タグ別アーカイブ:

歩行者天国

以前よく「ホコテン」とか言われていましたが、今はどうでしょうか?

image

アーケード街の多くは歩行者天国となっていますが、歩行者天国の特徴は「車両通行禁止(時間帯を指定して)」が目立ちますね。

この場合、それぞれの車輌はどうすればよいのでしょうか。

①自転車・リヤカーなど軽車輌
エンジンがありませんので、特に複雑な取り決めはなく、降りて押して歩くことで通ることができます。
この方法で、歩行者として通ることができるからです。
ただ、別の歩行者への衝突や、駐輪禁止場所などには気を付けて、責任感をもって通行してください。
あと、電動アシスト自転車の場合は、念のためアシストをオフにしておきましょう。

②原付・自動二輪(普通~大型二輪)
エンジンがついていますので、軽車輌と同様に降りて押して歩くだけでは不十分で、それに加えてエンジンをオフにするようにも取り決めがあります。
車体にけっこうな重さがありますので、よろけたりするとそれもまた巻き込む恐れがあって危険です。
通る際には、細心の注意を払ってください。

③四輪(軽自動車~大型)
四輪は通行できません。
ただし、時間外(通行が許可されている時間内)であれば、通行できます。
しかし、荷物の積み降ろしなどがあったり、歩行者がどう歩くかも推測しづらいのもあって、通りやすくはないと言えるでしょう。
結果、「必要があって通る」程度におさまることが多いのは、そのためです。

上記の点を守れば、だいたいは引っ掛からないと思います。
逆に歩行者も、いつどのようにどんな車輌が通るか分かりません(不正に通行される危険があります)ので、周りへの注意はまったく不要とは言えないところです。
安全のために、ご理解をお願いします。

エコドライブ10のすすめ

image

エコドライブ10のすすめ。
いきなり「10もすすめられたら覚えられないワン」で始まっていますが・・・。w

image

自分は車を持っていませんが、教会の車を運転する奉仕の際に、できるところから心がけて実践しています。

①ふんわりアクセル「eスタート」
緩やかに発進するアクセル操作です。
4~5秒で20km/hにあがる程度にします。
急発進する場合と比べ、エンジンの回転数が大きく下がり、燃費がよいだけでなく、前後左右に働くG(gravity=重力)が小さく、より快適な乗り心地を追求できます。
状況にもよりますが、追突事故防止にも努めることができます。

②車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
車間距離を必要に応じてとることで、速度を安定させやすいことや、加減速の必要性が減ることで、燃費も安全性も向上させようという主旨です。
加速するとどうしても回転数が多くなりやすいですし、減速すればするほど加速する必要も必然的に増えるためです。
車間距離にゆとりがないと、たとえどんなにベテランでも絶対安全とは限りません。いざ前の車が急ブレーキを使用した時に対応できず、追突事故にもなりかねませんね。

③減速時は早めにアクセルを離そう
信号や停止線、給油時や目的地到着時など、減速の必要が把握できているときは、早めに加速・速度維持をやめることで、燃料の消費を抑えるだけでなく、より安全に停止できるよう努めることができます。

以下、さらに7項目が挙げられていますので、インターネットで検索し、ぜひ読んでおきましょう。

アイドリングストップは、是非が多く問われていますが、(エンジン始動時の燃料消費がどうしても大きいという理由もあるため、)車の性能によっては1分以上の停車で有効なようです。
しかし、タイミングが読みづらい場合も多いので、「しなければならない」という強制概念に縛られず、「必要を感じたらする」具合でいいのではと思います。

今はすでにエコの時代。
燃費が向上すると、給油にかかる経済やあらゆる手間・時間の削減にもつながります。
どのような状況に置かれているかにもよりますが、全部が強制事項というわけではなく、たとえ少しでもできることから実践していきましょう。