タグ別アーカイブ: 観光

2017もあと2日

で、終わりますね。
今年はいかがお過ごしだったでしょうか?

来たる2017年も、交通部ログとKouTube動画を、どうぞよろしくお願いします。

image

そんな今日、来月の昼間全線フリー定期(長崎バス)を、滑石の長崎バス観光で買ってきました。

あと、長崎バスは、明日までは日曜ダイヤで、12/31から1/3までは年末年始ダイヤで運行されます。
普段と異なるダイヤでの運行ですので、お出かけなどの際にはどうぞご注意ください。

長崎バス観光本社

滑石の、寺川内バス停すぐの車庫の片隅に、

長崎バス観光(株)があります。

隣に「教習課・新滑石寮」とかあって、一見すると「関係者以外立入禁止」みたいなイメージがありますが、一般の方々も普通に入れます。
滑石地区における長崎バスの窓口としても活躍中です。

長崎バス観光では、旅行商品の取扱いのみならず、各種定期券の新規・継続発行(昼間全線フリー定期券も有り)、長崎スマートカードの新規発売・積み増しが可能です。
長崎市内1日乗車券は確認しておりません(すみません・・・)。
※一般型定期券の券種変更は、長崎バス本社(長崎新地ターミナル)を経由して取り扱うため、日数を要しますのでご注意ください(=お急ぎの場合は直接、長崎新地ターミナルにて手続きされると無難です)。

年末年始などは分かりませんが、窓口営業時間は9:00~18:00(土休日も可)となっております。

先日の文章の訂正とお詫び

すみません、間違いがありました。

長崎新地ターミナルの窓口についてですが、分け方に誤りがあります。

先日の文章では、

1・2番=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
3~5番=長崎スマートカード関連(新規発売、積み増し、定期券の新規と継続、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

となっていましたが、正しくは、

新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い

です。

よく見たら、6・7番以外が全然違ってました。

ですので、当該箇所については上記文書に変更しました。

訂正とともに、お詫びを申し上げます。

昼間全線フリー定期券を購入する場合

長崎バスではおなじみの破格な定期券「昼間全線フリー定期券」。

長崎新地ターミナルで昼間全線フリー定期券を購入しようとする場合、一般型の定期券(=区間・経路・有効期間などを各自で決めて購入する定期券)の窓口に顔を出しますと、「あちらへどうぞ。」と取り次がれます。

では、正しくはどの窓口に行けばよいのでしょうか?

・・・

正解は、

7番窓口です(21時過ぎだったので閉まってますが)。

18時までとなっていますので、時間外となってしまった場合は他の窓口に尋ねてみていただければと思います(購入できるかもしれません)。

他(ココウォーク茂里町バスセンターや各営業所など)の窓口では、お問い合わせや各種定期券・スマートカードなどの取扱いが一本化されていて簡単ですが、長崎新地ターミナルだけは各部門ごとに窓口が分かれていますので、ご注意ください。

関連で分けて考えてみると、
新地総合サービスセンター(1番の左側)=お問い合わせ、観光商品関連(1日乗車券の取扱い、長崎バス観光の取り次ぎなど)
1・2番=高速バス関連(※長崎-大分線のきっぷは、長崎バスでは取り扱っておりません。)
3・4番=一般型定期券(定期券の新規と継続、払戻し)
5番=3・4番の業務+長崎スマートカード関連全般(新規発売、積み増し、払戻し、顧客情報変更、自動割引精算の設定、乗降履歴の印刷など)
6番=企業・団体定期券専用
7番=紙式乗車券類(1日乗車券を除く)の取扱い
という振り分けがされていると思います。
間違ってたらすみません。

というか、以前と比べて、3~7番はかなり変更がされています。
以前は、昼間全線フリー定期券も3~5番の窓口で良かったのが、閑古鳥だった7番にいつの間にか移ってますし。
おそらく、それだけ利用客数が多いということでしょうね。

ちなみに長崎新地ターミナルで、長崎バス1日乗車券(市中央観光型・世界遺産型とも)を購入する場合は、お問い合わせの窓口(1番窓口)が正解です。

なお、各窓口の取扱い時間帯については、別途ご確認ください。

さるくナビで(2)

image

ちなみに、コチラがコース紹介です。
コース案内をスタートさせるために、紹介の下にある「スタート」をタップします。

賑橋電停から歩いてスタート地点に着くと、

image

この画面に切り替わりました。

image

長崎バスの親和銀行前バス停(DRUM BE-7側)のところが、このコースのスタート地点みたいです。

いよいよスタートです。

image

最初に、「中島川の成り立ち」の説明板に近づいたところで、このポップアップが出ました。
実際の説明板は、

image

この3枚ですが、さるく向けの説明板は中央の(モノクロ写真が添付されている説明板)です。
しかし、右のも左のも併せて見ると、さらに参考になりますね。

説明板のないスポットでは、

image

この石碑や、

image

眼鏡橋などのように、説明+写真が大きく表示されます。
写真が1枚のところが多数ですが、眼鏡橋は

image

image

なんと5枚もの写真が添えられています!
タップすると、単体で見ることもできます。
ちなみに、リアルに見た写真はこれ。

image

添付されている昼間の写真と違い、ライトアップされているのは夕方~夜ならでは。
橋としてだけではなく、歴史的建造物であるとともに、観光スポットとしても機能していることが分かりますね。

(3へ続く)

2月29日より

image

赤迫(または浦上車庫前)→蛍茶屋のみ、3号系統の運行が再開されます。
蛍茶屋→赤迫(または浦上車庫前)は、現状どおり2号系統で運行されます。

また、4号系統が20分間隔となる(間隔が長くなる)ため、西浜町(銅座側停留所)にて、1号系統(観光通り~正覚寺下での乗降に限る)と2・5号系統(賑橋~蛍茶屋での乗降)の間で、相互乗り継ぎの取扱いがされるようになります。
※2号系統と5号系統の間では、乗り継ぎの扱いとなりません。

3月7日からは、平日朝夕のラッシュ時のみ、公会堂前発→赤迫行きが運行されます。
蛍茶屋~諏訪神社前の各停留所から乗って、公会堂前で乗り継いで、桜町方面に行けるようになります。
教会の月曜礼拝と水曜祈祷会に関係しますね。

内容はこちらからどうぞ

ちなみに、1号~5号系統がそれぞれどのようになっているかは、この図で紹介されています。

image

詳しくは、長崎電気軌道ホームページにて、今後の発表をお待ちください。

長崎バスホームページの外国語対応について

長崎バスホームページでが、一部の外国語にて案内ページができております。

image

英語・韓国語・中国語・台湾語(と日本語)にて、長崎バスの基礎的な案内がされておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

ここからご覧になれます

基礎的な観光案内に加え、長崎バスの乗降の手順も、外国語にて案内されております。

image