タグ別アーカイブ: 道の尾

長崎バスで教会へ‼3/道の尾→昭和町→浦上天主堂前編

動画ができました。
今回は、滑石・時津方面からの便を道の尾で降り、もう一方の道の尾へ徒歩で渡り、ゆりちゃん号に乗り継ぎ、住吉・昭和町を通り、浦上天主堂前から教会へ歩くコースです。
「道の尾での乗り継ぎが難しい(分かりづらい、渡りが長い…など)。」ということで、あえてこのようにコースを組んでみました。
ゆりちゃん号沿線や長崎バス北部路線からのみにとどまらず、さいかい交通の板の浦線からの乗り継ぎにも適用できます。

教会へ行ってみる動画2

教会へ行ってみる動画その2ができました。
今回は、長崎バス20番の中央橋行きで、松山町まで乗って教会へ行くコースです。

インドア特集10/サンモール中園・サンモール住吉

image

浜の町ほどの賑わいはないものの、住吉に2つのアーケード街があります。

サンモール中園と、サンモール住吉です。

image

ここは、長崎市街地北部の台所、長崎の副都心。
人々の生活の必要を備えており、いつもたくさんの人々が買い物に来られております。

長崎バス・県営バス・路面電車(長崎電気軌道)が通る他、JR西浦上駅(長崎線長与支線)から徒歩1分(サンモール中園の西口)のところに位置しています。
長崎バス・路面電車は相変わらず便利ですが、県営バスは昨年度に女の都方面-滑石の路線を運用開始し、さらに今年度は中央橋-滑石の路線を運用開始し、ますます便利になりました。
ゆえに、市街地北部ではあるものの、交通は便利です。
道の尾・長与経由のJR定期券なら、せっかくですから途中下車して立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。
通勤定期ならもちろん、通学定期でも途中下車できます。

サンモール中園は、ジョイフルサン中園店・ダイソー・マクドナルドを中心に、ローソン、青果店(名前忘れた)、イソヤ(介護施設)などがあります。

サンモール住吉は、おもに小さなお店が多く、少し昔ながらのスタイルを味わえます。

チトセピア(ダイエーがメイン)が近接しているため、こちらも浜の町と同様に顧客獲得に余念がなさそうです。

ぜひ一度、気に入ったら何度でもですが、ぜひ足を運んでみませんか?

新ダイヤレポート15

今回は、中央橋-滑石団地線です。
中央橋より、ほとんど長崎バスの既存路線と同様の道のりをたどります。
発も、鉄橋前の中央橋です。
しかし、まったく同じではありません。
長崎バスの中央橋-滑石団地経由線ではすべて市役所前経由ですが、県営バスの路線では県庁裏門前・大波止経由であるところが違いです。

大波止を過ぎると、長崎バスの既存路線と同様です。

image

長崎駅前・浦上駅前・松山町・住吉・赤迫・道の尾・横道・北栄町と通り、

image

なんとも中途半端ですが、北陽小学校前で終点です。

この路線は、長崎営業所の担当です。

image

滑石団地は、以前は長崎バスがほとんど独占的に通っていましたが、県営バスも通るようになり、ますます便利になりました。

image

新ダイヤレポート10B

中央橋-溝川線です。
溝川行きは、この、肥後銀行前の中央橋から発車し、大波止・長崎駅前南口・浦上駅前・住吉・道の尾・時津・浜田を通ります。

image

肥後銀行ショーウィンドウの、ちょうどいいところにデジタル時計があります。
ただ、あいにくこの路線は、渋滞の多い路線であるゆえに、推測がつきにくく、場合によっては不意討ちで来て発車してしまう場合もあります。w
あらかじめご理解の上、ご乗車ください。

image

長崎ですが、肥後銀行の前です。

image

ほぼ定刻に来ました。

image

茂木-溝川線だった頃と比べて、先頭の表示はあまり変わっていません。
横(乗車口)の経路表示が変更された程度です。

また、中央橋から溝川に至るまでの経路も変更がありませんので、中央橋からは従来どおり乗車できます。

※溝川発→中央橋行きは、大波止発車後、県庁裏(アリタ前)の中央橋で終点です。高野屋前の中央橋ではありませんので、ご注意ください。

イオン時津は、この路線で終点の溝川から、徒歩2分です。
image

新ダイヤレポート5

今回はいよいよ、教会の前を通る、ゆりちゃん号です。

時間の都合で、一部区間(道の尾→百合野団地→道の尾→平和町商店街)のみの乗車しかできませんでしたが、運行開始前のイメージ(推測)を検証できる乗車になりました。

まず、道の尾から乗り、百合野団地を循環します。

百合野病院

image

百合野団地を循環し終えると、江平から来た、同じ道を戻ります。
※百合野団地循環後は同じ道を戻る路線ですが、運賃は下がりません(最高370円まで上がり続けます)ので、意図としない乗り越しや、整理券紛失などにはご注意ください。

