タグ別アーカイブ: 西浜町

特別電車運行予定

毎年10月14日は「鉄道の日」です。

それに合わせて長崎電気軌道では、来たる10月15日、168号電車(旧:西鉄福岡市内線車輌)の特別運行が予定されています(雨天時は中止)。

時間帯は日中のみで、全ダイヤのうちの一部が、この168号電車となります。
普段は貸切専用の車輌ですので、仮に運行されていたとしても、一般の旅客は乗れませんから、珍しい良い機会でしょう。
両替時に昔ながらの両替袋ごと手渡されるところもまた、面白いですね。
見てみたいです。

さて、今回の運行予定時刻は次の表のとおりです。

一見すると複雑に見えますが、要は、表中の白い部分は回送、黄色の部分のみ乗車できるようになっていますので、単純化すれば、

通る経路は
奇数番=3号系統と同じ
偶数番=2号系統と同じ
ということであるとともに(いずれも浦上車庫前~赤迫は通りません)、

奇数番=長崎駅前→蛍茶屋
偶数番=出島→浦上車庫前(中途半端な気もしますが・・・)
乗車も撮影・録音も可能ということで、

奇数番=浦上車庫前→長崎駅前
偶数番=蛍茶屋→浦上車庫前
外からの撮影(写真や動画を撮る)のみ可能ということです。

表中の時刻はおおよそですので、正確にその時刻に発着するとは限りませんので、あしからず。

なお、168号電車についての注意すべき点は、
1.スマートカードが使えない(おそらく、使用は1,000円以下の単位の現金のみに限られます)
2.空調設備がない(熱中症などを含めた体調管理も自己責任要素大)
3.かなり古いので、設備破損などの危険性も大きい(保守管理はきちんとされているとは思いますが、過信すべきではありません)
4.バリアフリーは皆無(さらに、乗降時の段差も、200型や1700型など通常の旧型車輌と比べてもかなり大きいと思われます)
というところでしょうか。
他にもあるかもしれませんが、今知る限りではここのところを気を付けていただきたいと思います。

土曜ですが、この特別な168号電車を松山町まで乗って、教会に来られるというのも、趣(おもむき)があって面白いのではないでしょうか。

この情報は、こちらからもご確認いただけます。
長崎電気軌道お知らせページへ

2月29日より

image

赤迫(または浦上車庫前)→蛍茶屋のみ、3号系統の運行が再開されます。
蛍茶屋→赤迫(または浦上車庫前)は、現状どおり2号系統で運行されます。

また、4号系統が20分間隔となる(間隔が長くなる)ため、西浜町(銅座側停留所)にて、1号系統(観光通り~正覚寺下での乗降に限る)と2・5号系統(賑橋~蛍茶屋での乗降)の間で、相互乗り継ぎの取扱いがされるようになります。
※2号系統と5号系統の間では、乗り継ぎの扱いとなりません。

3月7日からは、平日朝夕のラッシュ時のみ、公会堂前発→赤迫行きが運行されます。
蛍茶屋~諏訪神社前の各停留所から乗って、公会堂前で乗り継いで、桜町方面に行けるようになります。
教会の月曜礼拝と水曜祈祷会に関係しますね。

内容はこちらからどうぞ

ちなみに、1号~5号系統がそれぞれどのようになっているかは、この図で紹介されています。

image

詳しくは、長崎電気軌道ホームページにて、今後の発表をお待ちください。

100周年記念電車

image

image

image

image

西浜町アーケード入口電停を通ってたので。
乗客は乗れません。

そこにちょうど3000型が来たので、いっしょに。

image

今の期間終了後、次の運行期間は11月だそうです。

電車展3

image

出口付近は、行先表示幕の展示や、

image

グッズなどの販売、

カレンダー(1枚式)の無料配布、

image

過去のグッズや資料の展示などがありました。
普段は長崎西洋館3階の資料館に展示されているものが多いですが、電車展だけでしか見られないものもけっこうあります。

来場者には、

image

無料乗車券が1人1枚もらえます。
実際に使うもよし、
使わず記念に残すもよしの1枚です。

ただ、・・・

image

間違ってこれを出さないように気をつけましょう。w
こちらは、実際の乗車に対して効果がありません。

ながにゃん着ぐるみ登場!

image

image

100周年を記念して作られたキャラクターです。

あと、ncm(長崎ケーブルメディア)が撮影に来てました。

image

image

浜屋本館は、バスであれば長崎バスで、浜の町バス停(浜屋前)より浜屋新館を経由して徒歩1分です。
教会から直接なら、長崎バス・県営バスで、いずれも中央橋(鉄橋前・イケダ前)が便利です。
路面電車なら、観光通り電停から徒歩2分、西浜町アーケード入口電停から徒歩4分です。

水辺特集8/鉄橋と銕橋

image

中央橋バス停すぐの鉄橋(てつばし)です。

image

昔はこの隣に「銕橋」(くろがねばし)が並んで架かっていたそうです。
おそらく、西浜町アーケード入口電停が建てられたところで、銕橋が取り壊されたのではないかと思います。
銕橋は石柱だけになり、ここに銕橋があった歴史を物語っています。

