タグ別アーカイブ: 鉄道

長崎電気軌道168号電車/長崎駅前→蛍茶屋

鉄道の日(10月14日)の次の土曜(2016.10.15)に、長崎電気軌道が168号電車を特別運行されました。

普段、168号電車は貸切専用で、一般乗車できないので、このときは撮影に来られた方や乗りに来られた方がけっこういました。

今回、交通部では長崎駅前から蛍茶屋まで乗車してまいりました。
その動画ができました。

特別電車運行予定

毎年10月14日は「鉄道の日」です。

それに合わせて長崎電気軌道では、来たる10月15日、168号電車(旧:西鉄福岡市内線車輌)の特別運行が予定されています(雨天時は中止)。

時間帯は日中のみで、全ダイヤのうちの一部が、この168号電車となります。
普段は貸切専用の車輌ですので、仮に運行されていたとしても、一般の旅客は乗れませんから、珍しい良い機会でしょう。
両替時に昔ながらの両替袋ごと手渡されるところもまた、面白いですね。
見てみたいです。

さて、今回の運行予定時刻は次の表のとおりです。

一見すると複雑に見えますが、要は、表中の白い部分は回送、黄色の部分のみ乗車できるようになっていますので、単純化すれば、

通る経路は
奇数番=3号系統と同じ
偶数番=2号系統と同じ
ということであるとともに(いずれも浦上車庫前~赤迫は通りません)、

奇数番=長崎駅前→蛍茶屋
偶数番=出島→浦上車庫前(中途半端な気もしますが・・・)
乗車も撮影・録音も可能ということで、

奇数番=浦上車庫前→長崎駅前
偶数番=蛍茶屋→浦上車庫前
外からの撮影(写真や動画を撮る)のみ可能ということです。

表中の時刻はおおよそですので、正確にその時刻に発着するとは限りませんので、あしからず。

なお、168号電車についての注意すべき点は、
1.スマートカードが使えない(おそらく、使用は1,000円以下の単位の現金のみに限られます)
2.空調設備がない(熱中症などを含めた体調管理も自己責任要素大)
3.かなり古いので、設備破損などの危険性も大きい(保守管理はきちんとされているとは思いますが、過信すべきではありません)
4.バリアフリーは皆無(さらに、乗降時の段差も、200型や1700型など通常の旧型車輌と比べてもかなり大きいと思われます)
というところでしょうか。
他にもあるかもしれませんが、今知る限りではここのところを気を付けていただきたいと思います。

土曜ですが、この特別な168号電車を松山町まで乗って、教会に来られるというのも、趣(おもむき)があって面白いのではないでしょうか。

この情報は、こちらからもご確認いただけます。
長崎電気軌道お知らせページへ

昨日は島原ゴスペルクラブでした

アップが遅れてすみません。
教会の、とある姉妹の車で、教会から島原まで移動。

途中、島鉄(島原鉄道)を撮ってきました。

いつかは乗ってみたいと思っています。

島原のある公民館で、まずは礼拝。

礼拝→練習→移動→時間待ち→コンサートという流れでした。

(↑時間待ち)

実際は5人でしたが、撮れなかったので途中のソロ。

非常によいコンサートのときでした。

交通部おすすめのアプリ その3

「手軽に記録できるアプリがあったらなぁ。」
「記録できる白地図、売ってなくない?」
「紙に残すのもいいけど、書き間違えたらめんどくさいな。」
「路線コロコロ変わるけど、器用に書いたり消したりできないから、紙媒体はしんどいな。」

など、ふと思った方、いらっしゃいませんか?

そこで今回は、国内の各種鉄道路線の乗車済み区間を手軽に記録できるアプリの紹介です。

それがコチラ。
image
image
「RailBook」
・・・ってか、けっこうキロ数が加算されてる時点で、初期表示でないことがバレバレなところはご愛嬌。w
ちなみに初期表示は、乗車総距離(水色の○グラフ)も総乗車率(オレンジ色の○グラフ)ももちろん0です。

制作者は、某大手旅行会社の出版社です。

このアプリは、まず登録から始まります。
ログインIDやパスワード、ニックネームや生年月日などを登録すれば、おk。
本名などプライバシーに触れる項目がなく、一部の項目は省略することもできます。

記録するセクションに入ったら、まず地域を選択します。
もちろん、九州内の各路線も十分に網羅
image
・・・されてますが、いつも長崎の路線ばかりなので、今回はあえて四国地区から伊予鉄道(愛媛県松山市)をチョイス。
過去に乗ったことのある区間を、実際に記録しながら説明したいと思います。
image
一見すると単純そうに見える伊予鉄道も、実はこんなに路線があったんですね。
この中から、
image
今回はスクショ1面で説明しやすくするため、花園線(市内線、路面電車)を選択しました(駅や停留所の多い路線だとスクロールが必要で、少なくとも2面になるためです)。
花園線では、この2停が出てきます。
まず乗車した停留所(今回は南堀端)を選択し、次に降車した停留所(今回は松山市駅前)を選択します。
すると、
image
次は乗車年月日を選択する画面です(伏せ字にしてますが)。
当日に限らず、過去の日付も選択できるので、これまでの乗車済み区間をより正確に記録できます。

