タグ別アーカイブ: 西

今、西海市がアツい!

大串に来ました。

 
ねんりんピックの影響でしょうか(←いや、違)。
10月下旬ともいうのに、日なたはかなりの気温です。
帰りのバスで冷房がかかってました。

西海市・・・

ナフタリの全土、エフライムとマナセの地、ユダの全土を西の海まで
申命記34:2

県営バスでは

諫早市民・大村市民を対象に『免許返納者パス』(定期券)が、試験的に導入されました。

概要は次のとおりとなっております。

【正式名称】
運転免許証自主返納者支援パス

【実施期間】
2016年6月1日~2017年5月31日
現在発売中

【見本と対象者】

image

【発売窓口】
諫早市域版=県営バス諫早(駅前)ターミナル窓口
大村市域版=県営バス大村ターミナル窓口
※営業所窓口での発売ではありません。

(一部省略)

【券種と発売開始日】
月極め制(=各月の1日~末日まで)の1ヶ月券のみ。
各月の通用開始7日前より発売開始。
※再発行不可

【購入時に必要なもの】
新規=運転経歴証明書(最寄りの警察署で、免許証自主返納時に交付を受けます)
継続=運転経歴証明書+通用期間中の返納者パス、または前回の返納者パス(期限切れ後1日でも空白期間がある場合も提出が必要と思われますが、その場合は「次の通用月1日」、または「購入日」のうち、遅い方の日から有効となり、いずれも期間前通用となりません)
A.空白期間がない場合の例
1:7月有効の返納者パスを6月29日に購入=6月29日~7月31日有効(→この例ですと、7月券に「期間前通用」スタンプが押され、6月券は継続購入時に回収されます)
B.空白期間がある場合の例
2:8月有効の返納者パスを7月27日に購入=8月1日~31日有効
3:10月有効の返納者パスを10月10日に購入=10月10日~31日有効(→例1の場合と比べて、有効日数が短くなる例です)

【発売額】
3000円(一般・障害者共通)

【乗降可能範囲】
諫早市域版=諫早市内の各停留所+今村、連蔵寺、溝陸、西溝陸、さつき台団地、幸町、三軒茶屋、愛野保健福祉センター、愛津
大村市域版=大村市内の各停留所
※いずれも、有効区間を越える場合は、越えた区間の普通運賃が必要です(障害者半額?)。高速路線では通用しません。

【その他】
社会実験として、制度の効果等を検証するため、利用者を対象としたアンケート調査が実施されます。
払い戻しはありません。

長崎バスの昼間全線フリー定期券と似ていますが、一般も1ヶ月3000円と非常に安いことや、時間制限がないこと、在住市域版のみ購入可能であること、有効範囲が設定されているなど、いたるところに違いが見られます。
さらに、「免許証自主返納者本人のみ」ですから、必然的に中学生以下は範疇にないことも分かります。
今回はありませんが、もし長崎市域版があったとしたら、県営バス路線の少なさや短さ、あるいは便数などを考えると、3000円はどう感じられるでしょうか(確かに、かなり割安ではありますが)。

詳しくは、こちらをご覧ください。
県営バス案内ページへはこちら

工事が進んでいます

image

九州新幹線長崎ルートが、あと数年で長崎に入ってきます。

長崎駅の新幹線ホームは、NBCハウジングのあった跡地(間違ってたらすいません)と駅横の車輌基地(現存)にまたがって、現存する長崎駅の西側に建てられるとのことです。
それに向けて、工事が進んでいます

2022年に開業が見込まれていますが、果たしていかに。

長崎バスで教会へ‼3/道の尾→昭和町→浦上天主堂前編

動画ができました。
今回は、滑石・時津方面からの便を道の尾で降り、もう一方の道の尾へ徒歩で渡り、ゆりちゃん号に乗り継ぎ、住吉・昭和町を通り、浦上天主堂前から教会へ歩くコースです。
「道の尾での乗り継ぎが難しい(分かりづらい、渡りが長い…など)。」ということで、あえてこのようにコースを組んでみました。
ゆりちゃん号沿線や長崎バス北部路線からのみにとどまらず、さいかい交通の板の浦線からの乗り継ぎにも適用できます。

昨日の今日で

いろいろ疑問を持ちながら夜、銅座店に行ってみました。

image

新生イオン九州誕生祭は、今週4(金)~6(日)に開催とのこと。

・・・なんですが、

image

外も中もほとんど変化なし!
看板がダイエーのまんまやし!w
店内の陳列も相変わらず、地下の食品売り場も今までどおりでした。
ただ、これまで銅座店の入口にたくさんあった陳列品が、スッキリ片付いているのにはお気づきでしょうか?