中央橋バス停(鉄橋前)より、徒歩ですぐです。

インドア特集11/西浜通り

image

今回は、銅座の西浜通りです。

龍の頭が目印の通りで、通りの先頭(北)にはすき家とAOKI(今年春オープン!)があります。

この通りは、距離はそんなに長くありません。
だいたい200mぐらいです。
ビジネスホテルが2軒、コーヒーショップも2軒、青果店は3軒。
他には、ほんだらけとか、靴屋さんとか。
ビジネスホテルはニーズがいろいろあるのでよしとして。
しかし、不思議に思ったのが、

image

ドトールとヴェローチェ!
たった20mぐらいしか離れていませんけど・・・いいの?w

image

でも不思議なことに、両方とも偏りなくお客さんが入ってるようで、どっちも屈する気配はありません。

ドトールはけっこう中ぐらいのところ。
ヴェローチェは安く味わえる。
「今日はこっちにしようかな。」
それぞれニーズが違っているからこそ、両方あって逆にいいのかもですね。

image

永瀬屋。
乾物の老舗。
卸問屋とありますけど、小口で買えるので、個人にもウケはいいようです。

image

3軒の青果店のうち、ドトール側にある方は、いつも開いてるとは限らないので、閉まってる日はダイエー横に2軒ある青果店が賑わいます。

隣のチャイデリカは、中華点心のお店です。
いつも香ばしい香りをたてています。

向かいはUFJ信託銀行。
そのむこうに、(自分がよく行く)ダイエー銅座店です。

南側の端には、長崎港(海鮮丼)と岩崎本舗(角煮まん)。
どっちも長崎ならではですし、確かにおいしいですけど、地元民にはあまりおすすめできません。
観光客向け店舗と言うに近いと思います。
値段がけっこうアレだから・・・。w
その向かいは、ドーミーイン(ビジネスホテル)とファミマです。

西浜通りを抜けると、あの有名な、日本でいちばん小さな中華街、長崎新地中華街に出てきます。

西浜通りは、最寄り停留所が複数あります。

【長崎バスで】
北側=浜の町(S東美前・すき家前)からすぐ
※浜の町(浜屋前・ヴェローチェ前)からは徒歩2分
中央=浜の町(十八銀行本店前)から徒歩2分
南側=長崎新地ターミナルから徒歩4分

【路面電車で】
北側=観光通りから徒歩2分
中央=西浜町(中央橋ビル前)から徒歩2分
南側=築町から徒歩2分

目的のお店に合わせてお降りください。

今日の最後は

蛍茶屋から終発は、2号系統の浦上車庫前行きです。

image

image

image
この電車で帰ります。

2号系統は、
蛍茶屋→西浜町→築町→大波止→長崎駅前→浦上駅前→松山町→浦上車庫前(終点)
となります。
公会堂前~長崎駅前を大回りして、浦上車庫前に向かう、面白いルートです。
2号系統は、通常は終発だけの系統です。
ちなみに、2号系統の蛍茶屋行きは赤迫から出ています(蛍茶屋発と同様に、大波止を経由します)。
終発ということもあってか、休日以外はけっこう乗客が乗ってきます。

いずれも、桜町は通らず、(3号系統と比較して)所要時間も大幅に異なりますので、ご注意ください。

浜の町

長崎市民なら誰もが知っているであろう浜の町を、少し掘り下げてみたいと思います。

まず、鉄橋側の入口。

image

横断歩道と信号があります。

というのは、・・・

image

路面電車が通り、

image

車も通るからです。

image

西浜町アーケード入口電停が接しています(4号系統・5号系統・2号系統が通ります)。
路面電車は両方向にそれぞれ軌道(線路)がありますが、車道は南行の1車線のみ(一方通行)。
しかし、そこそこの交通量があり、重要性がわりと高いようです。
ですから、「横断歩道とが短いし、青信号が長いから♪」と言って、赤信号を無視するわけにはいきません。

ちなみに、中央橋バス停の鉄橋前は、この鉄橋すぐのところにあり、
長崎バスは
1番系統の寺川内・上床・あぐりの丘・光風台車庫・豊洋台車庫・桜の里ターミナル行き(起点)、
2番系統の虹が丘行き(起点)、
3番系統と8番系統の下大橋行き(起点)、
6番系統の立神・神の島一丁目行き(中川町方面から)、
60番系統の大平橋・田上・ダイヤランド行き(市役所前方面から)、
100番系統のココウォーク茂里町行き(矢上方面から)、
〔マイクロバス〕立山行き
さらに県営バスの
立神・神崎鼻口行き
女の都入口・女の都団地・西崎団地・サニータウン行き
6・12番系統 西山台団地行き・循環
立山行き
長崎駅前行き
長崎お買い物バス(ミニバス)
など、数多くのバスが出ているとともに、北部各線からの(親和銀行前経由)中央橋行きが入ってきます。

中央橋バス停のまるみつ前は、鉄橋前の向かいです(6番系統の神の島教会下・神の島工業団地行き、70番系統の風頭山・田上行き、80番系統の潮見町行き、90番系統の矢上・年の神・現川駅前・新田頭行きが出ています。

また、中央橋バス停はこの他にも、高野屋(からすみ店)前、肥後銀行前、さらに県庁裏に2ヶ所(アリタ前と花壇前)で、全部で6ヶ所あります。
それぞれで、乗降できる行き先が異なりますので、十分ご注意ください。
※同じ便(行き先)が2ヶ所に停まる場合もあります(例えば、70番系統と90番系統は、高野屋前とまるみつ前のどちらでも乗降でき、その場合は目的に合わせて選べ、とても便利です)。
※県営バスは、高野屋前と肥後銀行前は停まりません。また、県庁裏は中央橋ではなく県庁裏門前で、異なる停留所の扱いです(スマートカードの乗り継ぎ割引に影響しますので、ご注意ください)。