タグ別アーカイブ: 道路

昨日の疑問話から

昨日、島原から長崎への戻りに、諫早市貝津町で「この建設中の道路とトンネルが気になるんだけど・・・何?」という話があったので、「多分だけど、島原道路になると思う。将来的には長崎道(高速)の諫早インターに直結させるんじゃないかなー。」と答えた上で、先ほど実際に島原道路について調べてみました。
まず、島原道路についての計画データから紹介します。

(長崎県ホームページより)

あまり細かいところは触れません。

特に多くの人が注目するであろうポイントは、全線開通時の区間と、車線(幅員)についての2点と思われます。

まず、車線(幅員)は、南森山~愛野の間で部分開通している無料区間と同様に2車線(上下とも1車線ずつ)、それに路側帯や中央分離なども合わせて12mとなるようです。
ちなみに、栗面は「くれも」と読みます。
別のデータですが、島原道路の一部となる南森山~愛野の間についてのデータで開示されている内容がこちら。

幅員が12.0m、括弧書きで「2車線、車道幅員7.0m」と添えられていることから、全区間をほぼ同一仕様で完成させると仮定すると、1つ目の表の幅員12mも、そのうち車道は7.0m(1車線3.5m)ということになります。

※あくまでも推測であり、必ずしもそうなるとは限りませんので、あらかじめご了解ください。

全線開通時の区間は、ここまでの表に記載がありませんので、別に2つの図を用意しました。

一部、形状が正確に定まっていないと思われる(特に緑色の)部分がありますが、大まかにはこの流れと捉えていいでしょう。

この図と表記から、諫早市の諫早インター~南島原市深江町を結ぶようになっていることが分かります。

通行料金とかETC使用の可否とかは、公にデータが挙がっていないので何とも言えませんが、現金払いで全区間利用すると普通車で700円前後になるのではないかと思っています。

※長崎バイパスを昭和町~長崎多良見を通った場合、普通車が270円であることから予想しています。

願わくは、安くて便利で快適な道路となることを期待したいと思います。
併せて、昨日の疑問話の結論は、あの建設中の道路とトンネルは島原道路の一部分であるとともに、島原道路は(長崎道の)諫早インターと直結されると言ってよさそうです。
諫早インター付近と雲仙市東部や島原市、さらには南島原市までも、スピーディーに結ぶ道路になりますね。

諫早は観光としては目立ちませんが、雲仙や島原が観光地域であるため、地域の利用者や観光客だけでなく、さらにはビジネスなどでも使われるでしょう。

交通クイズ

image

今回は、日頃よく目にする「歩行者用信号」に関するクイズです。
学校や教習所などで習ったことがあると思いますが、皆さんはいかがですか?
目の前にパトカーがいるときに注意されたことはありませんか?
そこで、安全と再認識のためにも、このクイズにぜひチャレンジしてみてください。
ちなみに、「灯火」は、「点灯している」という意味でお考えください(点滅は含みません)。

Q32
歩行者用信号に関する記述について、間違っている記述をすべて選択してください。

A.青(緑)色の灯火のとき、車輌の往来に十分注意して横断を開始できる。
B.青(緑)色の灯火のとき、緊急車輌(救急車・消防車・警察車輌など)が赤色の回転灯を点灯させ、サイレンを鳴動させて通行しようとしている場合であっても、歩行者が優先である。
C.青(緑)色の灯火のときでも、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がない場合、横断を開始せず止まることができる。
D.青(緑)色の点滅のとき、横断を開始していない場合、赤色の灯火に切り替わるまでに横断を完了できる自信がないときに限り、横断を開始してはならない。
E.青(緑)色の点滅のとき、横断歩道内にいる(=横断中である)場合、すみやかに横断を完了するか、中止して引き返す必要がある。
F.青(緑)色の点滅や、赤色の灯火のときでも、警察官の交通誘導にて横断を許可されている場合、横断を開始・継続できる。
G.赤色の灯火のとき、横断していない状態を維持する。
H.歩行者用信号の、青(緑)色の灯火と点滅、赤色の灯火の時間は、地域ごとにすべて同じである。
I.補助標識に「歩行者・自転車専用」とある場合、自転車もその歩行者用信号に従って横断する。
J.円形2灯式(青(緑)色と赤色)の信号は、歩行者は横断できない。
K.青(緑)色の灯火は「進め」、青(緑)色の点滅は「注意」、赤色の灯火は「止まれ」である。
L.深夜は、どの横断歩道でも消灯している。
M.交通弱者用ボタン(白の縦長ボックス中の押しボタン)は、横断しようとする人に交通弱者(おもに視覚障害者や下肢障害者、高齢者など)が含まれていない場合でも押してよい。

