タグ別アーカイブ: 車庫

今日は熊本へ

先週に続き、なんと今週もSunQパスの残り1日をいただくことができたので、今日は熊本へ行ってきました。

今日はけっこう雨でしたし、さらに明日から5日間、教会の関連で事が続くので、あまり今日はキツすぎない行動で。

長崎駅前ターミナルで往復とも座席指定を取って、

image

りんどう号で、終点の西部車庫まで。

image

西部車庫は、産交バスの営業所でもあります。

image

ちなみに、今回は往復とも、長崎県営バスの長距離用車輌でした。

image

最近の高速バスは、充電しながら移動できる車輌が増えてますね。

image

3号系統運行再開(蛍茶屋行きのみ)

image

カメラが間に合いませんでしたが………。
昨日(2月29日)から、路面電車の3号系統(桜町経由)の運行が、朝夕のラッシュ時以外は蛍茶屋行きのみ再開されました。
蛍茶屋発→浦上車庫前方面は、引き続き2号系統(大波止経由)で運行されます。
ラッシュ時は公会堂前発→浦上車庫前方面が運行されるとのことですが、その場面を見てみたいですね。

3号系統について

image

3号系統の完全復旧は今しばらくかかりそうですが、片側(蛍茶屋行き)のみ復旧のために夜間工事が始まっているとのことです。
1月中旬ごろに工事を終え、完全復旧までは蛍茶屋行き3号系統+赤迫(・浦上車庫前)行き2号系統という組み合わせで運行されるであろうと思います。
詳しくは、長崎電気軌道のホームページなどで発表されるお知らせをご確認ください。

晴海台団地

image

image

晴海台団地
はるみだいだんち
長崎市(三和地区)

野母崎方面(樺島行き・岬木場行き)とは、蚊焼入口まで同じ道を通り、その先の「晴海台」の看板から右折します。
おもに一軒家の多い、雰囲気のよい住宅街です。
一般タイプのバスに加え、コミュニティバスも終点・起点となる停留所です。

終点として降車する標柱は通りにありますが、起点として乗車する標柱は車庫内にあります(下の写真の右側)。
ここから乗車される場合、バスの動きにご注意ください(駆け込みは非常に危険です)。

上横尾車庫~時津(左底経由)⑤

買い物を済ませて、帰り道。
左底から・・・確か、(時津港入口より)運賃が1段階、高かったよな。
まぁ、高いっても10円そこらだろうけど。

で、時津港を眺めながら、時津港入口。

image

image

時津港入口・・・

渋滞で、バスがいつ来るのかも読めないし、この時間帯は琴海方面からは乗客が多い。
(時津と)同じ運賃で、渋滞の中を立ち席で乗るぐらいなら・・・

次(時津バス停)まで歩こう!

image

十八銀行側の時津(とぎつ)。
当初の予定では左底から乗って帰るつもりだったのが、最終的には2停のびて、時津まで歩きました。

これだけ歩いて、しかも買い物して荷物が重くなってるので、とにかく座って帰りたかったw。
溝川発は、よい場所にとはいかなくとも、けっこう席が空いてるので、これなら逆に少し余計に歩いても、トータルしてこの方がらくに乗れる。
で、こうなりました。

上横尾車庫~時津(左底経由)④

なづみ団地口を過ぎると、

image

image

時間が遅くて閉店してますが、
フラワーショップがあります。

image

上左底。
目的地が近づいてきました。

image

日が暮れてきました。

この大きな道、先は行き止まりだそうですが、どうなっているんでしょうね?

image

目的地に着きました!

image

image

カフェファディ。
「カフェ」とついてますが、コーヒー類だけではありません。
業務用の食材を取り扱うお店ですが、1人の1食分から品揃えがあり、個人客にも人気です。
以前は、継石バス停近くで少し奥にお店がありましたが、今は左底と上左底の間で通りに面したところにあります。

(次に続く)

上横尾車庫~時津(左底経由)②

上横尾車庫から出発して、みかんちゃん号の通りをたどります。

image

image

まず、この交差点です。
奥の方の細い道(登り坂)が、上横尾車庫や上横尾の方向で、さっき下ってきた道です。

で、この交差点の近くに、

image

鳴鼓トンネル口(なづみとんねるぐち)バス停があります(みかんちゃん号は通りません)。
あさは畝刈方面からの2便のみ、夕方(18時頃)は長崎新地ターミナルからの1便のみの停留所です。

image

畝刈方面からのは、このとおり。
長崎新地ターミナルからのは、標柱が分からなかったので撮っていませんが、いずれも少ないことが分かります。

なのでこの停留所は、昼間全線フリーでは乗降はおろか、通過もできません(最初から最後まで時間外だからです)。

ちなみに鳴鼓トンネルは、

image

image

こうなっています。

image

延長(=いわゆる、長さ)2046メートル!
2キロちょっと。長い・・・。
しかも、施工(せこう)に「時津側」と「鳴見側」(長崎市)とあることから、このトンネルも長崎市/時津町の境をまたがることが分かります。
しかも、今回の目的地とは方向も違うので引き返しましたが、どこかで機会があったら行ってみたいと思います。

では、左底に向けて、さらに続きを歩きます。
(次に続く)

上横尾車庫

image
image

上横尾車庫
かみよこおしゃこ
時津町

上横尾バス停からわずか150メートル、長崎市と時津町の境のすぐ近くにある停留所と車庫です。
上横尾からここまで回送されて待機する(上横尾線の)バスが入ります。
この停留所から、一般の乗客は、〔ミニバス〕みかんちゃん号のみ乗降できます。