タグ別アーカイブ: 長崎市

“バスで教会へ‼8/大見崎→式見・小江原線+医学部線→神学校前編” を YouTube で見る

教会へ行く動画8ができました。

おもな経由地:
(式見・小江原線)相川→式見→向ヶ丘→手熊→長崎市運動公園前→小江原→第二団地西口→小江原アパート前→鏡が丘→マリア学院前→城栄町→市民プール前→ロープウェイ前→宝町
(医学部線)宝町→ココウォーク茂里町→坂本町→医学部前→江平中学校前

大見崎から、式見・小江原線の小江原団地内経由で八千代町まで乗り、乗り継ぎは(バリアフリー化を視野に置いて、歩道橋ではなく横断歩道使用で)平面でできるようにしました。
八千代町からは、以前にも何度か登場した医学部線で、今回は神学校前まで。
神学校前からは、教会まで徒歩4分ほどです。

携帯・スマホなどについて

image

マナーが日頃から叫ばれている今日(こんにち)ですが、やはり携帯・スマホなどの音については周囲への配慮が必要です。
それには、いくつかの理由があります。

【電子音・動画・音声など】
①電子的な音という特性上、鋭く固い音が多いため、広範囲に強い透過性を持っている。

②意識や注意力を奪いやすく、周囲の乗客や運転士などにとって不快なだけでなく、放送(アナウンス)を聴き逃したり(他者を聴き逃させることを含む)、不注意による様々な危険も多い。場合によっては、他の秩序の乱れも。

【通話】
③通話は、話すだけでもプライバシーや社外秘情報など、本来は機密性の高くあるべき情報を漏洩させる(周囲にもらす)危険性が高い。

④心臓ペースメーカーに不具合を来たし、患者の体調に悪影響を及ぼす恐れがある(3Gなどでも、まったくのゼロとは限らない)。

他にもありそうですが、枚挙にいとまがない(かもしれない)ので、とりあえずこの辺で。

確かに今どき、持っているのが当たり前とさえされている携帯やスマホなどです。
しかしその一方で、公共交通機関(貸し切りでない鉄道やバスなど)は、マイカーや社用車、レンタカーやタクシーなどと違って、あなただけでなく、多くの人々のための乗り物であり、欠かせません。
生活のためだけでなく、観光資源にもなります(特に、長崎市や佐世保市は全国的に有名な観光都市ですし、長崎県は全体的に観光地がたくさんあります)。
それゆえ、様々な人々が利用します。
言い換えれば、いつ、どのような人が、どう利用するか分からないのです。

それに、乗客がたとえ一人であっても、「運転士」という存在を見落としてはよくありません。
運転士は、ただ運転しているだけでなく、ダイヤ(発着・通過時刻)においても安全性や乗り心地などにおいても、重要な任務を担っています。
極論ですがもし、乗客の無配慮で運転士が注意力を欠き、万一の事態に至ったらどうでしょうか。

ですから、マナーとは言えども普段から意識し、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。
ただ、視覚障害者はどうしても必要な音があり、必要の限り例外もあります。
聴覚障害者は、音が漏れていても分からない場合もあります。
また、初心者は、どうしても知らない人が多く、経験していく中で得ていく(ついてくる)ものです。
そのため、理解を持って、必要があれば対応する必要はあります。

ただ、どうか、「しょせん、たかがマナーごときで・・・」などと軽視せず、できる人はしてほしいものです。
できていると、迷惑や危険から守られるだけでなく、模範ともなるものです。

一般の人々は、見ていないようでも、けっこう見ています。

気付かないことまで最初からいきなり完璧にやれとは言えません(自分だって、そこまで完璧ではありませんし、どうしても気付かずミスることはあります)。
しかしどうか、気付くことからひとつひとつ実践いただくとともに、ご理解賜りますよう、交通部(?)からもお願い申し上げます。

矢上営業所

image

image

矢上営業所
やがみえいぎょうしょ
長崎市

県営バスの、おもに諫早方面の路線の営業所です。
東望道(とうぼうみち)バス停のすぐ近くにあります。
この営業所の敷地を東望道バス停の代わりにすることもあるようです(東望道が起点・終点となる場合のみ)。
この営業所での定期券やスマートカードなどの取り扱いは確認できていませんが、必要があれば行ってみようと思います。

大崎

image

大崎
おおさき
長崎市(茂木地区)