image

道の尾、住吉、昭和町、本原一丁目においても、従来どおりです。

image

カトリックセンター前から右折し、サントス通りを如己堂下まで通り、坂の上で左折、そのあとさらに左折し、橋口町、平和町商店街を通りました。

そのあとは昨日見たとおりで、教会の前を通り、平和町商店街(北側)を出たら浦上天主堂前を2ヶ所通り、江平中学校前まで登って終点です。

image

image

ちなみに、平和町商店街バス停の標柱は1本ですが、停留位置と時刻表はきちんと両方にありました。

image

どうりで、いくら探しても見つからないなと思ったら、そんなとこに・・・

image

これまでには、片側の標柱に両側の時刻表がひとまとめに貼り出されており、1本の標柱で両側をカバーしているスタイルは、おもに便数や人口の少ない地帯(野々串、水崎、亜熱帯植物園入口、池田、川原木場、沖の島教会下、谷門、下平床~尾似田、明喜田、中山~塩屋越、鰐淵~浜河内、堂崎、年の神~現川、星取、二見茶屋~白岩、大崎~南中学校下、田手原~山川河内、宇都口、中尾先など数多く)にありました。
この場合、(乗車意思表示のため)手を挙げることで乗車が可能です。

しかし、平和町商店街は観光地に近く、さらに昔ながらの商店街と住宅街の両方の特性を持っています。
それゆえ、道幅が狭いうえに交通量(車)も歩行者数もそこそこ多く、標柱を立てるのに安全な面積が取れなかったと思われます。
そのため、この標柱(代わりのプレート)は、長崎ではこれまでに例のなかった、この停留所(平和町商店街)で初めて採用された新しいスタイルです。
確かにぱっと見、長崎バスの駐車場とか私有地とかの看板にさえ見えてしまいます。
が、もっとも面積を要さず、歩道の幅を最大限に生かし、車のサイドミラーなどの衝突などによる両者(車と標柱)の損壊の危険性を最小限にするための工夫がなされています。
これは確かに斬新だけど、低いし、目立たなすぎて分かりづらい!w

長崎空港線きっぷ発売中

image

長崎バスターミナルホテル(長崎新地ターミナル横)・ココウォーク茂里町バスセンター・大橋営業所・桜の里営業所(桜の里ターミナル)・時津営業所では、長崎空港線きっぷを発売しています。

長崎市内(道の尾・横道・打坂を除く)長崎空港
片道券:大人800円、半額400円
2枚回数券:大人1200円、半額600円
※道の尾・横道・打坂・井手園でも乗降できますが、差額の払い戻しはありません。
※長崎空港線すべての路線でご使用になれます(長崎バス便・県営バス便のいずれでも使用可)。

道の尾・横道・打坂・井手園-長崎空港
片道券:大人700円、半額350円
2枚回数券:大人1000円、半額500円
※井手園・川平バイパス経由の便で、かつ、上記の停留所(道の尾~井手園と長崎空港)に限り乗降できます。他の停留所での乗降にはご使用になれません。

※長崎バスターミナルホテルとココウォーク茂里町バスセンターでは、券売機にて長崎市内-長崎空港の片道券・2枚回数券のみの発売です。道の尾・横道・打坂・井手園-長崎空港の券は発売しておりません。
※2枚回数券には有効期限がありませんが、券売機発行の券(感熱紙使用)は日数の経過とともに印字が薄れる場合がありますので、お早めにご使用ください。

長崎空港へお越しの際は、ぜひご利用ください。

【路線紹介】満永線

image

image

満永(みつなが)線

担当営業所:松ヶ枝営業所

おもな経路:
長崎新地ターミナル(発:1番/着:20番)

大波止

長崎駅前

住吉

道の尾
├────道の尾温泉前
天満宮下

北陽台高下・南陽台

榎の鼻

長与役場

皆前橋
├───丸田─丸田温泉
定林橋

寺の下

満永(発:20番/着:1番)・前田河内

堂崎(発:20番/着:1番)

多良見大浦(発:20番/着:1番)

紹介:
道の尾のすぐ先より、長与町に入ります。
1日1便のみ、道の尾温泉前を通ります。
天満宮下~榎の鼻は分岐し、北陽台高下経由、または南陽台・青葉台団地経由で、それぞれ経路が異なります。
そして、長与町北部に向かって伸びる路線です。
※堂崎・多良見大浦発着は、すべて北陽台高下経由です。

前田河内経由は1日1往復のみ、他はすべて満永を経由します。

下岡を過ぎると、日本のガリラヤ湖とも言われる大村湾を、北向きに眺めながら進みます。

終点間近の潮井崎や大堂平(おおどびら)からは、潮井崎公園が近く、子供も楽しめる場所です。
時季によっては、農家にみかんがなっていることもあります。

さらに、堂崎からは堂崎の鼻まで徒歩10分、魚釣りの場として人気です。

終点の多良見大浦では、県営バスが喜々津方面につながっています。
長崎バスでは、この多良見大浦のみ、諫早市に停留所があります(長与町ではありません)。

新しいローソン&岩屋口

image

新しいローソンが、岩屋口バス停すぐのところにオープンしました。
長崎でローソンは、畝刈と長崎駅前を除くと、あまり見かけません。
なので、この道の尾地区でローソンが必要となると、ここ、もしくは高田越(こうだごえ)バス停すぐのところの店舗に行くことになります。

image

岩屋口
いわやぐち
長崎市(道の尾地区)

虹が丘線(2番/20番系統)
中央橋-市役所前(一部除く)-大橋-西町-葉山-虹が丘
の、葉山付近の停留所です。
しばらく歩けば道の尾に西友もありますが、上記のとおりローソンが新しくオープンし、さらに便利になりました。