他に目立つ変化があったのは、

image

チラシ上での店名表記と、

image

レシート上部の店名表記。

ダイエー長崎店はイオン長崎店、ダイエー銅座店はイオン銅座店になりました。
長崎店と銅座店は歩いて5分ぐらい(←けっこう近い)というわけあって、
「長崎店はイオンとして立ち上げて、銅座店をマックスバリュにするかなー。」
と思ってましたが、違いました。
でも確かに、銅座店のあの売り場面積をマックスバリュと呼ぶにはムリがある。w

image

ハートポイントも継続して実施。
今までどおり、毎回の買い物でWAONポイントもハートポイントも両方貯まることは、今日の買い物で検証できました。
レジ袋が不要なら、エコポイント2ポイント(ハートポイントのみ)、ここも変わらず。

ところで、チトセピア(住吉・千歳町)の方はどうなったでしょうか。
イオンになってそうですが、これも実際に行ってみないと分かりません。

昨晩の早い閉店は、店内改装や商品変更などではなく、おそらくシステムの変更のためだったようです。
今日は変わり映えしていませんでしたが、新生イオン九州誕生祭の4日からは分かりませんね。
今後どう変わっていくのでしょうか。
動きを期待します。

イオン長崎店
長崎新地ターミナルバス停よりすぐ~2分
築町電停より2分

イオン銅座店
浜の町バス停より2~4分
中央橋バス停より5~6分
西浜町電停(アーケード入口でない方)より2分
観光通り電停より3分

チトセピア(未確認)
住吉バス停よりすぐ~4分
千歳町電停・昭和町通り電停より2分

県営バスで諫早&大村へ2

image

ふれあい広場前から徒歩2分で今村橋。
今村川を渡ります。

実はこの今村川は、諫早市と大村市の境にもなっています。

image

東側は諫早市、西側は大村市です。

チョーコーは、長崎ならではの調味料でおなじみの会社ですね。
かけぽん、かけしょうゆ、あごだし、金蝶ソース・・・などなど。
あらゆる食が、長崎の人々に合わせた味付けになります。
長崎人のための食文化のひとつ。
地域的大量生産とはいえど、自分も好みです(最近買ってませんがw)。
何しろ、福岡では見たことがありません。w
見えているのは、チョーコーの立体自動倉庫らしいです。

image

image

両市の境の真上ぐらいから。

・・・はい。
もうお分かりと思いますが、マックスバリュです。
マックスバリュ溝陸店。
このあたりは、それぞれ別に駐車場や敷地を構えたショッピングタウンになっています。
マックスバリュのほか、ホームワイド、しまむら、ドラッグストアモリがあります。
両市の境の近くであるにもかかわらず、意外と栄えていることが、この写真からお分かりいただけると思います。

ちなみに、「溝陸」の読み方は、「みぞりく」でも「みぞおか」でもなく、「みぞろく」!
「陸」が難読ですね。
マニア泣かせの地名です。w

県営バスで諫早&大村へ

今日も気分いいほどに晴れ。
暑い・・・。
もう夏ですね。
今回は、つつじが丘まで長崎バスで、少し歩いて市布から県営バスに乗りました。

image

西諫早ニュータウン経由・東厚生町行きで山川町まで移動し、乗り換えます。

image

今村行きがきたあとに、
少し遅れて、津水行きがきました。

image

津水行きにもし間に合わなかったら、諫早駅前まで再移動する考えでしたが、その必要はなかったようです。
ちなみに、山川町で乗り降りできる津水線(白岩町経由)の便は、1日4往復のみ。
他の津水線の便は、諫早駅前を出ると女乙石から養護学校前・堀の内を通るため、山川町では乗り換えられません。
ちなみに路線図では、

image

このようになっています。
ふれあい広場前の次は、終点の津水であることが分かりますね。

さて、山川町からたった2停で、

image

ふれあい広場前(伊王島ではなく西諫早)に到着!
実は近かった。w

今日は木曜。
行く先はもちろん例の、アレです。
(2へ続く)