千々行きで、宮摺の次ですが、宮摺~大崎は1停間が5分!
3キロほどはあると思われます。
川平バイパス経由を除くと、長崎バスの一般路線では2番目か3番目に長い停留所間です。

また、ほとんどの道幅は1車線分しかなく、離合の難しい区間です。

赤迫

image

赤迫
あかさこ
長崎市(住吉地区)

路面電車は1・2・3号系統の起点/終点で、ここから北の公共交通機関はバスのみです。

以前は南行(長崎駅前方面)のバス停にのみでしたが、先月、北行のバス停にも、シェルターが建てられました。

ちなみに、赤迫・正覚寺下(崇福寺入口)・蛍茶屋・石橋の各停留所で路面電車とバスを乗り継ぐか否かについては、
①バスで直通する方が安い場合
②同額の場合
③路面電車に乗り継ぐ方が安い場合
のいずれもありますので、現金やスマートカードで乗る場合も、定期券の区間を組み合わせる場合も、よく確認してご乗車(または定期券購入)ください。
安くなることがあります(普通運賃が10円変わるごとに、定期券は1ヶ月で450円も変わります)。
※長崎バス-路面電車(長崎電気軌道)や、県営バス-路面電車などの乗り継ぎは、他社線への乗り継ぎのため、スマートカードの乗継割引はありません。

二見茶屋

image

二見茶屋
ふたみぢゃや
長崎市(茂木地区)

茂木から、宮摺方面に2番目の停留所です。
都心や時津から、茂木方面の宮摺行き・千々行きが通ります(立石も同じく)。

立石から少し歩きました。
二見茶屋バス停といえば、見るからに高級そうな料亭? 割烹? 旅館?・・・の「二見」。

image

もはや、茶屋なんてモンじゃないっす!
昼前ということもあって、厨房から、すごくいい匂いがw。

image

とは言っても、今回は急を要してトイレを使わせていただいたのみ(ほんとにやむをえずでした・・・)。
しかし、なのに、女将さんの対応は、気品があるのみにとどまらず、すごく行き届いてたと思います。

観音下(茂木の次)・立石(茂木から3つ目)のどっちから歩いても、そんなに長い距離でないにもかかわらず、わざわざこの二見の前にバス停があるのは、この二見のための停留所?
だとすると、何かすごいことが見えてくるかも!

ダイヤランドセンター

image

ダイヤランドセンター
だいやらんどせんたー
長崎市(ダイヤランド地区)

小ヶ倉バイパス(浪の平-二本松口-新戸町団地-小ヶ倉)をダイヤランド入口まで行き、下り坂の始めで左折すると、ダイヤランドに入ります。
ダイヤランド入口の次の停留所が、ダイヤランドセンターです。

長崎バスの、
南行=30・40番系統
北行=4・6・7・100番系統
が通ります。
※30・7・100番系統は、ダイヤランド経由に限ります(経由表示をご確認ください)。

ココウォーク茂里町発ダイヤランド経由でも行けますが、そちらは本数が少ないので、(教会の近くの)下大橋発40番系統ダイヤランド行き〔下大橋-西城山小学校前-ロープウェイ前-宝町-市役所前or大波止-二本松口or戸町-新戸町団地-ダイヤランド車庫〕へのお乗り換えが便利です。

ちなみに、教会の最寄りと結ぶと、
簡単ルートでは、
如己堂下~浦上天主堂前
│↑8番
│↓20番
宝町~興善町【乗り換え】
│↑4・6番
│↓30・40番
ダイヤランドセンター

が便利です。

大回りルートでは、
如己堂下~浦上天主堂前
│↑20番
│↓8番
下大橋【乗り換え】
│↑4番
│↓40番
ダイヤランドセンター

という乗り換えもあります。
大回りルートは、宝町で寝過ごした場合のほか、満席が不安な(=空席を狙いたい)方、暇つぶしにも最適ですw。

浜の町 その3

image

長崎の中では、いちばん秋葉原っぽい通りです。
でも、メイド喫茶とかありませんし、実際の秋葉原ほどの「どっぷり感」はありませんよ、たぶんw(ってか秋葉原、行ったことないけどwwwwww)。

ちょwwwwwまっwww

この道ktkr!!

こんなとこにドンキホーテの真裏とかワロスww(え?)

・・・・・・・・・・・・
途中からわりと普通な通り、おk

┐(‘~`;)┌ナンダソリャ

イミフすぎ。
ヲタはとりあえずここまでにして。
エディオンとみずほ銀行の間を入ると、少しだけ秋葉原気分になれるかもしれません。