ここまで入力を完了すると、このように確認画面が表示されます。
image
いつの間に縦線が入ったんだ!?
すみません、見なかったことにしてください(ぇ)。w

間違いがあったら、この段階であれば修正が簡単です。
なるべく、この段階で間違いがないようにしておきましょう(これよりあとで修正すると、地味にめんどいです・・・)。

確認して登録すると、
image
登録した乗車区間のうち、新しく記録された区間の実測キロ数(0.4km!)が表示され、累計乗車キロ数に加算されます。
今回の記録は全区間が新しい記録なので、記録した区間全部が加算されました。

いろんな区間を登録し、
image
一覧で表示させたり、
image
地図上に赤線で表示させたりもできます(乗車記録を登録していない区間は灰色の線で表示されます)。

以上です。
ログインIDとパスワードで管理するため、機種変更しても新しい対応端末で簡単に引き継ぎできるので、とても便利です。
興味のある方はぜひ、ダウンロードしてお楽しみください(アプリに課金はありません)。

市民病院の前に

image

先日、ある兄弟の見舞いに行き、その帰りにありました。
大浦には、この「鉄道発祥の地」だけでなく、「ボウリング発祥の地」も近く、昔、いろんな文化や産業が出島などから日本に流れ込み、このあたりで発祥したことが伺えますね。

今年もよろしくお願いします

2016年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

image

今年の目標は・・・

個人としては、長崎県内のイオン全制覇!
マックスバリュは昨年中に県内全制覇できたので、今度はイオン。
南は有家(ありえ/南島原市)から、北は壱岐まで。

銅座(済)
長崎(済)
チトセピア(済)
時津(済)
東長崎(済)
大村
島原
有家
佐世保大塔
佐世保(島瀬町)
佐世保白岳
壱岐

壱岐があったとは!
壱岐はけっこう難易度高そうですね・・・。w
ちなみにルールは、
①(駐車場以外の)全フロアを見る。
②買い物して、レシートなどで記録を残す。
③公共交通機関(タクシーを除く)を使用して行く。
と、あまり難しくしすぎない形で決めたいと思います。

行くなら火曜ですが、果たしてどこまでできるでしょうか?
主に期待します。w

交通部としては、島原鉄道や松浦鉄道に乗ってみたいですね。
特に、島原鉄道は1駅間すら乗ったことがないので。

他にも、あとで目標が出てきそうですが、とりあえず今のところここまで。

おもしろいもの発見!

image

「ながさきをめぐる バス・鉄道等の旅」
のパンフを見つけました。
これは、交通部としても個人としても、非常に興味深い1冊です。

長崎県内の様々な路線バス・鉄道などで、いろんなタイプのツアーが組まれています。
五島や壱岐・対馬においても、いくつか紹介されています。
その町ごとに初心者~初級者向けのコース設定で、初めて訪れる地でも遂行しやすくなっています。

中~上級者なら、長崎市や佐世保市、諫早市、大村市、島原市などでのもっと深いコースを、別に時刻表や(地域ごとの)観光パンフなどを参照(取り寄せを含む)して各自で組むと、お好みに合わせてさらに面白いツアーを組めます。

このパンフ取り寄せの可否は確認しておりませんが、お問い合わせは、
長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会(長崎県観光振興課内)
電話(095)895-2646
FAX(095)826-5767
〒850-0035
長崎市元船町14-10 橋本商会ビル8階
へどうぞ。

手帳がある場合の運賃割引について

身体障害者と知的障害者は、全国ほとんどすべての公共交通機関における割引が導入されています。
しかし精神障害者に限っては、けっこう多くの公共交通機関で割引がいまだに導入されていません。
インターネットで別のことを調べている途中、運賃割引の早期導入を求めるということで、福岡県ではいろんな方々が陳情書などを各機関に提出されているという動きを知りました。

image

とても苦しんでいるようです。

別の陳情書より、交通に関する部分を抜粋。
まず、「障害者とは」から。

image

ふむふむ。
障害者基本法に、このように定義付けられています。
この2つから、「身体障害者や知的障害者と同じ位置付けであるにもかかわらず、精神障害者だけ除外されるのは差別的ではないか。」ということにもなります。
続いて、バスにおける、精神障害者の運賃割引の状況(昨年10月時点)です。

image

なるほど。
確かに格差が大きい。
あと、地域差がすごい。
長崎県にいると分かりづらいですが、九州全体をこのように見るだけでも、確かにこれでは導入を求める動きが起こる理由も分かります。
この表で九州全県を見ると、導入:非導入の比率は30:31で、ほぼ半分半分、微妙に半数未満ですね。
※鹿児島県の状況が変化し、現在は35:26となり、半数を超えました(後述参照)。