道路拡張+カーブ緩和工事、その3(岳路)

野母崎の観光地化に向けて、拡張+カーブ緩和の、岳路(三和地区)の道路の工事が進んでいます。
南(野母崎)側から順に、

image

↑第3区間(岳路バス停付近)

image

↑第2区間(岳路海水浴場前-岳路の中間)

image

↑第1区間(岳路海水浴場前バス停付近)

特に第1区間は、車道部分は舗装まで終わっていて、完成間近というところまで来ているようです。
灰色の部分が従来の車道、黒い部分が新しくできたところです。

3区間とも完成すれば、今までより非常に通りやすくなりそうです。
ただ、だからと言って飛ばして事故などを起こさないように!

さわらないように

バスや路面電車などに乗ると、後方に必ずと言っていいほどあるのがこれ。

image

一度は目にしたことがある方々も、多いのではないでしょうか。
火災時に限りませんが、非常の際に引くことで非常ベルを鳴らすスイッチです。

また、バスにはこの非常ベルのスイッチとセットで備えられてあるのが、

image

非常扉(非常口)です。
ただ、スイッチを起動させても連動的に非常扉が開くわけではなく、開く場合には別に操作が必要です。

ちなみに、悪意(いたずらを含む)で鳴動させ、非常扉を開くなどした場合、円滑な運行を妨げるなどの行為を行なったものとして、輸送約款などで裁かれ、罰せられることがありますので、不必要に絶対しないようお願いします。

参考までに、道路運送法より、旅客に関わる箇所を3つ抜粋。

image

第二十八条1項に、旅客(乗客)の禁止行為が明記されています。
最初からいきなり、小難しい言葉の羅列が続きますが・・・。
なんか、聖書より難しいような気が。
簡単に言えば第二十八条1項は、危険なもの(刃物・火気・爆発物など)、あるいは強い異臭を放つものなどの持ち込み、円滑な運行を妨げる行為などを禁止しています。
例えば今回の最後に挙げた、故意に非常ベルを鳴らすのも禁止行為に含まれると言えます。
もちろん、故意でなくとも、気付く限り配慮するに越したことはありません。

ただ、これを過度に取って、「どう困っても、運転者(運転士)に一切なにも尋ねられない。」とするのも行き過ぎです。
なぜなら、文中に「走行中の」とあることから、尋ねることについて、停車中までは含まれないことが読んで取れるからです。
ただ、運転者の状態によっては、必ずしも正しい答えが返ってくるとは限りませんので、あしからず。w
調べられることは、やはりなるべく事前に調べておきましょう。

旅客に対しても、罰則が第百四条にあります。

image

20万円以下の罰金があります。
百四条一号は、旅客もそうですが、外部の運転手の妨害(例えばマイカーや社用車などで、バスが大幅に遅れるか発車・入線できないように駐停車したり、必要な進路変更・車線変更をさせまいとしたり)も含んでいるようです。
二号は、もう言うまでもありませんね。
ちなみに妨害・致死傷行為については、この罰金だけでなく、損害賠償請求が上乗せでのしかかってくることも多々ありますよ。
いたずらに20万払えるぐらいなら、とっくに教会に献金してるし。w

さらに、乗車中だけではありません。
車内だけでなく、車外にも罰則はあります。
このブログを読んでくださってる方々は、しないと思いますが。
第百条は道路と標識においての罰則であるとともに、第百一条も見逃せません。

image

以上、抜粋でした。
安全で円滑な運行のためにも、ぜひ皆さまのご理解とご協力をお願いします。

拡張工事レポートその3

image

岳路海水浴場入口バス停あたりから岳路バス停あたりまで続いている、道路拡張整備工事です。
海水浴場入口バス停側の区間は、断崖絶壁ブロック(←名前知らない)が、南側まで繋がりました。
この区間だけでも南側3分の1が残ってますが、埋め立て終わって、舗装まで終わったら、いよいよ開通でしょうか?

