タグ別アーカイブ: 軍艦島

4月からのダイヤ改正(長崎バス)

いよいよ、明日から4月ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
交通部です。

image
今度は、昨年と同じく4月6日にダイヤ改正を行う長崎バスについてです。
今回のダイヤ改正では、けっこう大きな変化があるようです。
今年もやってくれます!
そちらを紹介していきましょう。


エアポートライナー(道の尾・川平バイパス経由便)
image
こちらの経路は従来に加え、諫早インター停留所も通るようになります。
赤○が、新しく停車する停留所です。
県営バスの高速大村シャトルに似てますが、まず大橋~井手園・川平バイパスを通るところが違いますし、長崎空港発着ですので、全部が同じというわけではありません。
今回の改正点はそれらに加え、長崎大学前・バイパス多良見・諫早インター(上記どおり)・大村木場・桜馬場・中古賀島にも停車します。
長崎駅前~井手園は、長崎市内行きは降車のみの対応、長崎空港行きは(ココウォーク茂里町始発から井手園まで)乗車のみ対応です。
桜馬場~長崎空港は、長崎市内行きは乗車のみの対応、長崎空港行きは降車のみ対応です。
バイパス多良見・諫早インター・大村木場の3停留所は、長崎市内行き・長崎空港行きともに、乗降いずれも対応です。
県営バスの空港リムジンバス昭和町経由便と同様に、松山町にも停まりますので、教会まで徒歩6分ほどです。

この路線の改正については、こちらから長崎バスホームページをご確認いただけます。
エアポートライナー(道の尾経由)について


長崎新地ターミナル・小江原北高前~本原1丁目~フランシスコ病院前~西山台団地~三川町線
image
こちらも県営バスに対抗するのかw、上図のように新路線が登場します。

この路線は、表記をよく読んでみると、長崎新地ターミナル外(おそらく4番系統と同じ)のりばより発車し、4番系統と同様に銅座通りを通って浜の町・中央橋へ、さらに大波止・大学病院前経由で浦上天主堂前を通り、その先は県営バス循環線(5番/6番系統)と同様に一本木へ、三原小学校前・三原団地は通らず西山台団地に入り、三川町に至るようです。
便数表記から推測するに、朝以外は上下それぞれ毎時2便程度ではないかと思われます。

もうひとつは、三川町からカトリックセンター前まで同経路で、天主堂通りを通って浦上天主堂前・平和公園下へ、松山町停留所はなく、市民プール前から城栄町や小江原北高前に至ります(こちらは通学時間帯のみ運行です)。

これまで、長崎市中央から教会最寄りの浦上天主堂前に行くには、長崎バスですと江平線(8番/20番、中央橋発)とミニバス元気くん号(ココウォーク茂里町発)に限られていましたが、この路線でも降車可能となるようです(もし仮に浦上天主堂前通過でも、カトリックセンター前から教会へ徒歩5分ほどです)。


ココウォーク茂里町(・南高前・立神)~芒塚~矢上~つつじが丘線
image
こちらも県営バスに対抗するっぽい感じですね。w
これまで、長崎バスでつつじが丘へ、あるいは長崎市街地へ行くには、矢上あたりで乗り継ぐ必要がありましたが、この便に乗ることができれば乗り継ぎナシでつつじが丘へ(から)行くことができるようになります。
ココウォーク茂里町~つつじが丘の便は、上下それぞれ毎時1便ほどと思われます。
昨年度は立神~東長崎の直通がなくなっていましたが、ふたたびこの直通が登場します(とはいっても、2便だけとのことですが)。
中央橋では、鉄橋前で降りることができるので、教会へさらに行きやすくなります。

4ミニバスゆりちゃん号
image
経路は従来どおりですが、江平3丁目・江平中登口(えびらちゅうのぼりぐち)バス停が新設されます。
江平地区における乗降が、さらに便利になります。
平和町商店街を経由するか否かについては、特に表記がありませんので、従来と同じ具合であろうと思います。


緑ヶ丘団地線・琴の尾登口線
image
のぞみの杜入口バス停が新設されます。
池原~三根の1停間は1kmほどに及ぶ長い区間でしたが、間にのぞみの杜入口バス停新設で、地域の方々の乗り降りが便利になります。


中山ダム線
image
中島公園前バス停が新設されます。
時津の日並地区が便利になる点も挙げられますが、それより1日の便数が極めて少ない区間に停留所が新設される例はかなり珍しいです。


茂木方面~ココウォーク茂里町線新設
停留所名の変更
image
茂木方面(茂木・茂木港・北浦・宮摺・千々)とココウォーク茂里町を結ぶ便が新設されます。
…………かつては溝川までを結んでいた路線なので、新設というよりはココウォーク茂里町まで復活するといった方がいいかもですが。

ゆたか荘前(香焼地区/コミュニティバス香焼三和線)
→円福寺前
海の健康村(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→アレガ軍艦島
野母崎小学校前(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母公民館前
野母崎病院(野母崎地区/コミュニティバス野母崎線)
→野母崎診療所
式見ハイツ(あぐりの丘付近/あぐりの丘線・コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル
式見ハイツ入口(式見地区/コミュニティバス滑石式見線)
→高原ホテル入口
日吉青年の家入口(日吉地区/飯香の浦線)
→日吉自然の家入口

