ: 蛍茶屋

特別電車運行予定

毎年10月14日は「鉄道の日」です。

それに合わせて長崎電気軌道では、来たる10月15日、168号電車(旧:西鉄福岡市内線車輌)の特別運行が予定されています(雨天時は中止)。

時間帯は日中のみで、全ダイヤのうちの一部が、この168号電車となります。
普段は貸切専用の車輌ですので、仮に運行されていたとしても、一般の旅客は乗れませんから、珍しい良い機会でしょう。
両替時に昔ながらの両替袋ごと手渡されるところもまた、面白いですね。
見てみたいです。

さて、今回の運行予定時刻は次の表のとおりです。

一見すると複雑に見えますが、要は、表中の白い部分は回送、黄色の部分のみ乗車できるようになっていますので、単純化すれば、

通る経路は
奇数番=3号系統と同じ
偶数番=2号系統と同じ
ということであるとともに(いずれも浦上車庫前~赤迫は通りません)、

奇数番=長崎駅前→蛍茶屋
偶数番=出島→浦上車庫前(中途半端な気もしますが・・・)
乗車も撮影・録音も可能ということで、

奇数番=浦上車庫前→長崎駅前
偶数番=蛍茶屋→浦上車庫前
外からの撮影(写真や動画を撮る)のみ可能ということです。

表中の時刻はおおよそですので、正確にその時刻に発着するとは限りませんので、あしからず。

なお、168号電車についての注意すべき点は、
1.スマートカードが使えない(おそらく、使用は1,000円以下の単位の現金のみに限られます)
2.空調設備がない(熱中症などを含めた体調管理も自己責任要素大)
3.かなり古いので、設備破損などの危険性も大きい(保守管理はきちんとされているとは思いますが、過信すべきではありません)
4.バリアフリーは皆無(さらに、乗降時の段差も、200型や1700型など通常の旧型車輌と比べてもかなり大きいと思われます)
というところでしょうか。
他にもあるかもしれませんが、今知る限りではここのところを気を付けていただきたいと思います。

土曜ですが、この特別な168号電車を松山町まで乗って、教会に来られるというのも、趣(おもむき)があって面白いのではないでしょうか。

この情報は、こちらからもご確認いただけます。
長崎電気軌道お知らせページへ

来週月曜から

路面電車がダイヤ変更となるそうです。

文面はこのとおりです。
──────────────
5月23日(月)の全面復旧に伴い、当日始発より新ダイヤで運行いたします。

今回のポイントとしては4号系統が13分間隔での運行となることです。
4号系統をご利用のお客様には「12分間隔→20分間隔→13分間隔」とご不便をおかけいたしますが、利用状況等を鑑みた上で見直しをさせて頂きました。
何卒ご理解頂き今後とも変わらぬご利用をお願いいたします。
──────────────
新ダイヤの詳細については下記サイトをご参照ください。

お問合せ
長崎電気軌道 運転課
095-845-4113

(長電ナビネットメール)

とのことです。

これまで昼間でも2号系統が走ってたのが、これからは(脱線前のダイヤと同様、)最終でしか走らなくなるっぽいです。
3号系統が元通りになると、赤迫~蛍茶屋は桜町経由で短くなるので、一般的には利便性が戻ってくることになりますね。
個人的には、浜の町へのアクセス性能の低下とか、味気なくなりそうなところとかが気になりますが。w

3号系統運行再開(蛍茶屋行きのみ)

image

カメラが間に合いませんでしたが………。
昨日(2月29日)から、路面電車の3号系統(桜町経由)の運行が、朝夕のラッシュ時以外は蛍茶屋行きのみ再開されました。
蛍茶屋発→浦上車庫前方面は、引き続き2号系統(大波止経由)で運行されます。
ラッシュ時は公会堂前発→浦上車庫前方面が運行されるとのことですが、その場面を見てみたいですね。

2月29日より

image

赤迫(または浦上車庫前)→蛍茶屋のみ、3号系統の運行が再開されます。
蛍茶屋→赤迫(または浦上車庫前)は、現状どおり2号系統で運行されます。

また、4号系統が20分間隔となる(間隔が長くなる)ため、西浜町(銅座側停留所)にて、1号系統(観光通り~正覚寺下での乗降に限る)と2・5号系統(賑橋~蛍茶屋での乗降)の間で、相互乗り継ぎの取扱いがされるようになります。
※2号系統と5号系統の間では、乗り継ぎの扱いとなりません。

3月7日からは、平日朝夕のラッシュ時のみ、公会堂前発→赤迫行きが運行されます。
蛍茶屋~諏訪神社前の各停留所から乗って、公会堂前で乗り継いで、桜町方面に行けるようになります。
教会の月曜礼拝と水曜祈祷会に関係しますね。