現状は歩行者も気が抜けないほどの道幅ですが、工事が終わると、かなり広くなりますね。

水辺特集5/梁川橋

image

読み方は
○やながわばし
×はりかわばし
です。w

ココウォーク茂里町やブリックホールと梁川公園の間にかかり、地域の生活の橋渡しとなっています。

image

浦上川に沿って南(稲佐橋)に向かって、東側には湾岸道路(なんちゃって都市高)、西側には遊歩道があります。

image

バスでは、ココウォーク茂里町より徒歩4分、梁川公園前よりすぐです。
路面電車では、茂里町より徒歩3分です。

水辺特集4/女神大橋道路公園

image

image

駐車スペースであるとともに、水辺にある道路公園です。
休息向けに造られているため、子供向けの遊具はありません。
女神大橋は遠くから眺めても長崎らしさがあり、よいものですが、ふもとから見ると高さがあり、ひと味違った見方ができます。

なんとなく、関門橋(門司港~下関唐戸)と雰囲気が似てますね。

長崎バスで、女神バス停よりすぐです。

県営バスで大村へ

今回の大村行きは、完全に県営バスでした。

石原から戻ってくると、宝町で17時になったので、昼間全線フリー定期は時間終了。
しかし、急ぐ必要もないのに、たった2停間を運賃出して路面電車とか乗るのはさすがにもったいないので、歩きました。

長崎駅前から。

今まで乗ったことのないあの路線へ、いざ乗車!

image

高速シャトル大村線!

諫早線もそうですが、曜日を問わず、高速シャトル線は長崎駅前東口から発車しています(高速路線ですが、駅前ターミナル発ではありません)。

ちなみに、諫早線も似たような感じのが来ます。

image

ただ、間違って乗ってしまうと、(すぐには降りられないので、)エライことになりかねません。w
よく確認して乗りましょう。

では、大村行き(=1枚目の写真の)に乗り込んで出発!

空港線と違って、停留所をとばさないので、途中から乗る人には便利ですね。
中央橋までは、一般路線の市役所前経由と同じ要領で経由します。

ただ、中央橋からはちょっと変則的(長崎新地ターミナルを通らない)で、

中央橋

県庁裏門前

出島
↓(出島道路・長崎自動車道)
大村木場方面

を通ります。

image

image

出島を通るのも、空港線との違いのひとつ。

出島道路。
ほとんどトンネル。

image

出島から入っても、料金所を出たら転石で(一般道路に)出られるってことに、今頃気づいた。w

トンネルを出ると、一般路線で通ったことのある道(日見とか現川とか)を、高速から見下ろす眺めがありました。

でも、両方(一般路線と高速路線、特に一般路線)を乗ることで、それまでは漠然としか見れなかった位置関係が、はっきりと分かるようになったと思います。

ところで今回、高速シャトル大村線は大村ターミナル・消防学校前行きに乗りました(もうひとつは桜馬場・富の原一丁目・黒丸入口行きがあります)。

で、一度、大村ターミナルまで乗るつもりだったんですが、・・・
(2へ続く)

ご注意ください

image

バスは、あまり頻繁にではありませんが、動向によっては急ブレーキを使用せざるをえない場合があります。

おもに、次の事柄が考えられます。
1.乗客に起因する場合
①停留所通過寸前で、あわてて降車ボタンを押した。
②みだりに危険な動きをした。
③(到着まで乗車意思が見受けられなかったが、)発車しようとしたところになって突然、乗り込もうとしてきた。
④停留所で一度停車したが、降り遅れた乗客がいた。

2.運転士に起因する場合
⑤降車ボタンが押されていたが、停留所の寸前で気付いた。

3.他に起因する場合
⑥急に信号が変わった。
⑦前・横を走る車が急な動きをとった(急ブレーキや、合図なしの急な右左折、割り込みや横切り、暴走などの妨害行為など)。
⑧歩行者や他方車線の飛び出し・信号無視。
⑨(犬や猫など)動物が横切った。
⑩(危険な)落下物があった。

・・・などです。
特に③④⑦⑧は、高齢者に多く見られるようです。

バスの後ろは、車幅が大きなぶん見通しが悪くなりますし、(大型車は別として、)普通車からですと車内の動きがほとんど分かりません。
また、バスや路面電車に対しての妨害行為は、約款と道路交通法の両方で禁止されています(意図的に、停留所から発車できないように停止したり、発車しようとしているバスの右側を追い抜いたりもそうです)。

停留所に誰もいないからといって、必ずしも通過するとは限りません。
停留所に立っているからといって、必ずしもすぐに発車しないとも限りません。
いつ、どういう動きをとるか分からない。

ですから、なるべく車間を空けて、安全にお願いします。

高浜バス停付近

image

現在工事中で、高浜バス停の樺島・岬木場向き(南行)標柱がファミリーマート前に移設されています。

野母崎方面の生活道路としてだけでなく、観光客誘致を図るための開発の一環と思われます。

ご注意いただくとともに、安全のためにご協力ください。