このうち、導入が進んでいる長崎県・熊本県・宮崎県の3県では、一般路線バスの100%が割引適用の対象となっています。
宮崎県は、宮交バスが1県の一般路線全線を独占的に管理・運行しているので、1社で全部です。

逆に、福岡県・大分県があまりにも少ないのが、なんだかかわいそうな気がします。
特に、大分県は皆無ですから、なおさらです。
福岡県は1社といっても、この1社は西鉄バスではなく、北九州市営バスだとか。
県内路線のほとんどを占める西鉄バスが導入していませんから、これはかなり大きいです。
代わりにもなりませんが、福岡市営地下鉄は導入しているとのことです。

佐賀県は、西鉄バスもそうですが、佐賀市営バスで導入されていないので、4社中3社(75%)となっているようです。
他の3社(昭和・祐徳・西肥)では導入されているとのことです。

鹿児島県では、この表では3社となっていますが、現在では8社導入(67%)に拡大されたそうです。

さて、加えて長崎県ではつい最近、鉄道2社(=島原鉄道・松浦鉄道)も、精神障害者が割引適用の対象に加わりました。
※長崎電気軌道は、すでに導入されています。
これで、(JRを除けば)長崎県の鉄道路線はいずれも、運賃割引が導入されたことが分かります。
昨年度までには見られなかった動きです。

さらに、多くのフェリーでも、精神障害者運賃割引が導入されているとのことですが、私たちのいる長崎県では、五島や壱岐・対馬へのフェリーも、割引の対象として挙がっております。

image

九州商船(株)(長崎~五島)のホームページでは、身体・知的・精神障害者共通の「乗船運賃割引申込書」を、PDFでダウンロードできます。

九州商船のホームページはこちら

乗船券を購入する際、必要な枚数を提出するとともに、手帳(の内側)も提示が必要です。
最近、私たちの教会では、五島に行く機会が開かれています。
なので、行ける信仰を持って、ダウンロード+プリントアウトしてきました。

実際に窓口へ提出するのは右半分のみですが、左半分の記入例をアップにすると、……

image

どこをどう記入するべきかが分かりやすく挙げられています。
特に、見落としやすい(記入漏れに気づきにくい)のは、左上の○付け(障害の種類)ですね。
また、介護者(付き添い者)が一緒に割引になるのは、この書面上部に括弧書きにあるとおり「障害者本人が第1種・第1級の場合のみ」であり、同時に「他の等級では障害者本人のみ割引」ということが分かり、さらに加えて「障害者本人と同一行程(旅程)の場合、かつ、障害者1人につき介護者は1人に限る」「手帳で、障害者本人が第1種・第1級であることを証明できる必要がある」ことは言うまでもありません。
介護者が同行しない場合や割引対象外となる場合、「介護者氏名及び年齢」は記入の必要はなさそうです。
ちなみに知的障害者の場合、A1・A2が第1種に該当するとされています(A1だけではありません)。

長崎バス発行のスマートカードを、自動割引精算に設定する際にも書面の記入・提出が必要ですが、そのような感じですね。

手帳をお持ちのご本人や、またご本人と関係のある方(特に、ご本人が第1種・A種・第1級の場合)は、よく利用する交通機関についてぜひ一度、よく調べてみてはいかがでしょうか。
自分は、それぞれどのようにニーズがあるのかは分かりません。
しかし各々でニーズに応じて、
「知らなかった!」
「実は損してた!」
「誤解してた……」
から、学んで用いていただけると、こちらとしても幸いに思います。

遅延した場合

image

もし、列車に遅れや事故を生じさせた場合、故意でも過失でも損害賠償請求権が鉄道会社に発生します。

かつて、自分が高校生のとき、地理の授業の合間に聞いた限りでは、

鹿児島線
博多-小倉 間の場合、
1分遅らせるごとに1000万円、物損があればその分も加算。
死亡事故(特に飛び込み自殺)の場合は、遺族に請求が及ぶ。
・・・だそうです。

実例には遭遇していませんが、ネットで検索するとやはり高額の請求額が発生している事実はあるようです。
踏切の非常停止ボタンをいたずらで押しても、損害賠償が発生する対象とされます。
その実際の事柄次第で、あとは鉄道会社が請求権を行使するかどうかによります。
JRのような鉄道に限らず、バスや路面電車などでも損害賠償が発生するでしょう。

経済的な損失だけではありません。
警察が介入する場合も多く、法的に裁かれることも多々あります。
さらに、乗客や運転士、車掌などにとっては、1分でも遅れは遅れです。
大まかにですが、遅れが2分の段階で数人が乱れ始め、5分もすると騒然とし始めます。

鉄道もバスも、乗っているのは運転士だけではありません。
トラックやダンプなどの大型貨物と違い、「乗客がいつでも乗っている」という意識が必要と言えるでしょう。

妨害行為はもってのほかですが、くれぐれも、事故などには十分ご注意ください。