内容はこちらからどうぞ

ちなみに、1号~5号系統がそれぞれどのようになっているかは、この図で紹介されています。

image

詳しくは、長崎電気軌道ホームページにて、今後の発表をお待ちください。

“バスで教会へ‼9/矢上線+循環線(県営バス)” を YouTube で見る

教会へ行く動画の9ができました。
矢上から中央橋までと、中央橋から浦上天主堂前までを、県営バスに乗って、教会へ行くコースです。
この区間は県営バス・長崎バスの競合区間の割合が多く、中央橋での乗り継ぎも共通しています。
異なる点は、ココウォーク茂里町~浦上天主堂前のルートと、浦上天主堂前から教会までの道のりの2点ですが、県営バスでも長崎バスでも、中央橋で乗り継いで教会まで行けることをご理解いただければ幸いです。
※スマートカードで精算する場合は、同一事業者間(長崎バス→長崎バス、県営バス→県営バス)での乗り継ぎをおすすめします。

3号系統について

image

3号系統の完全復旧は今しばらくかかりそうですが、片側(蛍茶屋行き)のみ復旧のために夜間工事が始まっているとのことです。
1月中旬ごろに工事を終え、完全復旧までは蛍茶屋行き3号系統+赤迫(・浦上車庫前)行き2号系統という組み合わせで運行されるであろうと思います。
詳しくは、長崎電気軌道のホームページなどで発表されるお知らせをご確認ください。

!!?

image

今日から4・5号系統が通常運行を再開するそうですが、3号系統は相変わらず運休で、代替運行にレア度の高い2号系統(赤迫⇔大波止⇔築町⇔西浜町アーケード入口⇔蛍茶屋)が出現します。

image

普段、2号系統は終発に赤迫→大波止→蛍茶屋と蛍茶屋→大波止→浦上車庫前を走っていますが、普段ない激レアな2号系統の蛍茶屋→大波止→赤迫に乗れる、珍しい機会でもあります(しかも、終発だけではなく、日中も乗れるそうです)。
ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

今日の最後は

蛍茶屋から終発は、2号系統の浦上車庫前行きです。

image

image

image
この電車で帰ります。

2号系統は、
蛍茶屋→西浜町→築町→大波止→長崎駅前→浦上駅前→松山町→浦上車庫前(終点)
となります。
公会堂前~長崎駅前を大回りして、浦上車庫前に向かう、面白いルートです。
2号系統は、通常は終発だけの系統です。
ちなみに、2号系統の蛍茶屋行きは赤迫から出ています(蛍茶屋発と同様に、大波止を経由します)。
終発ということもあってか、休日以外はけっこう乗客が乗ってきます。

いずれも、桜町は通らず、(3号系統と比較して)所要時間も大幅に異なりますので、ご注意ください。

蛍茶屋営業所

蛍茶屋電停よりすぐ、蛍茶屋営業所があります。

image

image

西町営業所と同様に、定期券やスマートカードなど各券の取り扱いがあるほか、

image

グッズの取り扱いもあります。

image

窓口も2階です。
スマートカード積み増しは、青い自動積み増し機でできます(何らかの事情で積み増しできない場合は、窓口へどうぞ)。

定期外(=通常運賃)と定期の運賃が貼り出されています。
運賃がキロ数で変わらず均一なため、区分ごとの定期運賃も均一です。
ただし、定期外運賃と全線定期を除き、それぞれ制約があるため、ほとんどの人が最長区間(赤迫-正覚寺下・赤迫-蛍茶屋など)を買えないのが難点とも言えます。
小学生の通学定期は、通勤(大人)のほぼ3分の1!
通勤通学定期は、学校とバイトの両方を(お住まいの最寄りを越えて)行き来する場合はこれに該当します。通学定期(高校以上)+通勤定期×0.5=6,530円です。
全線定期は、通勤定期の倍額ですが、制約がなく、長崎電気軌道(路面電車)全線が1ヶ月間どこでも何度でも乗り降り自由です。お店の割引特典がないところ以外は、まさに1日乗車券の1ヶ月版!

image

全線定期での通勤なら、一度終点まで乗って、折り返し乗って、座って通勤できますね。

長崎バス→路面電車

朝は小雨が降ったりしていましたが、昼過ぎから天気がよくなりました。
今日はちょうどいい具合に、大浦天主堂下で(長崎バス)昼間全線フリー定期券の時間が切れたので、少し歩いて(ついでにゴミを捨てて)、石橋から路面電車をスタート。

image

ちょうど、超低床電車3002号車が来て、右側ですが最前席に座ることができました。v
まずは、5号系統をフルに乗って、蛍茶屋へ。

終発までの残り時間はあまり長くありませんが、1日乗車券で、いろいろ乗ってみたいと思います。