長崎バスのダイヤ改正のおもな点については以上です。
長崎バスのダイヤ改正については、こちらからもご確認いただけます。
長崎バス一般路線のダイヤ改正について

お問い合わせは、長崎バスホームページ、またはココウォーク茂里町バスセンター・新地総合サービスセンター案内係(長崎新地ターミナル)へどうぞ。

長崎バスホームページはこちらから

image

軍艦島

………資料館に行ってみました。

image

南越(バス停)で折り返し乗って戻るつもりが、折り返しの便が間髪いれずに来てしまったがために間に合わず。
55分の待ち時間をどう過ごそうかと思い、着いたのが軍艦島資料館でした。

image

入場料がかかるならためらいましたが、無料なので迷わず(時間潰しに)入場。
ちなみに、ストレートに行くなら、(野母崎の)運動公園前が最寄りで、歩いてすぐです。

軍艦島(正式には端島)の、かつての炭坑と産業の歴史が展示されています。
内部の情報は来てみてのお楽しみですが、

image

image

望遠鏡を覗いたのがこちら。

image

image

image

よく見える。
実際に上陸して見学するほどの迫力とかはありませんが、無料でここまではっきり見れれば十分いいと思います。

長崎は海がきれいですが、それだけでなく全体的に観光物資が豊富なのも、魅力ですね。

運動公園前

image

野母崎の運動公園前バス停の青い部分に、「軍艦島資料館前」と表記されています。
軍艦島が見える野母崎の海岸に、軍艦島資料館がオープンしました。

軍艦島資料館は、長崎バス30番系統の樺島行き(またはコミュニティバス野母崎線)で、運動公園前よりすぐです。
1回だけなら世界遺産1日乗車券(大人1日1,000円)でおトクにアクセスできますが、乗り方によっては昼間全線フリー定期券※(大人1ヶ月、一般用6,000円、障害者用3,000円)がさらにおトクです。


昼間全線フリー定期券は、長崎バス全線(コミュニティバス・高速バスを除く)で、平日・土休日いずれも、降車する時刻が10:00~17:00の場合に有効な1ヶ月定期券です。
さいかい交通は、長崎新地ターミナル~石原、二股~大串(=いずれも、長崎バスの運行範囲内)のみ有効で、乗り越しは石原・大串からの運賃(または有効な定期券)が別途必要です(スマートカード精算可)。
月極め制で、購入日~月末、または購入翌月の1日~月末(前月25日より発売開始)が有効期間です。
障害者用は、購入時・降車時いずれも、手帳の提示が必要です。

今、ココウォークでは

image

2階南側で、世界遺産に登録された端島(軍艦島)の「軍艦島の今と昔」が展示されております。
興味のある方は、ぜひお出かけください。

ココウォークは、長崎バス・県営バスではココウォーク茂里町下車すぐ、路面電車では茂里町・銭座町下車でそれぞれ徒歩2分です。

長崎バス旅2

image

image

長崎市と西海市の海を見てまわるコースをご紹介したいと思います。
特に、外海(そとめ)や野母崎の海は最高です。
内海(うちめ)は、日本二十六聖人が西坂で殉教する前に彼杵(そのぎ)の海岸から眺めた、「日本のガリラヤ湖」こと、大村湾です。
また、板の浦から桜の里ターミナルまでの間には道の駅があり、その近くに遠藤周作文学館などがあります。
さらに、以下宿~運動公園前の区間では、西側に軍艦島(端島)が見えます。

凡例の追加
さ=さいかい交通

松山町
↓長1大串¥750(※1)
大串
↓さ*樫の浦(西海橋東口・横瀬・面高・太田和港経由)¥790
板の浦
↓さ20長崎新地ターミナル¥870(※2)
ココウォーク茂里町
↓長30樺島¥680
樺島
↓長100ココウォーク茂里町¥660
中央橋
↓長8下大橋¥160
浦上天主堂前~如己堂下

運賃合計¥3910
※1:時津北部ターミナル乗り継ぎの場合、運賃は異なります。
※2:桜の里ターミナル乗り継ぎの場合、運賃は異なります。
※3:昼間全線フリー定期券の利用もおすすめです。ただし、時間外降車不可に加え、次の区間は利用できません(当該区間の運賃が必要です)。
大串-板の浦
板の浦-石原

松山町発からココウォーク茂里町着までの経由順を逆(松山町→外海→板の浦→太田和港→面高→横瀬→西海橋東口→大串→内海→ココウォーク茂里町)にしますと、接続は保証できかねますが、さらに海が見やすく、おすすめです。

軍艦島を眺めながら

image

30番系統の野母崎線は、黒浜から運動公園前までにかけて、海のむこうに軍艦島(端島)を眺めながら進んでいきます。

炭坑産業が盛んだった当時の軍艦島は東京都を超える人口密度でしたが、廃坑されるとともに市内への移住が急激に進み、廃墟と化した島です(長崎港のジオラマ資料より、簡略)。
現在は、クルーズ(乗船)とセットで一部のみ立入可能です(原状維持と危険防止のために、大部分を立入禁止とされています)。
※上陸できる乗船プランは、各自でお問い合わせください。